若者と小犬とクロアサン

この曲の表示回数 1,025

重いこころで 若者は
わびしくひぐれの 町へ出た
長くてやせてる 影法師
ふりむく人など 誰もない

ひとりぽっちの 靴音が
耳から胸へと 聞こえてる
柳に話を しかけたが
からだをくねらせ 横向いた

ハデな通りは ごめんだと
横町へはいって ひとやすみ
右手に持ってた クロアサン
ガブリとかぢって 月をみた

足を何かに つつかれて
ふとみりゃ巻毛の 犬がいる
見あげたその目は ぬれている
抱いたらたちまち キスときた

キスをかえして 若者は
今日から二人と つぶやいた
しっぽに合わせて うれしさと
泪がやたらに わいてきた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:若者と小犬とクロアサン 歌手:日吉ミミ

日吉ミミの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/04/27
商品番号:VICG-60779
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP