試聴する

倖せの背中

この曲の表示回数 11,263
歌手:

前川清


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

弦哲也


他人(ひと)を妬(ねた)まず そして他人(ひと)を羨(うらや)まず
今日まで君とふたり 歩いて来たけれど
花束(はな)のひとつも 贈ることもしない
そんな男の 生き方だったから
近道の人生より 遠回りしてる恋を
君と…もう一度

明日(ゆめ)を急がず そして明日(ゆめ)を諦(あきら)めず
心を君と重ね 暮らせる喜びと
そんな気持ちを 言葉には出来ない
古い男の 背中のままだから
手でふれる倖せより 温めあってる恋を
君と…もう一度

花束(はな)のひとつも 贈ることもしない
そんな男の 生き方だったから
近道の人生より 遠回りしてる恋を
君と…もう一度
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:倖せの背中 歌手:前川清

前川清の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-16
商品番号:TECA-13722
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP