試聴する

愛妻 北挽歌

この曲の表示回数 17,649
歌手:

新沼謙治


作詞:

石本美由起


作曲:

市川昭介


鰊(にしん)が獲れた あの頃は
俺も女房も 若かった
番屋暮らしの 共稼ぎ
俺はヤン衆と 鰊(にしん)舟
声を弾ませ 声を弾ませ引いた網
過ぎたあの日の 懐かしさ
こころ愛妻 北挽歌

祝いの餅に 子供らは
大漁景気(たいりょげいき)の 笑い声
網の破れを 妻は縫い
俺はソーラン 男節
酒を相手に 酒を相手に上機嫌
今じゃ岬の 潮風に
ゴメが思い出 呼ぶばかり

昔と同じ海の彩(いろ)
鰊(にしん)ばかりが なぜ来ない
沖の漁場が 命なら
俺は一生 漁(いさ)り舟
伸(の)るか反(そ)るかは 伸(の)るか反(そ)るかは時の運
波と苦労を 唄おうか
こころ愛妻 北挽歌
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛妻 北挽歌 歌手:新沼謙治

新沼謙治の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-10-17
商品番号:COCP-34554
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP