さすらいの太陽

この曲の表示回数 11,795
歌手:

堀江美都子


作詞:

山上路夫


作曲:

いずみたく


誰かに踏まれた 野の草も
いつか空をふり仰ぐ
涙でなにも 見えないときにも
私達は生きているのよ

さすらいながら 傷つきながら
明日の太陽を さがしているの
風吹く荒野に 花が咲く
それが花の命だから

悲しみだけが 続くときにも
私達は生きているのよ

さすらいながら 傷つきながら
明日の太陽を さがしているの
幸福のうた 遠いときにも
私達は生きているのよ

さすらいながら 傷つきながら
明日の太陽を さがしているの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さすらいの太陽 歌手:堀江美都子

堀江美都子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-06-19
商品番号:COCX-30415
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP