試聴する

白い部屋

この曲の表示回数 9,019
歌手:

吉田拓郎


作詞:

松本隆


作曲:

吉田拓郎


もう何も考えないよ
ぼくの背中に爪を立て
高まってゆく君は とても綺麗だし
揺れながら 揺れながら
魂の海を 漂うだけさ

だってここは白い部屋だもの
窓の外が嵐でも天気でも
どうでもいいことさ
倖せだよね 倖せだよね 倖せだよね

横須賀の暗い港に
ミッドウェーがはいる
疲れた顔の水浜の一人が
泣きながら 泣きながら
人は兄弟だと デモ隊に叫ぶ

だってそれは七時のニュースだし
君がテレビのチャンネルをまわしたら
通り過ぎる事さ
それだけだよね それだけだよね
それだけだよね

もう何も考えないよ
ぼくの頭は空っぽで
君が小さな叫びを洩らせば
果てしなく 果てしなく
心の宇宙を駆け巡るのさ

だってここは白い部屋だもの
愛するより大切なことなんて
人にあるだろうか
静かだよね 静かだよね 静かだよね
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白い部屋 歌手:吉田拓郎

吉田拓郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-04-05
商品番号:FLCF-4109
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP