若草恵作曲の歌詞一覧リスト  100曲中 1-100曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
100曲中 1-100曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
赤い暗室 新曲ケイ潤子 新曲ケイ潤子朝比奈京仔若草恵若草恵クチナシよ 咲かないで 甘い香りは 時(とき)に人を狂わせる 独りのこの部屋は 思い出だけの暗室 あゝルージュ 赤い灯り 愛の日々がとけてゆく ノワール フイルムの中に あなたは今も生きてる  わかれたら 他人でしょ 恋は儚(はかな)い そんな風に言うけれど 虜(とりこ)にされたなら 身動きさえもできない あゝルージュ 夜明けが来る 窓に朝日差し込めば ノワール 幻だもの あなたは消えてゆくのね  あゝルージュ 赤く赤く 愛の時が燃え尽きて ノワール 灰になるまで あなたを待っているから あなたを待っているから…
冬のファド 新曲ケイ潤子 新曲ケイ潤子朝比奈京仔若草恵若草恵雪 とけゆく海に わたしの名前 呼ぶあなた まるで話しかけるように なんども なんども 命果てたあとの今のわたしは 壊れかけた はしけに 身をよせる冬ツバメ あゝ雪にまみれても この愛をみつめていたい 港 離れはしない  窓 夜風にあたる わたしの背中 抱くあなた 遠い昔のことなのに こんなに まざまざ 愛の日々が今も今も見えるの 壊れかけた はしけで 泣きぬれる冬ツバメ あゝ群れにはぐれても あなたをみつめていたい あなた おいてはゆけない  命果てたあとの今のわたしは 壊れかけた はしけに 身をよせる冬ツバメ あゝからだこおらせて この愛にとけてゆきたい 冬を 渡りはしない
愛しみの詩 新曲ケイ潤子 新曲ケイ潤子ケイ潤子若草恵若草恵熱い浜辺で 熱い口づけ からまる二人の 愛の誓い 激しく やさしく 愛していたわ 季節(とき)は流れて 遠く遠い夏の日 あなたの心は 風に誘われて あわく消えて ひとりたたずむ 悲しみのメモリー 奏でるのは 愛と憎しみと 哀(かな)しみの詩  今も聞こえる あなたの声が 時の足音 重く冷たい 愛の出逢いは ひとつの軌跡 再び巡り合うことは できない これからどこへ 向かえばいいの、、、 どんな夢を ただよえばいいの、、、、 時は過ぎてゆく 記憶の中 愛と憎しみと 愛(かな)しみの詩  あなたの心は 風に誘われて あわく消えて ひとりたたずむ 悲しみのメモリー 奏でるのは 愛と憎しみと 哀(かな)しみの詩
千本曼殊沙華伍代夏子伍代夏子田久保真見若草恵南郷達也月が弓引く 夕間暮れ 長い廊下は つなわたり 行(ゆ)けば地獄 戻れど地獄 ならば ならば行(ゆ)きましょう 憎さ恋しさ じんじんと 逢えば逢うほど ふえてゆく 直らぬままの赤い傷 ああ 心一面 曼殊沙華(まんじゅしゃげ)  夢はやさしい 嘘なのに 知っていながら 夢をみる 泣けば地獄 叫べど地獄 いっそ いっそ微笑んで からむ手足の あやとりが もつれもつれて 離れない あなたが誰を愛しても ああ 私真っ直ぐ 曼殊沙華(まんじゅしゃげ)  強い夜風が 吹きぬける 金の稲妻 くもの糸 抱けば地獄 捨てても地獄 ならば ならば抱きましょう 恋の炎に 身を投げて 灰になりたい おんなです 幸せなんていらないの ああ 心一面 曼殊沙華(まんじゅしゃげ)
雪女氷川きよし氷川きよし覚和歌子若草恵若草恵あなたを欲しがる 思いのたけが 刃(やいば)のかたちに 澄みきって 行くか返すか あなたに迫る 膝をじりじり 詰めてゆく  さあ どうするの さあ どうするの 吹雪は吼えて 吹雪は吼えて 舞い上がる  胸にひそめた氷柱(つらら)をつかみ 選ばれなければ この世から 消えてなくなる わたしは 哀れな雪女  あなたを欲しがる 思いのたけが 刃のかたちを 突き立てて 行くか返すか わたしに迫る いずれ奈落と 知りながら  さあ どうしたい さあ どうしたい 吹雪は吼えて 吹雪は吼えて 白い闇  胸に忍ばす氷柱が痛い くちづけされれば ひとおもい 溶けてくずれる わたしは 哀れな雪女  さあ どうするの さあ どうするの 吹雪は吼えて 吹雪は吼えて 舞い上がる
ユメヲダキシメテ小檜山恵小檜山恵たきのえいじ若草恵若草恵終わりのないドラマのように ふたりで過ごした日々が よみがえる こんな別れ シェークスピアならどう描くの 同じ夢を求めていけると 信じてた昨日まで あなたの瞳に映ってた私はどこに行ったの あなたの胸のぬくもりが 恋しい ユメヲダキシメテ あなたに逢いたい 全てを投げ出して ユメヲダキシメテ も一度逢いたい 夜を越えて 逢いに行きたい  神様からもらった奇跡 あなたに出逢えた事を そう思う だからどうか 私の心を乱さないで 愛の意味をはじめて気づいた 優しさを知ってから あなたの代わりになる人は どこにもいないこの世に おもいでなんか 悲しみになるだけ ユメヲダキシメテ あなたに逢いたい 明日が来る前に ユメヲダキシメテ 今すぐ逢いたい あなただけに ついて行きたい  ユメヲダキシメテ も一度逢いたい 夜を越えて 逢いに行きたい
いつまでもそばにいて小檜山恵小檜山恵たきのえいじ若草恵若草恵目を閉じたら あなたが見える 私の名前を呼ぶ声も いつも飾らず ありのままに 生きていきたい あなたと  いつまでもそばにいて 幸せを逃さないで いつまでもそばにいて ふたりでこの愛を紡ぎましょう  手に伝わる このぬくもりは この先誰にも渡さない 他になんにも欲しくないわ あなたひとりを信じて  いつまでも そばにいて 眠っても 離れないで いつまでも そばにいて 心をもう一度重ねましょう  いつまでもそばにいて 幸せを逃さないで いつまでもそばにいて ふたりでこの愛を紡ぎましょう
ガラスの蝶なつこなつこさくらちさと若草恵若草恵さみしくないの 愛しいあなたは 街の灯りが 震えてにじむ こんな夜はいつもの やさしい腕が たまらなく たまらなく 恋しくなるの  強がって 背中向けて あなたから 飛び立ったのに  ひび割れて キラキラと なみだ散らし 落ちて行く ひとりじゃ 飛べないの ガラスの蝶ね… わたし  愛してくれた 誰よりあなたは 私ひとりの ひとじゃないのに さみしがって泣いては わがままばかり つらいのは つらいのは あなただったの  帰りたい 愛の日々に くるおしく 抱き合った日に  翅(はね)ひろげ キラキラと 壊れながら 飛んで行く あなたを 探してる ガラスの蝶ね… わたし  泣きぬれて キラキラと 愛を求め 舞い落ちる あなたに 逢いたいの ガラスの蝶ね… わたし
あなたのかもめなつこなつこ服部奈都子若草恵若草恵凍りついた 壊れたメロディー 氷雨の夜に 優しく触れて 溶かしてくれた人  待ち焦がれて 夢焦がれて 鳴き泣き涸れて 堕ちてゆく  私はかもめ あなたのかもめ 夢ならいいかもね 私はかもめ あなたのかもめ あなたの海で 暮らしたい  波に揺れる 月モノクローム 春まだ遠い 所詮女に なれない運命(さだめ)でいいわ  恋焦がれて 愛焦がれて 羽根を焦がして 燃えてゆく  私はかもめ あなたのかもめ 嘘ならいいかもね 私はかもめ あなたのかもめ あなたの空で 眠りたい  私はかもめ あなたのかもめ 夢ならいいかもね 私はかもめ あなたのかもめ あなたの胸で 眠りたい
二月の果実村上加代子村上加代子蒼井海侑若草恵若草恵二月の果実は 凍ったこころ あんなに愛され愛した ふたりのときだった なぜ なぜ すべてを捨てるの  愛が凍った 哀しみの季節 ぬくもり知らない 私の恋が  二月の風に 凍える身体(からだ) 震わせ わたしのこころは 真冬の凍った 哀しみの果実  抱き寄せられても 冷たい瞳 偽ることさえ虚しい 実らぬ恋なら なぜ なぜ 嘘などいらない  愛のゆくえ 隠した理由(わけ)は わたしの知らない 女(ひと)のためね  氷の月が 悶える胸を 切り裂く こぼれる涙は 散りゆく結晶(かけら) 傷ついた果実  愛に迷って 泣き出す空に 肩を寄せ合う ふたりを見たの  二月の氷雨(あめ)に 傷んだこころ 抱きしめ 儚い願いは ガラスのような 哀しみの果実
秋色のバラッド村上加代子村上加代子紺野あずさ若草恵若草恵イチョウ並木を ひとり歩けば 愛しい思い出 秋色に染まる 落ち葉踏みしめ ふとたたずめば 音もなく吹き抜ける 風の吐息 あなたといた日は 甘く崩れ 見上げれば 悲しいほどの青空 あなたがいないの あなたがいないわ 誰よりいちばん あなたを愛した  ふたり暮らした 古いアパート 駅へと急いだ 秋色の舗道 時の流れに 包まれながら 若過ぎたあの季節 風の匂い あなたの笑顔が 胸にあふれ よみがえる 優しい指の温もり あなたがいないの あなたがいないわ 私は失くした 愛したすべてを  あなたがいないの あなたがいないわ 誰よりいちばん あなたを愛した
追憶のLaLaLaケイ潤子ケイ潤子嶋田うれ葉若草恵若草恵LaLaLa..... 新しい靴 箱から出して たとえ転んで 傷ついても 私の道を 歩いて 歩いていくの  にぎわう街 行き交う人波 ブルーのシャツ 見つけたわ キレイな人の 肩を抱く あなたを見たの  まるで映画のよう 別れのシーン響くわ 涙あふれて スクリーンが とても見えない  見上げた空に 思い出すの 好きな色だけ 変わらない 涙のあとに 消えてく 消えてくまでは  一人の夜 いくつも過ごした 古いヒール 脱ぎ捨てて 裸足の心 恐れずに 笑っていたい  誰にもゆずりたくない 人生の主役は私ね 涙ふいて 新しい 幕が上がるわ  まるで映画のよう 別れのシーン響くわ 涙あふれて スクリーンが とても見えない
裸足の石畳ケイ潤子ケイ潤子さくらちさと若草恵若草恵港へ つづく 坂道 見下ろして 立ち尽くす 指から すべり落ちた 手紙が 白い鳥になる  おねがい あの船を止めて 愛しているのよ 行かないで  愛はなぜ 旅立ちたがるの しあわせは 背を向けるの アモール アモール 裸足のまま 追いかけるの  昨夜(ゆうべ)の 熱いくちづけ 首筋に まだ残る 霧笛が すすり泣いて さよなら 船がでてゆく  おねがい あのひとに告(つ)げて 私は待ってる いつまでも  ひとはなぜ 愛を欲しがるの つまずいて 傷ついても アモール アモール 裸足のまま 駆け降りるの  ひとはなぜ 愛を欲しがるの 想い出は やさしすぎて アモール アモール 朝陽の中 追いかけるの
さよならは言えないケイ潤子ケイ潤子ケイ潤子若草恵西村真吾孤独にふるえる 心は 今もあなたを 思うの 別れても 離れても愛してる 手をつなぎ 見上げた青空  さよならをいうには 愛(あい)しすぎ I can't say goodbye あなたの声 聞かせて つかの間の夢 みさせてほしい 巡る 巡る 思いでさえも 指の隙間をすべり 落ちてく  燃えてる孤独な 心は 今もあなたが 欲しいの 別れても 離れても 愛してる 月にぬれ 夜におぼれてた  さよならをいうには 愛(あい)しすぎ I can't say goodbye あなたの声 聞かせて 愛の光で 夜が明けるまで 熱い 熱い 想い出だけが 冷たい 身体すりぬけ 落ちてく  さよならをいうには 愛(あい)しすぎ I can't say goodbye あなたの声 聞かせて 消えてゆく恋 追いかけている 愛したことが 罪だというの 赤く 燃える 夕日が落ちてく
まなざしのミ・アモーレ高森有紀高森有紀かなで若草恵丸尾稔なにごともないように わたしを抱くあなた まぶたにキスひとつ 魔法がきいてくる 窓のむこうは真昼 ふたりは人魚ね みつめれば Te amo 秘めごとの夜  息が止まるほど 愛されて Te amo con todo mi corazon  Mi amor あなたのまなざし 惑いも過去も 包み込むように Mi amor 夕陽がとけて いつしかふたりは 言葉をなくすの  名前すらないものに かたちが欲しかった あなたは惜しげなく すべてくれるけど 時を忘れた小部屋 ふたりのエデン せつなさが Te amo 蜜になるのよ  知らなくていいこと 訊かないわ Te amo con todo mi corazon  Mi amor あなたのまなざし 憂いも嘘も もてあそぶように Mi amor あしたはいらない 愛とはどうして 儚いのでしょう  Mi amor あなたのまなざし 惑いも過去も 包み込むように Mi amor 夕陽がとけて いつしかふたりは 言葉をなくすの
ひとひらの恋文高森有紀高森有紀冬弓ちひろ若草恵丸尾稔あなたが空に 旅立ってから 季節はめぐり 幾たびの春 あれから私 引っ越ししました 誰も知らない この街に  春の気配に 窓を開けたら ひらり ひとひらのメッセージ  桜 桜 ふわり きっと あなたの空から 桜 桜 ふわり 言葉 一つもないけど 桜 桜 あなた もう一度 会いにきて  あなたの歳を 追い越しました 会えなくなって 幾たびの春 きれいなうちに 迎えにおいで 若い写真に つぶやいた  ひとり暮らしの 部屋に届いた 風と 花びらのメッセージ  桜 桜 ひらり 遠い あなたの空から 桜 桜 ひらり 心 涙あふれる 桜 桜 あなた 泣くなと 叱ってよ  桜 桜 ふわり きっと あなたの空から 桜 桜 ふわり そっと 私の肩へと 桜 桜 あなた もう一度 抱きしめて
人生抱きしめて玉井京子玉井京子多手石松観若草恵西村真吾ポロポロと…バラライカ誘うなら 目と目みつめて お酒とダンス なじみの店で ときめく心 ふたり似合いと 赤と白のワイン  あなたと歌える 曲(うた)が良(い)いわ 笑顔になれる 未来(あした)が良(い)いわ ああ 愛する人から ああ 愛されている あなたと今のままで 人生抱きしめて  シュルシュルと…風が吹く公園で 赤いバラ咲く 小径を歩き めぐる季節を 感じている 夜の街には 星の空が降りる  涙に寄り添う 貴方(ひと)が良(い)いわ 寂しさ忘れる 朝(じかん)が良(い)いわ ああ 愛され続けて ああ 愛し続けて あなたと今のままで 人生抱きしめて  あなたと歌える 曲(うた)が良(い)いわ 笑顔になれる 未来(あした)が良(い)いわ ああ 愛する人から ああ 愛されている あなたと今のままで 人生抱きしめて
ソナチネケイ潤子ケイ潤子たきのえいじ若草恵西村真吾今日が約束の日だったわね 半年後に も一度二人逢おうって 無鉄砲ね 初めて出逢って 約束なんか 交わすなんて  きっと見違えてしまうわね 服も靴も化粧も変えてきたから でも不安ね ほんとに来るかしら 初恋みたい そうね まさか  どんな話しようかしら 映画…旅行… 月並みだわ それより食事ね 乾杯しましょ 今日の為に  愛はソナチネ 男と女 電話も歳も 知らないけれど 愛はソナチネ きっとあなたを好きになる 今夜始まる 二楽章  あれはポルトガルの港町 ひとり旅のふたりに似合う夕暮れ 海が好きと 照れ臭そうに 云ってた笑顔 ステキだった  まるで映画みたいそうでしょ たった一度 言葉を交わしたあの日 でもどうして ほんとに遅いわね もう一時間来ないつもり  あらイヤだわ 涙かしら みんなが見てる 雨の街角 帰りを急ぐ 恋人たちね お幸せに  愛はソナチネ 半年の夢 出来そこないの ラブストーリー 愛はソナチネ そうね私がお馬鹿さんね 夢を描いていただけね いつかどこかで 逢いましょう
白いラベンダーケイ潤子ケイ潤子ケイ潤子若草恵若草恵二人で暮らした 部屋には今でも あなたの匂い 残っている あの時全てを 信じてあげたら 悲しい別れは なかったかしら  涙で育てた 恋の幻影(まぼろし) 心に抱きしめ 生きているのよ 美郷の雪華 それは私よ あなたを待ってる 白いラベンダー  黄昏 街角 道行く誰もが あなたに見える 逢いたいのよ ぬくもり探して 思い出たどるの 幸せのかけら 握りしめて  季節はいつしか 色彩(いろ)を変えても 私の恋しさ 変わりはしない 美郷の雪華 それは私よ あなたを待ってる 白いラベンダー  涙で育てた 恋の幻影(まぼろし) 心に抱きしめ 生きているのよ 美郷の雪華 それは私よ あなたを待ってる 白いラベンダー
海峡の駅眞千賀子眞千賀子蒼井海侑若草恵若草恵風がうねる 海峡の街 ひとり佇む 抱えきれない 哀しみを ここに捨てにきたの 鴎さえも 凍え啼いてる 明日も見えない 吹雪のなか 二度と 二度と 戻れない あなた 今も 恋しい… あぁ…あぁ こころ 寒い 海峡の駅  離さないと 言ったあの人 信じたかった 弱いわたしを 風が打つ 過去は捨ててゆけと 噂さえも こわくなかった 命燃やした はずなのに 逃げるように 飛び乗った 最終列車 哭いてる あぁ…あぁ 波も 凍る さいはての駅  岬遠く 灯りが揺れる 明日のゆくえを 照らすように せめて 届け この想い 海を 越えて あなたに あぁ…あぁ 霧笛 叫ぶ 海峡の駅
月の雫眞千賀子眞千賀子蒼井海侑若草恵若草恵この黒髪も 紅ひく指も みんな あなたを 愛して泣いています 月よ教えて 散ると知りつつ 燃えて咲いてる 花の運命(さだめ)を 焦がれ待つ夜は 吐息せつなく 死ぬほど長い 逢いたくて 逢いたくて 月の雫 頬つたい 消えてゆく  この襟足も 胸のほくろも みんな あなたを 愛して呼んでいます 月よ伝えて 夢と知りつつ 抱かれた一夜(ひとよ) 千夜の思い 焦がれ鳴いてる 蝉は我が身か ふたりの恋か 恋しくて 恋しくて 月の雫 青白く 潤んでる  焦がれ身を焼く 胸の炎よ 天まで届け 愛しくて 愛しくて 月の雫 赤々と 燃えてゆけ
ベッドじゃなくても岩波理恵岩波理恵かず翼若草恵若草恵あぁ あなたに 火傷(やけど)しそうなの もうひとりじゃ 時間は流れない 気分はシャイニー キスしてサムタイム 泣きたいの 瞬間(いま)が惜しいから 海沿いのカーブは 風が強くて やさしくコート広げ 私をかばう… ベッドじゃなくても ほら心乱れるね ベッドじゃなくても ただあなたに触れたい  あぁ あなたに 目隠しされたの もうひとりじゃ 迷子になるだけよ 酔わせてミュージック 走ってハイウェイ 痛いほど 愛を感じるの 赤い陽が落ちてく 海をみつめて シリアスな台詞似合う ドラマのように… ベッドじゃなくても ほらかなり切ないね ベッドじゃなくても 今ふたりは一つよ  三日月のしずくが 涙みたいに 想い出刻む胸を 濡らしてゆくわ ベッドじゃなくても ほら心乱れるね ベッドじゃなくても ただあなたに触れたい
風のララバイ湯原昌幸湯原昌幸田久保真見若草恵若草恵このまま 大人のさよなら 何も 言わないけれど 二度と逢えないと わかってるふたり 戻れなくなる これ以上は 風のララバイ 哀しいことは 眠らせてしまえばいい 心で このまま 大人のさよなら それでも Still I love you  一番 優しいさよなら いつか 傷つけるなら 美しいままで 想い出にしよう あなたのことを 守りたいよ 風のララバイ 誰を抱いても あなたを求めるだろう 心で 一番 優しいさよなら それでも Still I love you  風のララバイ 哀しいことは 眠らせてしまえばいい 心で このまま 大人のさよなら それでも Still I love you
真昼の月村上加代子村上加代子蒼井海侑若草恵若草恵真昼の月は 姿は見えない そこにあなたがいるのに こころこころ見えない 一秒さえも あなたが愛しい 声が聴きたくなる とても切ないの たしかな答え 欲しいけど 今のあなたは 真昼の月のよう この手に感じたいの あなたをあなたを 身体ごと 抱きしめて抱きしめてよ 涙あふれる 哀しみのとき  瞳の奥の 知らない誰かを 今は忘れてほしいの 愛を愛をください 魔法をかけて このまま静かに たとえ幻でもいいの そばにいて 鏡に映る わたしには 愛は哀しみ 真昼の月のよう 夢なら醒める前に あなたをあなたを 奪いたい この指をすり抜けてく 白く儚い 真昼の夢よ  ひとり彷徨う この街は 誰も知らない 異国の街のよう 愛して欲しかったの わたしのわたしのことだけを 届かない 想いだから 愛は幻 真昼の月よ
さよならあなた村上加代子村上加代子紺野あずさ若草恵若草恵あなたは煙草を 吸っては消して 横顔ばかり 見せていた 私を一度も 見ることもなく ダブルのバーボン 飲みほした 人を泣かせた 恋の終わりね あなたのそばで 私はひとりぼっち あなたが愛しいと 心が心が泣く 甘いささやき あぁ 酔いしれた恋  出会いの秋から 別れの冬へ ぬくもり重ね 口づけた あんなに愛して 愛された日々 夢みていたのよ 永遠を 強く抱き寄せ そっと包んだ やさしい腕を 背中が覚えてる あなたが一緒なら すべてをすべてを捨て 甘い香りに あぁ 燃やされた夜  大人同士よ なんとかなるわ 淋しさなんて そのうち慣れっこよ 私はここにいる こんなにこんなに好き 二人最後の あぁ さよならの道
五月のバラは美しく玉井京子玉井京子たかたかし若草恵若草恵五月の風が梢をわたる 楡の木陰のベンチで 柔らかな木漏れ日に瞳(め)をとじて あなたと接吻(くちづけ) かわしたの Ah バラの紅い花より 君は美しい あの日、あなたが囁いたことばが ことばが今も わたしの胸わたしの心 熱くする  あなたが遠く旅立った朝 息もできずにうずくまる ウェディングベルを鳴らす日取りが 決まった翌日の 事故でした Ah バラの紅い花より 君は美しい まるで魔法をかけられたみたいに あなたは今も わたしの胸わたしの心 熱くする  忘れることが忘却なのに 想いきれない涙に 別れをつげられずにただひとり めくるアルバム 愛の日々 Ah バラの紅い花より 君は美しい あの日、あなたが囁いたことばが ことばが今も わたしの胸わたしの心 熱くする
女友達北山みつき北山みつき北山みつき若草恵若草恵通り過ぎる 人の群れに ふいに あなたの 香り よみがえる 久しぶりねと 電話をして 約束の 日を待つ 愛しさだけつのる  女では分からない気持ち 女しか分からない気持ち 友達でいられなくなる その唇 思い出すと 切ないの  部屋に呼んで 鍵を閉める そうよ あなたの 香り 閉じ込める 狂おしいほど 巡る思い 約束の 日が来る もどかしさがつのる  女では分からない気持ち 女しか分からない気持ち 友達でいられなくなる そのまなざし 感じ出すと 狂おしい  女では分からない気持ち 女しか分からない気持ち 友達でいられなくなる その白い手 指はわすと 溶けてくる
愛されるなら 嘘がいい北山みつき北山みつき北山みつき若草恵若草恵夢を みさせて くれる人 あなたを 見てれば すぐ分かる 昨日の ことは 話さないで 女(ひと)の 影は 見たくないから  愛されるなら 嘘がいい 口説くなら 本気できてね この このまま朝まで ふたり過ごしましょう そしてあなたの吐息を感じるの まぶた閉じて  ボトルに 映る その姿 隣の 席へと さりげなく 背中に 回す その腕を 今の 気分 払いたくない  愛されるなら 嘘がいい 口説くなら 本気できてね この このまま朝まで ふたり過ごしましょう そしてあなたの吐息を感じるの まぶた閉じて  愛されるなら 嘘がいい 口説くなら 本気できてね この このまま朝まで ふたり過ごしましょう そしてあなたの吐息を感じるの まぶた閉じて
夕月の宿金沢明子金沢明子麻生あかり若草恵若草恵旅の衣が はらりと落ちて 勝気ごころが 湯気のなか 情けひとすじ 恋路はひとつ 惚れたあんたに はげしく抱かれ 死ぬまで一緒と あぁ また燃やす… かがり火ゆらゆら 夕月の宿  あんた奪って 死ねたらいいと 枕濡らして しのび泣く 情けひとすじ 恋路はひとつ 夢二みたいに 愛されたなら こころの迷いが あぁ 溶けて行く… うたかた恋風 夕月の宿  情けひとすじ 恋路はひとつ 肩に恋跡 も一度つけて 夜明けが怖いと あぁ しがみつく… おんなの情け炎(び) 夕月の宿
ひだまり酒場金沢明子金沢明子麻生あかり若草恵若草恵あなたひとりの 赤提灯は ふつうの人生(みち)が 遠くなる こころの荷物 邪魔になるなら ここで降ろせば 明日が見える 私でよければ お相手するわ ここはここは あなたの ひだまり酒場  都会暮らしに すっかり馴れて ふるさと遠く 生きてきた 悩みを棄てて 憂(う)さをはらして 今日も呑んでる のれんの灯り 私の手料理 好みに合えば ここはここは あなたの ひだまり酒場  寒い夜には 熱燗つけて 炙った烏賊(いか)を 齧(かじ)る人 黙っていても 通うぬくもり 一夜(ひとよ)の情けを 誘って欲しい 私でよければ お酌をするわ ここはここは あなたの ひだまり酒場
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
雨音−I'm Missing You...−高森有紀高森有紀橋詰亮子若草恵若草恵昼下がりの雨音が 聞こえはじめた交差点 傘を持たず佇んだ あなたの姿  ふいに息がつまりかけ 胸が高鳴りふるえてる こみ上げる愛しさは まどろみの記憶  欲張りね 愛はいつも 優しいだけじゃ 物足りないのに 愛され愛しすぎて 怖くなったの 明日が  あふれくる涙 しみついた匂い そっと ふれあえた歓び I'm Missing You そばにいて もっと…  優しいのは弱いから そんな言葉で傷つけて 私だけを愛してと 甘えていたわ  ついた嘘に焦らされて いつか恋しさすれ違い 私から背を向けた まっすぐな瞳  冷え切った 交差点で あなたも一人 立ち尽くしている かすめる想いだけが 知った温もり そのまま  落ちてゆく涙 戻らない時間 そっと ささやいて眠った I'm Missing You 抱きしめて もっと…  あふれくる涙 しみついた匂い そっと ふれあえた歓び I'm Missing You そばにいて ずっと…
風のステーション高森有紀高森有紀冬弓ちひろ若草恵若草恵朝が来たら わたしはひとり 街を出てゆく たぶんあなたはあの約束 忘れているのね 朝が来たら あなたとふたり この街を出て やり直そうと誓い合った 南へ行(ゆ)こうと  夜明け間近の駅で 来ない未来を待った 風のステーション サヨナラの代わりに つたえてほしい 愛してたと いま 始発の汽車にひとり乗る  朝が来たら あなたはひとり 部屋に戻って テーブルの上 小さなメモ 見つけるのでしょう 朝が来たら わたしはひとり 旅に出るのよ 哀しいくらい自由になる 涙の数だけ  これが最後の賭けと ずっと決めていたから 風のステーション サヨナラの代わりに つたえてほしい 待っていたと いま あの日の夢が消えてゆく  風のステーション サヨナラの代わりに つたえてほしい 元気でねと いま ふたりの街が遠ざかる
おんなの暦松原のぶえ松原のぶえたきのえいじ若草恵南郷達也睦月 如月 弥生が過ぎて 春は名ばかり 行くばかり 命尽くして 何故結ばれぬ 卯の花月の 憎らしさ あなた私の そばにきて 涙でめくる おんなの暦  皐月 水無月 ただ待ちわびて 墨絵文月 書く手紙 未練ごころを またかき立てる 葉月の空の 遠花火 一期一会と 云うけれど 情けが欲しい おんなの暦  木染月(こそめづき)から 雨降りやまず どうか逢わせて 神無月 あなた恋しと 霜月耐えて 師走の露地で 飲むお酒 夢でいいから 抱きしめて ひとりじゃ寒い おんなの暦
睡蓮の花眞千賀子眞千賀子蒼井海侑若草恵若草恵水面にただよう 雪のような花 指差し君だと 優しく言ったひと 酒場暮らしの わたしだけれど 誰にも負けない まごころだけは あなたに咲きたい 睡蓮の花  花も咲かない 都会の隅で 明日を信じて 笑顔で生きてきた エプロン姿と 小さな家が わたしのほのかな 夢だったのよ のぞみはしません 睡蓮の花  どんなにつめたい 涙の池も 清らな花には 必要だよと 微笑むあなたが わたしの命 力の限りに 愛してゆくわ あなたに咲きたい 睡蓮の花
心宿眞千賀子眞千賀子眞千賀子若草恵若草恵出逢いと別れの 人生は 涙と笑いの 心宿 せつなく 胸を締め付ける あなたの やさしさ欲しいのよ 離れないでね 離さないでね うわべの 愛は嫌だから  実らぬ恋だと 知りながら 二人で来ました 山の宿 湯上り 化粧の姿見が あなたの 浴衣にからみつく 忘れないでね 離さないでね 今夜も 夢を見たいから  やさしく抱かれて 夢に酔う 最期の別れの 隠れ宿 未練の 迷いを断ち切って あなたの 面影捨てて行く 泣かせないでね 笑顔でいてね 心の 妻でいたいから
スターケイ潤子ケイ潤子清志郎若草恵西村真吾もう いいじゃない これから先も スターそれは無理さ 昔の声が もう出ないこと ファンが 一番知っている それでもと いうのなら 俺の肩先で 歌うがいい それでもというのなら ラララ ラララ ラララ  まだ 忘れない 昼夜二回 公演のあのころを 薬と酒を 交互に飲んで 歌がよくなるはずもない それでもと いうのなら 夜明けの酒場で 歌うがいい それでもと いうのなら ラララ ラララ ラララ  還暦すぎたか 化粧鏡を 覘いてわかった とっかえひっかえ 男を変えて いつも最後にだまされる それでもというのなら 俺の腕の中 歌うがいい それでもというのなら ラララ ララララ ラララ
みちのく遠花火佐藤善人佐藤善人たきのえいじ若草恵南郷達也紅葉(もみじ)が燃えて 秋が往(ゆ)き 湯けむり恋しい 冬がくる 好きで別れて 都会の暮らし 責めているよな 風便り ごめんごめんよ それ切りで 忍ぶみちのく 遠花火  達者でいるか 忘れたか それとも待ってて いるだろか ビルの谷間に 明かりを点し 下り列車が 駆け抜ける度 乗って行きたい 行かれない 耐えてみちのく 遠花火  鞄(かばん)に詰めた 夢ひとつ つかめば帰れる 手土産に 何をくよくよ 悩んでいると 叱る地酒の ほろ苦さ 空を見上げりゃ 北斗星 浮かぶみちのく 遠花火
湯田川の月佐藤善人佐藤善人たきのえいじ若草恵南郷達也一歩踏み出しゃ 戻れない まして男の 生きる道 夢を背おって 故郷(くに)を出て 浴びた浮世の 雨や風 無駄にするまい この命 ひとり浮かべる 湯田川の月  ついて来るなと 云いながら 向けた背中の やるせなさ まぶた閉じれば 見えてくる 愛(いと)しあの娘(こ)の 泣きぼくろ 忘れられよか 峠道 あれは八月 湯田川の月  ひとつ越えても その先に 続く試練の 山がある 落ちて ころんで はい上がる 口に出すまい 泣き言は 今は我慢の 月見草 夢が道づれ 湯田川の月
あなたと生きたい松原のぶえ松原のぶえ歌凛若草恵広いこの空の下で やっと見つけられた 切ないほどに包んでくれる 夕焼けみたいに 心凍えそうな夜は ずっと知ってたように 話す声に温められた いつも受話器の向こうから あなたと生きたい 深い海を越えて 恋しくてただ切なくて 強く ずっと その手で抱きしめて  碧い涙の海で やっと気が付いたの いつもそばで笑っていたね 陽だまりみたいに 独りでいいのよなんて いつも強がってた 素直じゃなくて傷つけもした だけど本当は寂しくて あなたに逢いたい 長い夜を越えて 愛おしくてただ切なくて 強く ずっと 二度と離さないで  あなたと生きたい もう振り向かない 悲しみも流す涙も きっと きっと 笑顔に変えられる
男の愚痴と幸せ探しおおい大輔おおい大輔すずき信子若草恵若草恵赤い口紅 グラスにつけて あなたが好きと 縋(すが)って泣いた あんないい女(やつ) 二度とは会えぬ 別れたあとから 気づいた俺さ 悔いてみたって 戻れはしない 男の愚痴と 未練酒 一年 二年と 想いがつのる おまえと 心通わせた 暮らし 「しあわせ」つぶやく言葉に 笑顔 濡れた くちびる 重ねた夜  夜の街角 街灯が一つ 冷たい雨が 背中を濡らす 捨てた女(あいつ)の 面影抱いて 一人で旅する 最果て港 も一度逢いたい 謝りたくて 男の愚痴と 涙酒 一年 二年と 愛しさつのる 強がる 俺の我がままな 夢を 黙って ついてきてくれた おまえ 胸の 痛みが せつない夜  悔いてみたって 戻れはしない 男の愚痴と 未練酒 一年 二年と 想いがつのる おまえと 心通わせた 暮らし 「しあわせ」つぶやく言葉に 笑顔 濡れた くちびる 重ねた夜
まつり~日本列島祭り歌~おおい大輔おおい大輔小山内圭若草恵若草恵日本列島 北から南 天に向かって 陽が昇りゃ 祭り太鼓が どどんと響く 祭りだ、祭りだ、祭りだ、祭りだ… ふるさと祭りだ ねじり鉢巻き 神輿を担げ 浴衣の女(きみ)は 豊年おどり  櫻吹雪の 舞い散る海に 舳先(へさき)飾った 祝い船 波も踊れよ 鴎も踊れ 祭りだ、祭りだ、祭りだ、祭りだ… 大漁祭りだ 龍神水神 今夜の俺は えくぼの可愛い あの娘のお酌  華の都に 大花火が舞えば 粋な姿の 若い衆 山鉾を彩る 提灯(あかし)も揺れて 祭りだ、祭りだ、祭りだ、祭りだ… 日本の祭りだ 親父みてくれ 受け継ぐ夢を 魂(こころ)も躍る 男の浪漫
失楽園なつこなつこ湯川れい子若草恵若草恵私 そそのかす 誰かの 声がする 隠れても 隠れても聞こえる 心の奥 「正直になれ」と  春は ヒヤシンス 夏には 白い薔薇 幸せを 花瓶に活けるけど 胸の中に 木枯らしが 吹くわ  私 どうして 嘘が 下手なの? 好きな そぶり 出来ない 貴方に 抱かれて まどろむ 夢の中 あの人を 捜してる 白い シーツの海  ごめんね ごめんね 忘れられないのよ あの人に 帰りたい 私 失楽園  ピンク・サファイアと 煌めく エメラルド 友達は 誰も羨やむけど 虚しいのよ 淋しさが 積もる  笑い 浮かべた 夜が 怖いの 乾き切った オアシス ふるえる 身体に 刻まれた 面影 首筋が 覚えてる 声と 濡れたくちづけ  許して 許して 自分を 責めるけど あの恋に 戻りたい 私 失楽園  ごめんね ごめんね 今でも 恋してる あの人に 帰りたい 私 失楽園
夢貯金なつこなつこ湯川れい子若草恵若草恵もう今は 色が変わった 古い 日記帳 エンピツの 幼い文字が 綴る 昔の私  オーロラが 踊る国 犬ぞりで 走るのよ 風邪を 引くたび いつも 一人きり 空想の 翼 広げたわ  だから 背伸びしたり 諦めて 生きるよりも 涙を 力に変えて 夢を 貯めてゆこう  笑顔さえ 忘れるほどの 日々に 追われてる すがりつく 小さな命 老いた 大切な両親(ひと)  満天の 星の下 太陽が 燃える海 いつの日か また 愛される 私 美しい 花に 囲まれて  だから 鏡を見て 微笑(ほほえみ)を 忘れないで きれいな 私のままで 夢を 貯めてゆこう  だから 背伸びしたり 諦めて 生きるよりも 涙を 力に変えて 夢を 貯めてゆこう
恋から愛へ吉幾三吉幾三吉幾三若草恵若草恵幾つになっても 忘れない ああ…思い出 ひとつだけ あなたと二人で 旅をした 秋の島々よ 行き交う船に 手を振れば 鴎の群れが 追って来る 恋から愛へと 変わっていったけど 今でも 想いはあの日です  人肌恋しく 思うのは ああ…あなたの 温もりよ 夢先き語った 船の上 二人 手をにぎり… 真っ赤に染めゆく 夕焼けに 波も立てずに 船が行く 恋から愛へと 変わっていったけど 今でも 想いはあの日です  いつまで経っても 思い出す ああ…あの日が 今ならば 迷わずあなたの あの胸に 抱かれていたでしょう 船の霧笛も 聞こえない 若い二人の 旅の詩(うた) 恋から愛へと 変わっていったけど 今でも 想いはあの日です
最上峡佐藤善人佐藤善人たきのえいじ若草恵南郷達也山が高けりゃ 谷間も深い け落されたら はい上がれ 凛として たじろがず 迷わず恐れず 振り向かず 夢はひと筋 夢はひと筋 最上峡  鷹よおまえは 何故越えて行く あんな険しい 頂きを 風が啼く キリキリと 行く手をさえ切り 突き刺さる 心ひと筋 心ひと筋 最上峡  紅葉(もみじ)浮かべて 流れる川も 冬はしぐれて 凍りつく この先に 道はなく それでもつらぬく 我が道を 命ひと筋 命ひと筋 最上峡
笹川流れ佐藤善人佐藤善人たきのえいじ若草恵南郷達也海に張り出す 岩の群れ 海猫ばかりが 鳴いて飛ぶ 苦労三年 まだまだ五年 汗は心の しぼり汁 夢の積み荷の 重さだけ 生きて甲斐ある 笹川流れ  夏と冬では 姿を変える 朝陽(あさひ)がまぶしい 日本海 雪をかぶった あの岩肌に 松は根を張り 生きている 決めた人生(みち)なら 男なら 意地を支えに 笹川流れ  弱音吐いたら 明日(あした)が逃げる 強気の二文字(ふたもじ) 道しるべ 生きて行くのは 不器用だけど ひとり覚悟の 遠まわり 赤い夕陽に 染められて 岩が燃えてる 笹川流れ
あなたにありがとう~シングルバージョン~八代亜紀八代亜紀小川容子若草恵若草恵もしも淋しくなったなら つぶやいてみて ありがとうって ありがとうって あなたの心に誰かの面影 浮かびますように 黄色い花には 誇り高い香りが宿るの 私の心にもそっと咲いて 咲いています あなたに あなたに ありがとう  もしも辛くなったなら ささやいてみて ありがとうって ありがとうって あなたの心にぬくもり戻ってくれるかしら 赤い花には かれんな香りが宿るの 心の傷を そっと癒して 癒してくれる あなたに あなたに ありがとう  もしも悲しくなったなら 声に出してみて ありがとうって ありがとうって あなたの心の悲しみ 笑顔で包まれるように 白い花には 優しい風がそっと吹きわたるの 私の心を そっときれいに きれいにするわ あなたに あなたに ありがとう あなたに あなたに ありがとう
伝言~メッセージ~氷川きよし氷川きよしいではく若草恵前田俊明おだやかな 夕暮れの 町並を 見ていたら 明日にはいいことが ありそうな気がすると言っていたあなた 出会いには喜んで 別れに涙した あふれる思い出の数は いつか花になる 忘れない あの日のメッセージ そんなあなたに伝えたい「愛してる」  草原に 寝転んで 青い空 白い雲 そよ風に鳥の声 ゆっくり流れてた一日の長さ 幸せが終る日を 恐れて暮らしてた ふたりの青春の日々は こころに眠る花 時代から こぼれたメッセージ 今もあなたに伝えたい「愛してる」  散り行く花もまためぐる 春をひそやかに 待ちわびて 耐えてるメッセージ 今もあなたに伝えたい「愛してる」
あなたと生きたい日野美歌日野美歌歌凛若草恵若草恵広いこの空の下で やっと見つけられた 切ないほどに包んでくれる 夕焼けみたいに  心凍えそうな夜は ずっと知ってたように 話す声に温められた いつも受話器の向こうから  あなたと生きたい 深い海を越えて 恋しくてただ切なくて 強く ずっと その手で抱きしめて  碧い涙の海で やっと気が付いたの いつもそばで笑っていたね 陽だまりみたいに  独りでいいのよなんて いつも強がってた 素直じゃなくて傷つけもした だけど本当は寂しくて  あなたに逢いたい 長い夜を越えて 愛おしくてただ切なくて 強く ずっと 二度と離さないで  あなたと生きたい もう振り向かない 悲しみも流す涙も きっと きっと 笑顔に変えられる
シリアスにロマンスをなつこなつこさくらちさと若草恵若草恵火傷しそうな 恋をした あの頃のふたり シャンパンに映してる 眩しいシルエット  愛してる 囁いて シリアスに ロマンスを 紅く染まる こころときめかせて もういちど もういちど シリアスに ロマンスを  居心地のいい 恋なんて もどかしくなるの もっとあなたをつよく 感じていたいわ  月明かり 灯したら シリアスに ロマンスを 長い夜を そっとたぐり寄せて もういちど もういちど シリアスに ロマンスを  傷ついて かまわない シリアスに ロマンスを めぐり逢えた 奇跡 信じたいの あなたとだけ あなたとだけ シリアスに ロマンスを  あなたとだけ あなたとだけ シリアスに ロマンスを
小樽 雪あかりなつこなつこ服部奈都子若草恵若草恵今年も永い冬が来る 待ち焦がれた人もいる  ほたる色した雪の華 北運河に舞い降りる  今宵夢見しその先は 愛しい君のその笑顔  ひらりひらり 如月(きさらぎ)の夢 それは祈り あこがれと想い出は 小樽 雪あかり  ながむる空に降りしきる 聞こえますか 雪の音  変わらぬまちの ぬくもりが 時が止まりここにある  やがて儚く消える灯も 心にそっと咲き誇る  ひらりひらり 如月の夢 それは願い あこがれと想い出は 小樽 雪あかり ひらりひらり 如月の夢 それは祈り あこがれと想い出は 小樽 雪あかり
父さんの言葉菅原やすのり菅原やすのり菅原やすのり若草恵若草恵幼い頃に父さんと お風呂帰りの肩車 「お前は男 弱音を吐くな 強い心で 生きてゆけ」  明かりが灯る裏通り 祭り囃子に日が暮れる 身を寄せ合った 小さな家が 僕らの大事な 宝物  微笑みながら手を握り 「幸せなんか 探しても どこにもないさ 親子こうして どうやら暮らせる ここにある」  時は流れて この僕も いつの間にやら 人の親 「強い男(やつ)ほど やさしくなれる」 父さんの言葉 思い出す  あの戦争を生き抜いて 天に召された 父さんの 大きな背中 追いかけながら 僕は負けずに 生きている  まるい心で 生きてゆく
セントエルモの火~モナシスの歌~石田燿子石田燿子えんどうてつや若草恵遠い遠い 銀河の果てに セントエルモの火が燃えるとゆう  風を誘い ささやくように セントエルモの火が歌うとゆう  でも たどりついても それは ただの 星のきらめき  燃え上がる炎 愛するのは この心 掴まえて 去っていく風  私の 心の奥の セントエルモの火 あなたにしか掴めはしないのよ  いつも いつも あなたに そっと 灯し続ける 想いなの  遠い遠い 銀河の果てに セントエルモの火が燃えるとゆう 風を誘い ささやくように セントエルモの火が歌うとゆう  そう かなしいことは 全て 燃えてしまえと歌う  思い出をみんな 燃やすことで この心 灰にして 飛んでいけるね  私の 心の奥の セントエルモの火 あなたにしか掴めはしないのよ  いつも いつも あなたに そっと 灯し続ける 願いなの
ほほ笑み月夜平田京子平田京子さくらちさと若草恵若草恵苦労したぶん 深くなる 夫婦という名の まるい縁 好いて好かれて 好かれて好いて ふたりしみじみ 猪口(ちょこ)傾けりゃ 月もほんのり ほほ笑み月夜  惚れているから 妬(や)きもしょう 命もかけます ゆるします 泣いて泣かれて 泣かせて泣いて 生きて行きましょ 不器用どうし 肩を寄せ合う ほほ笑み月夜  きのう北風 きょうは凪(なぎ) 明日は吹きます 追い風が 運も不運も 不幸も幸も 春夏秋冬 ふたりでひとつ 満ちてうれしい ほほ笑み月夜
りんどうの宿平田京子平田京子さくらちさと若草恵若草恵そえぬ運命(さだめ)を なげくより いっそ散りたい その胸で いいの 明日は いりません こぼす吐息が うす紫に 泣いて咲きます 泣いて咲きます りんどうの宿  今宵一夜(ひとよ)が 一生と 決めた女の 胸のうち そうよ 憂き世は 忘れましょう 遠くまたたく 湯の町あかり 月も濡れます 月も濡れます りんどうの宿  別れ上手を 演じれば しめる博多の 帯が泣く わたし 最後の 恋でした 着せた上着を もいちど脱がせ すがりつきたい すがりつきたい りんどうの宿
倖せふたり山本みゆき山本みゆき仁井谷俊也若草恵南郷達也愛して尽くして 傷つきながら 今日までひとり 生きてきた 最後の恋です やさしいあなた 離しはしない この指この手 見つめあい… 信じあい… 倖せふたり  女のすべてを あなたにあげた 秘密も嘘も もうないわ 最後の恋です 一途に惚れた 可愛い奴と も一度言って ときめいて… ゆらめいて… 倖せふたり  あなたの胸しか 探せはしない わたしが夢を 見る場所は 最後の恋です 運命(さだめ)の恋よ 解(ほど)けはしない 絆の糸は 支えあい… 許しあい… 倖せふたり
女ごころ山本みゆき山本みゆき仁井谷俊也若草恵南郷達也いのちの限りに 尽くしてみても 別れりゃこころの 傷になる なんで…どうして… 私にばかり 悲しい別れが 待ってるの つらい せつない やるせない 涙はらはら あゝこぼれます  やさしい男の 気ままな嘘に 振り回されたの 溺れたの なんで…どうして… 愛(いと)しい背中 私がいつでも 見送るの つらい せつない やるせない 夢がほろほろ あゝ泣いてます  愛した分だけ 憎んでみても みれんが邪魔する 後をひく なんで…どうして… 報(むく)われないの 幸せください 私にも つらい せつない やるせない 涙はらはら あゝこぼれます
ふるさと銀河天童よしみ天童よしみ水木れいじ若草恵池多孝春泣いた数だけ 幸せやると 肩を抱きよせ 誓ってくれた そんな大事な人ならば なんでこの手を離したと… 遠い夜空が 私を叱る あなた あなた あなた逢いたい ふるさと銀河  生きてゆくのは 不器用だって いいの優しい 笑顔があれば 喧嘩してみて 泣いてみて 風の寒さも 知りました… 女ごころの 一途な夢を あなた あなた あなた信じて ふるさと銀河  白い鈴蘭 咲くあの町は いまも昭和の 昔のままね 今度逢ったら人生を そうよ一から 出直すの… 明日(あす)の始発で 私も帰る あなた あなた あなた恋しい ふるさと銀河
花しょうぶ天童よしみ天童よしみ水木れいじ若草恵池多孝春「ついて来るのか 命を賭けて…」 「ついて行きます 命をあずけ…」 他人(ひと)が指さす みちゆきに 川岸(きし)を離れる この渡し舟 つもり重ねた 親不孝 何と詫びよか…何と詫びよか 花しょうぶ  「寒くないのか ふたりっきりで…」 「寒くないのよ ふたりでいれば…」 つらい運命(さだめ)の待ちぶせを 知らず結んだ 情けの糸よ 雨に打たれて 燃える恋 忍ぶ忍ばず…忍ぶ忍ばず 花しょうぶ  「強く生きよう おまえのために…」 「強く生きるわ あんたのために…」 生まれ故郷(こきょう)は もう遠い 哭(な)くな葦原雀(よしきり) 櫓(ろ)が咽(むせ)んでも なってみせます 倖せに 誓うおんなの…誓うおんなの 花しょうぶ
恋夜雨伍代夏子伍代夏子喜多條忠若草恵若草恵生まれたばかりの 嬰児(みどりご)は きっとこうして 眠るのね あなたの広い 胸の中 雨が泣きます 叩きます 許されない恋 責めるよに 夜が心を 叩きます  乱れて流れる この髪が いつかあなたを 縛るなら 黒髪切って 悔いは無い カンと響いた 鹿脅(ししおど)し 何かの合図に するように 夜がからだを 引き寄せる  明日(あした)が他人に また戻す 恋は目隠し 探り鬼(さぐりおに) つないだこの手 離さない 旅の終わりの 隠れ宿 戻れる世間は もう無いと 夜が教える 恋夜雨
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ソーラン祭り節天童よしみ天童よしみ水木れいじ若草恵若草恵ありがとう 母なる漁海(うみ)よ 豊年万作(まんさく)だ 父なる大地 鳴子(なるこ)ならして さあ踊れ ドンといこうか 祝い酒 ヤーレンソーラン 元気よく ヤーレンソーラン 手拍子を…… 祭りだ(ソレ)皆来い(ソレ) おんなソーラン(サーサーサーサー)祭り節  いく冬を 吹雪に耐えた いく夏を 日照りに耐えた 山の木霊(こだま)も さあ謳(うた)え 日本生まれで 良かったね ヤーレンソーラン 元気よく ヤーレンソーラン 陽(ひ)が昇(のぼ)る…… 祭りだ(ソレ)皆来い(ソレ) おんなソーラン(サーサーサーサー)祭り節  これからが あんたの出番 人生はやる気と 我慢だね 晴れの船出を さあ祝え 今日の自分に 明日(あす)は勝て ヤーレンソーラン 元気よく ヤーレンソーラン 掛け声を…… 祭りだ(ソレ)皆来い(ソレ) おんなソーラン(サーサーサーサー)祭り節
氷の焔なつこなつこさくらちさと若草恵南郷達也ねえ 指先は ああ 熱いのに 終わりなのね わかるのよ 嘘をかくす こころも  別ればなし すればいい 黙って聞いて あげるわ  このまま あなた 抱いて 寒い胸に 抱いてよ こごえて こごえて 私が 凍りつくまで 愛は 愛は消えない 氷の焔  ねえ 唇が ああ 冷たいわ 窓にささる 三日月が 見てる じっとふたりを  泣いてなんか あげないわ 死にたいなんて 言わない  捨てればいいわ あなた もっと私を 傷つけ 壊して 壊して 心が 欠片(かけら)になるまで 愛は 愛は消せない 氷の焔  このまま あなた 抱いて 寒い胸に 抱いてよ 憎んで 憎んで 憎んで すがりつきそう 愛は 愛は消えない 氷の焔
星のふるまちなつこなつこ服部奈都子若草恵南郷達也音も立てずに 日が暮れて 大峰山を月が照らす 流れる風は さらさらと 遠い昔のままね  私が生まれた町 忘れはしません  蛍舞う頃 また会えますか  笑顔咲く街 みなかみは 優しさがあふれてる  天神平 まんてん星 あんな夜空は見られません 流れる星は きらきらと 願うことただ一つ  あなたと出会った場所 忘れはしません  夏薫る頃 また会えますか  星のふる町 みなかみは 思い出があふれてる  赤谷湖上の 夢花火 忘れかけてた思いあふれる 流れる雲は ふわふわと 涙さえ包み込む  幸せもらった町 忘れはしません  キスゲ咲く頃 また会えますか  夢叶う町 みなかみは 心帰るふる里
山形県大石田町立小学校校歌天童よしみ&山形県大石田町の小学生全員の皆さん天童よしみ&山形県大石田町の小学生全員の皆さん板垣一雄若草恵流 豊けき 最上川 出羽の国原 潤して 千代の来し方 育みし 文化享けつつ 讃へつつ こころに刻み ともに学ばん  出羽の山並 麗しく 奥に横たふ 葉山嶺は 天の高山 鎮もるを 朝な夕なに 仰ぎつつ こころに刻み ともに励まん  みどり風たつ 美し国 まほらの郷に いきづくや つよくやさしく すこやかに 希望を胸に 抱きつつ はばたく明日 ともに築かむ
マリエの話伊藤美裕伊藤美裕岡田冨美子若草恵竜崎孝路ケンカ別れじゃ終わりにできない 泣くだけ泣いてもまだ残るから 今日もこころが初恋みたいに 日暮れの街さみしがるよ  マリエの話じゃあなたはもう立ち直ってる 噂聞くだけで妬けちゃうのはなぜだろう 若くて可愛い女の子にもてるあいだに 遊んでおくのもいいけれど… もういちど会えばわかることがある ふたり今もつながっている  不器用だから上手になれずに あなたのやさしさ傷つけたのね 本当のことを言いあっていたけど 崩れだすと追いつけない  マリエの話じゃあなたはいま頑張っている でも見掛けだけの噂なんか信じない 別れの朝再びの恋が始まってから 変わったねとマリエが言うの… もういちど会えばわかることがある ふたり今もつながっている  マリエの話じゃあなたはもう立ち直ってる 噂聞くだけで妬けちゃうのはなぜだろう 若くて可愛い女の子にもてるあいだに 遊んでおくのもいいけれど… もういちど会えばわかることがある ふたり今もつながってる
倖せの坂道松川未樹松川未樹荒木とよひさ若草恵前田俊明わたし…女のひとになるんです  真綿のような 心になって すがる恋より あしたを選び 普通に暮らせる 普通に暮らせる 生き方を 探しましょう… 探します 母と歩んだ 母と歩んだ 坂道で  秋桜みたいに 静かに咲いて つらいことでも 笑顔にえくぼ 綺麗な涙に 綺麗な涙に 話しかけ 写しましょう… 写します 母にもらった 母にもらった 手鏡に  わたし…おとなになるんです  浮雲みたいに 優しくなって いつか子供と 並んで浮いて 遠くて近くの 遠くて近くの 倖せを 掴みましょう… 掴みます 母が手わたす 母が手わたす 人生を
楽園瀬口侑希瀬口侑希田久保真見若草恵若草恵鍵をあければ そこは ふたりになれる 楽園 言葉にするのも もどかしく 愛に おぼれた部屋  その優しさがもう もう苦しいの 求めても 求めても 指は闇を つかむだけで いつか 終わるのならば  夢のまま 終わらせて 痛いくらい 好きなまま さよならした方が さよならした方が ねえ きれいでしょう?  眠るあなたの そばで さみしくなった 楽園 女は こわれる恋なんて いっそ こわしたいの  この温もりもそう そう消えてゆく ゆるしても ゆるしても 傷は深く 疼き続け いつか 血を流すなら  夢のまま 終わらせて 怖いくらい 欲しいから このまま愛したら このまま愛したら もう もどれない  夢のまま 終わらせて 痛いくらい 好きなまま さよならした方が さよならした方が ねえ きれいでしょう?
あなたの胸で泣きながら瀬口侑希瀬口侑希田久保真見若草恵若草恵人を 愛することは いつでも 少し哀しい 心は 季節が 過ぎるように 変わって しまうから  今 あなたの胸で そうあなたの胸で 泣きながら 流されてしまいたい すべてを 失くしても 二度と 戻れなくても いい  愛なんて 夢なのでしょう 今夜だけの 儚い幸せが あればいい  人を 愛することが あやまち なんて哀しい 後悔 すること 知ってても あなたと 生きたいの  ただ あなたの胸で そうあなたの胸で 泣きながら 乱されてしまいたい あしたを 失くしても そばに 居られるのなら いい  愛なんて 嘘なのでしょう それでもいい 見えない幸せを 信じてる  愛なんて 夢なのでしょう 今夜だけの 儚い幸せが あればいい
あなたがいるから田中健田中健小林篁次若草恵若草恵幾年が 過ぎたでしょう あなたと歩んだ 道程(みちのり)は 人の生き方 教えてくれた人 互いに磨き合い 互いに心高め合い 人に尽くせる そんな生き方 それがあなたの何時もの 口癖ですね 輝く瞳が こんなに暖かい 私も勇気が 勇気が漲(みなぎ)る  アルバムを 開いたら あの日のままの 二人です 口に出すのは 少し照れるけど いつでも優しい あなたのその目差(まなざ)しを いついつまでも 守りつづけたい それは私の 大切なあなただから 今日も明日も 永久(とわ)に守りたい それが私の 心の誓い  あなたを花に譬(たと)えれば きっと クロッカスでしょう 春告げて 心を開いてくれたから  ビコーズ あなたが ビコーズ いるから ビコーズ あなたが あなたが いるから  ビコーズ あなたが ビコーズ いるから ビコーズ あなたが あなたが いるから
田中健田中健小林篁次若草恵若草恵おお良き友よ 楽しき道と 険しき道が 有ったなら 時には険しき 道選ぼうよ 今は届かぬ 大きな夢を 共に掲げて 今一歩から 明日を望みて いざ歩まん 我が友と  辛い涙も 笑顔に変えて 負けず恐れず 立ち向かう 互いに学び 糧として 大きな夢を 共に描こう 人に幸福(しあわせ) さあ喜びを 明日を望みて いざ歩まん 我が友と  我が友と
海峡の宿伍代夏子伍代夏子喜多條忠若草恵若草恵人をだました こともない ふたりが世間を だましてる あなたの指が 頬紅に やさしく触れる そのあとを 涙 涙 ひと筋 こぼれます  このままでいいですか このままが このままがいいですか 朝がふたりを 引き離すまで 抱いて 抱いて 抱いてください 海峡の宿  海に黄色い 橋あかり 淋しい女の 首飾り あなたにめぐり 逢うまでは 泣くのは負ける ことでした こころ こころ 鞭打ち 生きて来た  甘えてもいいですか はじけても はじけてもいいですか 朝がふたりを 引き離すまで 夢を 夢を 夢を見させて 海峡の宿  このままでいいですか このままが このままがいいですか 朝がふたりを 引き離すまで 抱いて 抱いて 抱いてください 海峡の宿
おんなの山河天童よしみ天童よしみ水木れいじ若草恵池多孝春しあわせは…道なき道を はるばると 探してあんたと 旅空夜空 照る日曇る日 また雨の日も 心ひとつに 夢ひとつ… 負けないで離れずに 越えて来た 絆が嬉しい おんなの山河  からたちの…花咲く頃か 故郷(ふるさと)は ごめんね父さん 音沙汰(おとさた)なしで そうよ無口で 世渡り下手で そんなところが そっくりよ… 負けないで離れずに 添いとげて 想い出かさねる おんなの山河  まわり道…たまにはいいね お湯割りの お酒に和んで また惚れ直す あんな時代も がんばったねと 過ぎてしまえば 語り草… 負けないで離れずに この人と 明日(あした)を信じて おんなの山河
あんたと一緒天童よしみ天童よしみ水木れいじ若草恵池多孝春「おまえの涙は 俺が拭く」 「あんたの苦労は くださいね」 そんな言葉で 身をよせあって 我慢くらべの みちゆきでした… 色々あります あるけれど 惚れてよかった幸せよ あんたとあんたと一緒なら  「今夜は呑もうか 久しぶり」 「酔わせてください しみじみと」 縁がありゃこそ ひとつの傘で  越えたこの世の 雨風(あめかぜ)いくつ… 色々あります あるけれど うしろ見ないわ泣かないわ あんたとあんたと一緒なら  「しっかり頼むよ これからも」 「つきあいますとも その夢に」 しだれ紅梅 蕾をつけて 春を呼んでる ひと足早く… 色々あります あるけれど 明日(あす)も笑顔で生きてゆく あんたとあんたと一緒なら
why? ~真夜中の予感~伊藤美裕伊藤美裕岡田冨美子若草恵船山基紀why? こんなに熱いのに 好きでたまらないのに何故 思い出が夜空に凍りつくから… サヨナラの予感が からだじゅうを かけめぐる 今すぐ会いたい… でもあなたは電話にも出なくて 笑顔さえさがせない 眠れない夜が部屋にあふれて 流されて行く  why? 強く抱きしめても ここにあなたはいないから 大切な涙もこわれてしまう… 占いを信じて すがりついて しあわせの 約束もらっても… 当たらないことがわかってるから むなしくて目を閉じた 帰らない日々が部屋にあふれて 流されて行く  サヨナラの予感が からだじゅうを かけめぐる 今すぐ会いたい… でもあなたは電話にも出なくて 笑顔さえさがせない 眠れない夜が部屋にあふれて 流されて行く
ちょっとヨコハマ伊藤美裕伊藤美裕岡田冨美子若草恵若草恵たそがれないでヨコハマ 馬車道通り 派手な車が ポイとわたしを棄てたあなたの うしろ姿に似てる気がして ちょっと ちょっと ちょっと待ってと追いかけた 別れ話なら何度でもしたいから 逢えるならどこへでも行くよ............ 指の先にまだぬくもりが 残ってるうちは恋人よ あなたわたしを絶対に忘れられない 帰ってらっしゃいよ  裏切らないでヨコハマ 中華街を歩くと思い出が来る 約束なんかシャボン玉だと 言ったあなたを憎んでるのに ちょっと ちょっと ちょっと未練が止まらない 夢を語りあい眠らずに遊んだね これからも過去は続くから............ わたしの胸にはあなたしか もう入れないと思うのよ わたしあなたを絶対忘れられない 帰ってらっしゃいよ  別れ話なら何度でもしたいから 逢えるならどこへでも行くよ............ 指の先にまだぬくもりが 残ってるうちは恋人よ あなたわたしを絶対に忘れられない 帰ってらっしゃいよ
遠雷岩本公水岩本公水田久保真見若草恵若草恵哀しくなると 思い出す 夏祭りで買った 蒼(あお)いひよこ 大事に大事に してたのに 夢みたいに色あせて ゆきました 花火の柄(がら)の 浴衣着て 待ってたあなたは 来なかった  遠くで光る かみなりと 庭のすみに埋めた 蒼いひよこ 大事に大事に してたのに 雪みたいに冷たくて 泣きました 濡れてる髪で 呼び出され 待ってたあなたは 来なかった  東京に来る 前の晩 なまり色の海の 朽(く)ちた番屋 大事に大事に してたけど あなたにならあげたいと 言いました 始発のホーム 見送りに 待ってたあなたは 来なかった  あれからいつか 十五年 待ってたあなたは 来なかった
優しいやさしい嘘岩本公水岩本公水田久保真見若草恵若草恵口紅ひとつ つけもせずに いつも静かに 笑ってた 母さんあなたは 嘘つきでした 優しいやさしい 嘘つきでした ある日私が 知ったのは ひとりで 泣いていた背中 真夜中 出かけてゆく背中  悲しいことは いつかきっと 笑い話に なるからと 母さんあなたは 嘘つきでした 優しいやさしい 嘘つきでした ずっと私は 待ったけど こころの 傷は傷のまま 今でも 夕焼け色のまま  おまえは早く 嫁に行って 平々凡々 それがいい 母さんあなたは 嘘つきでした 優しいやさしい 嘘つきでした きっと私は 似ています 捨て猫 拾う母さんと 不幸を拾って 生きる癖
冬椿山本みゆき山本みゆき仁井谷俊也若草恵南郷達也おんなに生まれて 今日まで生きて 花に嵐の 道ばかり 負けはしません… 夢を叶える その日まで 世間の寒さに 耐えながら 凛(りん)と咲きます 冬椿  男と女の 世の中だから 人を愛した こともある あの日あの時… 恋も未練も 捨てたのに 今でも紅々 燃える炎(ひ)よ いのち一途な 冬椿  明日(あした)という日は 見えないけれど 笑顔忘れず いつまでも 急(せ)かずあせらず… 歩く人生 つづら坂 こころに希望(のぞみ)を 抱きしめて 春を待ちます 冬椿
雨の鎌倉山本みゆき山本みゆき仁井谷俊也若草恵若草恵誰かに知れたら あなたが困る 人眼しのんで 蛇の目傘 鎌倉 さみだれ 鐘の音 肩を寄せあう 石畳 晴れて添える日 その日はいつ来るの…  あなたの苗字に わたしの名前 何度書いたろ ひとりの夜 鎌倉 さみだれ 花の寺 雨に想い出 数えれば 惚れた分だけ 女はせつないの…  窓辺の紫陽花(あじさい) 青から紫紅(あか)へ 心がわりが 恐(こわ)いのよ 鎌倉 さみだれ 夕化粧 次に逢う日も 決めないで 帰るあなたの その手が離せない…
夢はるか五木ひろし五木ひろし松井五郎若草恵どれくらい来た 道なのだろう 流れる雲は時を 語ることはない  どこまでと決めて 行くわけでもなく 重ねる日々にひとり なにを信じる  あゝ夢はるか 未だ 道半ば 歩けば歩くほど ひろがる空がある  また風が吹く この先へ  沈む陽をなぜ 責めるのだろう かならず巡る朝に 次の陽は昇る  くやしくて頬を こぼれた涙が 心の糧にできる そんな日も来る  あゝ夢はるか 未だ 道半ば 出逢った人の手に 渡す愛がある  また風が吹く この先へ この先へ
ふたりの船唄天童よしみ天童よしみ水木れいじ若草恵池多孝春花と嵐の 人生ふりむけば 波の数ほど 苦労もありました 笑い話に できるのは あんたと一緒に 生きたから… 幾歳(いくとせ)を…想い出させる ふたりの船唄よ  昭和みなとで 船出をした朝は 長い潮路(たび)とは 思いもしなかった 野菊みたいな 母ひとり 故郷(こきょう)に残した あの別れ… 泣けてくる…酔えばしんみり ふたりの船唄よ  誰もこの世に 生まれて来たからは いつか幸せ つかむと言うあんた 群(むれ)にはぐれた カモメでも 命をよせあい かばいあい… 生きるのね…夢を心に ふたりの船唄よ
硝子の季節ややややさくらちさと若草恵若草恵帰り支度 すませた部屋 ため息だけが 降り積もる 別れことば 言いだせない あなた やさしすぎるの 捨ててごらん わたしなど いっそ いっそ 傷つけて すがりつきそうな 恋心 壊して欲しい 粉々に きれいな別れは いらないわ あなたを 憎みたい… 好きよ 好きよ 好きよ 愛は 硝子細工  吐息だけで 語りあえた ふたりの季節(とき)は 消えたのね しがみつけば ひび割れると 知りもせずに 愛したの 行かないでと 止めないわ 泣いてなんか あげないわ 置いて行けばいい 想い出は あなたの重荷に なるだけよ これで終わりなら 背をむけて 夢なら 抱きしめて… 好きよ 好きよ 好きよ 愛は 硝子細工  すがりつきそうな 恋心 壊して欲しい 粉々に きれいな別れは いらないわ あなたを 憎みたい… 好きよ 好きよ 好きよ 愛は 硝子細工
失恋記念日伍代夏子伍代夏子吉岡治若草恵初めてあなたと 旅したときの 寝台列車(ブルートレイン)に乗りました 心の隙き間に零(こぼ)れていたか 亡くした筈の 思い出たちが 停車のたびに 停車のたびに 顔を出します  わたしうとうと 夢ん中 失恋記念日 みれんがあって 船へと乗り継ぎ 小豆島 白い花は オリーブですね 三年前も咲いていた  引き潮だったら いっぽん道に 潮が満ちれば 海になる (エンジェルロード)の道行だもの 浜から島へ たどり着いたら ふたりの愛は ふたりの愛は 永遠なのに  わたしうらうら 店ん中 失恋記念日 乾杯しては 「弥助」で地魚 食べてます ちょっとピッチ 早すぎですか あなたをまるで忘れてる  わたしゆらゆら 船ん中 失恋記念日 今日から消して あなたに会わずに 帰ります トンとなにか 肩から落ちた 清(さや)かな風の瀬戸の朝
深川がたくり橋五木ひろし五木ひろし吉岡治若草恵若草恵橋の向うは夕映えが 遠く 上総の村まで染めるとか 苦界(くがい)は橋のこちら岸 二度と渡れば戻れない 思えば女衒(ぜげん)に手を引かれ 百や二百で 百や二百で 売りとばされて がたくり橋の色町 がたくり橋の色町 がたくり橋の色町で 腰を抜かして泣いていた  懸想(けそう)したとて無駄なこと わたし 十五の春には戻れない 苦界(くがい)は闇の賑やかし 飛ぶに飛べない篭の鳥 それでも会えれば声喚げて 地獄極楽 地獄極楽 行ったりきたり がたくり橋の道行 がたくり橋の道行 がたくり橋の道行は 恵方さがしの迷い旅  思えば女衒(ぜげん)に手を引かれ 百や二百で 百や二百で 売りとばされて がたくり橋の色町 がたくり橋の色町 がたくり橋の色町で 腰を抜かして泣いていた
ヘヘイ弥次さん ホイ喜多さん五木ひろし・堀内孝雄五木ひろし・堀内孝雄石原信一若草恵若草恵ヘヘイ弥次さん ホイ喜多さん お伊勢参りの 旅の空 化かす狐と なんで間違う 御油(ごゆ)の並木で 泣きっ面 どうせこの世は 狐と狸 それでいいのさ 化けてやる  ヘヘイ弥次さん ホイ喜多さん 雨で水増し 大井川 渡し職人 稼ぎに走る ぼったくりだぜ 払わねえ やまぬ雨など あるわけじゃなし それでそれでいいのさ 昼寝酒  ヘヘイ 弥次さん ホイ喜多さん ちょいと夜這いの 日坂宿(にっさかしゅく) 巫女の娘の 布団と思い 忍び込んだが 親の顔  ヘヘイ弥次さん ホイ喜多さん 丸子(まりこ)名物 とろろ汁 飯を頼めば 店の夫婦(ふうふ)が 喧嘩はじめて 食いはぐれ 喧嘩するほど 仲いい夫婦(ふうふ) それでいいのさ やせ我慢  ヘヘイ弥次さん ホイ喜多さん おけら風吹く 東海道 明日はどの町 五十三次 泣いて笑って 日が暮れる 人の一生 漫画の旅だ それでそれでいいのさ 日本晴れ それでそれでいいのさ 日本晴れ
あなたの話を聞かせて川村万梨阿川村万梨阿前田耕一郎若草恵若草恵どんな素敵な 空を見ながら あなたはねぇ 育ったの きれいな瞳ね  窓に映る この世界が 私の風景  こころ 風に預けましょ まぶた そっと閉じて 天使たちの 翼に 遥か 思い乗せて  あなたの…話を… 聞かせて…もっと…  空を自由に 翔ぶ鳥になる そんな夢を よく見るの あなたに出逢って  ひとりぼっち 淋しい夜 時にはあるけど  涙 風に預けましょ 窓を 大きく開け 天使たちの 優しい 歌が 耳に届く  あなたの…話を… 聞かせて…ずっと  こころ 風に預けましょ まぶた そっと閉じて 天使たちの 翼に 遥か 願い込めて  いつかは…あなたと… 旅して…みたい…
英雄のマーチ黒い兄弟(折笠愛・藤田淑子・高乃麗・柊美冬・岩永哲哉・岡野浩介)黒い兄弟(折笠愛・藤田淑子・高乃麗・柊美冬・岩永哲哉・岡野浩介)島田満若草恵若草恵おれたちゃみな 英雄さ 街中が 大さわぎ さぁ 歌おうぜ おれたちの歌  毎日毎晩 ススだらけ 煙突のなか辛いけど さあ 突撃だ 勇気が燃えている ハイホイ ハイホイ ホラーッ  おれたちゃみな 英雄さ 街中が 仲間さ  おれたちゃみな 英雄さ 肩をくめ 胸をはれ さぁ 歩こうぜ 勇気の国へ  青空のはるか 雲を越え 虹の風吹くふるさとへ さあ 突撃だ 叫ぼう屋根の上 ハイホイ ハイホイ ホラーッ  おれたちゃみな 英雄さ 世界中 仲間さ  毎日毎晩 ススだらけ 煙突のなか辛いけど さあ 突撃だ 勇気が燃えている ハイホイ ハイホイ ホラーッ  おれたちゃみな 英雄さ 街中が 仲間さ
愛の贈り物堀江美都子堀江美都子浅田有理若草恵若草恵LOVE YOU あなたの瞳 LOVE YOU あなたの言葉 温かな笑い声が うずめる過去の 隙間  WITH YOU 風のささやき WITH YOU 金色の波 夕映えの丘でふたり くちづけ かわすの  いつも いつもあなたを 愛し 生きてきたみたい  LOVE ME 幸せの歌 LOVE ME 歌えるわたし この時に祝福を あなたとスローダンス TONIGHT  LOVE YOU あなたの仕草 LOVE YOU あなたの吐息 わたしの髪に揺れるわ 夜空の星のティアラ  WITH YOU 花を心に WITH YOU 窓辺の祈り 生まれたての喜びを 運ぶの 未来へ  いつも いつもあなたを 愛し 生きてゆきたいの  LOVE ME 幸せの歌 LOVE ME 歌えるわたし この時に祝福を あなたとスローダンス TONIGHT
夢の草原堀江美都子堀江美都子浅田有理若草恵若草恵夢はいつの日か 叶えられるよと あの人からの贈り物 小さな緑が 芽生えた心に 草原を夢見ているの 風を切って 走りだした まっすぐな憧れ 聞いてみたい 触れてみたい できることを探してく 胸をノックする この音は何? 今日から明日への 招待状? めぐり逢うそのとき のびやかに感じられる 心を持ちたいの 胸に落ちたいくつもの涙たちは 未来を 変える力  青空に浮かぶ 白い雲の下 天使たちがいるようで 寂しいとき 追い越してく いたずらなはばたき 退屈より ため息より 少しだけはやい笑顔 思わずあげる 驚きの声 生きてる証のメッセージ めぐり逢う いろんな人や自然や自分と 心を広げてく いつか逢える あの人に見てほしいの はぐくむ この緑を
ペガサスのメモリー堀江美都子堀江美都子浅田有理若草恵若草恵諦めなきゃ もうこんな気持ち 決めたのに ぼんやりとただ 落ちる砂時計 見てる 素敵な日々 鍵を回しては 広げてる 立ち去るあなた 引き止められない わたし 好きなのは あなただけ さようなら 今ならまだ 帰る場所が この胸には 淡い色の やさしすぎる メモリー  ごめんなさい ほんとうのことが 言えなくて 約束すれば もっとつらくなる 秘密 涙ぐむ こんな夜 これからは どこにいても 忘れないわ 支えになる あたたかくて せつなすぎる メモリー  星よ お願い 寂しい想いに 翼を  あなたはきっと ペガサスの輝き SO LONG
MOON LIGHT堀江美都子堀江美都子浅田有理若草恵若草恵MOONLIGHT MOONLIGHT なぜこんなに やわらかな 夢のように こぼれる STARLIGHT STARLIGHT どこへゆくの? さわやかな 風を受けて 行く船 すべてを知らせて やすらぎを覚え あなたへと揺れる 光りなの 水辺のさざ波 オルゴールのよう くりかえし寄せる 想いなの はじめて聞いた歌 なくしたくない愛  白い帆をあげて ふくらむ想いは 少しせつなくて 青い羽根 あなたのほほえみ 日だまりのように わたしの瞳に 映るから やさしく降りる夜 素足のままの愛  MOONLIGHT MOONLIGHT なぜこんなに やわらかな 夢のように HUM……
孔雀よふたたび愛へ欧陽菲菲欧陽菲菲さがらよしあき若草恵若草恵孔雀は歌わない 彩あせた羽根も折れて 瞳に映るものは 冷たい壁と想い出  ひとりじゃ踊れない 影踏んで空をみれば 心に滲む夕陽 優しい日々のくちづけ  愛は夢追い人の手に 蜃気楼の彼方 熱い手ざわり残し 風の中に消えたあなた  翔んで行け ふたたび愛へ 美しい孔雀よ この空を この空を翔べ 羽根ひろげ あなたへ  明日(あした)は誘わない 窓ごしに空をみあげ あなたの匂いだけを 死ぬまで抱いているから  愛は今では異邦人 行方知れぬジプシー きっと詩人のように 風を連れて歩くあなた  翔んで行け ふたたび愛へ 美しい孔雀よ この空を この空を翔べ 羽根ひろげ あなたへ  翔んで行け ふたたび愛へ 美しい孔雀よ この空を この空を翔べ 羽根ひろげ あなたへ 翔んで行け ふたたび愛へ
風の旅人小林旭小林旭星川裕二若草恵夜明け朝もやに 揺れて陽が昇る 夢 醒めやらず また汽車に乗る どこまで行っても やすらぎの 街など無いかも 知れないが さらば 心やさしい 恋人よ 今も 抱いて いたいけど 花園には眠れない 俺は 旅人だよ  寒い街角の 枯葉踏みながら 今 来た道を ふと振り返る 時には男も 淋しさを 女とまぎらす こともある そんな 俺がおまえを 愛しいと 今更 言える 訳がない 心の中 吹き抜ける 風と 旅は続く  どこまで行っても やすらぎの 街など無いかも 知れないが 胸を よぎる 面影 振り捨てて ひとり 夢を追いかける 明日もまた 風の中 急ぐ 旅人だよ
東京ふれ愛めぐり逢い松原のぶえ・生島ヒロシ松原のぶえ・生島ヒロシ津城ひかる若草恵若草恵(女)ここで逢うのも 何かの縁ね (男)乾杯しようか 二人の夜に (女)重ねたグラスは 罪の味 (男)お互い待ってる 人がいる (女)あやまちと 知りながら (男)見つめ合う (男女)燃え上がる 身をまかす (女)夜の東京 (男)危険な恋の (男女)ふれ愛めぐり逢い  (男)肩を抱き寄せ 二人で踊る (女)高鳴るリズムに 酔いしれながら (男)一人の女に 帰るとき (女)からだが心を 裏切って (男)いけないと 思いつつ (女)見つめ合う (男女)燃え上がる 身をまかす (女)夜の東京 (男)危険な恋の (男女)ふれ愛めぐり逢い  (女)何もいらない あなたがほしい (男)誰にも言えない 秘密がほしい (女)扉を開ければ 虹の海 (男)光の波間に 誘われて (女)運命の いたずらに (男)見つめ合う (男女)燃え上がる 身をまかす (女)夜の東京 (男)危険な恋の (男女)ふれ愛めぐり逢い
みちのくふれ愛めぐり逢い松原のぶえ・伊奈かっぺい松原のぶえ・伊奈かっぺい津城ひかる若草恵若草恵(女)ここで逢うのも 偶然かしら (男)いつもと違うね 寂しい笑顔 (女)一人で飲んでる 胸のうち (男)話してごらんよ この俺に (女)今までは 気付かない (男)やさしさに (男女)気がついて 見つめ合う (女)夜のみちのく (男)恋になりそうな (男女)ふれ愛めぐり逢い  (男)俺も男さ その気になるよ (女)仕事が終われば 私も女 (男)お酒が言わせた 冗談と (女)思っているなら 間違いよ (男)今までは 気付かない (女)あやしさに (男女)気がついて 見つめ合う (女)夜のみちのく (男)恋になりそうな (男女)ふれ愛めぐり逢い  (女)外は雨から みぞれになった (男)そろそろ帰ろう 送ってゆくよ (女)いい人すぎるわ それよりも (男)ぬくもり欲しいと 誘ってる (女)今までは 気付かない (男)愛しさに (男女)気がついて 見つめ合う (女)夜のみちのく (男)恋になりそうな (男女)ふれ愛めぐり逢い
九州ふれ愛めぐり逢い松原のぶえ・栗之助松原のぶえ・栗之助津城ひかる若草恵若草恵(女)ここで逢うのも 今夜で二度目 (男)何かの縁だね 一杯奢ろう (女)どなたかいい人 待ってるの (男)今夜はさみしい 一人身さ (女)横顔が 素敵ねと (男)誘われて (男女)酔いしれて 見つめ合う (女)恋の福岡 (男)その気にさせる (男女)ふれ愛めぐり逢い  (男)生まれ育ちは 長崎なのか (女)オランダ坂とは 目と花の先 (男)一度は行こうと 思ってた (女)私でよければ ご一緒に (男)肩寄せる ぬくもりに (女)誘われて (男女)酔いしれて 見つめ合う (女)恋の長崎 (男)その気にさせる (男女)ふれ愛めぐり逢い  (女)本当は前から あなたに夢中 (男)酔っているのか 冗談だろう (女)一緒に湯の町 旅したい (男)俺にも事情が あるんだよ (女)突然の 告白に (男)誘われて (男女)酔いしれて 見つめ合う (女)恋の大分 (男)その気にさせる (男女)ふれ愛めぐり逢い
札幌ふれ愛めぐり逢い松原のぶえ・日高晤郎松原のぶえ・日高晤郎津城ひかる若草恵若草恵(女)ここで逢うのも 運命かしら (男)再会祝って 乾杯しよう (女)あれからいろいろ あったけど (男)おまえを忘れた ことはない (女)あの頃の 愛しさが (男)甦る (男女)燃え上がる この胸に (女)夜の札幌 (男)一途な恋の (男女)ふれ愛めぐり逢い  (男)綺麗になったよ 見違えるほど (女)お世辞のうまさは 昔のままね (男)二人が出逢った 中の島 (女)はじめて旅した オホーツク (男)あの頃の 想い出が (女) 甦る (男女)燃え上がる この胸に (女)夜の札幌 (男)一途な恋の (男女)ふれ愛めぐり逢い  (女)扉をあけたら 他人に戻る (男)みぞれが冷たい 薄野あたり (女)このまま別れて しまったら (男)後悔しそうと 肩寄せる (女)人生の ときめきが (男) 甦る (男女)燃え上がる この胸に (女)夜の札幌 (男)一途な恋の (男女)ふれ愛めぐり逢い
大阪ふれ愛めぐり逢い松原のぶえ・水谷ひろし松原のぶえ・水谷ひろし津城ひかる若草恵若草恵(女)ここで逢うのも 不思議な縁やね (男)二人の運命に 乾杯しよか (女)そないに酔わせて どないする (男)まだまだ今夜も 宵の口 (女)下心 見え隠れ (男)駆け引きと (男女)冗談が からみあう (女)夜の大阪 (男)マジで恋する (男女)ふれ愛めぐり逢い  (男)エライ素敵や その髪型は (女)お世辞で喜ぶ 女やないわ (男)かわいい顔して 手厳しい (女)ミナミで生まれた ジャジャ馬や (男)この俺も ミナミやで (女)駆け引きと (男女)冗談が からみあう (女)夜の大阪 (男)マジで恋する (男女)ふれ愛めぐり逢い  (女)私そろそろ 明日が早い (男)このまま帰るん ソラ殺生や (女)しつこい男は 嫌われる (男)ほんまはおまえに ひと目惚れ (女)遊びなら 火傷する (男)駆け引きと (男女)冗談が からみあう (女)夜の大阪 (男)マジで恋する (男女)ふれ愛めぐり逢い
Half Moon研ナオコ研ナオコ森川ゆう若草恵わざと 爪を立てた 貴方の背中を 誰かまたなぞるかしら 一途な恋に賭けた やきもち焼きなの 貴方真面目すぎるから  半分ずつの温もりで 感じ合うことできたはず  そっと外した 結婚指輪(マリッジリング) 束の間だけの 気遣いなのね 悲しい恋と 呟いて 心震える uh…妖しいhalf moon  いいの 解かってるわ 貴方独り占めなんて できる理由もない いけない恋に堕ちた 寂しがりやなの 貴方優しすぎるから  半分ずつの情熱で 羽目を外してみたくなる  その指先で 愛を語るの? その囁きで 胸を焦がすの? 大人の恋と 澄ましても 心乱れる uh…妖しいhalf moon  そんな視線(まなざし)で 見つめられたら 帰らないでと すがってしまう お洒落な恋と 気取っても 心惑わす uh…妖しいhalf moon
悲恋劇三沢あけみ三沢あけみ津城ひかる若草恵昔語(むかしがた)りの女優なんて 舞台が終わればただの女 鏡に写ったやつれた素顔 涙の跡は隠せない 年齢の差なんて関係ないと あなたは愛をせがむけど 月日がすべてを変えてゆくのよ 恋は悲劇のはじまりね  本気になるのが 怖いのよ 結末のみえる恋だから 若さが取り柄の女と いつかあなたを 取り合うことになる 旅から旅へ女優のくら あなたと住んでる世界が違う ここらが潮時そう諭しても 一途な愛は首をふる  一緒に僕と暮らそうなんて 若さがあなたに言わせてる 一度は夢見た幸せだけど 別の私が邪魔をした  本気になるのが怖いのよ 結末のみえる恋だから 別れがきた時泣かない女 私が演じることになる だから幕を引くこれっきり カーテンコールには答えない あなたから私から さよならが最後のやさしさ  本気になるのが怖いのよ 愛しさに溺れそうだから 憎み合う前に別れた方が 二人に似合いのラストシーン 
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. うれしいひなまつり
  3. パジャマパーティーズのうた
  4. 買物ブギー
  5. オレンジ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×