シンシア'89

この曲の表示回数 19,402
歌手:

吉田拓郎


作詞:

吉田拓郎


作曲:

吉田拓郎


なつかしい人や 町をたずねて
汽車を降りてみても
目に映るものは 時の流れだけ
心がくだけてゆく

帰ってゆく場所も ないのなら
行きずりの ふれあいで 慰めあうのもいいさ

シンシア そんな時
シンシア 君の声が
戻っておいでよと 唄ってる

君の部屋の カーテンやカーペットは
色褪せてはいないかい

人混みに隠れて 肩をすぼめて
自分を見つめた時
過ぎ去った夢が くずれ落ちる
長い旅が終わる

夜空は町に落ち 人々が
笑いながら 通り過ぎる あの日と同じところを

シンシア そんな時
シンシア 君の声が
戻っておいでよと 唄ってる

君の部屋に 僕一人居てもいいかい
朝を待つのが怖いから

シンシア 帰る場所も
シンシア ないのなら
シンシア 君の腕で
シンシア 眠りたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:シンシア'89 歌手:吉田拓郎

吉田拓郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-02-08
商品番号:33KD-148
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP