試聴する

お島千太郎

この曲の表示回数 29,956

花はさいても 他国の春は
どこか淋しい 山や川
旅の役者と 流れる雲は
風の吹きよで 泣けもする

「お島さん
もう若旦那と呼ぶのはよしてくんな
今の俺らは 檜屋の若旦那でも
千太郎でも ありゃしない
追手の目をくらます十蔵一座の旅役者
見よう見真似の俄か役者が
化けの皮をはがされずに
ここまで 逃げおうせたのは
お島さん
みんなお前さんのおかげだよ」

渡り鳥さえ 一緒に飛べる
連れがなければ 辛かろに
口でけなして こころでほめて
お島千太郎 旅すがた

「お島…… お前の真心は
誰よりも俺らが一番身にしみている
口には出して云わねえが
心の中じゃ 何時だって
手を合わせて礼を云っているんだ
こんなに苦しい思いをしながら
どうして俺らにつくしてくれるのかと
不思議に思う時もある
だが 故郷へ帰って 檜屋の看板をあげたら
その時はお島 旅芸人の足を洗って
俺らの世話女房に……」

人の心と 草鞋の紐は
解くも結ぶも 胸次第
苦労分けあう 旅空夜空
月も見とれる 夫婦笠
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:お島千太郎 歌手:美空ひばり

美空ひばりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-10-21
商品番号:COCP-35852
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP