比叡の雪

この曲の表示回数 2,671
歌手:

上野さゆり


作詞:

秋浩二


作曲:

聖川湧


紅葉(もみじ)の匂いを嗅(か)ぎつけて
木枯らしが吠えながら 比良(ひら)から駆けてくる
恋に背(そむ)かれ夢を裂(さ)かれて さ迷う比叡のひとり旅
山が泣いたら雲が泣いたら 女が泣いたら からんころんと
からんころんと 雪が降る

指輪の傷跡いたわれば
なぜ涙止まらない 大原三千院
帰る場所(ところ)も陽だまりもない さすらう比叡のひとり旅
山が泣いたら雲が泣いたら 女が泣いたら からんころんと
からんころんと 雪が降る

彩(いろど)る横川(よかわ)の夕暮れに
琵琶湖越(びわご)えの北風(かぜ)が吹き 煙雨(えんざめ)凍らせる
こんなわたしは忘れていいわ さ迷う比叡のひとり旅
山が泣いたら雲が泣いたら 女が泣いたら からんころんと
からんころんと 雪が降る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:比叡の雪 歌手:上野さゆり

上野さゆりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-09-05
商品番号:TKCA-90223
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP