×

天野滋作曲の歌詞一覧リスト  68曲中 1-68曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
68曲中 1-68曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
かくれんぼ鬼は誰NSPNSP天野滋天野滋空がない 土がない 東京の街 ほこりだらけの雪でさえ 降れば いいなぁ かくれんぼ 鬼は誰 かくれんぼ 鬼は誰 かくれんぼ 鬼は誰  ちょっと待って ひとりぼっち 言葉が欲しい 朝なのに 日もでない 空が落ちてくる かくれんぼ 鬼は誰 かくれんぼ 鬼は誰 かくれんぼ 鬼は誰  頬にキッス 恐い顔 今でも わからない どこを越え 旅に出る 手遅れに ならぬよう かくれんぼ 鬼は誰 かくれんぼ 鬼は誰 かくれんぼ 鬼は誰
The WIND'S SONGNSPNSP天野滋天野滋ああ この体じゅう ああ この体じゅう ああ 風を受けて 風を受けて 風を受けながら  丘へ続く道を 風が通り抜ける 背のびしたら ふいに 空が低く落ちる 淡い光を浴びて 君が輝きだす 二人きり過ごすことが とても自然すぎる 君の影の上に 僕の影を重ね 大地の温もりを 確かめながらゆく  疲れた時君は 僕のベッドがいい ゆっくり眠ったら 少し勇気が沸く 自由に生きることに 深い意味はないし 不確かな未来よりも 裸のままの君  ああ これからずっと ああ これからずっと ああ 風を受けて 風を受けて 風を受けながら
君は輝いて 天使にみえた石川ひとみ石川ひとみ天野滋天野滋走ると揺れて 止まると揺れて 緑の電車はゆくよ 君の頭に 吊輪が下がり 天使のようにみえたよ  なにげなく 風景を なにげなく 眺めているきみが だんだん 変りはじめてる それが心配な僕さ  恋を無くして 泣いた日がある ホントは僕もわかってた 流れる髪を 掻き分けた時 大人の影がのぞいた  できるなら いつまでも できるなら 心の片隅に 少女の 気持ち忘れずに 僕はそれだけを願う  駅の階段 今ごろ君は 息切らして降りてる頃 僕が残した 伝言板の 見慣れた文字を探して  君は今 輝くよ 君は今 天使の羽根をつけ 自由にどこか飛べばいい 僕は見守っているよ  君は今 輝くよ 君は今 きれいになってゆく 黙って 僕は見ているよ だからもう少しこのまま
あせピースピース天野滋天野滋全く人気のない道に しらけた太陽が照って ほこりっぽい石ころだらけで 風もない 雨もない 何かいいことさがして ひたいにしわよせて歩いて こんな道 一本道を 気のむくままに ふらふらと  つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの汗を流し つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの汗をぬぐう  せっかく生きているのに なんにも出来ないなんて 石ころを けとばして 空にぶつけてみようか みっともない こんな姿を 誰にもみせたくないから 道にそって 遠くどこかへ いってしまいたいのさ  この世で一番大事なものは 一体何だろう 金でもない 勉強でもない まして女じゃないさ もちろんそれだって 少しは大切だけれど もっと大事なことが 絶対あるはずさ  つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの汗を流し つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの汗をぬぐう  そりゃだれだって つらいことはたくさんあるけれど この世に生まれた以上は 生きてゆかなくちゃ 生意気だけど 精一杯生きてゆくのさ そうすれば きっと何かがあるはずさ  つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの汗を流し つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの汗をぬぐう
ゆうやけNSPNSP天野滋天野滋やんちゃぼうずが走ってく このかいわいに夕陽がおちる 赤んぼだいた婦人がせわしなく せんたくものをとりこんで 子供は好きよといったきみの やさしさがゆれています あゝ ひさしぶりの夕やけがきれいです  きみはボクのものだよと 小さい電球だけにして きめられた日課みたいに 口づけするとまた泣いた へやはせまくてくらしにくいけど お金をいっぱいためましょうネ あゝ ボクがかんだうでのきずあといたくなれ  さびしそうねとボクにいったあとの きみのほうがさびしそうです あゝ ほんとにひさしぶりの夕やけが赤赤と
秋の木立ちと天気雨NSPNSP天野滋天野滋秋の木立ちは気取っても 冬が来るのを隠せない 紙とエンピツ転がせば 転た寝猫が耳立てる ちょっと零れた溜め息 ちょっと零れた溜め息 郵便受けは今日も空っぽ 一枚枯葉が覗いてる それは季節の悪戯 それは季節の悪戯  君のKISSは天気雨 知らない間に乾いてる 君の助けが欲しいんだ 恋の病いはなお続く ちょっと零れた溜め息 ちょっと零れた溜め息 声がするような気がするけれど 生憎外は空っ風さ それは季節の悪戯 それは季節の悪戯
木枯がやさしい夜NSPNSP天野滋天野滋外は木枯さ窓ガラスが笑う寒い夜さ ちょっとここに来て僕の話聞いて少し聞いて 君に不満があるわけじゃない 安らぐ毛布に包まれながら 愛する人が微笑んで見守る夜も 何か不安に思う  溶けた雪がまた凍り始めてゆく深い夜さ テレビが終わったら冬の風を入れて少し入れて 君を縛っているわけじゃない 傷つけ合うのも時には愛さ 言葉ばかりの慰めは優しさじゃない そうと分かっていても 外は木枯吹き荒れる夜 愛する気持ちに変わりはないし 二人こうして過すたび幸せだけど 何か不安に思う
お休みの風景NSPNSP天野滋天野滋明日はほんとに行こうと いっていたんじゃないか お休みなんだから 遠くに出られると かわいた土の道を ズボンのすそ ひきずって 歩く姿の君 ウ………… 花の咲いてる野原で きれいなのを一本 おさげのさきっちょに 飾ってあげたかった 日よけの帽子も買っておいたのに 夢の続きをみるだけね あとに残るは ぼくをよこぎる 恋人達の笑い声  素晴らしい思い出にしようだなんて 君のくちから聞くとは思わなかった へたな別れ話はやめようと へいきなふりしていったけれど 日よけの帽子も買っておいたのに 夢の続きをみるだけね いきかう車の音にかき消され さいごの言葉も聞こえない  ラララ………
キャンドル ライトNSPNSP天野滋天野滋君に招かれて 尋ねた あの夜想うよ 赤く 弾けてたライトが ドアから漏れてた 君が 腕をふるうディナー キャンドルだけで 声を弾ませて 笑うと 明りも揺れてた  何にも恐れず 無邪気な気持ちで 愛してあげれば よかった 何にも恐れず 心のままに 包んであげれば よかった あの頃の 君を  振り向くことは なかったけど 隠れて窓から 僕の姿が 消えるまで 見てたのは 知ってる  何にも恐れず 無邪気な気持ちで 愛してあげれば よかった 何にも恐れず 心のままに 包んであげれば よかった あの頃の 君を  君に招かれて 尋ねた あの夜想うよ 赤く 弾けてたライトが ドアから漏れてた
水のせいだったんですNSPNSP天野滋天野滋君のKissがなんだか昨日と違う 水の味も変だったんです 擦りむいた心の傷 治りにくい 虹が消えたせいだったんです  冷たくなった小犬を抱きしめてる 君を今すぐ迎えに行こう 錆びたブランコで泣きながら揺れている あの日の君をここへ 連れ戻そう 連れ戻そう  送電線の向こうから景色が霞む 風の匂いも変だったんです ピカピカだった自転車も盗まれていた 月が隠れたせいだったんです  明日の朝世界が滅びようとも 今夜も草木に水をあげよう 説明できな悔しさに震えている あの日の君をここへ 連れ戻そう  水のせいだったんです  冷たくなった小犬を抱きしめてる 君を今すぐ迎えに行こう 錆びたブランコで泣きながら揺れている あの日の君をここへ 連れ戻そう 連れ戻そう
北風が見ていたNSPNSP天野滋天野滋約束なんて 守れなかった 吐息のようなつぶやききいていた 真顔でウソを云えたその日から 子供のような笑顔も忘れたの?  好きだったと口にしたのは すべて過去にするため つないだ君の手が自然に ちぎれてた 季節は みじめだった 屈辱の涙 風が見てた  風が見ていた 風が見ていた  普通の日々を生きたくないと それならどんな明日を望むのか 煙がくすぶるたき火を ながめてた 鋪道で 誰もがだまってた理由は 冬を待っていただけ 静かだった 死んでゆくように 風も見てた  風が見ていた 風が見ていた 風が見ていた 風が見ていた
Radio daysNSPNSP天野滋天野滋遠くの電波探りあて 真夜中に聴いていた 空っぽだった青春の隙間を埋めてた 憧れていたあの人と 見つめあう瞬間に 弟たちの足音で目覚めたRadio days  家を抜け出して愛するみたいに抱きしめた 見上げた星空に何を願っていたのか  記憶の中にとどめた 大好きだった君の笑顔 ほんのかすかなきらめき 心の奥で繋ぐRadio days  見慣れた奴が写ってる 年の瀬のショーウインドー あらから何年たったのか くたびれてないか  大事なレコードは催促出来ずに貸したまま みんなの消息も噂以上にないのさ  記憶の中にとどめた そこにはとっくに何もないけど ほんのわずかなこだわり 心の奥で響くRadio days  やり場のない思い 自動販売機に蹴りいれて ただよう朝もやを 何故に恐れていたのか  記憶の中にとどめた 大好きだった君の匂い ほんの小さなメモリー 心の奥でつないでいる  記憶の中にとどめた そこにはとっくに何もないけど ほんのわずかなこだわり 心の奥で響くRadio days…
フェアリーテールを探してNSPNSP天野滋天野滋午前三時の宇宙の風よ 手を広げて受け止めてみる 孤独だけ受け止めてみる  愛されているみたいなキスも あいまいな日常さえも 何となく受け入れてきた  どんな幸せを幸せと呼ぶのか 夜の星々に 答えを探すよ 探すよ  君に捧げたポエムじゃなくて 真実はいつのまにやら ぼんやりと滲んでゆくよ  目覚めたような目覚めぬような 生きている神秘とも違う 鼓動だけ時を刻むよ  何が大切で宝物だというのか 夜の煌めきに 答えを探すよ 探すよ  どんな幸せを幸せと呼ぶのか 夜の星々に 答えを探すよ 探すよ  どんな偶然を奇跡なんて呼ぶのか 夜の星々に 答えを探すよ 探すよ 探すよ 探すよ…
冷蔵庫に入れるものNSPNSP天野滋天野滋ヨーグルトの隣にこの気持ち並べておけたら安心したけど いつかは腐ってもしかたないだけどあと少しもう少しだけ  あー 君と出会えて なんていうかな 前向きな日々なんだ あー 君と出会えて なんていうかな 悲しみも沸き上がるよ  幸せな気持ちは時の流れの波にのまれて形かえた やっぱりなかったんだ スペシャルな冷蔵庫だなんてやっぱりなかった  あー 君と出会えた 運命だろうかそしてまた すれ違う あー 君と出会えた 今度どこかで生まれても また出会おう  あー 君と出会えて どうしてなんだろう 振り返る事ばかり あー 君と出会えて どうしてなんだろう 裏切りさえステキだったよ  ヨーグルトの隣にこの気持ち並べておけたら安心たけど いつかは腐ってもしかたないだけどあと少し もう少し
新緑の頃、君に語りかけるNSPNSP天野滋天野滋君はここに居ても 心がいないから 雪が空から来て 色をなくしてゆく  深い所でつながる夢を見る 知らずに僕の涙が溢れ出す  海を渡る蝶が 不思議を問いかける そこはどこでもなく 地図さえないけれど  ベッドの中へしみ込む僕だから 宇宙の闇をさまよう船を出す  誰もがいつか悲しみ受け止めて 神秘の森へ一人で帰るだろう  新しい緑が 枝に輝く頃 毛並みの良い猫が 君に語りかける
君だけなんだ、8回思うNSPNSP天野滋天野滋東京タワーを楽しんだ後 風を招き入れて 走り抜けてゆくビルの谷間で カーラジオと歌おう  ねぇ 本当さ 君だけなんだ 流れる髪が素敵だよ 本当さ 君だけなんだ 形にならない あー こんな気持ち こんな気持ち  掌の上で転がすピアス 心が読めなくて フロントガラスに一粒の雨 そろそろ帰ろうか  ねぇ 本当さ 君だけなんだ 汚れた夜空が落ち着くね 本当さ 君だけなんだ 2人を乗せて あー 夜を走る 夜を走る  いつでも何かに夢中でいたいね 僕達どこまで 行ける所まで Side by side  何だか空気が薄くて今夜 胸が苦しくなる どこを見てるのか君の視線を 遮るワイパーさ  ねぇ 本当さ 君だけなんだ タイヤがしぶきをあげるだけ 本当さ 君だけなんだ からめる指に あー くよくよする くよくよする  ねぇ 本当さ 君だけなんだ 本当さ 君だけなんだ  ねぇ 本当さ
どこまでも青くNSPNSP平賀和人天野滋遠くを見つめるキミの瞳に 僕が愛した人がいる どこか似ている横顔見つめながら 止まった歴史(じかん)を思い出す  Oh~Oh~ Oh~Oh~ 君じゃない名前を呼ぶけれど 今は黙って笑って聞いていて欲しい  ボクじゃない自分とあいつじゃないキミ 同じ夢見る事はないけど 乾きはじめた砂に絵を描くように 意味のない事も今は刻もう  Oh~Oh~ Oh~Oh~ 青く青く続く空 埋もれた未来 ボクはもう僕以上変われやしない  Oh~Oh~ Oh~Oh~ 青く青く続く空 生まれる未来 ボクは今あいつ以上 君を愛したいけど
夏の日差しがいっぱいNSPNSP天野滋天野滋窓の向こうセミ達がうなる 短すぎる僕の一日が  あー 君を愛しているのに 僕は傷つけてしまうよ また君を傷つけてしまうよ 何か足りない物だけせがんで  夏の日差しに溶ける こんな僕を許して 少し眩しい目をして 僕を許して 僕を許して  秋の事でケンカしたっていい いつのまにか ひまわりが枯れた  あー 僕がここから消えても 君は探し続けてね この僕を探し続けてね すぐにいい思い出なんかにせずに  雨があがった後で こんな僕を抱きしめて 木々の緑の中で 僕を抱きしめて 僕を抱きしめて
残像NSPNSP天野滋天野滋何がそんなに悲しくて 憎みあったというのか 今となっては訳なんて どうでもいいんだ 寒いプールで溺れかけて 死んでゆくんだと思った 水面の光だけが 目に焼き付いてる  長い長い夜の闇の中で 絶望の影に怯える 眠れない苦しさを 分け合いたいんだ 溶けだした雪が 土の中にしみ込んでいくように 君の心を少しずつ解りたいだけ  いったい君はどこから 生まれてきたの いったい君はどこまで ゆくつもりなの 愛してるよ 勘違いかな 形のない温もりを 抱きしめている  余計な物を集めすぎた 真実だけがつかめない ありふれた毎日の中 慣れてしまうよ 金網のむこうの校舎から 黄昏に沈んでゆく ふざけあった友達の顔を 想い描いてる  いったい僕はいつから ここに居るんだろう いったい僕はどうして 君が欲しいんだろう いったい君はどこから 生まれてきたの いったい君はどこまで ゆくつもりなの  愛してるよ 口にしないけど 声にならない気持ちだけを抱きしめている
チケット握り締めてNSPNSP天野滋天野滋明日のチケット 押えたし いつも いつも いつもどおりさ 要る物これでみんな 鞄に納めた 電話掛けて 誘うから 君と 君と 君と二人で 行先不明になって 気ままに過ごそう  そこは誰も 僕を知らない もちろん君を 知る人もいない 君を路上で 抱きしめた時に 景色の中に 溶け込むさ  道が分れ 右左 いつも いつも いつも同じさ 足跡少いほうを 選ぶとしようか 都会の静か 森の静か どこか どこか どこか違うよ 生まれてから今まで 気付かないでいた  束縛されない時間を食べて 時計の針を忘れてしまおう 街の人とバスに乗り込み 本当の風を感じるさ
線香花火NSPNSP天野滋天野滋はじっこつまむと 線香花火 ペタンと しゃがんで パチパチ燃やす このごろの花火はすぐに落ちる そうぼやいて きみは火をつける 浴衣なんか着たら 気分がでるのにね 湯上がりで うちわを片手だったらね はじっこつまむと 線香花火 僕は燃えかす拾う係りでも  風を背にうけ 線香花火 僕はきみの機嫌が 気になるけれど こうしてる二人は 絵になるわ そうつぶやき きみは火をつける きみの目の中で光っているんだ こっちの方が本物よりすてきさ  風を背にうけ 線香花火 僕たちの恋も きれいに燃やそうよ パチパチ光る 線香花火 来年も二人でできるといいのにね
弥生つめたい風NSPNSP天野滋天野滋桜ふぶき舞い落ちる 古い並木のすみっこで 待っている君のこと 知っていたけど 帰る時は 口づけそっとしてねといった君を おかしいよと おかしいよと 笑った僕でした 弥生の空 風が強くても 桜の花 風に散らないで  こんなに早く散る花を 前に一度おぼえてる 君と僕が 別れた年のこと 花びら髪にかざして だまったままで君は くしゃくしゃに くしゃくしゃに 顔をゆがめたね 卯月の空 風が強くても 桜の花 風に散らないで  さようならっていったのは 君の方だったし 後ろ姿に手をふったのは 僕だったし 桜ふぶき舞い落ちる 長い並木を最後まで とても小さく とても小さく 点になるまで 五月の空 風が強くても 桜の花 風に散らないで 五月の空 風が強くても 桜の花 風に散らないで
八十八夜NSPNSP天野滋天野滋ひきだしの中からあの人の写真 みんな棄ててしまったはずなのに それはもう黄ばんでしまっていて 泣き顔か笑い顔かわからない あの人の思い出にピリオドを打って 明日 嫁ぎます もうすぐ八十八夜 もうすぐ暖かくなる もうすぐ八十八夜 もうすぐ幸せになる  こんな夜にあの人の電話 遠くでなつかしさが話し掛ける 本当はあの人に手を引かれ いっしょの人生を歩きたかった 昨日までのあの人を忘れられないのは 私の弱さでしょう もうすぐ八十八夜 もうすぐ暖かくなる もうすぐ八十八夜 もうすぐ幸せになる  写真が黄ばむように あの人との事も 色あせてゆくかしら もうすぐ八十八夜 もうすぐ暖かくなる もうすぐ八十八夜 もうすぐ幸せになる
未来NSPNSP天野滋天野滋求め合えばコミュニケーション 信じたい人がいる 愛はめくるめく時間(とき)の中で 一つだけ無くしたくないもの 未来を強く生き抜くために あなたのその微笑が欲しい  見つめ合えばカンバセーション 偶然に生まれた国で もしも苦しみを分かり合えて 喜びをわかちあえたら 命が燃えつきてしまうまで あなたを愛し続けていたい  何がそうさせて何が導くの 愛しても愛し足りない 未来を強く生き抜くために あなたのその微笑が欲しい 命が燃えつきてしまうまで あなたを愛し続けていたい
FLY TO THE MOONNSPNSP天野滋天野滋Fly to the moon Fly to the moon  いくら遠くへ来ても僕も安心できないけど 急なカーブの前で恐いワなんてつぶやいてね  君のママはきっと心配してるし 僕の彼女少し疑ってる頃  Fly to the moon Fly to the moon  君にはスカーレットのドレスがとっても悩ましいね 海が見たいワなんてちょっと危険な台詞を云う  君の彼もきっと怪しんでるし 僕の彼女たぶん感づいてる頃  Fly to the moon Fly to the moon  君は空へ月へ飛び立つつもりかい 僕は君をきつく抱きしめたいだけ  Fly to the moon Fly to the moon Fly to the moon Fly to the moon  君は彼にうまい言い訳するだろう 僕は僕でなれたアリバイ作り  Fly to the moon Fly to the moon
あの夏が続く空河合奈保子河合奈保子天野滋天野滋恋の終わりは ためらいがすべて 私のせいね 焼けた背中にハート震わせ そっとつぶやく I Love You だけど あなた気付かない あなた気付かない 寄せてはかえす 波に紛(まぎ)れたの あなた追いかけて あなた追いかけて あの夏に消えた恋  椰子の木陰で うたた寝をすると 陽炎揺れた きれいになったと耳元聞えて 振り向く瞬間 夢が醒(さ)めていた あなた抱きしめて あなた抱きしめて いけない朝を迎えてもいいの あなた捜しても あなた捜しても ただ海が青いだけ だけど あなた遠い人 あなた遠い人 今度は上手に愛を囁くわ あなた忘れない あなた忘れない あの夏が続く空
雨は似合わないNSPNSP天野滋天野滋頭の中をぐるぐると いろんなことがかけまわる 小さい時しかられたこと 仲間はずれにされたこと そんなことまで思い出し フフンとにやけてみせる 鏡の中の自分にネ 涙がこぼれているのに 冬だから 雨は似合わない 冬だから 君を思い出す  一つのマフラー二人でしてネ 君のポケットで僕の手を 暖めてくれた君に お礼のひとことを今 水たまりをはねかえし 白いソックスは泥だらけ 君がころべばいいなとネ 僕は冗談に言ったっけ 冬だから 雨は似合わない 冬だから 白と黒の街  たとえばタバコを吸ってみる 一人で映画を見たくなる 君は淋しくないのかい 僕は死んでしまいそう おでことおでこくっつけて また話がしたい それからそっとキスをする それから長いキスをする 冬だから 雨は似合わない 冬だから さよなら思い出す 冬だから 寒いのはしょうがない 冬だから 君を思い出す 冬だから 雨は似合わない 冬だから 君はもういない
あせNSPNSP天野滋天野滋全く人気のない道に しらけた太陽が照って ほこりっぽい石ころだらけ 風もない雨もない 何かいいこと捜して ひたいにしわよせて歩いて こんな道 一本道を気のむくままに フラフラと つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの 汗を流し つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの 汗をぬぐう せっかく生きているのに 何にも出来ないなんて 石ころをけとばして 空にぶつけてみようか みっともないこんな姿を 誰にもみせたくないから 道に沿って 遠くどこかへ 行ってしまいたいのさ  この世で一番大事なものは 一体何だろう 金でもない勉強でもない まして女じゃないさ もちろんそれだって 少しは大切だけど もっと大事なことが 絶対あるはずさ つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの 汗を流し つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの 汗をぬぐう  そりゃ誰だって つらいことはたくさんあるけれど この世に生まれた以上は 生きてゆかなくちゃ 生意気だけど 精一杯生きてゆくのさ そうすれば きっと何かがあるはずさ つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの 汗を流し つぶつぶの しょっぱい汗を つぶつぶの 汗をぬぐう
めぐり逢いはすべてを越えてNSPNSP天野滋天野滋目と目が合って 感じ合って たったそれだけのことさ 初めての出会いでも 愛し合えるさ 目と目が合って 感じ合って たったそれだけのことさ 僕たちは 知ってるよ それはゆきずりじゃない  世界じゅうで めぐり逢いは すべてを越え めぐり逢いは 僕たちみんなに 喜びをくれる  素直になって いい子になって たったそれだけのことで 僕たちは涙する 理屈なしに 裸体になって 愛し合って たったそれだけのことで 心まで見せ合える それは不思議じゃない  世界じゅうで めぐり逢いは すべてを越え めぐり逢いは 僕たちみんなに 青春をくれた  世界じゅうで めぐり逢いは すべてを越え めぐり逢いは 僕たちみんなに 喜びをくれる
歌は世につれNSPNSP天野滋天野滋街頭では学生たちが マイクをもって声を上げる 決まりきったように政治の季節 どこかの店先に流行りのメロディ  歌は世につれ僕はおもう 燃えつきそうな若さにしがみつこうと いつでも いつでも  情熱を注ぐのは何でもいいし どれもこれもが1つの青春で 僕もこうしてギターを持って LOVE SONGを口ずさむ  歌は世につれ人は誰でも 過ぎていった昨日にすがりついてる いつでも いつでも  死にたい時も何度かあった 自分が嫌になることだって 泣き事だらけの僕のとなりに 君が笑ってすわっていて欲しい  歌は世につれ僕はおもう 足並をそろえすぎて流れてしまう いつでも いつでも
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あなたこっちを振り向いてNSPNSP天野滋天野滋僕が忘れた 車のKeyを そっと隠して ポケットに いじわるするんじゃ こまってしまう 機嫌を直して くださいね あなたこっちを振り向いて ちょっと八重歯をのぞかせて  ブラックコーヒー 向こうの席は 恋人同士が 語り合う さめたコーヒー 苦いはずです きまずい思いじゃ 苦いはずです あなたこっちを振り向いて ちょっと八重歯をのぞかせて  くもり空です くもり顔です 手もふりきったら 御機嫌ななめ 僕の後ろを トボトボついて もうすぐ涙 くもりのち雨 あなたこっちを振り向いて ちょっと八重歯をのぞかせて
夕陽を浴びてNSPNSP天野滋天野滋ギター弾いていると 君の後に沈んでく 夕陽が見えた 窓にそっと掛けて 君は今日のできごとを あれこれ思う ほんの少しの沈黙が よけいに愛を強くさせ 少し無理でも したくなる 君のために ギター弾いていると 君が半分暗くなる 夕陽を浴びて  君を育てた風景が 優しく僕をも 包みこむ ここで死ぬまで 暮らそうか 君と共に ギター弾いていると 君が半分暗くなる 夕陽を浴びて ギター弾いていると
五月雨NSPNSP天野滋天野滋二つも年をごまかして 僕に抱かれ 行きずりの恋なんて言った君さ どうしてそんなに意地を張るの その理由は 聞かないでいたほうが良かったよ 素敵な恋を失くしたの そんなことをこの僕に 幼い頃の思い出を 笑顔で話す君でいてね 失くした恋は忘れてさ 人の幸せ恨むより やさしいだけの君がいい 終わった恋は忘れてさ いいね  こんな夜に雨だなんて 憂うつだなあ せっかく君が尋ねて来ても ずぶ濡れ裸足で ドアの前に立っている どうして自分を苛めるの 悲しいことは誰にだって 一つや二つあることさ 人は黄昏年老いて 遠い想いに背を向けて 歩き疲れ泣き尽くす 誰の心を憎むより 悲しさ辛さ嘆くより 僕の愛を受け止めて いいね  失くした恋はこの五月雨に 洗い流してしまえばいい 過ぎた後はなつかしいだけ 今は僕のこの胸に 抱かれ眠れぐっすりと 何もかも忘れてさ いいね
僕たちの失敗NSPNSP天野滋天野滋今さら君に謝れと 云っても遅いと分かっているし 君が犯した失敗は 取り返せないし お酒をたくさん飲んだから 成り行きだったと言い訳するの どこか心にポッカリと 隙間があったのさ 一晩中泣いてめそめそしても 今度ばかりはたぶん許せない 涙枯れてしまうまで 泣けばいいさ  他の男の話など 君の口から聞くなんて それは一夜の夢のよう 悪い夢のよう きっと良い子でこれからも 生きて行けるさ君のことなら 僕のもとへはもう二度と 帰らないはずさ 泣いた数だけ大人になってゆくの 僕の掌君が飛び立つ 忘れられない思い出をいくつか置いて  泣いた数だけ大人になってゆくの 僕の掌君が飛び立つ 涙枯れてしまうのは 僕のほうさ
はじまりは朝NSPNSP天野滋天野滋歯ブラシは白く乾いて あの人が訪ねて来ない  子供を叱りつけるママになったような 不思議な気持ちであの人を愛したけど すべて分かっていると自惚れていただけで 何も知らなかったあの人の心の中  コップを回して カラカラ音をたてる朝  長すぎた愛の年月 過ぎ去ればほんの瞬(まばたき)  手紙を出してみたりまちぶせしてみたり いわなくていい事口をついて出てゆく どうにもならないって辛い悔しい悲しい 拾った分だけ失うものがあるのね  今は静かな 幸せ願う私なの  あの人いつまでも不良少年みたいに きっとどこかで女の子困らせてる ようやく私にも新しい人ができ あの人の歯ブラシ屑篭へ捨てられそう  鍵をかけたら 靴音響かせ出掛けるわ
遠野物語NSPNSP天野滋天野滋朝霧に包まれ 静かに眠る山々は 雪溶けを待ちわびて息をひそめる 美しい白馬が空を走り抜けるように 喜びも苦しみも通り過ぎゆく  私のすべてを すべてを見て欲しい  忘れないで 幾度生まれ変わろうと 離さないで 強く抱きしめて 忘れないで 命かけた愛の日を 離さないで 永遠の約束を 忘れないで きっと  愛せば愛すだけ 誇りも自信もなくなる 不安が体じゅうをふるえさせるの  私のすべてを すべてを見て欲しい  忘れないで 髪を切ったあの夜を 離さないで この手ちぎれても 忘れないで 炎燃やす激しさを 離さないで 永遠のやすらぎを 忘れないで きっと  忘れないで 幾度生まれ変わろうと 離さないで 強く抱きしめて 忘れないで 命かけた愛の日を 離さないで 永遠の約束を 忘れないで きっと
青い涙の味がするNSPNSP天野滋天野滋すすきが揺れる 遠いふるさとの町に 忘れ物を捜しに来たんだ ホームに足を 降ろしただけでこうばしい 青い涙の味がする 仲間を呼んで騒いだ 酒など飲んで歌った そしていまはみんなちりぢり 青春なんて言葉を 手のひらで握り潰してた あの頃の僕たちさ  黙っていても 少しずつ年をとってく 体の中は思い出だらけ 久し振りに ふと合わせたアイツの顔が 可笑しいくらい老けていた 握手をしてもダメさ 頭を下げても無駄さ 心の距離を感じてしまう 青春なんて文字が 心の隅をつつく 傷口をまたつつく  慰めあった人も 別れを惜しんだ人も 今となってはみんなちりぢり 青春なんて言葉の 意味さえわからずに あの頃は生きていた  青春なんて言葉を 手のひらで握り潰してた あの頃の僕たちさ
シャツのほころび涙のかけらNSPNSP天野滋天野滋ほおづえついたテーブルに 涙のかけらが残っているんじゃないか おもわず息を吸ってみる きみの匂いが残っているようで 嫌われたからぐちを云っているんじゃない きみの涙が見たかっただけ 考えては一息にまたいっぱい 頭をかかえてまたいっぱいの酒  風が入ってくるのに窓を開けたまま 夜の空をねころんで見上げ 鼻の頭が凍りつきそう 両手でつつんで息を吹く 嫌われたからぐちを云っているんじゃない きみの涙が見たかっただけ へりくつ並べてきみをおこらせて ほら そのふくれっつら見たかっただけ  シャツのほころび縫うのには 時間がかかりすぎて 何をやってもぐずなんだと 云ったあとで後悔する 嫌われたからぐちを云っているんじゃない きみの涙が見たかっただけ 考えては一息にまたいっぱい 頭をかかえてまたいっぱいの酒
見上げれば雲かNSPNSP天野滋天野滋愛することは 他に多くの 犠牲や偽りが 必要なんだ 月日の川に 愛は削られ 二人に 残された 痩せた涙さ それぞれ人は 淋しくなると 手頃な恋に その身を任せ 愛することと 憎みあうことが 隣り合わせと 気付いてしまう 空を見上げて 見上げれば雲か 見上げれば星か 見上げれば風か 見上げれば空か  恋の終わりに 一つの指輪 二人の記念は たったそれだけ これからずっと 指輪を貯めて 破れた恋の数だけするワといった 君は女さ やさしいだけじゃない 悲しくなると 涙を武器に ためらいだけの あの頃の僕を 意気地がないと あきらめていた  それぞれ人は その足元に 自分の影を 引きずり続け 立ち止まる時 思い出すのは 愛しい人の 笑顔じゃないか 空を 見上げて 見上げれば 雲か 見上げれば 星か 見上げれば 風か 見上げれば 空か
砂浜NSPNSP天野滋天野滋砂浜に 腹ばいになって 今年の夏を 思い出そう さらさらと 手のひら抜けて 零れてく 時の早さ 冬が来るって あなたが云う 砂の冷たさを 感じたのかな  砂浜に 二人立てば 繰り返す 波変わらずに 今までの 日々を棄てて 帰らない 時の重さ 人が恋しい あなたが云う 僕がいることを 知りながら  砂浜も 今日が最後 明日から 離れて暮らす お互いの 幸せ祈り まちがいも おもいでとして 海が恐いとあなたが云う 波の重吹きが襲ってくるという
赤い糸の伝説NSPNSP天野滋天野滋人は生まれながら 赤い糸で結ばれている そしていつかは その糸をたどって めぐり会う しかし その糸は 細くて 弱い  あなたと僕の 小指の糸が ほどけない様に 結びましょ 明日の朝は 汽車に乗るあなた 別れに涙は つきものと いやなんだ いやなんだ やさしいあなたを ひたすら待ち 年をとる悲しい僕に なりそうな気がして 誰にも見えない 赤い糸が 二人をつなぐという  キャラメルほおばり ほほふくらませ あなたと並んで 歩きましょ あなたの口びる ひとさし指で そっとふれても いいですか だめなんだ だめなんだ じょうだんも言えずに くだをまく あなたが女じゃなかったら なぐってやるのに 遠く離れてしまえば 愛も 消えてしまうという  こわいんだ こわいんだ あなたの写真を みながら あなたが思い出になってゆく そんな気がして 手紙書くだけで 心の糸が つながっているだろうか
かげふみNSPNSP天野滋天野滋冬のかげは昼間でも 大きいからすぐつかまるよ きみのかげをふんだなら ぼくからもうにげられない かげふみ かげふみ 日かげなんかににげるなんてずるいな かげふみ かげふみ つかまえたらキスしてもいいだろう かけ足のおそいきみ ほらつかまえた  お日様がかくれたら きみとボクはちょいとひとやすみ ながれるあせをふくのには きみのハンカチかりようか かげふみ かげふみ 二人だけのないしょないしょのあそび かげふみ かげふみ 寒空の下 風といっしょにおいかけっこ にげおくれたスカートのかげをふんだのさ  かげふみ かげふみ 二人だけのないしょないしょのあそび かげふみ かげふみ つかまえたらキスしてもいいだろう かけ足のおそいきみ ほらつかまえた
おもいでNSPNSP天野滋天野滋こっくりとうなずく僕は しゃべることを忘れてしまう スカートのすそつまんで 座るきみ うつむいたまま まわる おもいでまわる まわる 静かにまわる ぐるぐるとぐるぐると まわる おもいでまわる  遠回りしてきた僕さ きみと会えて ほんとによかった 別れても 友だちでいよう 月並な 言葉ですが まわれ おもいでまわれ まわれ 静かにまわれ ぐるぐるとぐるぐると まわれ おもいでまわれ
白い椅子の陰NSPNSP天野滋天野滋ガラス窓の向こうには ラッシュアワーでバスが行く あのバスから降りてくる 君の姿が見えてくる 緑の扉に銀のフチ 坂道の途中のこの茶店 初めていっしょに来た時に なぜか淋しそうだった 君がすわった 白い椅子に 僕の知らない 思い出があるなんて 今 初めて知ったけど そんな思い出を 隠していたなんて 僕の冗談に笑えない あの時の君が嫌だった  僕の話しもうわの空 いつもおしゃべりな君らしくない 君の心に誰かさんが いつも住んでいたのでしょう 今まで君との 出来事が とても色あせてしまうじゃないか 今 初めて知ったけど そんな思い出を 隠していたなんて 話すこともなくなって けんかすることも今はない
春はもうすぐNSPNSP天野滋天野滋夏は暑かったなって思ってるまに たいくつな秋はもうとっくに過ぎて いつのまにかボクの部屋にも 冬がしのび足で入ってきそう 冬は外にでるのがおっくうで 本をめくっているのです 春はまだかまだかと思いながら 本をめくっているのです 春はもうすぐ春はすぐそこ…  やっぱしボクは冬が嫌いで のんびり部屋にとじこもっていると 女の子のことばかり考えてしまって ひとりで赤くなっている 冬は道路が凍ってすべるので 部屋を出ずにいるのです 春はまだかまだかと思いながら 部屋を出ずにいるのです 春はもうすぐ春はすぐそこ…  冬の間に用意をしてさ 春になったらでかける用意をネ どこという訳じゃあないけれど いくのは決まってあのコの家の前 冬は寒くて風邪ひきそうで 部屋にとじこもっているのです 春は遅い遅いと思いながら 本をめくっているのです 春はもうすぐ春はすぐそこ…
昨日からの逃げ道NSPNSPまきしい天野滋思い出が 思い出でしかないことは 分かりきっていた はずなのに 私の瞳に 明日は見えないことは 分かりきっていた はずなのに いつも いつも いつも 黒いシミが こびりついた 昨日が 見えるだけ 昨日が 見えるだけ  死ぬことを 約束できないことは 誰でも 知ってるはずなのに 逃げて行く私に 未来がないことは 誰でも 知ってるはずなのに いつも いつも いつも 醜い 傷あとをつけた 昨日が 見えるだけ 昨日が 見えるだけ  思い出が 思い出でしかないことは 分かりきっていた はずなのに 私の瞳に 明日は見えないことは 分かりきっていた はずなのに いつも いつも いつも 黒いシミが こびりついた 昨日が 見えるだけ 昨日が 見えるだけ
さようならNSPNSP天野滋天野滋やけに真白な雪がふわふわ 真っ裸の木をこごえさせ 蝉の子どもは土の下 あったかいんだね ぐっすり眠る 昨日までそうだったように 明日もこのままでいたかった 楽しかったわだなんて それが最後の言葉かい ひとの言葉は悪いいたずら 愛は心にかいた落書きさ いつまでも心にへばりついて ぼくの心をさみしくさせる さようなら さようなら…… 去年の冬はふたり仲よく こたつでまるまっていたんじゃないか 君はみかんをむいてくれたし ありがとうってぼくは笑ったはずさ ほくには君が大切なのに 君だっておんなじはずさ あれは嘘っぱちだったんだね もういいよさようなら さようなら さようなら……
ひとりじめ石川ひとみ石川ひとみ天野滋天野滋もっと見つめて あなたの瞳で もっと愛して 私だけの心  薄紅のア・ネ・モ・ネは 窓辺に咲いたけど あの人と私には 春がまだ浅い  陽を浴びている場所が そこにある時は どこかしら陰になる所が あるのでしょう  初めての口づけは何時だったかしら? ふたりはあの頃と 変わってないかしら?  そばで話して あなたの出来事 そばで笑って 私だけのために  云わなくてわかるけど 確かめたいのよ 揺れ動く心には 言葉が必要  友達が集まると 黙ってしまうのね この人が恋人と 紹介して欲しい  ふたりなら生きて行く事はできても あなたのぬくもりが まだまだ足りない  そばで見つめて あなたの瞳で そばで愛して 私だけの心  もっと見つめて あなたの瞳で もっと愛して 私だけの心  もっと見つめて あなたの瞳で もっと愛して 私だけの心  そばで話して あなたの出来事 そばで笑って 私だけのために…
夕暮れ気分堀ちえみ堀ちえみ諸里冬子天野滋小石がオレンジに 染まるほど暮れてゆく 帰り道 恐いのと ぐずぐずしてしまう  付き合いだしたけど 片想いみたいなの 好きだって いいだした あなたは罪な人  Tu tu lu lu ってハミングが あなたの口からこぼれたら 涙になりそうだから 空罐けとばした 強がりは最低ね あー 心は夕暮れ  電話がチリリとも 鳴らないとつまらない 今頃は寝ころんで テレビでも見てるかな  日記に数々の あなたへのメッセージ 言葉にはできないの あやまる事ばかり  Tu tu lu lu ってハミングが どこからともなく聞こえると 私の気持ちも知らぬ あなたを憎めない 二つの影がゆれるだけ あー 心は夕暮れ  Tu tu lu lu ってハミングが あなたの口からこぼれたら 涙になりそうだから 空罐けとばした 強がりは最低ね あー 心は夕暮れ
潮騒のホテルNSPNSP天野滋天野滋潮騒が聞える 海辺のホテルは 季節はずれで 人影もない 男と女が 安らぎ捜して たどり着いたら どうなる  満たされていた日々 思い違いの日々 信じる中にも 不安がつのる 男も女も 危険を承知で それでも愛を囁く  ひとつになれれば ひとつが幸せ ひとつになりたい 体と体 抱きしめたいけど 抱きしめられない 抱きしめたときに 心と心  投げやりな言葉で 傷つけるときでも その陰に隠れた 真実がある 男と女の すきまを埋める やさしさだけで いいのに  ひとつになれれば ひとつが幸せ ひとつになりたい 体と体 抱きしめたいけど 抱きしめられない 抱きしめたときに 心と心  潮騒のホテルは 冬を待つホテルさ これから先は どうなる
五丁目二番地NSPNSP天野滋天野滋淋しさに耐えかねて 公衆電話 ダイヤルを回す音 心に凍みる 帰るよ今すぐ やさしさ求めて 帰るよおまえに 安らぎ求めて 路地裏に迷ってる子犬を抱いて おまえが待っている五丁目二番地  履いた靴が重い程 疲れた時に 振り返ると影一つ 僕の影だけ 帰るよ今すぐ 何もかも棄てて 帰るよおまえに 安らぎ求めて ポケットの小銭をはたいて買った 花束を抱えて 五丁目二番地  帰るよ今すぐ やさしさ求めて 帰るよおまえに 安らぎ求めて
リズムもよろしくNSPNSP天野滋天野滋街吹く風 ほころぶ雲の下 散歩のつもり ブラブラリ 空をあおいで 大きくあおいで 粋な上着 ほこりを はらい リズムも よろしく ステップふんで  紙飛行機 力まかせ 空から地面に ストンとおち 空をあおいで 大きくあおいで 子どものころより うまく ならない 顔をゆがめて ためいき一つ  路次裏 たたずむ あの娘だれ どこかで 見た娘 頭をひねって 空をあおいで 大きくあおいで 子どものころ よく 遊んだ娘 なのに声一つ かけずじまい  流れる人並 さけて通り それでもごつんと ぶつかりながら 空をあおいで 大きくあおいで なんにも いいこと なかった けれど 今日はなんだか 気分がいい
思い出はドラマさNSPNSP天野滋天野滋思い出 それは あの日に君と別れてから始まった 思い出 それは ドラマさ 心がスクリーンさ すべてが同じ景色の中に 静かに息づいている すべてが同じだけれど 君の姿がそこにない 君の姿がそこにない 僕の影だけ他にない  緑の森を四角いキャンパスに 閉じこめた君が 片目を閉じて笑った あれはクライマックス 五月も終わりかけてた 温い日差しが降り注いでた すべてが同じだけれど 君の姿がそこにない 君の姿がそこにない 僕の影だけ他にない  思い出 それは 心に根を張り枝を広げてく 思い出 それは 傷跡悲しみしか残さない すべてが絡みあってる 長い長い長い物語 すべてが同じだけれど 君の姿がそこにない 君の姿がそこにない 僕の影だけ他にない 君の姿がそこにない 僕の影だけ他にない
始発電車NSPNSP天野滋天野滋起きぬけの ホームにひとり そでの汚れに 吐息が白い 手のひらの キーを放る レールを めがけ ひといきに  少女のうすい胸が 僕の隠れ家だった 始発電車はまだこない  朝もやが 低く沈む 風がないのは いつもと同じ ドアしめて 最後に笑う ほほのえくぼが 目に痛い  少女のうすい胸が 僕の隠れ家だった 始発電車はまだこない
おはじきNSPNSP天野滋天野滋身の上話が空を切る 悲しいドラマの ひとコマに似て この時ばかりと 涙をさそう 君はおはじき 指ではじいた 笑顔のまま 横向いたまま 聞いてないふり しないで 聞いてないふり しないで  誰だって悲しいことはある わかりきっているはずなのに 僕の悲しみのひとつにも 君は涙を流してほしい 僕に抱かれ黙って抱かれ 聞いてないふり しないで 聞いてないふり しないで  ウウウ……
哀しみの翼浅香唯浅香唯佐藤純子天野滋夕陽に流れだす人ごみの中で 涙がこぼれぬよう よそ見をしていた ずい分 変わったね 逢えないあいだに 髪型…シャツの色も違うひとのよう  「元気そうで よかったよ」と 思い出したみたいに言うね…  ひとりで何を今、考えているの? 笑顔で心では 誰をかばってるの? あなたが飛んでゆく羽根の音がする こんなに好きなのに 何故ダメになるの? 哀しみの翼  出逢いのあの頃は 電話鳴るだけで あなたがかけてきたと すぐに分ったわ  哀しみに負けないほど 見つめかえす瞳が欲しい  こんなに限りなく離れてゆくなら 恋したきっかけも みんな持ち去って ふたりで よく似てる夢を見ていたの どうして あなただけ目覚めたの 先に 哀しみの翼  どうして 人はみな恋なんかするの 美しいさよならは何処にも無いのに あなたが飛んでゆく羽根の音がする こんなに好きなのに何故ダメになるの? 哀しみの翼
NIGHT DANCER浅香唯浅香唯真名杏樹天野滋Sorry baby 今夜 また一つ 切ない恋が終わるの 車を着けたベイエリア 言い訳なんて止めてよ  Ah あなたの声 最後のクラクション  Tonight プラチナの月の下で Break down 踊らせて Dance! Dance! Dance! Tonight 涙ごと甘えられる Break down 悲しみに Kiss! Kiss! Kiss!  Tonight 罪なほど 愛を知った Ah 私はもう 天使じゃない  Show you, baby 夏のグラスから こぼれた夢のシャンパン 都会の空に撒き散らし 迷子の星座にするわ  Ah 傷つくのが 怖いだけね  Tonight 移り気な風のルージュ Break up 光らせて Shake! Shake! Shake! Tonight 声かける誰もみんな Break up 寂しいの Cheek! Cheek! Cheek!  Ah 胸の中で鳴り続けるクラクション ただ想い出だけ それでいいの?  Tonight プラチナの月の下で Break down 躍らせて Dance! Dance! Dance! Tonight 涙ごと甘えられる Break down 悲しみに Kiss! Kiss! Kiss!  Tonight サヨナラが似合い過ぎる Ah あなただって 天使じゃない
コンクリートの壁にはさまれてNSPNSP天野滋天野滋コンクリートの壁にはさまれて 君とボクはじっとりぬれる はぁはぁいいながらボクとキスする君は コンクリートに咲いた花 君もボクもコンクリートに はさまれ育った仲なのさ  コンクリートの壁にはさまれて 君とボクはじっとりぬれる そんなに好きだ好きだなんていうから ボクは君を愛せないんだ 君もボクもコンクリートに はさまれ育った仲なのさ  コンクリートの壁にはさまれて 君とボクは向いあう 私の胸小さいのっていう君は コンクリートに咲いた花 君もボクもコンクリートに はさまれ育った仲なのさ  ああコンクリートに咲いた花 君もボクもコンクリートに はさまれ育った仲なのさ
なんて空だろうNSPNSP天野滋天野滋この灰色の空は押しつぶそうとボクの頭の上 そんなに気持ちがいいんだろうかボクをいじめて なんて空だろうなんて空だろう ボクの心はくしゃくしゃになってしまいそう  今のボクには勉強なんかなんになる うそで固めたなぐさめなんか欲しくない なんて空だろうなんて空だろう 晴れたところで行くとこなんかある訳じゃないが  働いたって自分の家が建つ訳じゃなく どこかしらないところへ行ってしまいたくなる なんて街だろうなんて街だろう ビルとビルのすきまにむらがる人ばかり  なんて空だろうなんて空だろう 都会の空は人の心もかえるのか なんて空だろうなんて空だろう ボクの心も灰色にぬりつぶす気なんだろう
NSPNSP天野滋天野滋たとえ夜がどんなに深くてもいいさ 二人でのめりこんでしまうのもいい ボクが君にいう夜の言葉は暗やみに向けて放ち 君がボクにいうおしろいだらけのはなしも 空気をはうだけ もっともっと楽しいことさがそう もっともっとおもしろいことさがそう……  きみの体は光っててやみの中でもみえる かみがみだれて肩にかかっているのがわかる ボクが君にする愛のあかしはしらじらうそがもえて ボクに答える君の体は そのうそ知らないはずはない もっともっと楽しいことさがそう もっともっとおもしろいことさがそう……
雪どけ水はつめたくてNSPNSP天野滋天野滋雪どけ水は冷たくて つかっているのはつらいけど きみがひざまでつかってるので ボクもがまんしてるんだ  でもボクはとても ひざまでは はいるきもちになれなくて きみのあとをおうのは なかなかできない  おくびょうなボクは 小説の主人公みたいになれないで きみをさらっていけやしない さらってゆけない  そして木片をひろってきては たきびをつくっているんだ はやくあがってこないかと おもっているのに  おくびょうなボクは 小説の主人公みたいになれないで きみをさらっていけやしない さらってゆけない
一片の幸せNSPNSP天野滋天野滋古い本をひっぱりだして ページをひらくと かびくさいにおいが ボクをつつむ それだけでいい気分になってしまう それだけで物語が目にうかぶ  昔のあなたと ばったり会ったなら ボクもすばやく 昔に帰る それだけで幸せになってしまう それだけでなみだがほほに光る  今のあなたは 思い出だけだから ボクも昔と 比べはしない いっしょにいるときはだまっていよう それだけであなたは恋人にもどる
冬がのぞいてるNSPNSP天野滋天野滋君が本を片手に持ってだまってすわるそのわきで 障子のすきまをはずかしそうに冬がのぞいてる  からの茶わんのそこにはこちんとこおったためいきが ほこりにまじったけだるさは ぬけたかみといっしょさ  ボクもきっと自分の年を数えるときがくるだろな 頭のしらががふえるのを気にするときがくるだろな  じょうだんなんかいえないで しくはっくのいったりきたり でるまくなくてひまそうな てるてるぼうず  日はまた少しかたむいて屋根は赤くなってくる いつもと同じけしきの中で自分だけが年おいて  ボクもきっと自分の年を数えるときがくるだろな 頭のしらががふえるのを気にするときがくるだろな  じょうだんなんかいえないで しくはっくのいったりきたり でるまくなくてひまそうな てるてるぼうず
雪の精NSPNSP天野滋天野滋きみの顔が白すぎるので 雪の中では見分けがつかなくなったんです とってもきれいすぎるので ボクはまるで雪の精みたいに思えたんです だきしめたくて近づくとすっと消えてしまう だからやっぱりきみは 雪の精 雪の精 きみはふしぎな雪の精  きみの指が細すぎるので 雪をつかむとすぐにこおってしまうんです すきとおっているようだから きみの心は手にとるようによめるんです でもだきしめようと考えるといつもにげてしまう だからやっぱりきみは 雪の精 雪の精 きみはふしぎな雪の精 目をとじると現われてまたボクをからかうんです いたずらっこ  つめたい風にあたってるから ほほのふくらみが赤くなってしまったんです はずかしそうに手でかくす きみはまるでお人形みたいにみえたんです でもだきしめようと近づくとすぐに視線をそらす だからやっぱりきみは 雪の精 雪の精 きみはふしぎな雪の精
いなかっぺちゃんNSPNSP天野滋天野滋きらいきらいはききあきて そんなにわがままいうんじゃあない ボクまでおこるよ だだっこちゃん きみがよぶのは わかっていても ふりむいてしまうのは しゃくなんだしゃくなんだ  だめよだめだめつらいから そんなにないたらだめなんだ おはながでるよ さあふいて きみはおさげの かわいいこ わたいれがにあうよ いなかっぺなんだなあ いなかっぺなんだなあ  いやよいやいや いうきみが ホントはすきだとわかってる 赤いほっぺにかいてある きみは元気な女の子 東北育ちさ いなかっぺなんだなあ いなかっぺなんだなあ
いいNSPNSP天野滋天野滋天雲の下がいい うるさい所がいい 雨がザザンカザン 風さんビュービュー 電信柱の高いこと 二人かささし道路の片すみに 青空の下がいい 明るい所がいい おひさまぽかぽか 風さん 僕をなでて  友達に会ったら笑顔みせて 二人並んで町までおかいもの そんな二人になりたかった 腕をくんで歩く恋人同志 だけどうつむいてばかりいたんじゃ 愛の言葉も言えやしない  だから お家の中がいい 一人でいるのがいい ストーブが燃えて 僕の心もとけて ストーブの上のやかんがふいて 僕は一人へやのすみっこに お家の外がいい スカッとするのがいい 雪をまるめて投げて 僕のユーウツも投げて
北北東の風NSPNSP天野滋天野滋北で生まれた僕が 寒さにふるえて 南で生まれた君が 汗かいていた 日本にはたくさんの人が 住んでいるけど こうして会ったのは 何かのえんでしょう  神社でさいせんの おこぼれひろった僕と お祭りにだしのつなを ひっぱった君が 日本じゅうの 恋人たちのするように 僕の作った曲に 詩をつけて歌おう  かなわぬ夢ばかり 追いかけてばかりより 今のこのひとときを たいせつにしよう 今日の風 今日の風 北北東の風  僕のことが大好きだって うなずいた君も いつかはおよめに行くよな 時が来て 日本じゅうの女の人と 同じように どこかの誰かさんを 愛すのでしょう  遠くの方ばかり 過去のことばかりより 今のこのひとときを たいせつにしよう 今日の風 今日の風 北北東の風  かなわぬ夢ばかり 追いかけてばかりより 今のこのひとときを たいせつにしよう 今日の風 今日の風 北北東の風
夕暮れ時は淋しそうNSPNSP天野滋天野滋田舎の堤防 夕暮れ時に ぼんやりベンチに すわるのか 散歩するのも いいけれど よりそう人が 欲しいもの あの娘がいれば 僕だって 淋しい気持ちにゃ ならないさ まわりの暗さは 僕たちのため あの娘が来るのを 待っている  夕暮れ時は さびしそう とっても一人じゃ いられない  夕焼け雲さん 伝えて くれよ あの娘のお部屋の 窓ぎわへ 虫にさされるのは いやだけど 肩をならべて いたいよと  こんな河原の 夕暮れ時に 呼びだしたりして ごめんごめん 笑ってくれよ ウフフとネ そんなにふくれちゃ いやだよ  夕暮れ時は さびしそう とっても一人じゃ いられない  夕暮れ時は さびしそう とっても一人じゃ いられない  おうちの人に おこられるかな 呼びだしたりして ごめんごめん もうちょっとだけ 一緒にいよう 帰りたいなんて言わないで そうか君は 笑うのが へたに なっちゃったんだね あんまり 僕を 困らせないで そろそろ笑って くれよ  こんな河原の 夕暮れ時に 呼びだしたりして ごめんごめん 笑ってくれよ ウフフとネ そんなにふくれちゃ いやだよ  夕暮れ時は さびしそう とっても一人じゃ いられない  夕暮れ時は さびしそう とっても一人じゃ いられない  夕暮れ時は さびしそう とっても一人じゃ いられない
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 祝福
  2. Tot Musica
  3. エロティカ・セブン
  4. 新時代
  5. 紫苑

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. あなたに捧ぐ33のこと
  3. ELEVEN -Japanese ver.-
  4. Wish
  5. 445

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照