君に降る雪

この曲の表示回数 9,231
歌手:

安部恭弘


作詞:

西尾佐栄子


作曲:

安部恭弘


真夜中近い広場の時計に
コートにくるまり僕を待つ君がいる
ちぎれるような胸の痛みなら
降りだす粉雪 寒さのせいじゃない

戻らない時間ならば 後悔はしたくない
ときめき殺せない

何度も好きだと言えば いじめないでと笑った
君を愛する誰かに 憎まれたって構わない
何も怖くない

言い聞かせてた 彼女はダメだと
君にも僕にも大事な人がいた
初めて逢った あの夜もこんな
今夜と同じ三日月がでてたね

運命は皮肉だけど でもふたりこれ以上
もう嘘はつかない

息をするのも苦しい 切なさつのる夜には
あんなに優しい人を 傷つけるけど戻らない
君が好きだから

何度も好きだと言えば いじめないでと笑った
君を愛する誰かに 憎まれたって構わない
何も怖くない

髪に降る雪を払う横顔に誓えるよ
二度とは迷わない

何度も好きだと言えば いじめないでと笑った
君を愛する誰かに 憎まれたって構わない
何も怖くない

息をするのも苦しい 切なさつのる夜には
あんなに優しい人を 傷つけるけど戻らない
君が好きだから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君に降る雪 歌手:安部恭弘

安部恭弘の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-11-10
商品番号:AMCM-4234
イーストウエスト・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP