歌詞を

ヘルプ

吉田拓郎の歌詞一覧リスト

242 曲中 1-200 曲を表示
2019年8月22日(木)更新
並び順:
全2ページ中 1ページを表示 [前の200曲|次の200曲]
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
あゝ青春吉田拓郎松本隆吉田拓郎ひとつひとりじゃ淋しすぎる
愛してるよ吉田拓郎松本隆吉田拓郎光と影があるなら光になりたい
あいつの部屋には男がいる吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎彼女と初めて口づけしたのは
愛の絆を吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎静かな夜のけはいがベッドの
I'm In Love吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎恋は素敵だね何も考えず
蒼い夏吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎浜日傘ゆらゆらすらりとのびた
AKIRA吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎夕焼けに向かって走って行く
アキラ吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎夕焼けに向かって走って行く
アゲイン(未完)吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎若かった頃の事をきかせて
朝陽がサン吉田拓郎吉田拓郎・福岡英典吉田拓郎朝日がサンおはようサン
明日の前に吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎どれだけ歩いたのか
アジアの片隅で吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎ひと晩たてば政治家の首が
明日に向って走れ吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎流れる雲を追いかけながら
新しい朝(あした)吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎僕等の事を知らない人も
熱き想いをこめて吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎窓から見える景色はいつもと
a day吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎こんなにつらい日があるんだネ
あなたを送る日吉田拓郎Takuro YoshidaTakuro Yoshidaあの頃わからなかった事が
あの娘といい気分吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎俺の電話で夜の夜中に
あの娘を待ってる街角吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎あの娘の待ってるビルの彼方に
ありがとう吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎この胸いっぱいのありがとうよ
ありふれた街に雪が降る吉田拓郎石原信一吉田拓郎目を覚まし外をごらんよ
ある雨の日の情景吉田拓郎伊庭啓子・補作詞:吉田拓郎吉田拓郎バスが止まって外は雨が
歩こうね吉田拓郎Takuro YoshidaTakuro Yoshida波がぶつかってくだけて
生きていなけりゃ吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎すべてのものが思い通りに
いくつになっても happy birthday吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎誕生日がやって来た祝おうよ
いくつもの朝がまた吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎重い闇を救急車が引き裂いて
いつか夜の雨が吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎いつか夜の雨が走りはじめたネ
いつでも吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎いつでもどこでもおまえが
いつでも夢を吉田拓郎佐伯孝夫吉田正星よりひそかに雨よりやさしく
いつも見ていたヒロシマ吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎八月の光がオレを照らし
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
今さら I love you吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎I love youって言うのは
今は恋とは言わない吉田拓郎Takuro YoshidaTakuro Yoshidaあの日君はとてもコワイ顔を
イメージの詩吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎これこそはと信じれるものが
イメージの詩吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎これこそはと信じれるものが
ウィンブルドンの夢吉田拓郎Takuro YoshidaTakuro Yoshida時がどれだけ急いでもどれ程
家へ帰ろう吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎この道はどこまで続いてる
吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎馬が走ってく馬が走ってく
海を泳ぐ男吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎あんまり夜が滲みるから
裏街のマリア吉田拓郎松本隆吉田拓郎私には心の裏を読み取れる力が
裏窓吉田拓郎石原信一吉田拓郎夜明けに目覚めて翔ぼうと
永遠の嘘をついてくれGOLD LYLIC吉田拓郎中島みゆき中島みゆきニューヨークは粉雪の中らしい
Fの気持ち吉田拓郎Takuro YoshidaTakuro Yoshida初めは誰でもCからどきどき
襟裳岬吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎北の街ではもう悲しみを暖炉で
大いなる吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎ロックンロールの響きがいい
大阪行きは何番ホーム吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎19の頃だったと思うけれど
おきざりにした悲しみは吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎生きてゆくのはああ
贈り物吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎あの時僕はこう思ってたんだ
Os san吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎朝はどこから来るんだろう
伽草子吉田拓郎白石ありす吉田拓郎雨もふりあきて風もやんだ
男達の詩吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎うすむらさきの煙がゆれて
男の子☆女の娘(灰色の世界II)吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎女の娘女の娘愛も信じない
おやじの唄吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎おやじが全てだなんて
吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎さびしがりやなのかな俺
俺が愛した馬鹿吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎死んで下さいよとあいつに
俺を許してくれ吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎夜空に浮かぶ星打ち明けよう
恩師よ吉田拓郎松本隆吉田拓郎蝶ネクタイに銀縁眼鏡
オー ボーイ吉田拓郎石原信一吉田拓郎退屈なのが恐いんだろう
帰らざる日々吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎あの日の夢が浮かんでくるよ
加川良の手紙吉田拓郎加川良吉田拓郎拝啓僕はとても残念でした
風邪吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎何もかもがなんでこんなに
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
風のシーズン吉田拓郎松本隆吉田拓郎風のシーズン僕には四季がない
風の街吉田拓郎喜多条忠吉田拓郎道のむこうで手を振った
悲しいのは吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎悲しいのは空ではないんです
KAHALA吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎緑色のカーテンのすき間から
花酔曲吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎心のかたすみに閉ざされてた
からっ風のブルース吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎とてもすてきだきみ
川の流れの如く吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎誰を信じるものではなく
カンパリソーダとフライドポテト吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎両手には小さな愛とこぼれない
ガラスの言葉吉田拓郎及川恒平吉田拓郎笑ってるよ白いワンピースの
ガラスのワンピース吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎水玉ワンピース天使を気どった
ガンバラナイけどいいでしょう吉田拓郎Takuro YoshidaTakuro Yoshida今日はいったい何がどうしちゃった
消えていくもの吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎僕は角のたばこ屋サンが
危険な関係吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎僕はその日映画を観ていた
季節の花吉田拓郎Takuro YoshidaTakuro Yoshidaある日東京の空を見上げたら
昨日の雲じゃない吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎あの空に浮かぶのは今日の雲
気分は未亡人吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎あの人今夜も行き先知れずで
君が先に背中を吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎この次のバスに僕は乗るからね
君去りし後吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎好もしからざる女だった君の
君のスピードで吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎こんなに人を愛せるなんて
気持ちだよ吉田拓郎康珍化吉田拓郎重たい荷物は背負ってしまえば
旧友再会フォーエバーヤング吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎久しぶりに逢えたのだから
今日までそして明日から吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎わたしは今日まで生きて
金曜日の朝吉田拓郎安井かずみ吉田拓郎トロリトロトロ眼がさめる
唇をかみしめて吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎ええかげんな奴じゃけ
暮らし吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎男だったんだと女が居て
結婚しようよ吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎僕の髪が肩までのびて君と同じ
決断の時吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎2月の朝降りつづいた雪も
元気です吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎誰もこっちを向いては
恋はどこへ行った吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎風が吹いているね懐かしい
高円寺吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎君を好きだなんて言ったり
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
こうき心吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎街を出てみよう今住んでる
心が届いた吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎あなたは今確かに振り返った
心の破片吉田拓郎松本隆吉田拓郎鳶色の乱れた髪が
こころのボーナス吉田拓郎忌野清志郎忌野清志郎崖っぷちのキヨシはいつも
こっちを向いてくれ吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎いっしょになれないからと
言葉吉田拓郎松本隆吉田拓郎電話の声はささやきまじり
この歌をある人に吉田拓郎松本隆吉田拓郎白いたんぽぽの落下傘
この風吉田拓郎銀色夏生吉田拓郎わかっていることと
この指とまれ吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎この指とまれこの指とまれ
今度はいったい何回目の引越しになるんだろう吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎熱すぎる季節が魚藍坂をかけ
午前0時の街吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎そよぐ風が僕の髪を通りすぎて
淋しき街吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎どうしてこうなってしまった
サマータイムブルースが聴こえる吉田拓郎松本隆吉田拓郎かなりやばい線になってきた
サマータイムブルースが聴こえる(セルフカバー)吉田拓郎松本隆吉田拓郎かなりやばい線になってきた
サマーピープル吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎サマーピープル太陽の光は
されど私の人生吉田拓郎斎藤哲夫斎藤哲夫もうどうでもいいのさ
三軒目の店ごと吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎まだまだ酔っちゃないだろう
that's it やったね吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎負けるもんかって言葉にして
7月26日未明吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎たとえそれが叶わない夢でも
少女よ、眠れ吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎人ごみがとぎれてる裏通りで
暑中見舞い吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎こんなに遠くの海に来ています
白い部屋吉田拓郎松本隆吉田拓郎もう何も考えないよ
白いレースの日傘吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎きみが波と遊んでるのを
シンシア'89吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎なつかしい人や町をたずねて
親切吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎いつの間にかの事だけど
自殺の詩吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎歩き疲れてしまいました
ジャスト・ア・RONIN吉田拓郎安井かずみ加藤和彦やたらと色んな奴いるさ
吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎僕はアナタのすべてを命がけでも
純情吉田拓郎阿久悠加藤和彦永遠のたずねびとそれはきみ
人生を語らずGOLD LYLIC吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎朝日が昇るから起きるんじゃ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
素敵なのは夜吉田拓郎白石ありす吉田拓郎僕の見立てたドレスに着替えた
すなおになれば吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎笑われる程 不器用だから
青春の詩吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎喫茶店に彼女とふたりで入って
聖なる場所に祝福を吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎ああこの至福の時が
制服吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎ラッシュ・アワーが疲れを
清流(父へ)吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎あなたが元気でいるならば
せんこう花火吉田拓郎古沢信子吉田拓郎せんこう花火がほしいんです
全部だきしめて~toropical~吉田拓郎康珍化吉田拓郎きみのすべてをぼくの自由に
そうしなさい吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎もぬけの殻でもいいじゃない
外は白い雪の夜吉田拓郎松本隆吉田拓郎大事な話が君にあるんだ
たえこMY LOVE吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎たえこ MY LOVE 雨の中を
たえなる時に吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎今君はあの人を心から
たくろうチャン吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎僕は遠い星の国から一人で
例えば犬の気持ちで吉田拓郎鈴木慶一鈴木慶一なにもしないと眠っても
たどり着いたらいつも雨降り吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎疲れ果てている事は
旅の宿吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎浴衣のきみは尾花の簪
男子の場合吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎どんな仲かと聞かれれば
地下鉄にのって吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎ねぇ君何を話してるの
知識吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎どこへいこうと勝手だし
チークを踊ろう吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎君の両手を僕の首にまわして
月夜のカヌー吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎話すことはいつも他愛ない
都万の秋吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎イカ釣り船が帰るとちいさな
吉田拓郎松本隆吉田拓郎夜の帳りも冬枯れた部屋
冷たい雨が降っている吉田拓郎松本隆吉田拓郎冷たい雨が降っている
To the Moon吉田拓郎石原信一吉田拓郎何も起こらずに都会が暮れて
ときめく時は吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎うつむいて心曇らせる
とっぽい男のバラード吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎何をやってもダメな
となりの町のお嬢さん吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎となりの町のお嬢さんが
友あり吉田拓郎康珍化吉田拓郎生まれた時から旅に出る男に
ともだち吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎やるせない思いを胸に
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
トワイライト吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎僕は今身体いっぱい勇気を
とんと御無沙汰吉田拓郎阿木燿子吉田拓郎慌ただしい時に追われ
どうしてこんなに悲しいんだろう吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎悲しいだろうみんな同じさ
長い雨の後に吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎もう何も言わなくていいよ
夏休みGOLD LYLIC吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎麦わら帽子はもう消えた
兄ちゃんが赤くなった吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎兄ちゃんと二人で歩いていた
虹の魚吉田拓郎松本隆吉田拓郎枯れ葉ごしに山の道をたどって
人間なんて吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎人間なんてラララ
人間なんて吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎人間なんて何かが欲しいおいら
人間の「い」吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎じれったい抱きしめたい
望みを捨てろ吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎ひとりになれないひとりだから
Not too late吉田拓郎吉田拓郎織田哲郎今この瞬間に深く堕ちている恋
野良犬のブルース吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎暗い街角にいつもの時間に
灰色の世界I吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎あしたをわすれた若い男
二十才のワルツ吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎夏はこれ以上待ってはくれない
花の店吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎なだらかな坂の途中
花嫁になる君に吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎指がふれたらぽつんと落ちて
ハネムーンへ吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎今日から君は一人じゃないんだ
ハピネス吉田拓郎吉田建井上慎二郎長くて暗い坂道上っていこう
早送りのビデオ吉田拓郎Takuro YoshidaTakuro Yoshida水の流れを追いかけるように
遥かなる吉田拓郎石原信一吉田拓郎人混みの河 泳ぎ疲れて
春だったね吉田拓郎田口淑子吉田拓郎僕を忘れた頃に君を
春よ、こい吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎冬になると旅の支度をする
春を待つ手紙吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎追いかけましたあなたの姿だけ
春を呼べII吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎今年の冬は何色だろう
Bye Bye Yesterday吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎昔の唄をなつかしむだけじゃ
パーフェクトブルー吉田拓郎松本隆吉田拓郎目覚めれば遅い朝冷たい
光る石吉田拓郎森雪之丞吉田拓郎乾かない下着までバッグに詰め
一つの出来事吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎二人だけのことだから
ひとつまえ吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎したたかと言われても
ひとり想えば吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎ひとり想えば時は行く
ひらひら吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎喫茶店に行けば今日もまた
ビートルズが教えてくれた吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎髪と髭をのばしてボロを着る
Pillow吉田拓郎川崎真理子武部聡志徹夜続きでのどが少し渇き
ファミリー吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎怒れる時あらばその怒りを
フキの唄吉田拓郎Takuro YoshidaTakuro Yoshida日々の暮らしの中でふっと
古いメロディー吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎古いメロディこびりついて
BLOWIN' IN THE WIND吉田拓郎B.DylanB.DylanHow many roads must a man
ペニーレインでバーボン吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎時がたってしまうことを
ペニーレインへは行かない吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎流れる雲の形みたいに
星降る夜の旅人は吉田拓郎岡本おさみ吉田拓郎星降る夜の旅人は今頃どこで
僕達のラプソディ吉田拓郎吉田拓郎吉田建・武部聡志仙台坂を降りて左に曲がると
僕達はそうやって生きてきた吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎君は風の中に立ってる
ぼくのあたらしい歌吉田拓郎康珍化吉田拓郎ぼくは新しい歌を作ったんだ
僕の唄はサヨナラだけ吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎君が僕をキライになったわけは
僕の車吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎やわらかな胸で陽が昇るまで
僕の人生の今は何章目ぐらいだろう吉田拓郎トータス松本トータス松本よかれ悪かれ言いたいことを
僕の大好きな場所吉田拓郎篠原ともえ吉田拓郎黄色いアロハに着替えたら
僕の道吉田拓郎吉田拓郎吉田拓郎心がつらい時僕は1人じゃない
僕を呼び出したのは吉田拓郎石原信一吉田拓郎大人になるのは死ぬことなのと
12>

吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、フォーライフレコードの第2代社長である。本名同じ。旧芸名は平仮名の「よしだたくろう」。楽曲提供者としては「入江剣高校時代に考えた最初の芸名は入江(順)。好きだったモデル・入江美樹… wikipedia