愛愁路

この曲の表示回数 18,282
歌手:

前川清


作詞:

星野哲郎


作曲:

猪俣公章


なにをさがしに どこまでゆけば
すむというのか 男の旅は
にげた女の 噂を追って
さすらう心 酒で割る
答え あきらめ 余りは未練

汽車よ 急ぐな 宛てない身には
旅の灯りも 愛しいものよ
冷えた駅弁 ひろげた膝に
こぼれてつもる 思い出を
箸でひろえば 涙が落ちる

世間知らずと 笑われながら
好きを通して 南へ走る
汽車にあずけた 命の軽さ
七つを捨てた 人生に
残る一つの 灯りをたずね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛愁路 歌手:前川清

前川清の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-12-01
商品番号:PCCA-00523
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP