君をのせて

この曲の表示回数 72,895
歌手:

沢田研二


作詞:

岩谷時子


作曲:

宮川泰


風に向いながら皮の靴をはいて
肩と肩をぶつけながら
遠い道を歩く

僕の地図はやぶれ くれる人もいない
だから僕ら 肩を抱いて
二人だけで歩く

君のこころ ふさぐ時には
粋な粋な歌をうたい Ah…
君をのせて夜の海を
渡る舟になろう

人の言葉 夢のむなしさ
どうせどうせ知った時には Ah…
君をのせて夜の海を
渡る舟になろう

ラララ ラララ ラララ…
ラララ ラララ ラララ…

Ah… 君をのせて夜の海を
渡る舟になろう

Ah… 君をのせて夜の海を
渡る舟になろう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君をのせて 歌手:沢田研二

沢田研二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1986-06-01
商品番号:H75P-20082
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP