青い夕暮れ

この曲の表示回数 3,196
歌手:

飯塚雅弓


作詞:

飯塚雅弓


作曲:

解良保哉


波間に揺れる街の灯が
さみしく映しだすあの日
ならんで見ていた海辺に
ひとつの影

見知らぬ国へ行く船が
心のすきまを過ぎてく
手をのばしても届かない
今でもあなたがすき

いつまでも そばにいて
変わらぬ想いを
あなたとふたりで 感じたかった
青い夕暮れの あの瞬間(とき)のように

打ち寄せる波にながした
あふれる涙が溶けてく
瞳(め)を閉じると 今も横に
あなたがいる

飛び立つ翼の明かりに
あなたの記憶を乗せたら
にじんで流星になった
遠くへいってしまう

約束も 想い出も
ふたりでつくった
やさしさの時は もう戻らない
別々の夢を ふたり追いかける

あなただけ みつめてた
あの日々が今は
はかないものだと わかりたくない
潮風に吹かれ 消えてく so blue

いつまでも そばにいて
変わらぬ想いを
あなたとふたりで 感じたかった
青い夕暮れの あの瞬間(とき)のように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青い夕暮れ 歌手:飯塚雅弓

飯塚雅弓の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-08-27
商品番号:PICA-1148
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP