蟹船

この曲の表示回数 8,920
歌手:

吹越通


作詞:

相馬美好


作曲:

桜田誠一


木箱に腰かけてヨ
蟹をはずす時はヨ
みぞれを肩に 若衆が
口をむすぶヨ
流氷のこした 四月の海で
おんなだてらに 舵を握る
蟹船は 砂の家

女衆四・五人でヨ
蟹をはずす時はヨ
ささくれ指で血だらけで 命削るヨ
電灯ともした 倉庫の中で
飯を食う時ゃ 笑えるが
蟹網は 砂の風

おやじおふくろ 弔う燈明
下げて今年も 舵を握る
蟹船は 砂の家
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:蟹船 歌手:吹越通

吹越通の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP