試聴する

さいはて女工節

この曲の表示回数 1,315

誰が知るやら 知らぬやら
遠い昔の 忘れ唄
海は何にも 語らぬが
あら風が吹きゃ きこえる女工節

……あなた様、流氷をご存知でございますか。
あの海の彼方の島々に、昔はどっさりと、
かんづめ工場があったそうでございます。
そうして、寒い海渡って働きに行った女たちが、
淋しさも、つらさも、この歌ひとつに託して
女工節唄うと、私のような女の胸にも、
流氷の音が、
きこえて来るのでございますよ……。

故郷はなれて 来ておれば
文の来るのを 待つばかり
たった一度の 便り船
あら今日もまた 来るやら来ないやら

かんづめ工場に 二度来る者は
親のない子か 片親育ち
親は草場の 陰で泣く
あら私しゃ工場の すみで泣く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さいはて女工節 歌手:金田たつえ

金田たつえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014/05/21
商品番号:COCP-38526
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP