素顔の時代

この曲の表示回数 2,863
歌手:

BIBI


作詞:

山川啓介


作曲:

馬飼野康二


素顔のままで 気どりを脱いで
私を私を あげます

心につけてた口紅(ルージュ)を
拭きとってくれた あなたです
飾らなくてもいい
背のびしなくていい
そんな愛があるのね
のびやかに獣が もつれあうように
寒い目をした人ごみをぬけ
自由が生きてゆくの
私が変わる 美しくなる
あなたに出会えてよかった
素顔のままで 気どりを脱いで
私を私を あげます

流行(はや)りのドレスを脱ぎ捨て
素肌に着ましょう その愛を
洗いざらしの夢
いつでも熱い胸
力いっぱい抱いて
石鹸の匂いが たまらなくセクシー
片目つむって 笑うあなたを
最後の人にしたい

私が変わる 美しくなる
あなたに出会えてよかった
素顔のままで 気どりを脱いで
私を私を あげます


ラララ…… 私を私を あげます
……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:素顔の時代 歌手:BIBI

BIBIの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-16
商品番号:VICL-63459
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP