一番星

この曲の表示回数 6,629
歌手:

平野綾


作詞:

mavie


作曲:

上松範康


ひとりになりたくて 風に吹かれてみる
昨日と似たような今日を なぞるような毎日
誰にも言えなくて ひとり歌ってみる
声になった願いは今 空に溶けた

へこんだ自分も 調子乗ってる自分も
どれもみんな私らしい
ありのままいられたら それでいいんだ

少しずつ少しずつ暮れていく
空に光った一番星が今
うつむいた帰り道照らしてはささやく
きっときっと明日も
きっときっと晴れる
だからさあ顔をあげて Smilin' Again

いつか見た景色が 変わってしまっても
消えることのない光が ここにあるよ

痛みを知らない 子供だったあの頃に
戻るよりもひとつひとつ
悲しみを乗り越えて強くなりたい

いつの日かいつの日か見つかるよ
たったひとつの一番星のように
迷っても悩んでも前向いて歩けば
きっときっと想いは
きっときっと届く
だからほら涙ふいて Smilin' Again

疲れた時には そっと深呼吸して
何度だってふみ出せばいい
新しいスカートの裾を揺らして

少しずつ少しずつ暮れていく
空に光った一番星が今
うつむいた帰り道照らしてはささやく
きっときっと明日も
きっときっと晴れる
だからさあ顔をあげて Smilin' Again
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一番星 歌手:平野綾

平野綾の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-03-08
商品番号:LACM-4251
ランティス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP