哀しみの終りに

この曲の表示回数 28,197
歌手:

前川清


作詞:

伊集院静


作曲:

都志見隆


今年また夏が来て あなたみたいに光る
大好きだった紫陽花(あじさい)が あなたの窓叩く
いなくなってしまうと わかっていたのなら
ドアは開(あ)けなかった
二度と帰らないのが わかっていたのなら
離しはしなかったのに
本当ですか 哀しみにもやがて 終りが来るって
本当ですね 哀しみが終って いつか笑える日が来る

空に星たちが来て あの夏の日が揺れる
あなたに似ているアネモネが ほほえみかけてくる
いなくなってしまうと わかっていたのなら
駅へ行かせなかった
二度と逢えないことが わかっていたのなら
抱きしめ続けてたのに
本当ですか 哀しみにもやがて 終りが来るって
本当ですね 哀しみが終って いつか笑える日が来る

本当ですか 哀しみにもやがて 終りが来るって
本当ですね 哀しみが終って いつか笑える日が来る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:哀しみの終りに 歌手:前川清

前川清の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-05-09
商品番号:TECA-12339
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP