繭々退化

この曲の表示回数 3,841
歌手:

清水愛


作詞:

畑亜貴


作曲:

清川遥日


朝がゆさぶる孤独
明る過ぎるのは嫌い
もっともぐるの

息をひそめ鼓動の
眠たげな拍子
ちょっとだけ数える

意味がなくてそれで笑えるの?
変よ。
冷たいと言われてるとわかってたけど
告げた。

reply 誰も傷つけない
その為には触れあいたくない
reply 意識遠ざかり殻にこもる
わたしは愚かです

繭は固い喜び
壁の嬉しさをくれた
救いでした

だから丸く丸くと
呼びかけたくなる
外じゃなくていいし

綺麗な程それは妄想よ
嘘よ。
漂って消えてゆくとわかってるけど
悲しい。

delay どこへ進めるか知りたくない
ここが終わりかも
delay 過去の愛し方忘れた頃
わたしは退化する

reply 無口な
delay 後悔
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:繭々退化 歌手:清水愛

清水愛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-04-27
商品番号:LHCA-5007
メロウヘッド

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP