試聴する

春蝉

この曲の表示回数 13,160
歌手:

小林幸子


作詞:

星野哲郎


作曲:

遠藤実


人の心は 変るというが
いいえ逢うたび 好きになる
小枝だきしめ 啼く春蝉の
声を窓辺で ききながら
わかる気がする 忍び宿

添えぬさだめと あきらめながら
人を恋する 身のつらさ
はなればなれに 電車に乗って
あなたくるかと 待ちわびる
宿の時計のおそいこと

思い叶わぬ 恋なら熱く
いのち燃やして 終わりたい
逢えば一夜で 別れにゃならぬ
恋を恨んで ちぎり灯の
かげで小夜着(さよぎ)の 帯が泣く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春蝉 歌手:小林幸子

小林幸子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-08-20
商品番号:COCA-15506
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP