試聴する

骨頂節

この曲の表示回数 9,441
歌手:

渥美二郎


作詞:

星野哲郎


作曲:

桜田誠一


どうあがいても どう力(りき)んでも
牛にゃ 飛べない 空がある
曲げて ゆずれぬ 道もある
俺は俺だよ 俺なしに
俺は咲けない 俺だから
七つ負けても にっこり起きて
あとの一つを 勝ちにゆく

どう忍んでも どうこらえても
春にゃ咲けない 花がある
胸に火を抱く 山もある
可愛いあの娘にゃ すまないが
好いた惚れたは あとまわし
夢の一文字 たすきにかけて
男いばらの道をゆく

どう吹かれても どう踏まれても
白を黒とは 言えないさ
すててゆけない 意地もある
命飾って浮かぶより
誠だきしめ 沈みたい
曲がりくねって 流れる川も
いつか出てゆく 海がある
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:骨頂節 歌手:渥美二郎

渥美二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-11-01
商品番号:SRCL-3695
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP