君去りし後

この曲の表示回数 19,696
歌手:

吉田拓郎


作詞:

岡本おさみ


作曲:

吉田拓郎


「好もしからざる女」だった君の
監禁された 唄をきいていると
酒さえもいらないと思ったものさ
もういちど君が
ぼくの退屈さを盗んでくれるなら
すべての女と縁を切ってもいい

そうさ君のいた頃の この部屋の扉は
いつだって夜に 向かってひらかれて
マネキンさえ踊る
陽気なブルースを歌ってたよ

君が去ったあとは 君が去ったあとは
君が去ったあとは
てんではっぴいになれないんだよ

「飼われた女」になった君は
おあいそ笑いの人形でしかない
けっこうテレビが似合うようになったね
もう帰って来なくてもいいよ
どんな餌が君を 誘惑してしまったのか
あやつっている男は
どんな奴なんだろう

君の居ないこの部屋のステージで
昨日から厚い化粧の女が
味噌汁みたいな恋唄を 唄い始めてるよ
昔の仲間は寄りつかなくなったよ

君が去ったあとは 君が去ったあとは
君が去ったあとは
てんではっぴいになれないんだよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君去りし後 歌手:吉田拓郎

吉田拓郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/04/05
商品番号:MHCL-763
Sony Music Direct

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP