月の舟

この曲の表示回数 1,278

暮れてゆく雲のすきまから
にじむ朱色(あかいろ)
過ぎてゆく1日が
こんなに切ない

いつもと変わらないはずの
街の色も何故か
違う景色に映る
あなただけがいない

重ねた季節の数だけが
きらめいてた記憶の中
今も この胸しめつける

会いたい 会いたい
叶わないと知っても
思い出す その腕をその手を
会いたい 会いたい
変らない想いを
今すぐ あなたのもとへ
まっすぐ 伝えたい

ひとりきりで過ごす夜も
慣れてきたけれども
2人で見上げた星
こんなに 愛しい

はじめての電話の声
今でも忘れない
つまらないジョークにも
2人 笑ったね

傷つけあって泣いたことも
許しあった 何もかもを
お互い 信じた“さよなら”
だけど

月の舟は夜を請う
永遠の想いをのせて

会いたい 会いたい
叶わないと知っても
思い出す その胸をその瞳(め)を
消えない 想いに
心奪われても
見えない時の中で
明日を歩いてく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月の舟 歌手:大石恵

大石恵の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-10-21
商品番号:KSC2-245
キューンミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP