試聴する

消えていくもの

この曲の表示回数 17,818
歌手:

吉田拓郎


作詞:

吉田拓郎


作曲:

吉田拓郎


僕は角のたばこ屋サンが好きだった
大した理由は無いけれど好きだったな
毎日あそこを通って学校へ通った
話をした事はないけど何となく気になる
おバサンがいて お茶のみながらいつも笑ってた

僕は社会科の先生を覚えてる
いつもジンタンを片手いっぱいほおばってた
独特のニオイがあの頃好きじゃなかった
先生の事少しキライで少し愛していた
居眠りすると何にも言わずにジンタンを食わされた

僕が中途ハンパな男になりかけた頃
男にめざめた夜があって思いもとげた
女の人を大切にしなけりゃダメだよと
10才以上年上のその人が言った
約束だからいくつになっても言いつけを守ってる

僕が完璧な大人になった今
色んなものが形かえて消えて行った
思い出という大げさな感情ではなく
あの人がいて風に吹かれたあの日の景色
そういう中でじりじりしながら成長してたんだ

消えていくんだネ
消えてしまったネ

時が流れて行く
時が移って行く

少し泣きたくなる
ちょっと悲しくなる

少し泣きたくなる
ちょっと淋しくなる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:消えていくもの 歌手:吉田拓郎

吉田拓郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001/03/28
商品番号:TECI-1013
インペリアルレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP