闇の夢

この曲の表示回数 8,473

硝子の陽は通り過ぎ 鳶色夜が拡がる
遠くに啼く風の声 心の軋みと謳う

灯り照らされてはけして紡げぬ夢の糸
叶いはしない想い抱き 眠りにつく

醒めない夢を見たい 誰も傷つけぬように
出口もないままただ 闇の夢に溺れる

全てが凍りつく夜 時立ち鼓動を止めて
息さえ潜めて手繰る 秘密の名前と吐息

かえす事はけして許されぬ夢の卵を
一人で抱いて見る夢は闇の欠片

誘う夢の影が指先まで染めてゆく
心が望んでいる闇の夢の訪れ

かえす事はけして許されぬ夢の卵を
一人で抱いて見る夢は闇の欠片

醒めない夢を見たい どこまでも堕ちてく夢
心が望んでいる闇の夢の訪れ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:闇の夢 歌手:エメロード姫(緒方恵美)

エメロード姫(緒方恵美)の新着情報

  •  / ♪ふるえる夜風が囁いて過ぎる

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-03-05
商品番号:POCX-1066
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP