火遊び

この曲の表示回数 24,368
歌手:

前川清


作詞:

田久保真見


作曲:

都志見隆


抱かれるために髪を洗って
逢いにゆくのが ふいに淋しい

男なんてずるい
女なんて寒い
胸の奥に夢で火をつける

さよならより哀しいものは
明日のない優しさですか
燃え上がれば重荷になるから
涙でそっと消せるほどの火遊びでいい

帰さないよと決して言わない
そんなあなたがいつも淋しい

愛は追えば逃げる
風が泣いてうねる
熱い闇に夢がやけどする

幻よりはかないものは
心のないぬくもりですか
燃え尽きれば終りになるから
吐息にそっと揺れるほどの火遊びでいい

さよならより哀しいものは
明日のない優しさですか
燃え上がれば重荷になるから
涙でそっと消せるほどの火遊びでいい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:火遊び 歌手:前川清

前川清の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-07-20
商品番号:TECE-25998
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP