光と闇のあいだ

この曲の表示回数 4,936
歌手:

神官パンドラ(福山潤)


作詞:

南出祐司


作曲:

長谷川智樹


紅に染まる雲が 流れていく空
光と闇のあいだに 吹き抜ける風を
ひとり見つめていた

信じられるものもなくて捧げたかりそめの祈り
僕の望む真実には 応えられる声もなくて

長くなる 影だけが
子供のようにその手を伸ばした

紅に染まる雲が 流れていく空
光と闇のあいだを 風が消えていく
憂いだけ残して

石の柱触れた手にはなんの温もりも残らず
そして僕は心刻む 温もりは奪い取るもの

振り返る 影だけが
やっと君の姿を見つけた

紅に染まる心 ひとり抱きしめて
光と闇のあいだに たださまようだけ

たとえ何を無くしても 僕は恐れない
光と闇のあいだに 希望を見たから
君に出会えたから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:光と闇のあいだ 歌手:神官パンドラ(福山潤)

神官パンドラ(福山潤)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-04-07
商品番号:LACA-5268
ランティス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP