甲斐靖文編曲の歌詞一覧リスト  11曲中 1-11曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
11曲中 1-11曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
霧にむせぶ夜三山ひろし三山ひろし丹古晴己鈴木淳甲斐靖文涙じゃないよと 言いたいけれど こらえても こらえても まつ毛がぬれる 君より切ない この俺なのさ だから笑顔が ほしいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  逢いたくなったら 夢でも逢える はなれても はなれても かわらぬ心 君より激しい この恋なのさ だから死ぬほど つらいのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜  分かってくれたら 泣くのをやめて いつまでも いつまでも 待たせはしない 君より淋しい この胸なのさ だからみじかい 旅なのに さよならが さよならが 霧にむせぶ夜
夢追い酒三山ひろし三山ひろし星野栄一遠藤実甲斐靖文悲しさまぎらす この酒を 誰が名付けた 夢追い酒と あなたなぜなぜ わたしを捨てた みんなあげてつくした その果てに 夜の酒場で ひとり泣く  死ぬまで一緒と信じてた わたしばかです ばかでした あなたなぜなぜ わたしを捨てた 指をからめ 眠った幸せを 思いださせる 流し唄  おまえと呼ばれた 気がしたの 雨ににじんだ 酒場の小窓 あなたなぜなぜ わたしを捨てた じんとお酒 心に燃えさせて 夢を追いましょ もう一度
佐渡おけさ金田たつえ金田たつえ新潟県民謡新潟県民謡甲斐靖文ハア佐渡へ 佐渡へと草木もなびくよ 佐渡は居よいか 住みよいか  ハアかすむ 相川 夕陽に染めてよ 波のあや織る 春日崎  ハア佐渡へ 八里のさざ波こえてよ 鐘が聞こゆる 寺泊  ハア北は 大佐渡 南は小佐渡よ あいの国中 米どころ
カバトットのサンバ加世田直人・コロムビア・メール・ハーモニー加世田直人・コロムビア・メール・ハーモニー丘灯至夫水上勉甲斐靖文カバとトットは 仲よしこよし カバとトットで カバトット チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノ デンガラリノ チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノドン ウー カバはでかいし トットはちびっちよ だけど いつでも いっしょだヨーン チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノ デンガラリノ チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノドン ウー  けんかするけど また仲なおり カバとトットで カバトット チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノ デンガラリノ チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノドン ウー カバがこまれば トットが助け トットこまれば カバがいる チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノ デンガラリノ チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノドン ウー  カバがわらえば トットも笑う カバとトットで カバトット チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノ デンガラリノ チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノドン ウー カバがおこれば トットがにげる トットお空で アカンベーのベー チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノ デンガラリノ チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノドン ウー  カバはちからもち トットは早い カバとトットで カバトット チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノ デンガラリノ チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノドン ウー カバのともだちァ ちびっこトット カバとトットで カバトット チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノ デンガラリノ チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノドン ウー
決断幹和之・コロムビア男声合唱団幹和之・コロムビア男声合唱団丘灯至夫古関裕而甲斐靖文智恵をめぐらせ 頭を使え 悩みぬけぬけ 男なら 泣くも笑うも 決断ひとつ 勝っておごるな 敗れて泣くな 男 涙は 見せぬもの  つらい時には 相手もつらい せめか守りか 腹一つ 死ぬも生きるも 一緒じゃないか 弱気起こすな 泣き言いうな のるかそるかの 時だもの  右か左か 戻るか行くか ここが覚悟の 決めどころ 勝つも負けるも 決断ひとつ 一度決めたら 二の足踏むな 俺もゆくから 君も行け
丘を越えてPLATINA LYLIC藤山一郎PLATINA LYLIC藤山一郎島田芳文古賀政男甲斐靖文丘を越えて 行こうよ 真澄の空は 朗らかに 晴れて たのしいこころ 鳴るは 胸の血潮よ 讃えよ わが青春(はる)を いざゆけ 遥か希望の丘を越えて  丘を越えて 行こうよ 小春の空は 麗らかに 澄みて 嬉しいこころ 湧くは 胸の泉よ 讃えよ わが青春(はる)を いざ聞け 遠く希望の鐘は鳴るよ
男の裏町秋岡秀治秋岡秀治仁井谷俊也中村典正甲斐靖文俄かの雨に 濡れようか それとも酒に 溺れよか 男の…男の… 裏町は 涙ながせる 奴よりも 泣けない奴が つらいのさ  泥水浴びた 口惜しさは 男でなけりゃ わからない どうした…どうした…意気地なし 元気だせよと 苦酒が 今夜も俺を 叱るのさ  こころにできた 水たまり 雨ならいつか 上がるだろ 夜更けの…夜更けの… この酒場は 夢にはぐれた 似た者が 明日に希望 つなぐのさ
全日本ふるさと音頭小野田実小野田実小原四郎桜田誠一甲斐靖文ハァー北で手を振る 南で踊る 日本ふるさと よいお国 ぐるり回れば 和が出来る ソーレ、ソレソレヤンサノセ どんと手拍子 足拍子  ハァー庭の垣根に さざんか咲いた ひとの情の 花のなか ひとつ唄おか あの唄を ソーレ、ソレソレヤンサノセ どんと手拍子 足拍子  ハァー粋な雀は 百まで踊る 踊るしあわせ 知っててか 窓を開ければ 日本晴れ ソーレ、ソレソレヤンサノセ どんと手拍子 足拍子  ハァー昔気質と 当世の気だて ふたつ縒(よ)り合う 横の糸 心あわせりゃ 和が出来る ソーレ、ソレソレヤンサノセ どんと手拍子 足拍子
思い出の記大川栄策大川栄策古賀政男古賀政男甲斐靖文ああ思い出は 懐かしく ふるさと恋て 訪ぬれば 親同朋は すでに逝き 誓いし友の 面影も 今は虚しき 菜の花よ  ああ人生は 夢の夢 幾年変わらぬ 山川も 流れる雲か 風に散る 人の心は 山吹の 花はほろほろ 散るばかり
櫻子磯野わたる磯野わたる篠原いさお鶴岡雅義甲斐靖文辛くはないかい 泣いてはないか 別れて気づかう もどかしさ ついてこいよと 言えない意地が ばかな男と 心が叱る ああ 櫻子 今ならできるさ 泣かせた数だけ しあわせに  ぬくもりひとつも やれないままに 女のやさしさ 傷つける いつも男は わがままばかり 詫びてしまえば すむことなのに ああ 櫻子 今ならできるさ 悔やんだ数だけ しあわせに  桜の小枝の 一輪ざしが 今年も思い出 呼びおこす もしもひとりで ひとりでいたら 帰っておいでよ 甘えておくれ ああ 櫻子 今ならできるさ 淋しい数だけ しあわせに
万博おんど城ゆき城ゆき山村けい・秋月ともみ和田香苗甲斐靖文(さぁさぁさぁ 万博へ どんといりゃーせ おいりゃーせ)  国際万博あいちから 天下泰平 世界の幸を お届けします 二千五年には  日本列島 真中あたり 遠い国から 隣りから 「お迎えします」 「来てちょうだい」  城は尾張の 金の鯱 この世背負った心意気 ここで一声 ヨイショ ヨイショ おいりゃーせ  国際万博あいちから 天下泰平 世界の夢を おつなぎします 地球はひとつ  老いも 若きも 揃って皆さん 渡る未来の かけ橋へ 「お迎えします」 「来てちょうだい」  名古屋港は 華盛り 日本背負った 心意気 ここで一声 ヨイショ ヨイショ おいりゃーせ  国際万博あいちから 天下泰平 世界の文化 お守りします 歴史を受けて  身振り手振りも ひとつの言葉 心通わす 新国際空港 「お迎えします」 「来てちょうだい」  あいちは 明日へ 翔びたつと 世界背負った 心意気 ここで一声 ヨイショ ヨイショ おいりゃーせ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. この空がトリガー
  2. 女ごころ
  3. AIRPORT
  4. 陽炎 ~Kagiroi
  5. 2人の夜

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照