Babyblue

この曲の表示回数 3,642
歌手:

飯塚雅弓


作詞:

岡崎律子


作曲:

長谷川智樹


夏の風が吹く
木漏れ日の小径(みち)を
ひとり歩くよ 胸の中はあなたで ねえ いっぱい

手をつないでる時
ならんで話す時
まるで 私 小さな頃の甘いきもちがするの

さみしかった 待ってたんだ

Babyblue みつけて
心で叫んでた
見抜いてくれる誰かを ずっと探してた

Babyblue 未来は まだ ガラスの向こう
それでも 信じていけるよ あなたといるなら

秘密でいたいような
白状したいような
あなたのことを ねえ たいせつに誇りに思ってる

優しくしたい もっともっと

Babyblue 恋して
心が透けていく
言えずにいたことも 今 さらさらこぼれる

Babyblue 未来は ほら ガラスの向こう
きっとね つかめる気がしてるよ あなたとなら

一緒に行こうね これから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Babyblue 歌手:飯塚雅弓

飯塚雅弓の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-09-23
商品番号:PICA-1180
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP