一千一秒物語

この曲の表示回数 6,087
歌手:

BIBI


作詞:

三浦徳子


作曲:

馬飼野康二


地下鉄の自動ドアとスレスレに
すべり込み 一人の男とび乗る
Ah Ah Ah お気に入り赤い靴
思い切り踏んづけてる彼の足
泥まみれ 私泣き出しそうよ
Ah Ah Ah 運命とあきらめるけど
彼 気づいてあわてては
彼 あやまり始めるの
カフェオレのおいしいお店を
このオレ知っていますと
一秒刻みの出逢いが恋になる
つなげてゆきたい
一千一秒物語

マロニエの木影で向いあったら
実は僕 土星人だと言うのよ
Ah Ah Ah 冗談と笑ったの
土星では話に輪をかけるから
恋愛も一段と熱烈だと
Ah Ah Ah ロマンスに程遠い人ね
でも 愛し始めてるわ
ああ 不思議な力なの
この私 輪をかけて
どこまでも つれてゆくと言ってよ

一秒刻みの出逢いが恋になる
つなげてゆきたい
一千一秒物語……
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一千一秒物語 歌手:BIBI

BIBIの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-16
商品番号:VICL-63459
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP