GReeeeNの歌詞一覧リスト  175曲中 1-175曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
175曲中 1-175曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ジュブナイル 新曲1人になる勇気もないから孤独だった 『本当はね』って言える そんな日々を夢見てた  漠然として掴めないから アキラメタ僕の毎日が 動き出すそんな刹那 夢見たまま そのままじゃ 始まらない  午前0時を回っても燦然なシリウス そこを目指し走った 昨日以上の自分を探した 今いる場所を抜け出そうと 足掻く閃閃のDESTINY 泣いてもがいて 立てなくなるような時 他人の痛みを知った いつかはきっと 茫漠の荒野で 出逢うナミダと 描けJUVENILE  僕らしさはどこにある ねぇみんな見つかったの? 夕やけに溶けてく やけにカサついた心  怖がったまんま目を瞑ってた 耳だけやけに冴えてたんだ 同じような気持ちがさぁ 聞こえてくる ねぇ誰か 助けて欲しい  午前0時を回っても燦然なシリウス 他の何より光ってる 少し開いた僕らの瞳に 青白いまま輝く 咲いた閃閃のDESTINY 果ては無いって それでも進む足と 次はどこへ行くんだろう いつかはきっと 茫漠の荒野で 出逢うエガヲと 描けJUVENILE  僕らはこの先長い旅路で 誰かを愛したりすれ違ったり それでもきっと いつの日にか その全てを愛しむのだろう  午前0時を回っても燦然なシリウス そこを目指し走った 昨日以上の自分を探した 今いる場所を抜け出そうと 足掻く閃閃のDESTINY 泣いてもがいて 立てなくなるような時 他人の痛みを知った いつかはきっと 茫漠の荒野で 汗も恥もかき 同じように 心震えるナカマと 果ては無いって それでも進む足と 次はどこへ行くんだろう いつかはきっと 茫漠の荒野で 出逢うエガヲと 描けJUVENILE  進めJUVENILE 新曲GReeeeNGReeeeNGReeeeN1人になる勇気もないから孤独だった 『本当はね』って言える そんな日々を夢見てた  漠然として掴めないから アキラメタ僕の毎日が 動き出すそんな刹那 夢見たまま そのままじゃ 始まらない  午前0時を回っても燦然なシリウス そこを目指し走った 昨日以上の自分を探した 今いる場所を抜け出そうと 足掻く閃閃のDESTINY 泣いてもがいて 立てなくなるような時 他人の痛みを知った いつかはきっと 茫漠の荒野で 出逢うナミダと 描けJUVENILE  僕らしさはどこにある ねぇみんな見つかったの? 夕やけに溶けてく やけにカサついた心  怖がったまんま目を瞑ってた 耳だけやけに冴えてたんだ 同じような気持ちがさぁ 聞こえてくる ねぇ誰か 助けて欲しい  午前0時を回っても燦然なシリウス 他の何より光ってる 少し開いた僕らの瞳に 青白いまま輝く 咲いた閃閃のDESTINY 果ては無いって それでも進む足と 次はどこへ行くんだろう いつかはきっと 茫漠の荒野で 出逢うエガヲと 描けJUVENILE  僕らはこの先長い旅路で 誰かを愛したりすれ違ったり それでもきっと いつの日にか その全てを愛しむのだろう  午前0時を回っても燦然なシリウス そこを目指し走った 昨日以上の自分を探した 今いる場所を抜け出そうと 足掻く閃閃のDESTINY 泣いてもがいて 立てなくなるような時 他人の痛みを知った いつかはきっと 茫漠の荒野で 汗も恥もかき 同じように 心震えるナカマと 果ては無いって それでも進む足と 次はどこへ行くんだろう いつかはきっと 茫漠の荒野で 出逢うエガヲと 描けJUVENILE  進めJUVENILE
あいうえおんがくMILLION LYLICあいうえおかきくけこ さしすせそたちつてとなにぬねの はひふへほまみむめもやゆよらりるれろわをん  あと「 ¨」(テン)と「 ゜」(マル)です  マカフシギで アラフシギね 「あ」から「ん」組み合わせ 口にしたり 文字にしたり 今日は何を話そう 世界の果て 起きることも 今日のゴハンのことも 君と笑い 時に泣いて 分かち合う為話そう  あれ好きで これ嫌い 決めたのは 自分自身だから それも打ち壊していけるだろう ほらね やっぱ言葉が僕らを包んでる  君と話したいことがある それを思うとワクワクするよ 君と近くに居ても居なくても そんな素敵な日々です  人はウホウホから 進化をとげ 今日に至るけど ボインとシイン組み合わせて 愛を語り明かした それは今も何も変わらないような気がします 大事なのは想う気持ち あとは少しのメロディー  雨の日も 風の日もあるだろう そりゃ全部全部全部うまくはいかないけど だからこうして 語り明かして 分け合おう  君と話したいことだらけ 泣き虫 弱虫も いいだろう 君と近くに居ても居なくても この空の下に居る 君からもらった言葉の数 どれも大切な宝物 誰かを想うっていい感じ 言葉にするっていい感じ  ぐるぐる 回る星に 生きている なぜかこの瞬間(とき)に今を生きるご近所さん 争い忘れ 愛語れ つながるんだ 輪(ワ)  君と話したいことがある それを思うとワクワクするよ 君と近くに居ても居なくても そんな素敵な日々です  君と話したいことだらけ 泣き虫 弱虫も いいだろう 君と近くに居ても居なくても この空の下に居る 君からもらった言葉の数 どれも大切な宝物 誰かを想うっていい感じ 言葉にするっていい感じ  この線超えて!!!!MILLION LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNあいうえおかきくけこ さしすせそたちつてとなにぬねの はひふへほまみむめもやゆよらりるれろわをん  あと「 ¨」(テン)と「 ゜」(マル)です  マカフシギで アラフシギね 「あ」から「ん」組み合わせ 口にしたり 文字にしたり 今日は何を話そう 世界の果て 起きることも 今日のゴハンのことも 君と笑い 時に泣いて 分かち合う為話そう  あれ好きで これ嫌い 決めたのは 自分自身だから それも打ち壊していけるだろう ほらね やっぱ言葉が僕らを包んでる  君と話したいことがある それを思うとワクワクするよ 君と近くに居ても居なくても そんな素敵な日々です  人はウホウホから 進化をとげ 今日に至るけど ボインとシイン組み合わせて 愛を語り明かした それは今も何も変わらないような気がします 大事なのは想う気持ち あとは少しのメロディー  雨の日も 風の日もあるだろう そりゃ全部全部全部うまくはいかないけど だからこうして 語り明かして 分け合おう  君と話したいことだらけ 泣き虫 弱虫も いいだろう 君と近くに居ても居なくても この空の下に居る 君からもらった言葉の数 どれも大切な宝物 誰かを想うっていい感じ 言葉にするっていい感じ  ぐるぐる 回る星に 生きている なぜかこの瞬間(とき)に今を生きるご近所さん 争い忘れ 愛語れ つながるんだ 輪(ワ)  君と話したいことがある それを思うとワクワクするよ 君と近くに居ても居なくても そんな素敵な日々です  君と話したいことだらけ 泣き虫 弱虫も いいだろう 君と近くに居ても居なくても この空の下に居る 君からもらった言葉の数 どれも大切な宝物 誰かを想うっていい感じ 言葉にするっていい感じ  この線超えて!!!!
愛唄MILLION LYLIC「ねえ、大好きな君へ」笑わないで聞いてくれ 「愛してる」だなんてクサいけどね だけど この言葉以外 伝える事が出来ない ほらね!またバカにして笑ったよね  君の選んだ人生(ミチ)は僕(ココ)で良かったのか?なんて 分からないけど、、、  ただ 泣いて 笑って 過ごす日々に 隣に立って 居れることで 僕が生きる 意味になって 君に捧ぐ この愛の唄  「ねえ、あの日の僕ら何の話をしてた?」 初めて逢った日に よそよそしく あれから色々あって 時にはケンカもして 解りあうためのトキ過ごしたね  この広い僕ら空の下 出逢って恋をしていつまでも  ただ 泣いて 笑って 過ごす日々に 隣に立って 居れることで 君と生きる 意味になって 君に捧ぐ この愛の唄  いつも迷惑をかけてゴメンネ 密度濃い時間を過ごしたね 僕ら2人 日々を刻み 作り上げてきた想いつのり ヘタクソな唄を君に贈ろう 「めちゃくちゃ好きだ!」と神に誓おう これからも君の手を握ってるよ  僕の声が 続く限り 隣でずっと 愛を唄うよ 歳をとって 声が枯れてきたら ずっと 手を握るよ  ただアリガトウじゃ 伝えきれない 泣き笑いと悲しみ喜びを共に分かち合い生きて行こう いくつもの 夜を越えて 僕は君と 愛を唄おうMILLION LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN「ねえ、大好きな君へ」笑わないで聞いてくれ 「愛してる」だなんてクサいけどね だけど この言葉以外 伝える事が出来ない ほらね!またバカにして笑ったよね  君の選んだ人生(ミチ)は僕(ココ)で良かったのか?なんて 分からないけど、、、  ただ 泣いて 笑って 過ごす日々に 隣に立って 居れることで 僕が生きる 意味になって 君に捧ぐ この愛の唄  「ねえ、あの日の僕ら何の話をしてた?」 初めて逢った日に よそよそしく あれから色々あって 時にはケンカもして 解りあうためのトキ過ごしたね  この広い僕ら空の下 出逢って恋をしていつまでも  ただ 泣いて 笑って 過ごす日々に 隣に立って 居れることで 君と生きる 意味になって 君に捧ぐ この愛の唄  いつも迷惑をかけてゴメンネ 密度濃い時間を過ごしたね 僕ら2人 日々を刻み 作り上げてきた想いつのり ヘタクソな唄を君に贈ろう 「めちゃくちゃ好きだ!」と神に誓おう これからも君の手を握ってるよ  僕の声が 続く限り 隣でずっと 愛を唄うよ 歳をとって 声が枯れてきたら ずっと 手を握るよ  ただアリガトウじゃ 伝えきれない 泣き笑いと悲しみ喜びを共に分かち合い生きて行こう いくつもの 夜を越えて 僕は君と 愛を唄おう
逢い言葉大好きな君が泣いていて つられて僕も泣いた 今日この日が来ることわかっていたけど 涙で上手く話せない  信じた力がなくなって 立ち上がれない時も (悔しくて) 君の声がこの心を支えてた 大事なものが増えてた  どこまで続く この長い道 この先も君がいたなら  ありがとう 心から 伝えます 君が好きです  (いつもそこに)  恋しくて(胸が)苦しくて ありのまま歌えたこの瞬間を  あの頃 不安で寂しくて 出会った頃の僕ら 振り回した 胸を刺す 言葉でさえ 甘えてしまってたね  こんな僕も(誰だって) 旅立つよ(ありがとう友よ) 歩いて行こう ありがとう はじまる日 別れの日  恋しくて(胸が)苦しくて 二度とない今日の夕日も  あの日 君と同じ涙を 流した 抱き合った 忘れない  最後に約束してほしい これから進む道で どんなときも ここで見つけた想いを 忘れないでください  さようなら また会いましょう 君のこと 誇りに思うよ さぁ行こうGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Shunsuke Tsuri大好きな君が泣いていて つられて僕も泣いた 今日この日が来ることわかっていたけど 涙で上手く話せない  信じた力がなくなって 立ち上がれない時も (悔しくて) 君の声がこの心を支えてた 大事なものが増えてた  どこまで続く この長い道 この先も君がいたなら  ありがとう 心から 伝えます 君が好きです  (いつもそこに)  恋しくて(胸が)苦しくて ありのまま歌えたこの瞬間を  あの頃 不安で寂しくて 出会った頃の僕ら 振り回した 胸を刺す 言葉でさえ 甘えてしまってたね  こんな僕も(誰だって) 旅立つよ(ありがとう友よ) 歩いて行こう ありがとう はじまる日 別れの日  恋しくて(胸が)苦しくて 二度とない今日の夕日も  あの日 君と同じ涙を 流した 抱き合った 忘れない  最後に約束してほしい これから進む道で どんなときも ここで見つけた想いを 忘れないでください  さようなら また会いましょう 君のこと 誇りに思うよ さぁ行こう
アイコメテGOLD LYLICねぇ少し聞いていいかな 私が生まれたあの日のこと 私はきっと泣きじゃくって あなたにしがみついていたんでしょう  あなたがつけた日記に 沢山の愛が溢れてる いつも困らせてばかりいたけど テレビの泣けるシーンで もらい泣きするこの癖は あなたがいつも そうしていたから  あなたの『おかえり』 手のひらの温もり どんな痛みも遠く飛ばしてくれたね 私はあなたに何ができたの ねぇ母さん いつもありがとう  ねぇ少し聞いていいかな 私が生まれたあの日のこと 大きな泣き声聞いたとき そして初めてその手に触れたとき  いくつも悩んだ末に 私にくれた名前は 何度も私を気づかせてくれたんだ 本当に嬉しい時 無口になっちゃうのは きっとあなたが そうだったから  あなたの『ただいま』 嬉しくって走った あなたの膝に飛びついた『おかえり』 私はあなたに何ができたの ねぇ父さん いつもありがとう  初めてウチを一人で出た時 いつまでも手を振るあなたがいました  いつも大事なことは振り返って初めて気づく  きっとつまずいた時も いつも近くにいなくても 遠くでずっと手を振るあなたがいて 遠く離れても もう大丈夫と 見えるように 立ち上がるね  今度またウチに帰るからGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・nishi-kenねぇ少し聞いていいかな 私が生まれたあの日のこと 私はきっと泣きじゃくって あなたにしがみついていたんでしょう  あなたがつけた日記に 沢山の愛が溢れてる いつも困らせてばかりいたけど テレビの泣けるシーンで もらい泣きするこの癖は あなたがいつも そうしていたから  あなたの『おかえり』 手のひらの温もり どんな痛みも遠く飛ばしてくれたね 私はあなたに何ができたの ねぇ母さん いつもありがとう  ねぇ少し聞いていいかな 私が生まれたあの日のこと 大きな泣き声聞いたとき そして初めてその手に触れたとき  いくつも悩んだ末に 私にくれた名前は 何度も私を気づかせてくれたんだ 本当に嬉しい時 無口になっちゃうのは きっとあなたが そうだったから  あなたの『ただいま』 嬉しくって走った あなたの膝に飛びついた『おかえり』 私はあなたに何ができたの ねぇ父さん いつもありがとう  初めてウチを一人で出た時 いつまでも手を振るあなたがいました  いつも大事なことは振り返って初めて気づく  きっとつまずいた時も いつも近くにいなくても 遠くでずっと手を振るあなたがいて 遠く離れても もう大丈夫と 見えるように 立ち上がるね  今度またウチに帰るから
愛すべき明日、一瞬と一生をPLATINA LYLICほらね 今日も聞こえてくるよ 素直な自分からの叫び いつの間にか強くなる事と 鈍感さをはき違えていた  「どう思うの?」なんて誰かに聞いてみるけど それはきっと 「間違ってないよ。」って言って欲しくて そんな正当化を繰り返して 世界は今日も回っている 2度とない今が過ぎて行くのに  愛すべき明日 一瞬と一生を もがいてもがいて 立ち向かって行くから どれが正しいって 誰にも決める事は出来ないよ そうだろ? ね? それを知ってるのは自分自身 後悔と不安はどんな境遇(とこ)にもいて だから今を全部 ぶつけてやれるだけやって そのあとで君が笑えばいい  一秒も一分も ほら 一日も 一年も 何度も聞くけれど 一生ってそれの積み重ねで どれもが2度と戻らない  「何がしたいか分からない」なら君は何をしてきたの? どう生きてもそれが君です あれこれ考えたって 分からない事だらけです ほら 君の正しさは 目の前に  愛すべき明日 一瞬と一生を 全部拾い上げて 笑っていけるように 辿り着くべきは それぞれ違っていいんだ それ以外は一緒 都合いいな言い訳は 無くす物に 気づかないまんまで君を奪っていく だから負けないで これまでの日々を振り返って笑えるなら それでいい  出口の見えない日々で 出口に向かって走るなんて 何て難しい事で だけどそれが僕らの日々 振り返るとそこにほら 歩んだ道 それが、、、  愛すべき明日 一瞬と一生は 誰のそばにも 変わらずに居るんだ どう使うんだって そりゃ君次第  無限の世界 出逢いたい未来へ 今を進め  愛すべき明日 一瞬と一生を もがいてもがいて 立ち向かって行くから 諦めないだけ それだけでいいんだ きっと叶える そうだろ? ね? それを知ってるのは自分自身 後悔と不安はどんな境遇(とこ)にもいて だから今を全部 ぶつけてやれるだけやって そのあとで君が笑えばいい  笑えればいいPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN・Junichi Hoshinoほらね 今日も聞こえてくるよ 素直な自分からの叫び いつの間にか強くなる事と 鈍感さをはき違えていた  「どう思うの?」なんて誰かに聞いてみるけど それはきっと 「間違ってないよ。」って言って欲しくて そんな正当化を繰り返して 世界は今日も回っている 2度とない今が過ぎて行くのに  愛すべき明日 一瞬と一生を もがいてもがいて 立ち向かって行くから どれが正しいって 誰にも決める事は出来ないよ そうだろ? ね? それを知ってるのは自分自身 後悔と不安はどんな境遇(とこ)にもいて だから今を全部 ぶつけてやれるだけやって そのあとで君が笑えばいい  一秒も一分も ほら 一日も 一年も 何度も聞くけれど 一生ってそれの積み重ねで どれもが2度と戻らない  「何がしたいか分からない」なら君は何をしてきたの? どう生きてもそれが君です あれこれ考えたって 分からない事だらけです ほら 君の正しさは 目の前に  愛すべき明日 一瞬と一生を 全部拾い上げて 笑っていけるように 辿り着くべきは それぞれ違っていいんだ それ以外は一緒 都合いいな言い訳は 無くす物に 気づかないまんまで君を奪っていく だから負けないで これまでの日々を振り返って笑えるなら それでいい  出口の見えない日々で 出口に向かって走るなんて 何て難しい事で だけどそれが僕らの日々 振り返るとそこにほら 歩んだ道 それが、、、  愛すべき明日 一瞬と一生は 誰のそばにも 変わらずに居るんだ どう使うんだって そりゃ君次第  無限の世界 出逢いたい未来へ 今を進め  愛すべき明日 一瞬と一生を もがいてもがいて 立ち向かって行くから 諦めないだけ それだけでいいんだ きっと叶える そうだろ? ね? それを知ってるのは自分自身 後悔と不安はどんな境遇(とこ)にもいて だから今を全部 ぶつけてやれるだけやって そのあとで君が笑えばいい  笑えればいい
アイノカタチGOLD LYLICあのね いつの間にか 気づいたんだ 愛に もし カタチがあって それがすでに わたしの胸に はまってたなら きっとずっと 今日よりもっと あなたのことを知るたびに そのカタチはもう あなたじゃなきゃ きっと隙間を作ってしまうね  あのね 大好きだよ あなたが心の中で 広がってくたび 愛が 溢れ 涙こぼれるんだ  これから沢山の 泣き笑いを 知るたびに増えていくの 飛び出たとこ へこんだとこ 二人になってく 時にぶつかり すり減って そして また 埋めあっていけばいい  大好きなあなたが そばにいないとき ほら 胸が痛くなって あなたのカタチ 見える 気がしたんだ  あのね 大好きだよ 何万回も 伝えよう 温かく増えた想いは 全部 アイノカタチです  ずっと ずっと 大好きだよ あなたが心の中で 広がってくたび 愛が 溢れ 涙こぼれるんだ 星の数ほどの中 ただ一人のあなたが 心にいるんだ あのね あのね ずっと 大好きだよ 大好きだよ ああ ありがとうGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJINあのね いつの間にか 気づいたんだ 愛に もし カタチがあって それがすでに わたしの胸に はまってたなら きっとずっと 今日よりもっと あなたのことを知るたびに そのカタチはもう あなたじゃなきゃ きっと隙間を作ってしまうね  あのね 大好きだよ あなたが心の中で 広がってくたび 愛が 溢れ 涙こぼれるんだ  これから沢山の 泣き笑いを 知るたびに増えていくの 飛び出たとこ へこんだとこ 二人になってく 時にぶつかり すり減って そして また 埋めあっていけばいい  大好きなあなたが そばにいないとき ほら 胸が痛くなって あなたのカタチ 見える 気がしたんだ  あのね 大好きだよ 何万回も 伝えよう 温かく増えた想いは 全部 アイノカタチです  ずっと ずっと 大好きだよ あなたが心の中で 広がってくたび 愛が 溢れ 涙こぼれるんだ 星の数ほどの中 ただ一人のあなたが 心にいるんだ あのね あのね ずっと 大好きだよ 大好きだよ ああ ありがとう
暁の君にGOLD LYLIC戦ったStory 泣きだしたBlue sky 始まったMy life 愛だったYour smile  今日もきっと誰かが 深い影の中 止まらない涙に 慣れてしまうんでしょう 今日もきっとそれでも 命(トキ)が進むから かすかな光すらも 置いてけぼりにするよ  誰かが掲げた理想に 乗っかってはふるいにかけるんだ そこから落ちたら『敗け』と 教科書に書いてた  いつか僕らの行く道に あの日の僕たちが 『そっち行くなよ』って手を広げ ほら 見てるから 本当の気持ちを どうか見失う前に  あの日僕が信じた 正義はきっと 間違ってなんかいないのに 一人ぼっちで泣いてた  きっと誰もが抱えるんだ リセットなんて出来ないんだ どんな痛みも涙もしまって笑うさ  僕は前の君だな 昼と夜の水平線 沈みゆく日々 昇りゆく日々 命(トキ)はすぐに迫る 君を待ちわび探す そうなんだ アカツキの僕  だけど暗闇に覆われた空に 目が慣れれば ほら少しずつ見えるだろう わずかに光る星 その一つ一つが 僕を照らしているの 本当の気持ちに 今逢いに行くから  もうすぐなんだ 空彼方 きっと夜が明けて ただ瑠璃色に染められて 僕を包んでく  朝を迎えるために 夜は訪れるから 昨日と明日の間 境界線 わずかなその命(トキ)に  君は 期待 希望 その全部信じ戦うから その裏切りも 絶望も きっと裏表だ 今日も傷だらけの その勇者の名は  それぞれ抱えた未来に向かい 信じて進んで 違えた誓い 真実じゃ決してできない理解 それでもって探してた光 元気でいますか昨日の僕 前進できますか明日の僕 それを越える一歩をふみだせ アカツキの先 君を探してGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Tsubasa Takada戦ったStory 泣きだしたBlue sky 始まったMy life 愛だったYour smile  今日もきっと誰かが 深い影の中 止まらない涙に 慣れてしまうんでしょう 今日もきっとそれでも 命(トキ)が進むから かすかな光すらも 置いてけぼりにするよ  誰かが掲げた理想に 乗っかってはふるいにかけるんだ そこから落ちたら『敗け』と 教科書に書いてた  いつか僕らの行く道に あの日の僕たちが 『そっち行くなよ』って手を広げ ほら 見てるから 本当の気持ちを どうか見失う前に  あの日僕が信じた 正義はきっと 間違ってなんかいないのに 一人ぼっちで泣いてた  きっと誰もが抱えるんだ リセットなんて出来ないんだ どんな痛みも涙もしまって笑うさ  僕は前の君だな 昼と夜の水平線 沈みゆく日々 昇りゆく日々 命(トキ)はすぐに迫る 君を待ちわび探す そうなんだ アカツキの僕  だけど暗闇に覆われた空に 目が慣れれば ほら少しずつ見えるだろう わずかに光る星 その一つ一つが 僕を照らしているの 本当の気持ちに 今逢いに行くから  もうすぐなんだ 空彼方 きっと夜が明けて ただ瑠璃色に染められて 僕を包んでく  朝を迎えるために 夜は訪れるから 昨日と明日の間 境界線 わずかなその命(トキ)に  君は 期待 希望 その全部信じ戦うから その裏切りも 絶望も きっと裏表だ 今日も傷だらけの その勇者の名は  それぞれ抱えた未来に向かい 信じて進んで 違えた誓い 真実じゃ決してできない理解 それでもって探してた光 元気でいますか昨日の僕 前進できますか明日の僕 それを越える一歩をふみだせ アカツキの先 君を探して
アカリGOLD LYLICこの世界が暗闇に飲み込まれても 君がいるから  Don't cry もう泣かなくていい 毎回 君に救われてきた 何百回 永久に永久に 君は僕の世界守るヒーロー YES or NO 鐘ならし勇気出して Don't stop 次々に進めよ 今日だって 過ぎ去って Everything's gonna be alright, yeah!!  Everything is 喰らうSick 涙がプラスチック みたいに 無味無臭な現代人 あっちの方から こっちの方に 聞こえる誰かのリアルなstory Everything's gonna be alright そういうものに 私はなりたい 今現在と過去と未来 Show you 輝く命とプライド Let me here say  Don't cry もう泣かなくていい 毎回 君に救われてきた 何百回 永久に永久に 君は僕の世界守るヒーロー YES or NO 鐘ならし勇気出して Don't stop 次々に進めよ 今日だって 過ぎ去って Everything's gonna be alright, yeah!!  Hu ララランド 一緒に歌って Hu 時を感じていこうよ Hu 僕ら二人そろえば なんだって 描き変わって 暗闇を光へ  難しいことも 楽しいこともあるさ もう諦めないで あなたはあなたでいていいんだからね  Don't cry もう泣かなくていい 毎回 君に救われてきた 何百回 永久に永久に 君は僕の世界守るヒーロー YES or NO 鐘ならし勇気出して Don't stop 次々に進めよ 今日だって 過ぎ去って Everything's gonna be alright, yeah!!  You're my HEROGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNこの世界が暗闇に飲み込まれても 君がいるから  Don't cry もう泣かなくていい 毎回 君に救われてきた 何百回 永久に永久に 君は僕の世界守るヒーロー YES or NO 鐘ならし勇気出して Don't stop 次々に進めよ 今日だって 過ぎ去って Everything's gonna be alright, yeah!!  Everything is 喰らうSick 涙がプラスチック みたいに 無味無臭な現代人 あっちの方から こっちの方に 聞こえる誰かのリアルなstory Everything's gonna be alright そういうものに 私はなりたい 今現在と過去と未来 Show you 輝く命とプライド Let me here say  Don't cry もう泣かなくていい 毎回 君に救われてきた 何百回 永久に永久に 君は僕の世界守るヒーロー YES or NO 鐘ならし勇気出して Don't stop 次々に進めよ 今日だって 過ぎ去って Everything's gonna be alright, yeah!!  Hu ララランド 一緒に歌って Hu 時を感じていこうよ Hu 僕ら二人そろえば なんだって 描き変わって 暗闇を光へ  難しいことも 楽しいこともあるさ もう諦めないで あなたはあなたでいていいんだからね  Don't cry もう泣かなくていい 毎回 君に救われてきた 何百回 永久に永久に 君は僕の世界守るヒーロー YES or NO 鐘ならし勇気出して Don't stop 次々に進めよ 今日だって 過ぎ去って Everything's gonna be alright, yeah!!  You're my HERO
あの頃からGOLD LYLICいつもの日付が変わろうとした時 僕の携帯が音を出し光る ウトウトしていたが 目が覚めるmail 絵文字も「。」もない 味気ないmailで  理由わからない 気持ちはかない 一通の便り それは一方通行で 何もできず ただSTAY  涙を拭いた 悲しみも拭いた かなり時間がかかった あいつの声や 何気ないクセが 何かと脳裏に浮かんだ あの時 落ち込むしか出来なかったが 今は平気なんだから 新しい出会いはどこにあるかな?  いつもの十字路 バスを待つ僕で 向かいの歩道をふと眺めてたら  懐かしいアイツ こっち気付かず ナイスガイ引き連れ 笑い顔 変わらず 楽しそうに 腕組みながら  何か変わった あの頃の僕じゃ 泣き崩れていたかも 新しい恋は まだ始まらない それでも強くなれた あの時 落ち込むしか出来なかったが 今は平気なんだから 新しい出会いはどこにあるかな?  話がしたくて!って それでも会える手段一つもなく 何一つ納得もできず ただ時は流れて過ぎて あの頃の僕なら色んな気持ちを抑えつけるだけ それでも今はこうして立ち直る 時間が解決して  涙を拭いた 悲しみも拭いた かなり時間がかかった あいつの声や 何気ないクセが 何かと脳裏に浮かんだ あの時 落ち込むしか出来なかったが 今は平気なんだから 新しい出会いはそこにあるから!GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNいつもの日付が変わろうとした時 僕の携帯が音を出し光る ウトウトしていたが 目が覚めるmail 絵文字も「。」もない 味気ないmailで  理由わからない 気持ちはかない 一通の便り それは一方通行で 何もできず ただSTAY  涙を拭いた 悲しみも拭いた かなり時間がかかった あいつの声や 何気ないクセが 何かと脳裏に浮かんだ あの時 落ち込むしか出来なかったが 今は平気なんだから 新しい出会いはどこにあるかな?  いつもの十字路 バスを待つ僕で 向かいの歩道をふと眺めてたら  懐かしいアイツ こっち気付かず ナイスガイ引き連れ 笑い顔 変わらず 楽しそうに 腕組みながら  何か変わった あの頃の僕じゃ 泣き崩れていたかも 新しい恋は まだ始まらない それでも強くなれた あの時 落ち込むしか出来なかったが 今は平気なんだから 新しい出会いはどこにあるかな?  話がしたくて!って それでも会える手段一つもなく 何一つ納得もできず ただ時は流れて過ぎて あの頃の僕なら色んな気持ちを抑えつけるだけ それでも今はこうして立ち直る 時間が解決して  涙を拭いた 悲しみも拭いた かなり時間がかかった あいつの声や 何気ないクセが 何かと脳裏に浮かんだ あの時 落ち込むしか出来なかったが 今は平気なんだから 新しい出会いはそこにあるから!
あの日のオレンジPLATINA LYLICああ 眠れない夜で 君は今 何をしてるかな あんなに ほら 素敵な笑顔で笑うなんて ずるいよね  明日 また今日以上に 君と話が出来るかな そんな事を 想ってたら また眠れなくなるね  こんなに嬉しいのに 泣きたくなるくらい 胸が苦しいよ 会えない時間に負けそう こんなに好きなんだ  僕くらい 君のことを 好きな人は きっと居ないはずだよ この世界で君が居てくれれば 何もいらないんだ  ああ 部屋の窓の外 星が夜空で光ってる 君も同じ 星空 見上げているのかな  気付けば君のことを 考えてる 今 何をしてるんだろう 君の好きなものを全部 知りたくて眠れない  僕くらい 君のことを 好きな人は きっと居ないはずだよ この世界で君が居てくれれば そう思っているんだ  君の楽しそうな声も 真面目な横顔も この胸ギュッと締め付ける あの日二人 夕焼けの中で 帰ったあの日から  僕のこと どう思ってる? そんなメール 作っては消してる 川沿いの道に 伸びた影 フタツ ゆっくりと歩いていた  今日もまた 君のことを 探すたびに 胸が苦しくなるけど この気持ち伝えていいかな? 君も同じだといいな  僕くらい 君のことを 好きな人は きっと居ないはずだから ずっと隣で君の話 笑顔で聞いてたくて 君に好きだと言うよPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JINああ 眠れない夜で 君は今 何をしてるかな あんなに ほら 素敵な笑顔で笑うなんて ずるいよね  明日 また今日以上に 君と話が出来るかな そんな事を 想ってたら また眠れなくなるね  こんなに嬉しいのに 泣きたくなるくらい 胸が苦しいよ 会えない時間に負けそう こんなに好きなんだ  僕くらい 君のことを 好きな人は きっと居ないはずだよ この世界で君が居てくれれば 何もいらないんだ  ああ 部屋の窓の外 星が夜空で光ってる 君も同じ 星空 見上げているのかな  気付けば君のことを 考えてる 今 何をしてるんだろう 君の好きなものを全部 知りたくて眠れない  僕くらい 君のことを 好きな人は きっと居ないはずだよ この世界で君が居てくれれば そう思っているんだ  君の楽しそうな声も 真面目な横顔も この胸ギュッと締め付ける あの日二人 夕焼けの中で 帰ったあの日から  僕のこと どう思ってる? そんなメール 作っては消してる 川沿いの道に 伸びた影 フタツ ゆっくりと歩いていた  今日もまた 君のことを 探すたびに 胸が苦しくなるけど この気持ち伝えていいかな? 君も同じだといいな  僕くらい 君のことを 好きな人は きっと居ないはずだから ずっと隣で君の話 笑顔で聞いてたくて 君に好きだと言うよ
あの日のまま「いつまでも 二人でいよう」あの日の言葉はもう 今はまだ一人きりに 戸惑っているけど  出逢いは偶然 驚くほど突然 いつの間にかに 近づく君と僕 二人で歩いて 見た景色全てが 今はまだリアルで前を見れなくて  あの日々が素敵すぎて 味気ない毎日に泣きたくなる 君がいてよかったけど この胸の痛みがそれ伝えるよ  「いつまでも そばにいてよ」と言葉を交わした どうせなら出逢わなければ 涙も出ないのに  重ねた手と手 心気持ち全て 君の自然な優しさにも触れて 僕は君しか見えなくなっていて 大切な人 今はどこにいるの  この先もきっとどこかで 今日を話せる日が来るでしょう だけど今 僕の気持ちを 超えていけるかまだわからない  「いつまでも そばにいるよ」と伝えたあの日から 積み上げた想い出たち 全部覚えてるよ  君が好きな 聴いてた歌 今は聴けずにいるけど どこにいても何をしてても 心の中流れるあの日のまま  君といつの日か逢えた時に 笑顔でありがとう 言えるくらいの明日を作ろう だから今日だけ泣いて 君といつでもどこまででも 一緒にいたかったよ いつか今日すら忘れてしまうの 君と見た景色と共にGReeeeNGReeeeNGReeeeN「いつまでも 二人でいよう」あの日の言葉はもう 今はまだ一人きりに 戸惑っているけど  出逢いは偶然 驚くほど突然 いつの間にかに 近づく君と僕 二人で歩いて 見た景色全てが 今はまだリアルで前を見れなくて  あの日々が素敵すぎて 味気ない毎日に泣きたくなる 君がいてよかったけど この胸の痛みがそれ伝えるよ  「いつまでも そばにいてよ」と言葉を交わした どうせなら出逢わなければ 涙も出ないのに  重ねた手と手 心気持ち全て 君の自然な優しさにも触れて 僕は君しか見えなくなっていて 大切な人 今はどこにいるの  この先もきっとどこかで 今日を話せる日が来るでしょう だけど今 僕の気持ちを 超えていけるかまだわからない  「いつまでも そばにいるよ」と伝えたあの日から 積み上げた想い出たち 全部覚えてるよ  君が好きな 聴いてた歌 今は聴けずにいるけど どこにいても何をしてても 心の中流れるあの日のまま  君といつの日か逢えた時に 笑顔でありがとう 言えるくらいの明日を作ろう だから今日だけ泣いて 君といつでもどこまででも 一緒にいたかったよ いつか今日すら忘れてしまうの 君と見た景色と共に
雨唄PLATINA LYLIC優しいフリして 言葉並べても 変わった仕草と 態度で気付くよ... 君が 変わったの? 私が 悪いの? なぜか?って思っても もう届かないって  気付いて 泣いていたの この雨と同じ 心模様 どうしても 戻れないの 信じたくなくて 戻したくて...  二人で過ごしたこの雨の日は 傘の下で近づく恋の瞬間(トキ) 二人が離れたこの雨の日は ずっと悲しく降り続く 私の涙  私の そばに 君が いなくて 寒く 淋しい この空のようです  一人 部屋にいると 思いあふれる 笑顔の日々... 忘れたいって 思っていても 忘れられずに 雨降り  二人が過ごしたこの雨の日は 肩寄せ 歩いて 幸せでした 二人が離れたこの雨の日は ずっと一人 立ち尽くす 傘もささずに  また涙をこぼさないために ぼやけた空を見上げた 叫びそうな 想いのかけらを 飲み込んでみたけど  記憶の中で 笑う君 ぼやけずに映って見えるし 空から落ちてきた涙が 私の涙と交ざる  二人で過ごした思い出たちが ひとつ ふたつ 押し寄せる いつまでも 二人で過ごせたらと ずっと信じて欲しかった 信じたかった  二人で過ごしたこの雨の日よ 悲しみさえ全部 流してほしい 二人が離れたこの雨の日は ずっと悲しく降り続く 私の涙  いつか止むならば 拭ってよ 私の雨をPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN優しいフリして 言葉並べても 変わった仕草と 態度で気付くよ... 君が 変わったの? 私が 悪いの? なぜか?って思っても もう届かないって  気付いて 泣いていたの この雨と同じ 心模様 どうしても 戻れないの 信じたくなくて 戻したくて...  二人で過ごしたこの雨の日は 傘の下で近づく恋の瞬間(トキ) 二人が離れたこの雨の日は ずっと悲しく降り続く 私の涙  私の そばに 君が いなくて 寒く 淋しい この空のようです  一人 部屋にいると 思いあふれる 笑顔の日々... 忘れたいって 思っていても 忘れられずに 雨降り  二人が過ごしたこの雨の日は 肩寄せ 歩いて 幸せでした 二人が離れたこの雨の日は ずっと一人 立ち尽くす 傘もささずに  また涙をこぼさないために ぼやけた空を見上げた 叫びそうな 想いのかけらを 飲み込んでみたけど  記憶の中で 笑う君 ぼやけずに映って見えるし 空から落ちてきた涙が 私の涙と交ざる  二人で過ごした思い出たちが ひとつ ふたつ 押し寄せる いつまでも 二人で過ごせたらと ずっと信じて欲しかった 信じたかった  二人で過ごしたこの雨の日よ 悲しみさえ全部 流してほしい 二人が離れたこの雨の日は ずっと悲しく降り続く 私の涙  いつか止むならば 拭ってよ 私の雨を
アメアガリGOLD LYLIC雨降り少し肌寒い日に ため息ひとつ まだ痛い耳 君の泣いた声 心刺さり 明け方の空色はやけに暗い 僕ら近づいてはまた遠ざかり 人の心の移り変わり 2人楽しかった日々振り返り あの時の2人は永遠(とわ)に永遠(とわ)に、、、  窮屈な日々 憂鬱になり 人への優しさを少しなくし 助けてあげなくちゃいけないもの 忘れてくだまく冷たい心 誰よりも大事にしなきゃ いけなかった 君にまでつらくあたった 同じように思いのままに 当り散らした僕がいた  振り返れば目の前の瞳から こぼれた一粒の涙(しずく)に気付く キツく当たることしかできない自分に聞く耳持たず泣き崩れている いつからか鉄の様冷たい姿 気付かないうちに積もったくだらん プライドも意地も全ていなくなれ 2人の間かかる虹見えるまで  SO 同じ時を過ごしていた日は 嬉しさ見失い 悲しさ増えツラい 前来た場所に今日行ってみるよ 「虹が見えないよ」 SO 隣から消え□時過ぎて今 悲しさ見失い嬉しさ増えイタい 通りすがりの誰かが言ってたよ 「雨があがったよ」  めんどくさい事は避けて通り 見当違いに君疑い こんな僕じゃダメだとあの日気付き 心に刻み込む後悔と誓い  なのになんで僕は同じ過ち 繰り返し泣かしかなりバカらしい 悲しい顔が横目に見えたし 淋しい心がなぜか消えない  いつもわかってんだって! なんで僕ら勝手になっていったかって 優しさを見失う 愚かなその心が 恐ろしい程に いつの間にかにゆらぐ足場 難しい日々に 沈んでいった僕らに  何回も電話をかけていた日 毎回ルスデンに切り替わり 悲しい話まだ知らない あの日から君はココにいない  SO 同じ時を過ごしていた日は 嬉しさ見失い 悲しさ増えツラい 前来た場所に今日行ってみるよ 「虹が見えないよ」 SO 隣から消え□時過ぎて今 悲しさ見失い嬉しさ増えイタい 通りすがりの誰かが言ってたよ 「雨があがったよ」  SO 同じ時を過ごしていた日は 嬉しさ見失い 悲しさ増えツラい 前来た場所に今日行ってみるよ 「虹が見えないよ」 SO 隣から消え□時過ぎて今 悲しさ見失い嬉しさ増えイタい 通りすがりの誰かが言ってたよ 「雨があがったよ」GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN雨降り少し肌寒い日に ため息ひとつ まだ痛い耳 君の泣いた声 心刺さり 明け方の空色はやけに暗い 僕ら近づいてはまた遠ざかり 人の心の移り変わり 2人楽しかった日々振り返り あの時の2人は永遠(とわ)に永遠(とわ)に、、、  窮屈な日々 憂鬱になり 人への優しさを少しなくし 助けてあげなくちゃいけないもの 忘れてくだまく冷たい心 誰よりも大事にしなきゃ いけなかった 君にまでつらくあたった 同じように思いのままに 当り散らした僕がいた  振り返れば目の前の瞳から こぼれた一粒の涙(しずく)に気付く キツく当たることしかできない自分に聞く耳持たず泣き崩れている いつからか鉄の様冷たい姿 気付かないうちに積もったくだらん プライドも意地も全ていなくなれ 2人の間かかる虹見えるまで  SO 同じ時を過ごしていた日は 嬉しさ見失い 悲しさ増えツラい 前来た場所に今日行ってみるよ 「虹が見えないよ」 SO 隣から消え□時過ぎて今 悲しさ見失い嬉しさ増えイタい 通りすがりの誰かが言ってたよ 「雨があがったよ」  めんどくさい事は避けて通り 見当違いに君疑い こんな僕じゃダメだとあの日気付き 心に刻み込む後悔と誓い  なのになんで僕は同じ過ち 繰り返し泣かしかなりバカらしい 悲しい顔が横目に見えたし 淋しい心がなぜか消えない  いつもわかってんだって! なんで僕ら勝手になっていったかって 優しさを見失う 愚かなその心が 恐ろしい程に いつの間にかにゆらぐ足場 難しい日々に 沈んでいった僕らに  何回も電話をかけていた日 毎回ルスデンに切り替わり 悲しい話まだ知らない あの日から君はココにいない  SO 同じ時を過ごしていた日は 嬉しさ見失い 悲しさ増えツラい 前来た場所に今日行ってみるよ 「虹が見えないよ」 SO 隣から消え□時過ぎて今 悲しさ見失い嬉しさ増えイタい 通りすがりの誰かが言ってたよ 「雨があがったよ」  SO 同じ時を過ごしていた日は 嬉しさ見失い 悲しさ増えツラい 前来た場所に今日行ってみるよ 「虹が見えないよ」 SO 隣から消え□時過ぎて今 悲しさ見失い嬉しさ増えイタい 通りすがりの誰かが言ってたよ 「雨があがったよ」
歩みMILLION LYLIC誰しも僕ら 思い倦ね 色んなしがらみを抱えて 叶えたい夢に向かう途中 まだ得ない夢を掴みたくて 歯をくいしばって 顔を上げて 「なにくそ!負けるか!」と 心決め 少しずつ前へ 進めばいい  いつかは咲かす大輪の花 今は泥でも ひたすら胸に 手を当てがって 「全てやれてるかい?」 さあ行こう!!! 君の今越えて行こう  気付けばいつか 見える明日 どんな一歩も 無駄にはならない 大切な今 日々の中で ただ胸張って 『歩み』続けよう  そりゃ誰だって 思い通り いかずにつまずき 人と比べ 自分だけなんだと決めつけて 自分負けたんだ 心締めて バカにされて 悲しくなって また誰かのせいにして逃げて そんな自分が許せなくて  いつか出会える 最高の自分 惨めな時は笑えばいいさ 大事な事は 見えていますか? さあ行こう!!! 君なら行ける未来(あした)  気付けばいつか 見えるはずさ どんな一歩も 君になってく 大切な今 日々の中で 拳掲げて 『歩み』続けよう  hey yo! just keep on walking it!!! ただそれだけでいい  特別なんて本当嘘っぱちです 足で進んだ日々が今の君へ 前へ進んで描いたmyselfがいて 汗水かいて 泣いてないで マジデカイ夢 掴む心を忘れないで 消えない勇気を心刻み 見えない明日を切り開く鍵  気付けばいつか 見える明日 どんな一歩も 無駄にはならない 大切な今 日々の中で ただ胸張って 『歩み』続けよう  気付けばいつか 見えるはずさ どんな一歩も 君になってく 大切な今 日々の中で 拳掲げて 『歩み』続けようMILLION LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN誰しも僕ら 思い倦ね 色んなしがらみを抱えて 叶えたい夢に向かう途中 まだ得ない夢を掴みたくて 歯をくいしばって 顔を上げて 「なにくそ!負けるか!」と 心決め 少しずつ前へ 進めばいい  いつかは咲かす大輪の花 今は泥でも ひたすら胸に 手を当てがって 「全てやれてるかい?」 さあ行こう!!! 君の今越えて行こう  気付けばいつか 見える明日 どんな一歩も 無駄にはならない 大切な今 日々の中で ただ胸張って 『歩み』続けよう  そりゃ誰だって 思い通り いかずにつまずき 人と比べ 自分だけなんだと決めつけて 自分負けたんだ 心締めて バカにされて 悲しくなって また誰かのせいにして逃げて そんな自分が許せなくて  いつか出会える 最高の自分 惨めな時は笑えばいいさ 大事な事は 見えていますか? さあ行こう!!! 君なら行ける未来(あした)  気付けばいつか 見えるはずさ どんな一歩も 君になってく 大切な今 日々の中で 拳掲げて 『歩み』続けよう  hey yo! just keep on walking it!!! ただそれだけでいい  特別なんて本当嘘っぱちです 足で進んだ日々が今の君へ 前へ進んで描いたmyselfがいて 汗水かいて 泣いてないで マジデカイ夢 掴む心を忘れないで 消えない勇気を心刻み 見えない明日を切り開く鍵  気付けばいつか 見える明日 どんな一歩も 無駄にはならない 大切な今 日々の中で ただ胸張って 『歩み』続けよう  気付けばいつか 見えるはずさ どんな一歩も 君になってく 大切な今 日々の中で 拳掲げて 『歩み』続けよう
アリアリガトウ今日わたしが生まれて何回目かの記念日 ウチに帰るとパパとママがいて ローソク分の思い出 振り返るように火を灯したね  あれは確か5歳のウチに帰る帰り道 転んで泣いてたわたしを抱いて 一番星を眺めて 「明日は晴れるよね」ってみんなで笑いあったね  新しい毎日で 時々大事な事を 忘れそうになるけど あなたがいるから ラララ、、、manyアリアリガトウ  あれは確か15(歳)の塾からの帰り道で 色々ありましてパパとママに 悲しむような言葉投げて それでもローソクに火が灯っていたんだよ  新しい毎日で 時々大事な事を 忘れそうになるけど あなたがいるから ラララ、、、manyアリアリガトウ  これから先パパとママとね 一緒じゃない時間が来て わたしもいつか誰かのため ローソクに火を灯していけるかな  何気ない毎日は あなたに守られてた そんな本当の事が 灯されていくんだ 新しい毎日で 時々大事な事を 忘れそうになるけど あなたがいるから ローソクの数以上 想いを照らしてGReeeeNGReeeeNGReeeeNTsubasa Takada今日わたしが生まれて何回目かの記念日 ウチに帰るとパパとママがいて ローソク分の思い出 振り返るように火を灯したね  あれは確か5歳のウチに帰る帰り道 転んで泣いてたわたしを抱いて 一番星を眺めて 「明日は晴れるよね」ってみんなで笑いあったね  新しい毎日で 時々大事な事を 忘れそうになるけど あなたがいるから ラララ、、、manyアリアリガトウ  あれは確か15(歳)の塾からの帰り道で 色々ありましてパパとママに 悲しむような言葉投げて それでもローソクに火が灯っていたんだよ  新しい毎日で 時々大事な事を 忘れそうになるけど あなたがいるから ラララ、、、manyアリアリガトウ  これから先パパとママとね 一緒じゃない時間が来て わたしもいつか誰かのため ローソクに火を灯していけるかな  何気ない毎日は あなたに守られてた そんな本当の事が 灯されていくんだ 新しい毎日で 時々大事な事を 忘れそうになるけど あなたがいるから ローソクの数以上 想いを照らして
ありがとうなんて言わなくても 全部わかってるんだ feat.JINGOLD LYLICほんと 偶然とかじゃなくて 運命かもって思うんだ こんなに わかり合えた人に もう二度と出逢えない そんな気持ち隠して  何気なく出逢ったのに いつの間にか何かを分け合って 言葉に出さなくたって わかるくらい 心を重ねた 今 僕ら自分らしく生きてく 旅の途中で 君と出逢えた運命  あぁ 思い出してみたら たくさん楽しい事あったね 当たり前に 過ごしてきたけれど 何より大事な事 気づかせてくれた 君  意味のない昨日なんてない わからなくなる時もあるけど これから進む道で 迷ったら 背中を押してやる ねぇ そうだろう? 覚悟を決めたんだね いつでも君が 笑顔でいれますように  見渡せば夜の闇 あたりを徐々に浸食 君は自分信じられず うつむいて一人つぶやく 「誰にもわからないさ」「変えられん事もあるさ」 そう言ってまた少しだけ 自分を傷つけた  もしもそんな時 暗闇の中で光見えずに 迷った時は名前を呼んで  振り返れば 寂しくなるだろう 1つ1つ 思い出が溢れる 強く願えば なんでも叶うさ 迷ったら 背中を押してやる どんな時も そばにいるから 一人じゃないだろう わかるだろ? 大事なもの 守り抜いてよ 一度しかないから そうだろ?  これから どれだけ 辛いときも 自分で信じた事 信じて 一人で抱えすぎんな 弱音を吐きたいなら 聞いてやる ねぇ そうだろう? 負けないと誓えよ ありがとうなんて言わなくても 全部わかってるんだ 君を、、、『    』GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJINほんと 偶然とかじゃなくて 運命かもって思うんだ こんなに わかり合えた人に もう二度と出逢えない そんな気持ち隠して  何気なく出逢ったのに いつの間にか何かを分け合って 言葉に出さなくたって わかるくらい 心を重ねた 今 僕ら自分らしく生きてく 旅の途中で 君と出逢えた運命  あぁ 思い出してみたら たくさん楽しい事あったね 当たり前に 過ごしてきたけれど 何より大事な事 気づかせてくれた 君  意味のない昨日なんてない わからなくなる時もあるけど これから進む道で 迷ったら 背中を押してやる ねぇ そうだろう? 覚悟を決めたんだね いつでも君が 笑顔でいれますように  見渡せば夜の闇 あたりを徐々に浸食 君は自分信じられず うつむいて一人つぶやく 「誰にもわからないさ」「変えられん事もあるさ」 そう言ってまた少しだけ 自分を傷つけた  もしもそんな時 暗闇の中で光見えずに 迷った時は名前を呼んで  振り返れば 寂しくなるだろう 1つ1つ 思い出が溢れる 強く願えば なんでも叶うさ 迷ったら 背中を押してやる どんな時も そばにいるから 一人じゃないだろう わかるだろ? 大事なもの 守り抜いてよ 一度しかないから そうだろ?  これから どれだけ 辛いときも 自分で信じた事 信じて 一人で抱えすぎんな 弱音を吐きたいなら 聞いてやる ねぇ そうだろう? 負けないと誓えよ ありがとうなんて言わなくても 全部わかってるんだ 君を、、、『    』
あるいテコテコさあいこう どこまでもでかけよう 口笛吹きながら ランラララーン♪  ボクは キミの事を キミの事を どんな場所へも きっと 連れて行くよ 素敵な冒険はじめよう  ボクに 足を入れて ちゃんとかかとまで入ったかい? ギュッと ヒモをしめて 大きな声で「いってきます!」  キミがボクの事 お気に入りのクツって 言ってくれるたび 嬉しくなる  どこまでほらテコテコ 歩いてこう(あるいテコ) 見た事ないもの 景色 ニオイ 全て キミとボクの宝物 海山川全部 楽しんでこう いつも一緒だよ うちに帰るといつも泥だらけで可笑しくなるね  ボクは キミの事を キミの事を 側で見てるよ 昨日できなかった 逆上がりで泣いてた事も  ボクがあと少し キミを大空に 届けてあげる だから泣かないで  どこまでほらピョンピョン かけていこう(つれTAKE GO) 見た事ないもの 景色 ニオイ 全て キミとボクの宝物 海山川全部 楽しんでこう いつも一緒だよ うちに帰る空がオレンジ色のボクら照らす  あの雲 どこまでも追いかけてこう きっとなにかある! そう言って 笑顔で 笑うキミが大好きだよ  どこまでほら元気なボクらなら(あるいテコ) まあるい地球で どこまでもいけるし 楽しい冒険の毎日GReeeeNGReeeeNGReeeeNさあいこう どこまでもでかけよう 口笛吹きながら ランラララーン♪  ボクは キミの事を キミの事を どんな場所へも きっと 連れて行くよ 素敵な冒険はじめよう  ボクに 足を入れて ちゃんとかかとまで入ったかい? ギュッと ヒモをしめて 大きな声で「いってきます!」  キミがボクの事 お気に入りのクツって 言ってくれるたび 嬉しくなる  どこまでほらテコテコ 歩いてこう(あるいテコ) 見た事ないもの 景色 ニオイ 全て キミとボクの宝物 海山川全部 楽しんでこう いつも一緒だよ うちに帰るといつも泥だらけで可笑しくなるね  ボクは キミの事を キミの事を 側で見てるよ 昨日できなかった 逆上がりで泣いてた事も  ボクがあと少し キミを大空に 届けてあげる だから泣かないで  どこまでほらピョンピョン かけていこう(つれTAKE GO) 見た事ないもの 景色 ニオイ 全て キミとボクの宝物 海山川全部 楽しんでこう いつも一緒だよ うちに帰る空がオレンジ色のボクら照らす  あの雲 どこまでも追いかけてこう きっとなにかある! そう言って 笑顔で 笑うキミが大好きだよ  どこまでほら元気なボクらなら(あるいテコ) まあるい地球で どこまでもいけるし 楽しい冒険の毎日
our song ~アナタヘ~GOLD LYLIC今日までの日々を振り返ってみたら 傷ついた自分も 傷つけたあの時も 忘れられなくて今の自分になる 誰かを守れる強さに変わる  綺麗なことばかりじゃないし 何でだろうってことばかりだけど それでもきっと大事なことは 変わってないって それを信じてる  僕の出来ること 多くあるわけじゃない アナタにほんの少し話しかけるくらい しか出来ないけれど それが巡って今 誰かの微笑みくらい作れたらいいな  昔の自分を否定しなくていい そこから何かを掴めているならば 進んでいく中で流されてしまって 誰かを悲しませた自分でさえも  きっと世界はより良いものを待っているから やり続けるんだ それでいつか より良い自分に逢えるのなら 今日だって正解だ  12個の音を繋げたメロディーと 出逢って来た人からもらった命を 言葉に込めて今日も僕ら生きてく 誰かがほんの少し笑っていれるように  やることなすこと 中途半端 他人(ひと)のせいにして立ち止まった 弱い自分 探す言い分 それで何が変わった? 生きていることを感じたくて ガムシャラを笑われてたって いいじゃない いいんじゃない 食いしばって 笑って  僕が生まれた時はどんな願いで抱いたの? 父と母にもらった自分 出逢った友達に教わったことだらけ いつも アリガトウ  これまでの僕が目にした景色は 今 音となり 唄になって 誰かのもとへ 何が出来るだろう 何が出来るんだろう この声が嗄れるまで探してくんだろう  きっと世界は この一瞬一瞬の間も悲しみや涙を作るけど 素敵な想いは負けずにそこに居る 詩(うた)はきっとその意味を知っているから そうだね いつの日もこの胸に 愛してるGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Hiroaki Yokoyama今日までの日々を振り返ってみたら 傷ついた自分も 傷つけたあの時も 忘れられなくて今の自分になる 誰かを守れる強さに変わる  綺麗なことばかりじゃないし 何でだろうってことばかりだけど それでもきっと大事なことは 変わってないって それを信じてる  僕の出来ること 多くあるわけじゃない アナタにほんの少し話しかけるくらい しか出来ないけれど それが巡って今 誰かの微笑みくらい作れたらいいな  昔の自分を否定しなくていい そこから何かを掴めているならば 進んでいく中で流されてしまって 誰かを悲しませた自分でさえも  きっと世界はより良いものを待っているから やり続けるんだ それでいつか より良い自分に逢えるのなら 今日だって正解だ  12個の音を繋げたメロディーと 出逢って来た人からもらった命を 言葉に込めて今日も僕ら生きてく 誰かがほんの少し笑っていれるように  やることなすこと 中途半端 他人(ひと)のせいにして立ち止まった 弱い自分 探す言い分 それで何が変わった? 生きていることを感じたくて ガムシャラを笑われてたって いいじゃない いいんじゃない 食いしばって 笑って  僕が生まれた時はどんな願いで抱いたの? 父と母にもらった自分 出逢った友達に教わったことだらけ いつも アリガトウ  これまでの僕が目にした景色は 今 音となり 唄になって 誰かのもとへ 何が出来るだろう 何が出来るんだろう この声が嗄れるまで探してくんだろう  きっと世界は この一瞬一瞬の間も悲しみや涙を作るけど 素敵な想いは負けずにそこに居る 詩(うた)はきっとその意味を知っているから そうだね いつの日もこの胸に 愛してる
イカロスMILLION LYLICそれは むかし むかし ある男の話 この空飛びたくて まだ見ぬ先 目指した  人は彼を笑い バカだと言ったけど 誰よりも輝いて 自分を信じた  飛んでけ ほら 君だから 右左前 どこでもイケル ツラい時だって飛び越えて 今日の君のその先へ 恐れないで 目指す場所 出来る出来ないは後回し きっとどんな毎日でも 動き出す勇気 共に  君が今悩むなら 彼の話をしよう 出来ないって悩むより どうしたら?って考えた  よく死ぬ気になればって人は言うけれど そんな僕ら 生きている なんでも出来るさ  飛んでけ ほら 君なら 海山川 どこでもイケル 向かい風なんて乗りこなせ 地平線のその先へ 恐れないで 飛び出そう 目指すべき場所一つあれば きっとどんな淋しくても 動き出す勇気 共に  誰だって 迷う時がある 不安なことばかり 頭ん中を回るけど 起こしたい 出来事があるなら 立ち止まってないで 飛び立って 羽ばたいて 向かって 向かって その一歩が ほらね  空を飛ぶ前に あの人も 迷ったり悩んだりしたことだろう やりたいこと全部諦めないで どこまでも いつまでも 追い続けるんだ  この先描く未来図に 不安や困難もあるだろう めぐりめぐっていく時代 僕らにも羽根がある 君の願う 未来は 君自身で羽ばたいてやれ 誰かに任せた世界から 羽ばたいて 輝いて 描いてやれMILLION LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNそれは むかし むかし ある男の話 この空飛びたくて まだ見ぬ先 目指した  人は彼を笑い バカだと言ったけど 誰よりも輝いて 自分を信じた  飛んでけ ほら 君だから 右左前 どこでもイケル ツラい時だって飛び越えて 今日の君のその先へ 恐れないで 目指す場所 出来る出来ないは後回し きっとどんな毎日でも 動き出す勇気 共に  君が今悩むなら 彼の話をしよう 出来ないって悩むより どうしたら?って考えた  よく死ぬ気になればって人は言うけれど そんな僕ら 生きている なんでも出来るさ  飛んでけ ほら 君なら 海山川 どこでもイケル 向かい風なんて乗りこなせ 地平線のその先へ 恐れないで 飛び出そう 目指すべき場所一つあれば きっとどんな淋しくても 動き出す勇気 共に  誰だって 迷う時がある 不安なことばかり 頭ん中を回るけど 起こしたい 出来事があるなら 立ち止まってないで 飛び立って 羽ばたいて 向かって 向かって その一歩が ほらね  空を飛ぶ前に あの人も 迷ったり悩んだりしたことだろう やりたいこと全部諦めないで どこまでも いつまでも 追い続けるんだ  この先描く未来図に 不安や困難もあるだろう めぐりめぐっていく時代 僕らにも羽根がある 君の願う 未来は 君自身で羽ばたいてやれ 誰かに任せた世界から 羽ばたいて 輝いて 描いてやれ
一番星GOLD LYLICもう出かけるよ 寂しくなるけど 誰かに 見送られるのは 苦手だから  いつか あなたに 話した 夢があって あの日の 気持ちが今 僕の旅の供になる  知らない 街角 夢のかけらを拾い集め 遠くで 待ってる あなた想い唄おう  ほら 一歩ずつ また一歩ずつ 小さな歩幅じゃ まだかかりそうだ 待っててね 夜空にキラリ 遠くからも見える 星になるから  都会(まち)の景色も 見慣れてきたころ 帰りたくもなるけど もう少しやってみるよ  受話器の向こう 愛が溢れる 耳すまし 慣れた声で 『相変わらずなアナタだから アナタの事を待ってるから』 いつもすぐ 隣に居て 僕の夢 聞いてくれたね 一番星になって光れば あなたの故郷(まち)からも見えるかな  一歩ずつ また一歩ずつ だけど  ほら 一歩ずつ また一歩ずつ 小さな歩幅じゃ まだかかりそうだ 待っててね 夜空にキラリ 遠くからも見える 星になるよ  一歩ずつ また一歩ずつ 小さな歩幅でも 歩いてくから 待っててね この空こえて 遠くからも見える 星は今日も唄う☆GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNもう出かけるよ 寂しくなるけど 誰かに 見送られるのは 苦手だから  いつか あなたに 話した 夢があって あの日の 気持ちが今 僕の旅の供になる  知らない 街角 夢のかけらを拾い集め 遠くで 待ってる あなた想い唄おう  ほら 一歩ずつ また一歩ずつ 小さな歩幅じゃ まだかかりそうだ 待っててね 夜空にキラリ 遠くからも見える 星になるから  都会(まち)の景色も 見慣れてきたころ 帰りたくもなるけど もう少しやってみるよ  受話器の向こう 愛が溢れる 耳すまし 慣れた声で 『相変わらずなアナタだから アナタの事を待ってるから』 いつもすぐ 隣に居て 僕の夢 聞いてくれたね 一番星になって光れば あなたの故郷(まち)からも見えるかな  一歩ずつ また一歩ずつ だけど  ほら 一歩ずつ また一歩ずつ 小さな歩幅じゃ まだかかりそうだ 待っててね 夜空にキラリ 遠くからも見える 星になるよ  一歩ずつ また一歩ずつ 小さな歩幅でも 歩いてくから 待っててね この空こえて 遠くからも見える 星は今日も唄う☆
一緒にいこう今日どこへ行こうか 何しようか そう特別の日じゃない 一緒にやれば なんかあるさ いつもとは違う いつもの通り 肩を組んで 足並みそろえず 一緒にいこう  “一緒にいこー!!”  同じことやっても 同じじゃない 同じもの一緒に見ても 感じるものは 全然違う 違うから面白い ケンカも多い 2倍笑って いっぱい転んでも 一緒にいこう 掛け算になっても ご破算になっても 一緒にいこう  僕たちはどこへ行くんだろう 僕たち生きている 僕たちはなんなのか わからない わからないけれど  僕たち生きている  空を見上げてたら 舞う葉がひらり ひらりひらりとどこかへ いなくなっても いつもいるさ 一緒にいた時間 そこにあるから どんなこともぜんぶ いつか笑える 一緒にいこう  ホップ!ステップ!ジャンプ!でそろえて 一緒にいこうGReeeeN篠原誠「TakeMe Out to the Ball Game」(アルベルト・フォン・ティルツァー)、「Jesusbleibet meine Freude」(ヨハン・セバスティアン・バッハ)をアレンジ今日どこへ行こうか 何しようか そう特別の日じゃない 一緒にやれば なんかあるさ いつもとは違う いつもの通り 肩を組んで 足並みそろえず 一緒にいこう  “一緒にいこー!!”  同じことやっても 同じじゃない 同じもの一緒に見ても 感じるものは 全然違う 違うから面白い ケンカも多い 2倍笑って いっぱい転んでも 一緒にいこう 掛け算になっても ご破算になっても 一緒にいこう  僕たちはどこへ行くんだろう 僕たち生きている 僕たちはなんなのか わからない わからないけれど  僕たち生きている  空を見上げてたら 舞う葉がひらり ひらりひらりとどこかへ いなくなっても いつもいるさ 一緒にいた時間 そこにあるから どんなこともぜんぶ いつか笑える 一緒にいこう  ホップ!ステップ!ジャンプ!でそろえて 一緒にいこう
いつまでもPLATINA LYLICある晴れたいつものような日は 今日へと繋がる思い出残し あの日見せた真面目な顔つきは 幸せの形を運んでくれました  初めて家に遊びに行った日に 何気に几帳面と知った君 いきなりカメラで一枚「パシャリ!」 意味ないことだけで笑い合えた日々 新しい写真立てを飾り こっちを見てる思い出の一枚が 二枚、三枚と増えた 懐かしいと思える ますます今  これから時が過ぎて 何十回も記念日が訪れても あの時咲いた言葉が 輝き増すよ  何枚撮ったかわからない思い出の写真 これからまだまだ増えていく気がする 何万枚も入るほどのアルバム作ろう 僕らが出逢ったあの日から いつまでも  晴れ舞台 君の隣で 「いつまでも子供だと思っていた」 と 少し寂しい表情を隠し 「幸せになるんだよ」 と笑っていました  これからはずっと 僕がこの両手で 守っていくよ あの時の言葉が 今ココに  何歳になっても変わらない 幸せの形 今日まで 今日から いつまでも続いていく 何十年もこの先を共に歩もう 今日咲いた一輪の花が枯れないよう 何百何千回でも 君に話そう 僕の心の奥にある気持ちを 何万枚も入るほどのアルバム作ろう 今日という記念日の足跡残しながら  ある晴れたいつものような日は 今日へと繋がる思い出残し あの日見せた真面目な顔つきは 幸せの形を運んでくれましたPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNある晴れたいつものような日は 今日へと繋がる思い出残し あの日見せた真面目な顔つきは 幸せの形を運んでくれました  初めて家に遊びに行った日に 何気に几帳面と知った君 いきなりカメラで一枚「パシャリ!」 意味ないことだけで笑い合えた日々 新しい写真立てを飾り こっちを見てる思い出の一枚が 二枚、三枚と増えた 懐かしいと思える ますます今  これから時が過ぎて 何十回も記念日が訪れても あの時咲いた言葉が 輝き増すよ  何枚撮ったかわからない思い出の写真 これからまだまだ増えていく気がする 何万枚も入るほどのアルバム作ろう 僕らが出逢ったあの日から いつまでも  晴れ舞台 君の隣で 「いつまでも子供だと思っていた」 と 少し寂しい表情を隠し 「幸せになるんだよ」 と笑っていました  これからはずっと 僕がこの両手で 守っていくよ あの時の言葉が 今ココに  何歳になっても変わらない 幸せの形 今日まで 今日から いつまでも続いていく 何十年もこの先を共に歩もう 今日咲いた一輪の花が枯れないよう 何百何千回でも 君に話そう 僕の心の奥にある気持ちを 何万枚も入るほどのアルバム作ろう 今日という記念日の足跡残しながら  ある晴れたいつものような日は 今日へと繋がる思い出残し あの日見せた真面目な顔つきは 幸せの形を運んでくれました
いつもいつでもGOLD LYLICどうして僕ら 大事なモノ 近すぎて見失うんだろう ただ誰よりも守りたいのに 足りない事ばかりです  誰もが幸せ願うだろう けど願うだけじゃ守れないから 少し弱音はいてた毎日に 負けないように  あぁ 僕たちは日々抱えてく それでもきっと進まなくちゃ 愛を語って 笑い合って いつまでも君の隣で  伝えきれない事ばかりで 傷つけて いつもごめんね 言葉一つが足りないから すれ違ってしまうんだね  僕ら生きている毎日で それが当たり前のように君想って ヘタクソな幸せの形すら 渡せないね  あぁ 僕たちの日々の意味は 君とだから作り合える 愛を語って 笑い合って いつまでも君といるから  願わくば届いておくれ 君を想っている事 それ以上 何もいらない こんな僕の事 難しいね 伝える事は 伝わってると甘えてる それじゃきっと いけないんだよね そう気付いた瞬間(とき)から  誰もが幸せ願うだろう けど願うだけじゃ守れないなら あたり前に過ごした毎日を 超えなくちゃな  あぁ 誰だって日々悩んでく 『いつかはきっと』って願ってる 僕は誓った 君の涙は これからずっと流させやしない  あぁ 僕たちの幸せなら 君だから実るんだから 愛を語って 笑い合って いつまでも君といるから ありがとう いつも いつでもGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JINどうして僕ら 大事なモノ 近すぎて見失うんだろう ただ誰よりも守りたいのに 足りない事ばかりです  誰もが幸せ願うだろう けど願うだけじゃ守れないから 少し弱音はいてた毎日に 負けないように  あぁ 僕たちは日々抱えてく それでもきっと進まなくちゃ 愛を語って 笑い合って いつまでも君の隣で  伝えきれない事ばかりで 傷つけて いつもごめんね 言葉一つが足りないから すれ違ってしまうんだね  僕ら生きている毎日で それが当たり前のように君想って ヘタクソな幸せの形すら 渡せないね  あぁ 僕たちの日々の意味は 君とだから作り合える 愛を語って 笑い合って いつまでも君といるから  願わくば届いておくれ 君を想っている事 それ以上 何もいらない こんな僕の事 難しいね 伝える事は 伝わってると甘えてる それじゃきっと いけないんだよね そう気付いた瞬間(とき)から  誰もが幸せ願うだろう けど願うだけじゃ守れないなら あたり前に過ごした毎日を 超えなくちゃな  あぁ 誰だって日々悩んでく 『いつかはきっと』って願ってる 僕は誓った 君の涙は これからずっと流させやしない  あぁ 僕たちの幸せなら 君だから実るんだから 愛を語って 笑い合って いつまでも君といるから ありがとう いつも いつでも
Itoねえ どこにいるの 探し続けた 指先の糸の行方 いつも 風に吹かれ 日々の螺旋で つながる場所探してた  見失う その度に 何処かにいるんだと まだ見ぬ君のこと 想ってました  巡り逢わせ たぐり寄せ 出逢うのでしょう フタリが離れないように 結ばれるでしょう 僕と君とが出逢って ほどけないように フタリのイトしさ持ち寄り 逢いを縫い合わせて Lalala  ねえ そこにいたの 僕の心は君だけを探していた いつも 足りない何か まるで自分の半分と思うくらいに  君がほら 差し伸べた その手の先には 僕とのこれからが結ばれていく  巡り逢わせ たぐり寄せ 出逢うのでしょう フタリが離れないように 結ばれるでしょう 僕と君とが出逢って ほどけないように フタリのイトしさ持ち寄り 逢いを縫い合わせて  重なり合ったイトは強くなる くり返し くり返し 巡り逢い 愛ずっと  ほつれて もつれて 絡まりながらも 隣に重なり 織りなすでしょう  僕らは 巡り逢わせ たぐり寄せ 出逢うのでしょう フタリが離れないように 結ばれるでしょう 僕と君とが出逢って ほどけないように 半分同士 出逢って 逢いを縫い合わせて  僕はきっと半分のイト 君が僕の半分のイト 重なり合って絆となる 僕はきっと半分のイト 君が僕の半分のイト 愛し逢うイト 強く縫い逢わせて LalalaGReeeeNGReeeeNGReeeeNねえ どこにいるの 探し続けた 指先の糸の行方 いつも 風に吹かれ 日々の螺旋で つながる場所探してた  見失う その度に 何処かにいるんだと まだ見ぬ君のこと 想ってました  巡り逢わせ たぐり寄せ 出逢うのでしょう フタリが離れないように 結ばれるでしょう 僕と君とが出逢って ほどけないように フタリのイトしさ持ち寄り 逢いを縫い合わせて Lalala  ねえ そこにいたの 僕の心は君だけを探していた いつも 足りない何か まるで自分の半分と思うくらいに  君がほら 差し伸べた その手の先には 僕とのこれからが結ばれていく  巡り逢わせ たぐり寄せ 出逢うのでしょう フタリが離れないように 結ばれるでしょう 僕と君とが出逢って ほどけないように フタリのイトしさ持ち寄り 逢いを縫い合わせて  重なり合ったイトは強くなる くり返し くり返し 巡り逢い 愛ずっと  ほつれて もつれて 絡まりながらも 隣に重なり 織りなすでしょう  僕らは 巡り逢わせ たぐり寄せ 出逢うのでしょう フタリが離れないように 結ばれるでしょう 僕と君とが出逢って ほどけないように 半分同士 出逢って 逢いを縫い合わせて  僕はきっと半分のイト 君が僕の半分のイト 重なり合って絆となる 僕はきっと半分のイト 君が僕の半分のイト 愛し逢うイト 強く縫い逢わせて Lalala
愛し君へMILLION LYLIC僕の隣に いつも君が居る事 ここで良かったと 思ってくれるかな 世界がもし明日 悲しみにあふれても 君がいるから 僕は生きていく  握りしめた 小さな手が 運んでくれた 大きな愛が 僕を動かすんだ  『愛』って何か わからなかった そんな過去(とき)もあったけれど 心震えた 涙あふれた 胸がギュッと苦しかった 『君がいる』それだけで今日も明日も進む意味です 大切なもの 見失わないように この歌唄おう  君と笑いあえた ささいな出来事も 君の涙を 見て痛む胸も 二人で過ごしていく 日々は増え続けていく 僕の気持ちと 同じようにね  君の声や 笑顔 涙も 恋しくって 愛あふれて 僕は動き出すんだ  好きって何だ あの過去(とき)僕は それすらもわからないほど 夢中になって 君を見つめて 伝えたい言葉探した 限られた時の中 どれだけの愛返せるだろう 大切だよ 愛してるよ これからもずっとずっと  きっと 目の前に願わない 困難もあるだろう 君とだったら 挑む価値がある ずっと 浮き沈み 繰り返し そんなところだろう だけど君とだから 素敵に想えるんだろう  瞳閉じれば いつも浮かんでくる 大切な人 大切な事 きっと もっと ずっと 信じてく  あぁ 今まで一緒 これから一生 続いてく 僕らのメロディー この一瞬を 過ごしていっそう 『思い出』と『明日』を描こう! ありがとう どんな辛い日々でも 楽しく想えるのは 君のおかげ 恋の面影 唄おう 声が枯れるまで!!  これから先、何年、何十年と 変わらない僕らがいいね 大人になって 涙増えても 寄り添って手をつないでさ ありがとう 思い出せば いろんな事を超えて来れた 同じ笑顔 同じ涙 同じトキを過ごした 『君がいるから』 『今があるから』 心から 愛し君へMILLION LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN僕の隣に いつも君が居る事 ここで良かったと 思ってくれるかな 世界がもし明日 悲しみにあふれても 君がいるから 僕は生きていく  握りしめた 小さな手が 運んでくれた 大きな愛が 僕を動かすんだ  『愛』って何か わからなかった そんな過去(とき)もあったけれど 心震えた 涙あふれた 胸がギュッと苦しかった 『君がいる』それだけで今日も明日も進む意味です 大切なもの 見失わないように この歌唄おう  君と笑いあえた ささいな出来事も 君の涙を 見て痛む胸も 二人で過ごしていく 日々は増え続けていく 僕の気持ちと 同じようにね  君の声や 笑顔 涙も 恋しくって 愛あふれて 僕は動き出すんだ  好きって何だ あの過去(とき)僕は それすらもわからないほど 夢中になって 君を見つめて 伝えたい言葉探した 限られた時の中 どれだけの愛返せるだろう 大切だよ 愛してるよ これからもずっとずっと  きっと 目の前に願わない 困難もあるだろう 君とだったら 挑む価値がある ずっと 浮き沈み 繰り返し そんなところだろう だけど君とだから 素敵に想えるんだろう  瞳閉じれば いつも浮かんでくる 大切な人 大切な事 きっと もっと ずっと 信じてく  あぁ 今まで一緒 これから一生 続いてく 僕らのメロディー この一瞬を 過ごしていっそう 『思い出』と『明日』を描こう! ありがとう どんな辛い日々でも 楽しく想えるのは 君のおかげ 恋の面影 唄おう 声が枯れるまで!!  これから先、何年、何十年と 変わらない僕らがいいね 大人になって 涙増えても 寄り添って手をつないでさ ありがとう 思い出せば いろんな事を超えて来れた 同じ笑顔 同じ涙 同じトキを過ごした 『君がいるから』 『今があるから』 心から 愛し君へ
11空の向こう 『ハテノハテ』へと いざ行こう 僕の翼で 未知なる今日はどこへ行こう 高く高く さぁ飛び出そう  見慣れた街に心疲労 e=mc2 ちっぽけな世界と決めつけてた そうだ!ひらめいた!勘違い!? でも構わない 感じたい 僕のこの足がグッと漕ぎ出した  頭ん中に描いた地球 世界は僕らの手の中 僕を待つまだ見ぬ今日が 過去と現在 未来と期待で溢れてるから  空の彼方 いつか見たい景色 広がってんだ 今すぐ行こう 気がついたら 動けばいいじゃん 未体験の見たい景色 探しに行こう  そこの見慣れた川は いつものその道は 山も海も全部始めは名無しで 誰かが踏みしめ 誰かを愛して 残した足跡に名前つけた  世界地図を開いてみて 東?西? さあいざ行こうか 僕らにとって見たことない ハッピーでも 悲しいでも名前つけ行こう!  海の彼方 君と見たい景色 ただ待ってんだ そう思ったら 気がつくんだって 知らぬ可能性 未体験の見たい景色 探しに行こう  広い大地が いくつも広がってる HEY SEAにOK GOOD GOOD 今日はどこに行こう 1, 2, 3! いとも簡単に まだ見ぬ自分 探しに行こう  『ハテノハテノ ハテ』を目指して どこまでもさあ進め MY WAY 地球一周 40,075km あれれ?? いつか 元に戻るよ  なら空の 『ムコウノハテ』へと 向かえば 広がる宇宙 昔ならおとぎ話 今日ならどうなんだ? 挑めイレブンディメンジョンズ!GReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN空の向こう 『ハテノハテ』へと いざ行こう 僕の翼で 未知なる今日はどこへ行こう 高く高く さぁ飛び出そう  見慣れた街に心疲労 e=mc2 ちっぽけな世界と決めつけてた そうだ!ひらめいた!勘違い!? でも構わない 感じたい 僕のこの足がグッと漕ぎ出した  頭ん中に描いた地球 世界は僕らの手の中 僕を待つまだ見ぬ今日が 過去と現在 未来と期待で溢れてるから  空の彼方 いつか見たい景色 広がってんだ 今すぐ行こう 気がついたら 動けばいいじゃん 未体験の見たい景色 探しに行こう  そこの見慣れた川は いつものその道は 山も海も全部始めは名無しで 誰かが踏みしめ 誰かを愛して 残した足跡に名前つけた  世界地図を開いてみて 東?西? さあいざ行こうか 僕らにとって見たことない ハッピーでも 悲しいでも名前つけ行こう!  海の彼方 君と見たい景色 ただ待ってんだ そう思ったら 気がつくんだって 知らぬ可能性 未体験の見たい景色 探しに行こう  広い大地が いくつも広がってる HEY SEAにOK GOOD GOOD 今日はどこに行こう 1, 2, 3! いとも簡単に まだ見ぬ自分 探しに行こう  『ハテノハテノ ハテ』を目指して どこまでもさあ進め MY WAY 地球一周 40,075km あれれ?? いつか 元に戻るよ  なら空の 『ムコウノハテ』へと 向かえば 広がる宇宙 昔ならおとぎ話 今日ならどうなんだ? 挑めイレブンディメンジョンズ!
EZGOLD LYLIC朝起き 目覚まし時計が 指してた リミットタイムです!? 「OH!!!」 寝ぐセット 直してっと カンカンのオカンが 「はよしなさーい!」 だけどいっもすれ違う 気になるあの娘に見られちゃう(T△T) ワックスがんがん決めて サンSUN お日様の中 「行ってきまーす!」  片道三十分バスの中 汗ばんじゃてる月曜の朝 あの娘を見つけた一瞬 バンザイ! 全てむくわれる一週間だい! 戦闘開始?現状維持?いくじなしだし!? 今日もこうやって過ぎていく日常 日曜まで考えよう 。。。  目的地は一体どこだ? どんな迷いもなくなりゃいいさ hey !!!  君の隣で いつか話して 笑顔引き出して 笑えたらいいな 夢でもいいぜ 楽しけりゃいいぜ そんな夢見て 今日も遅れそうq(T▽Tq)  バウンス×3 気持ちダンス×3 今日こそ言うんだ 気持ち伝えんだ だけどシャツはグレー 汗が目立つ!ヤベー、、、 だから今日もやめとこ ダメ元 汗予防  君の隣で いつか話して 笑顔引き出して 笑えたらいいな 夢でもいいぜ 楽しけりゃいいぜ そんな夢見て 今日も遅れそうq(T▽Tq) (pT▽T)p  夢でもDj SOH da バウーンス!!!!  君と笑って 遊びにも行って わがままを聞いて 笑えたらいいな 夢でもいいぜ 楽しけりゃいいぜ どんな男に なれば振り向くの!?  海とかいいね! キャンプでもいいね! 忘れないような花火もしようか? 君の事はまだ知らないけど 今日は勇気を振り絞り話すんだ!  EZー!!!!GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN朝起き 目覚まし時計が 指してた リミットタイムです!? 「OH!!!」 寝ぐセット 直してっと カンカンのオカンが 「はよしなさーい!」 だけどいっもすれ違う 気になるあの娘に見られちゃう(T△T) ワックスがんがん決めて サンSUN お日様の中 「行ってきまーす!」  片道三十分バスの中 汗ばんじゃてる月曜の朝 あの娘を見つけた一瞬 バンザイ! 全てむくわれる一週間だい! 戦闘開始?現状維持?いくじなしだし!? 今日もこうやって過ぎていく日常 日曜まで考えよう 。。。  目的地は一体どこだ? どんな迷いもなくなりゃいいさ hey !!!  君の隣で いつか話して 笑顔引き出して 笑えたらいいな 夢でもいいぜ 楽しけりゃいいぜ そんな夢見て 今日も遅れそうq(T▽Tq)  バウンス×3 気持ちダンス×3 今日こそ言うんだ 気持ち伝えんだ だけどシャツはグレー 汗が目立つ!ヤベー、、、 だから今日もやめとこ ダメ元 汗予防  君の隣で いつか話して 笑顔引き出して 笑えたらいいな 夢でもいいぜ 楽しけりゃいいぜ そんな夢見て 今日も遅れそうq(T▽Tq) (pT▽T)p  夢でもDj SOH da バウーンス!!!!  君と笑って 遊びにも行って わがままを聞いて 笑えたらいいな 夢でもいいぜ 楽しけりゃいいぜ どんな男に なれば振り向くの!?  海とかいいね! キャンプでもいいね! 忘れないような花火もしようか? 君の事はまだ知らないけど 今日は勇気を振り絞り話すんだ!  EZー!!!!
weeeekPLATINA LYLIC明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 夢の日々を 大事にいきましょう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 僕ら日々を 楽しんで生きてこう さぁ、行くぞ!  月曜始まった いつもの日々 思い焦がれた週末遠い 火曜、水曜なれてきたご様子 作った笑顔 引きつったかも!? 気が付きゃ木曜、相当重要 明日の夜からの予定は未定だから 金曜一日考えよう 自由で壁をぶち壊し行こう  日々生き抜いて 心は曇り 僕たちは過ぎ去っていく 『歩む心』を諦めたら そこで負けだ お気楽に行こう  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 夢の日々を 大事にいきましょう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 僕ら日々を 楽しんで生きてこう さぁ、行くぞ!  もうどうしようもない模様 やる事いっぱいで気持ちは完敗 一日4時間睡眠で 日々この体力を注ぎこんで 大人になるってどういう事? 外面良くして35を過ぎた頃オレ達どんな顔? カッコいい大人になれてるの?  日々生き抜いて 心は曇り 僕たちは過ぎ去っていく ゆっくりでいい 辞めないで いつか水滴必ず石をうがつ  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 夢の日々を 大事にいきましょう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 僕ら日々を 楽しんで生きてこう さぁ、行くぞ!  繰り返しの毎日で 行き場のないこの気持ち めぐりめぐる めまぐるしく回る 毎日を泳ぐんだ めげずにRaugh Raugh もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 夢の日々を 大事にいきましょう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 僕ら日々を 楽しんで生きてこう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 夢の日々を 大事にいきましょう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 僕ら日々を 楽しんで生きてこうPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 夢の日々を 大事にいきましょう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 僕ら日々を 楽しんで生きてこう さぁ、行くぞ!  月曜始まった いつもの日々 思い焦がれた週末遠い 火曜、水曜なれてきたご様子 作った笑顔 引きつったかも!? 気が付きゃ木曜、相当重要 明日の夜からの予定は未定だから 金曜一日考えよう 自由で壁をぶち壊し行こう  日々生き抜いて 心は曇り 僕たちは過ぎ去っていく 『歩む心』を諦めたら そこで負けだ お気楽に行こう  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 夢の日々を 大事にいきましょう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 僕ら日々を 楽しんで生きてこう さぁ、行くぞ!  もうどうしようもない模様 やる事いっぱいで気持ちは完敗 一日4時間睡眠で 日々この体力を注ぎこんで 大人になるってどういう事? 外面良くして35を過ぎた頃オレ達どんな顔? カッコいい大人になれてるの?  日々生き抜いて 心は曇り 僕たちは過ぎ去っていく ゆっくりでいい 辞めないで いつか水滴必ず石をうがつ  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 夢の日々を 大事にいきましょう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 僕ら日々を 楽しんで生きてこう さぁ、行くぞ!  繰り返しの毎日で 行き場のないこの気持ち めぐりめぐる めまぐるしく回る 毎日を泳ぐんだ めげずにRaugh Raugh もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 夢の日々を 大事にいきましょう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 僕ら日々を 楽しんで生きてこう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 夢の日々を 大事にいきましょう もういっちょ!  明日っからまた日、月、火 ほら水、木回って金、土、日曜 僕ら日々を 楽しんで生きてこう
Way with CReW拳掲げたメンバーで 出逢えた想いを共鳴 笑ってこうぜ YO どこまでもまだまだこれからも DAY BY DAY  はじめましてで出逢って 今日までの日々を 君と過ごしてきた意味を 少し考えながらペンを取る 決して訪れぬそのエンドロール 夢描いて 常に前へって駆け抜けて 過ごしたDAY いついつまでも 声を枯らし詩(うた)唄うWAY  教えられたことはたくさんあるし ナミダ流した痛みは÷2 夜遅くまで語り合った日 僕らの想いを言葉託し そんな風に 五里霧中に 過ごした日々が宝 君とだから 君の言葉僕の誇り いつもきっとずっと僕の胸(ここ)に  DAY BY DAY  拳掲げたメンバーで 出逢えた想いを共鳴 笑ってこうぜ YO どこまでもまだまだこれからも DAY BY DAY 今日までの涙だって きっといつも力なって 君がいるから どんなに強くなれた THANK U MY FRIENDS  明日をクルージング ブルージーンズと古いKICKS & 夢中になれるものに 身を包み歩くSTUDENT BOYが偶然こうして集って行こう 心 重ねて どの運命(さだめ)で 縁も点も線に変えて向かう少年よ また挑戦状 誰かの何かになれるまで 行こうぜ GO WAY  きっといくつになっても同じ そんな風に思えてる存在 今日までの泣き笑いを語り明かし くだらないねと笑い合いたい 自分一人でもうダメだと 何度も足を止めては立ち惑う そのたびに手を引かれて立ち直る 忘れないんだ 本当にアリガトウ  世界で  拳掲げたメンバーで 出逢えた想いを共鳴 笑ってこうぜ YO どこまでもまだまだこれからも DAY BY DAY 今日までの涙だって きっといつも力なって 君がいるから どんなに強くなれた THANK U MY FRIENDS  出逢って DAY BY DAY  拳掲げたメンバーで 出逢えた想いを共鳴 笑ってこうぜ YO どこまでもまだまだこれからも DAY BY DAY 今日までの涙だって きっといつも力なって 君がいるから どんなに強くなれた THANK U MY FRIENDS この詩(うた)を連れ行く THINE WAY  THANK U MY FRIENDSGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN拳掲げたメンバーで 出逢えた想いを共鳴 笑ってこうぜ YO どこまでもまだまだこれからも DAY BY DAY  はじめましてで出逢って 今日までの日々を 君と過ごしてきた意味を 少し考えながらペンを取る 決して訪れぬそのエンドロール 夢描いて 常に前へって駆け抜けて 過ごしたDAY いついつまでも 声を枯らし詩(うた)唄うWAY  教えられたことはたくさんあるし ナミダ流した痛みは÷2 夜遅くまで語り合った日 僕らの想いを言葉託し そんな風に 五里霧中に 過ごした日々が宝 君とだから 君の言葉僕の誇り いつもきっとずっと僕の胸(ここ)に  DAY BY DAY  拳掲げたメンバーで 出逢えた想いを共鳴 笑ってこうぜ YO どこまでもまだまだこれからも DAY BY DAY 今日までの涙だって きっといつも力なって 君がいるから どんなに強くなれた THANK U MY FRIENDS  明日をクルージング ブルージーンズと古いKICKS & 夢中になれるものに 身を包み歩くSTUDENT BOYが偶然こうして集って行こう 心 重ねて どの運命(さだめ)で 縁も点も線に変えて向かう少年よ また挑戦状 誰かの何かになれるまで 行こうぜ GO WAY  きっといくつになっても同じ そんな風に思えてる存在 今日までの泣き笑いを語り明かし くだらないねと笑い合いたい 自分一人でもうダメだと 何度も足を止めては立ち惑う そのたびに手を引かれて立ち直る 忘れないんだ 本当にアリガトウ  世界で  拳掲げたメンバーで 出逢えた想いを共鳴 笑ってこうぜ YO どこまでもまだまだこれからも DAY BY DAY 今日までの涙だって きっといつも力なって 君がいるから どんなに強くなれた THANK U MY FRIENDS  出逢って DAY BY DAY  拳掲げたメンバーで 出逢えた想いを共鳴 笑ってこうぜ YO どこまでもまだまだこれからも DAY BY DAY 今日までの涙だって きっといつも力なって 君がいるから どんなに強くなれた THANK U MY FRIENDS この詩(うた)を連れ行く THINE WAY  THANK U MY FRIENDS
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
笑顔GOLD LYLIC『Hello Hello』 流れる雲を 追いかけ歩いたあの帰り道で 僕らの頬を優しく照らす 光はそこにありますか? 『Hello Hello』 小さな魚 追いかけ遊んだ 水面に映る 僕らの笑顔を優しく照らす 光はそこにありますか?  僕が生まれた街の中で 出逢った人がいる 大事なことを全部全部 教えてくれた人がいる  僕を優しく包む ヒナタの温もり ゆらり流れる時間(トキ)が 僕の心照らす あの日友達と駆け回って 笑いあって たまに泣いた 日々が僕になるんだろう 多分、多分、多分  『Hello Hello』 あの日見つけた 抜け道の先に誰も知らない 僕らだけの場所は今もあるかな 風が気持ちよく吹いていた  あの街じゃ隣の人は いつも笑ってさ 「気をつけて行っておいで」なんて 笑顔で見送ってくれた  僕を優しく包む ヒナタの温もり いつも変わらぬ景色 笑顔!笑顔!笑顔! あの日の小さな手のひらで 掴んだ 土や風が 今の僕になるんだろう 多分、多分、多分  あの海が見える坂道から 見下ろす街は 小さく見えた ただ心地よく吹く風と たくさんの笑顔がある きっとそれが幸せで きっといつもそこにあって 君とヒナタがあるなら きっと僕の帰る場所  もしも疲れて立ち止まって 笑い顔を忘れたら いつでもそこは待ってる 明日も 明後日も 『ただいま!』と言える場所があって 今度どんな話をしよう そんなことを考えて また歩いてく  そんなに多くの荷物なら 捨てちゃって 忘れちゃって 大事なただ一つが ここにあればいい 君と過ごした ヒナタが 笑顔が 海や山が そっと僕につぶやいた 多分、多分、多分  ららら 『アリガトウ』 の言葉を両手いっぱいに ららら 帰るその時までは 少し待ってて いつもそこには ヒナタGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNTsubasa Takada『Hello Hello』 流れる雲を 追いかけ歩いたあの帰り道で 僕らの頬を優しく照らす 光はそこにありますか? 『Hello Hello』 小さな魚 追いかけ遊んだ 水面に映る 僕らの笑顔を優しく照らす 光はそこにありますか?  僕が生まれた街の中で 出逢った人がいる 大事なことを全部全部 教えてくれた人がいる  僕を優しく包む ヒナタの温もり ゆらり流れる時間(トキ)が 僕の心照らす あの日友達と駆け回って 笑いあって たまに泣いた 日々が僕になるんだろう 多分、多分、多分  『Hello Hello』 あの日見つけた 抜け道の先に誰も知らない 僕らだけの場所は今もあるかな 風が気持ちよく吹いていた  あの街じゃ隣の人は いつも笑ってさ 「気をつけて行っておいで」なんて 笑顔で見送ってくれた  僕を優しく包む ヒナタの温もり いつも変わらぬ景色 笑顔!笑顔!笑顔! あの日の小さな手のひらで 掴んだ 土や風が 今の僕になるんだろう 多分、多分、多分  あの海が見える坂道から 見下ろす街は 小さく見えた ただ心地よく吹く風と たくさんの笑顔がある きっとそれが幸せで きっといつもそこにあって 君とヒナタがあるなら きっと僕の帰る場所  もしも疲れて立ち止まって 笑い顔を忘れたら いつでもそこは待ってる 明日も 明後日も 『ただいま!』と言える場所があって 今度どんな話をしよう そんなことを考えて また歩いてく  そんなに多くの荷物なら 捨てちゃって 忘れちゃって 大事なただ一つが ここにあればいい 君と過ごした ヒナタが 笑顔が 海や山が そっと僕につぶやいた 多分、多分、多分  ららら 『アリガトウ』 の言葉を両手いっぱいに ららら 帰るその時までは 少し待ってて いつもそこには ヒナタ
everyPLATINA LYLICいつもそうさ ホラ 今この時だって 過ぎ去った 風になって あれやこれを考えて 今日もまた日が暮れて なぜか僕ら生まれて 意味を求めさまよって 僕はココに居るよって 強がって涙が出た  限られた時間の中で このままじゃいけないってことを知った  僕たちの 行くべき未来は 今この時と繋がっていて 大切な夢叶えるため ガムシャラな僕らの every day  何かが違うんだって 実は分かっていたって 僕らはとても弱くて 逃げるように流されて いつかはやってやるって 言い訳ばかり探して 今やれない事なんて いつまでも出来ないから  限られた時間は 決して僕らを裏切りはしないと信じた  僕たちの 行くべき未来よ 日々の僕らを見守っていろ 涙すら味方に付けよう ガムシャラな僕らの every day 日々を生き抜いてやれ 見せつけんだ!!!  Wow Wow Wow, our every day  不安だらけの日々で 明日さえ分からなくて そんなのミンナそうです やりきる事だけなんです  限られた時間は今日も すぐに過ぎ去っていくから そうさ  僕たちは 行くべき未来を すぐ側にある事と気付いて その足を踏み出す力は 誰にでもあると信じて  さあゆこう きっと出来るはず 分からず屋な自分を蹴飛ばして 目の前に広がる未来は 今この時が道しるべ きっとやるだけやったら 笑えるさ  Wow Wow Wow, our every dayPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNいつもそうさ ホラ 今この時だって 過ぎ去った 風になって あれやこれを考えて 今日もまた日が暮れて なぜか僕ら生まれて 意味を求めさまよって 僕はココに居るよって 強がって涙が出た  限られた時間の中で このままじゃいけないってことを知った  僕たちの 行くべき未来は 今この時と繋がっていて 大切な夢叶えるため ガムシャラな僕らの every day  何かが違うんだって 実は分かっていたって 僕らはとても弱くて 逃げるように流されて いつかはやってやるって 言い訳ばかり探して 今やれない事なんて いつまでも出来ないから  限られた時間は 決して僕らを裏切りはしないと信じた  僕たちの 行くべき未来よ 日々の僕らを見守っていろ 涙すら味方に付けよう ガムシャラな僕らの every day 日々を生き抜いてやれ 見せつけんだ!!!  Wow Wow Wow, our every day  不安だらけの日々で 明日さえ分からなくて そんなのミンナそうです やりきる事だけなんです  限られた時間は今日も すぐに過ぎ去っていくから そうさ  僕たちは 行くべき未来を すぐ側にある事と気付いて その足を踏み出す力は 誰にでもあると信じて  さあゆこう きっと出来るはず 分からず屋な自分を蹴飛ばして 目の前に広がる未来は 今この時が道しるべ きっとやるだけやったら 笑えるさ  Wow Wow Wow, our every day
eeeeverydaySunday Monday Tuesday Wednesday 朝起きたら顔洗って さぁ 今日を始めましょう♪ Thursday Friday Saturday 窓を開けたら 気持ちいい風 ラララ 唄でも歌いましょう♪  Here we go! Yeah! 掃除だってピカって1年中STILL 光っていたくて異次元TOOL 4次元のポケットに詰め込んで 掃除機をかけるときゃ 勢いです! いつしか無くした宝物 靴下の下の中の底 それどこ?ってくらいの部屋の隅 見つかって嬉しいのべらぼうに!  そうしていつかは魔法の掃除機に乗って 隣町まで行こう ラジオひっかけ真っ赤なリボンして 黒い猫なんか連れちゃって 笑いながら飛んで行こう\(^o^)/  Sunday Monday Tuesday Wednesday お腹がすいてちゃ始まんない さぁ 何か作ろうか♪ Thursday Friday Saturday お腹を満たしてあげましょう ラララ 大好物なもので♪  Here we go! Yeah! One for the カレー Two for the 今日のご飯はこれでお決まりでSHOW ニンジン ジャガイモに玉ネギ 最強のバランス 定めし 神に感謝しつつ朝飯に昨夜を超えて舌鼓 食器を洗う手もウキウキ とっても満足な1日!  そうしていつかはアンコと食パンの3銃士で 町を守るんだ たまに口から熱々のヤツ出して 悪いヤツを退治しながら 笑いながら飛んで行こう\(^o^)/  思いついたときゃいっちょ洗濯! 落としきれないのきっとあんだ! 自分なりの配合で対応して 最強の洗い方で立ち向かい 長く険しくつらい 『マッシロ』!追い求め勝ち取ろう ついでには匂いもイイもの そんでもって世界を イマイチド洗濯いたし候 遠く海の向こうはSO LONG!!!!  きっとそんなTake me×4 Happy♪ Lazy×3 もOK♪ ああ 今日は何しよう? きっと世界はAwesome×3 で最高! そうして回っていくんでしょう ああ 今日も歌おうか♪GReeeeNGReeeeNGReeeeNSunday Monday Tuesday Wednesday 朝起きたら顔洗って さぁ 今日を始めましょう♪ Thursday Friday Saturday 窓を開けたら 気持ちいい風 ラララ 唄でも歌いましょう♪  Here we go! Yeah! 掃除だってピカって1年中STILL 光っていたくて異次元TOOL 4次元のポケットに詰め込んで 掃除機をかけるときゃ 勢いです! いつしか無くした宝物 靴下の下の中の底 それどこ?ってくらいの部屋の隅 見つかって嬉しいのべらぼうに!  そうしていつかは魔法の掃除機に乗って 隣町まで行こう ラジオひっかけ真っ赤なリボンして 黒い猫なんか連れちゃって 笑いながら飛んで行こう\(^o^)/  Sunday Monday Tuesday Wednesday お腹がすいてちゃ始まんない さぁ 何か作ろうか♪ Thursday Friday Saturday お腹を満たしてあげましょう ラララ 大好物なもので♪  Here we go! Yeah! One for the カレー Two for the 今日のご飯はこれでお決まりでSHOW ニンジン ジャガイモに玉ネギ 最強のバランス 定めし 神に感謝しつつ朝飯に昨夜を超えて舌鼓 食器を洗う手もウキウキ とっても満足な1日!  そうしていつかはアンコと食パンの3銃士で 町を守るんだ たまに口から熱々のヤツ出して 悪いヤツを退治しながら 笑いながら飛んで行こう\(^o^)/  思いついたときゃいっちょ洗濯! 落としきれないのきっとあんだ! 自分なりの配合で対応して 最強の洗い方で立ち向かい 長く険しくつらい 『マッシロ』!追い求め勝ち取ろう ついでには匂いもイイもの そんでもって世界を イマイチド洗濯いたし候 遠く海の向こうはSO LONG!!!!  きっとそんなTake me×4 Happy♪ Lazy×3 もOK♪ ああ 今日は何しよう? きっと世界はAwesome×3 で最高! そうして回っていくんでしょう ああ 今日も歌おうか♪
エレグリトリカルパレードGOLD LYLIC寄ってらっしゃい 見てらっしゃい ほら 楽しい 楽しい 時間の始まりだ いろんなことが 起きる毎日 負けないように バンバン 突き進め  どんな過去も どんな未来も きっと今の君の 肩押す 道しるべ 願ってないと 夢の近くに 行くこと出来ない  それにあと少し コツがあるとすりゃ いつもニコニコ笑っているなら エレグリトリカルパレードが君を迎えにゆく  お待たせ ソロソロ始めよう 僕らの 願いを込めた唄GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN寄ってらっしゃい 見てらっしゃい ほら 楽しい 楽しい 時間の始まりだ いろんなことが 起きる毎日 負けないように バンバン 突き進め  どんな過去も どんな未来も きっと今の君の 肩押す 道しるべ 願ってないと 夢の近くに 行くこと出来ない  それにあと少し コツがあるとすりゃ いつもニコニコ笑っているなら エレグリトリカルパレードが君を迎えにゆく  お待たせ ソロソロ始めよう 僕らの 願いを込めた唄
贈る言葉GOLD LYLICこれからみんなへ贈る言葉 沢山の『涙』『笑顔』を誇れよ 僕ららしく明日を迎えに さあ いざいこう  ラララ、、、  夢描いては語り合った日に 夕焼けに照らされた横顔 あの日僕らの毎日はずっと 続くと思ってた  僕らまるでパズルのピース 初めは知らないもの同士 「起立 気をつけ、礼」 以後全て 仲深めてきたんだ毎日 ああ 悔し涙も嬉し涙ともに流した友へ かけがえのない日々をくれた  『涙』はみんなへ贈る言葉 沢山の出来事を越えて今日だ きっとまたいつか逢うまで さあ いざいこう  あの日君と出逢えて良かったよ 特別な想い出をアリガトウ 誰かじゃなく君達だったから 今日を迎えた  一人一人がゴールの違う旅で目指す先遠く 変わるのも 変わらないのも 全部 次逢う時に聞かせて ああ 心の奥の一番大事くれた友よ なんかあったらひとりにしない!  『笑顔』はみんなへ贈る言葉 沢山の出来事を越えて今日だ きっとまたいつか逢うまで さあ いざいこう  『サヨナラ』みんなへ贈る言葉 沢山の出来事を越えて今日だ きっとまたいつか逢うまで 届けよ 届けよ 届けよう  『アリガトウ』みんなへ贈る言葉 沢山の出来事を越えてこれた きっとまたいつか逢うまで 旅に出るのさ  それじゃそろそろもう行かなくちゃ 次の街にはもう君はいないけど 今日までの全部全部を 込めたありがとう 本当は寂しいけど、、また逢う その日までGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNTsubasa Takadaこれからみんなへ贈る言葉 沢山の『涙』『笑顔』を誇れよ 僕ららしく明日を迎えに さあ いざいこう  ラララ、、、  夢描いては語り合った日に 夕焼けに照らされた横顔 あの日僕らの毎日はずっと 続くと思ってた  僕らまるでパズルのピース 初めは知らないもの同士 「起立 気をつけ、礼」 以後全て 仲深めてきたんだ毎日 ああ 悔し涙も嬉し涙ともに流した友へ かけがえのない日々をくれた  『涙』はみんなへ贈る言葉 沢山の出来事を越えて今日だ きっとまたいつか逢うまで さあ いざいこう  あの日君と出逢えて良かったよ 特別な想い出をアリガトウ 誰かじゃなく君達だったから 今日を迎えた  一人一人がゴールの違う旅で目指す先遠く 変わるのも 変わらないのも 全部 次逢う時に聞かせて ああ 心の奥の一番大事くれた友よ なんかあったらひとりにしない!  『笑顔』はみんなへ贈る言葉 沢山の出来事を越えて今日だ きっとまたいつか逢うまで さあ いざいこう  『サヨナラ』みんなへ贈る言葉 沢山の出来事を越えて今日だ きっとまたいつか逢うまで 届けよ 届けよ 届けよう  『アリガトウ』みんなへ贈る言葉 沢山の出来事を越えてこれた きっとまたいつか逢うまで 旅に出るのさ  それじゃそろそろもう行かなくちゃ 次の街にはもう君はいないけど 今日までの全部全部を 込めたありがとう 本当は寂しいけど、、また逢う その日まで
オトノナルホウヘ!!!!GOLD LYLICこれまった 始まったsummer time お尻フリフリ 声あげろ say wow いい感じ 集まったboys & girls お手手 上に上に 声聞かせろ say wow  ほらね なんだか ダンダン 面白く んで なんでもいいから とりあえず グンと はっちゃけちゃったら いいんじゃないの? もう 123 単純に 楽しんで行こう あソレー!  あちらさんも こちらさんも 音のなる方へ そちらさんも どちらさんも ノリノリで クラッチ そんなこんなで どんな困難も 忘れていけるように ずっと笑って ずっころばしで ごまみそずいずいずい  アイガッチャ! 君とのsummer time 願いましては フンフンフンフンフン say hmmhmmhmmhmmhmm 最高な 思い出作ろう だから恥ずかしがらずにlaugh say laugh laugh laugh laugh laugh  さすれば なんだか ダンダン 面白く んで なんでもいいから とりあえず グンと はっちゃけちゃっても いいんじゃないの? もう 123 単純に 楽しんで行こう あソレー!  お兄ちゃんも お姉ちゃんも お父さんも お母さんも おじいちゃんも おばあちゃんも 弟も 妹も あっけらかんと はっちゃけちゃったら 愛が深まる そんな日だって あったっていいじゃん ハイレハイレフロー!  いろんな事起きる毎日に 飲み込まれちゃったのならツマラナイ 楽しくやれるように 笑っとけ だって 明日は今日と違う日なんだから それでいいじゃん  クヨクヨしているその時を 世界は待ってはくれません 弱音を吐くという 文字から一つ マイナスを抜いたのなら 「叶う」から あソレー!  5年後の自分はわかりません 5日後の自分も危ういな けど 5分後の自分が笑ってるなら そんな刹那つないで 涙を拭いて 生きろ HUMAN!!!!  あちらさんも こちらさんも 音のなる方へ そちらさんも どちらさんも ノリノリで クラッチ そんなこんなで どんな困難も 忘れていけるように ずっと笑って ずっころばしで ごまみそずいずいずいずいGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Shunsuke Tsuriこれまった 始まったsummer time お尻フリフリ 声あげろ say wow いい感じ 集まったboys & girls お手手 上に上に 声聞かせろ say wow  ほらね なんだか ダンダン 面白く んで なんでもいいから とりあえず グンと はっちゃけちゃったら いいんじゃないの? もう 123 単純に 楽しんで行こう あソレー!  あちらさんも こちらさんも 音のなる方へ そちらさんも どちらさんも ノリノリで クラッチ そんなこんなで どんな困難も 忘れていけるように ずっと笑って ずっころばしで ごまみそずいずいずい  アイガッチャ! 君とのsummer time 願いましては フンフンフンフンフン say hmmhmmhmmhmmhmm 最高な 思い出作ろう だから恥ずかしがらずにlaugh say laugh laugh laugh laugh laugh  さすれば なんだか ダンダン 面白く んで なんでもいいから とりあえず グンと はっちゃけちゃっても いいんじゃないの? もう 123 単純に 楽しんで行こう あソレー!  お兄ちゃんも お姉ちゃんも お父さんも お母さんも おじいちゃんも おばあちゃんも 弟も 妹も あっけらかんと はっちゃけちゃったら 愛が深まる そんな日だって あったっていいじゃん ハイレハイレフロー!  いろんな事起きる毎日に 飲み込まれちゃったのならツマラナイ 楽しくやれるように 笑っとけ だって 明日は今日と違う日なんだから それでいいじゃん  クヨクヨしているその時を 世界は待ってはくれません 弱音を吐くという 文字から一つ マイナスを抜いたのなら 「叶う」から あソレー!  5年後の自分はわかりません 5日後の自分も危ういな けど 5分後の自分が笑ってるなら そんな刹那つないで 涙を拭いて 生きろ HUMAN!!!!  あちらさんも こちらさんも 音のなる方へ そちらさんも どちらさんも ノリノリで クラッチ そんなこんなで どんな困難も 忘れていけるように ずっと笑って ずっころばしで ごまみそずいずいずいずい
OHA☆YOUGOLD LYLICお 疲れ昨日もよく頑張った は やおき目覚めにモーニングコーヒー よ うやく動き出すこの街ほら う たいだした  ご はんも食べなきゃいけないんだけど ざ わめく朝の時間足早に い そがしい ま いにちでも生きてる す てきにしよう  今日の僕はいつもと違う なぜか少し 輝いている そんな風に自分信じて そろそろ出掛けよう  さあ今日をもっと楽しく生きて(い) こう さあ今日はもっと笑っていれるだろう 朝が僕を迎えにくるように 明るい明日は僕らが迎えにいこう つまりもっともっともーっと 今日記念日  ホラ ようこそ新しい1日へ 昨日の良い事嫌な事も 夢の中に置いて今日は今日で さあはじめよう 広い世界が今日も動き出す 窓の外は光で溢れる 今日はどんな特別な出来事待ってるんだろう  きっと今日は誰かにとって 「忘れられない日」になるだろう 世界中であふれた「今日」が このドアの向こうで 待っているんだ だからさあゆこう 特別な日に僕らでするんだ どんな明日も今日の先にある 踏み出す一歩のその先にある つまりもっともっともーっと 今日記念日  何が起こるかわからない毎日が 僕らを試すけど つまずいたり 涙したりすることが 僕をまた強くするから  さあ今日はどんな1日にしよう? さあ今日はどんな誰かに逢えるだろう? みんなみんなみんな同じ1日で 今日を変えるのさ 僕ら自由です  さあ今日をもっと楽しく生きて(い) こう さあ今日はもっと笑顔とアリガトウ 今日の1日未来へ歩いて 明るい明日を僕らで迎えにいこう 世界は回る ぐるぐると回る 特別な日に僕らは逢いに行く どんな明日も今日の先にある だからもっともっと 今日を愛してこう つまりもっともっともーっと 今日記念日GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNお 疲れ昨日もよく頑張った は やおき目覚めにモーニングコーヒー よ うやく動き出すこの街ほら う たいだした  ご はんも食べなきゃいけないんだけど ざ わめく朝の時間足早に い そがしい ま いにちでも生きてる す てきにしよう  今日の僕はいつもと違う なぜか少し 輝いている そんな風に自分信じて そろそろ出掛けよう  さあ今日をもっと楽しく生きて(い) こう さあ今日はもっと笑っていれるだろう 朝が僕を迎えにくるように 明るい明日は僕らが迎えにいこう つまりもっともっともーっと 今日記念日  ホラ ようこそ新しい1日へ 昨日の良い事嫌な事も 夢の中に置いて今日は今日で さあはじめよう 広い世界が今日も動き出す 窓の外は光で溢れる 今日はどんな特別な出来事待ってるんだろう  きっと今日は誰かにとって 「忘れられない日」になるだろう 世界中であふれた「今日」が このドアの向こうで 待っているんだ だからさあゆこう 特別な日に僕らでするんだ どんな明日も今日の先にある 踏み出す一歩のその先にある つまりもっともっともーっと 今日記念日  何が起こるかわからない毎日が 僕らを試すけど つまずいたり 涙したりすることが 僕をまた強くするから  さあ今日はどんな1日にしよう? さあ今日はどんな誰かに逢えるだろう? みんなみんなみんな同じ1日で 今日を変えるのさ 僕ら自由です  さあ今日をもっと楽しく生きて(い) こう さあ今日はもっと笑顔とアリガトウ 今日の1日未来へ歩いて 明るい明日を僕らで迎えにいこう 世界は回る ぐるぐると回る 特別な日に僕らは逢いに行く どんな明日も今日の先にある だからもっともっと 今日を愛してこう つまりもっともっともーっと 今日記念日
おまじない次逢える日までの おまじない この手を離したら 帰らなくちゃなぁ 今日も沢山の 想い出写真 次逢える日まで 私をなぐさめて  帰りぎわに消えてく 笑顔のあなたが 手を振るたび 淋しくて 大好きで  雨の日には 傘は1つで あなたとの特別な おまじない ただそばで居られたら魔法のようで 一日の終りだけ 淋しくて  初めて名前を 知ったあの日 初めて冗談で 笑ったあの日 初めて一緒に 帰ったあの日 初めて夜通し 電話したあの日  沢山の「はじめて」が まだまだあるんだろう ずっと側で 手をつないでいたいなぁ  あなた居ない毎日が 明けて暮れていくだけ それだけなんだ 今日は逢えない日だから淋しくなる 明日 逢える日だから嬉しくなる  嬉しい事 悲しい事 聞いてほしくて あなたに逢える明日をつれてこい  雨が止んでも離れないで あなたとの特別な おまじない ただ1つ私だけに効く魔法で あなたとの幸せな おまじないGReeeeNGReeeeNGReeeeNShunsuke Kasuga・JIN次逢える日までの おまじない この手を離したら 帰らなくちゃなぁ 今日も沢山の 想い出写真 次逢える日まで 私をなぐさめて  帰りぎわに消えてく 笑顔のあなたが 手を振るたび 淋しくて 大好きで  雨の日には 傘は1つで あなたとの特別な おまじない ただそばで居られたら魔法のようで 一日の終りだけ 淋しくて  初めて名前を 知ったあの日 初めて冗談で 笑ったあの日 初めて一緒に 帰ったあの日 初めて夜通し 電話したあの日  沢山の「はじめて」が まだまだあるんだろう ずっと側で 手をつないでいたいなぁ  あなた居ない毎日が 明けて暮れていくだけ それだけなんだ 今日は逢えない日だから淋しくなる 明日 逢える日だから嬉しくなる  嬉しい事 悲しい事 聞いてほしくて あなたに逢える明日をつれてこい  雨が止んでも離れないで あなたとの特別な おまじない ただ1つ私だけに効く魔法で あなたとの幸せな おまじない
オレンジMILLION LYLIC1つ2つと 星が出てきた 夕焼け あの日の 帰り道で 並び歩いた 何気ない日と 空色 同じ色 重ねた 君を想って  始まりはなんとなくで 君の声も知らなくて 同じ帰り道で 少し前歩いてたよね 夕焼け染まる背中が 振り返り目があった瞬間(とき) 赤く染めた頬を 空の色のせいにした  雨があがった 校庭の隅で オレンジの背中 私を待っててくれたって 気付いた日から  ああ わかんないよ 何回も 君を追いかけ駆け出した 愛なのかい?恋なのかい? どれもわからない感情 ああ 止めらんない これなんだい? 焦るこの胸の鼓動が 君に聞こえそうで 近づけない どうしようもないくらい 君が好きなんだ  それからの帰り道は 2人で並んで歩いた 笑顔 泣き顔 全て オレンジ色に染めて  あの日見上げた 夕焼けの中で 1つ光る星が 君との想いを繋いだと 気付いた日から  ああ わかんないよ 何回も 君を追いかけ駆け出した 愛なのかい?恋なのかい? どれもわからない感情 ああ 止めらんない これなんだい? 焦るこの胸の鼓動が 君に聞こえそうで 近づけない どうしようもないくらい 君が好きなんだ  1つ2つと 星が出てきた この街 あの空 見えないけど 君との想い 繋げた星は 変わらないよ どこにいても 見えるだろう あの日のように  ああ わかんないよ 何回も 君を追いかけ駆け出した 愛なのかい?恋なのかい? どれもわからない感情 ああ 止めらんない これなんだい? 焦るこの胸の鼓動が 君に聞こえてたの? そんなくらい 近くに居たいのに この瞬間(とき)も  ああ 君が好き 君が好き あの日見上げた星を今日も 夕焼け色の中 見つけたよ どうしようもないくらい こみ上げるオレンジMILLION LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN1つ2つと 星が出てきた 夕焼け あの日の 帰り道で 並び歩いた 何気ない日と 空色 同じ色 重ねた 君を想って  始まりはなんとなくで 君の声も知らなくて 同じ帰り道で 少し前歩いてたよね 夕焼け染まる背中が 振り返り目があった瞬間(とき) 赤く染めた頬を 空の色のせいにした  雨があがった 校庭の隅で オレンジの背中 私を待っててくれたって 気付いた日から  ああ わかんないよ 何回も 君を追いかけ駆け出した 愛なのかい?恋なのかい? どれもわからない感情 ああ 止めらんない これなんだい? 焦るこの胸の鼓動が 君に聞こえそうで 近づけない どうしようもないくらい 君が好きなんだ  それからの帰り道は 2人で並んで歩いた 笑顔 泣き顔 全て オレンジ色に染めて  あの日見上げた 夕焼けの中で 1つ光る星が 君との想いを繋いだと 気付いた日から  ああ わかんないよ 何回も 君を追いかけ駆け出した 愛なのかい?恋なのかい? どれもわからない感情 ああ 止めらんない これなんだい? 焦るこの胸の鼓動が 君に聞こえそうで 近づけない どうしようもないくらい 君が好きなんだ  1つ2つと 星が出てきた この街 あの空 見えないけど 君との想い 繋げた星は 変わらないよ どこにいても 見えるだろう あの日のように  ああ わかんないよ 何回も 君を追いかけ駆け出した 愛なのかい?恋なのかい? どれもわからない感情 ああ 止めらんない これなんだい? 焦るこの胸の鼓動が 君に聞こえてたの? そんなくらい 近くに居たいのに この瞬間(とき)も  ああ 君が好き 君が好き あの日見上げた星を今日も 夕焼け色の中 見つけたよ どうしようもないくらい こみ上げるオレンジ
OH!!!! 迷惑!!!!GOLD LYLIC「街のはずれでシャバダバー♪」 なんて歌を歌ったら コンジキ色したランプ 物置で光りだした  あれは3年前の日、、、 アラビアの出張先 あの娘に似た美少女が 僕に話かけるの  『ネガイゴトカナエマショカ??』 少し片言だねw ひるむ僕に あの娘似の彼女ランプくれた  『シクタノカステイマキ!? リャソーロイロイデルアショウ!!!』 よく意味が分からなかったけど 少しワクワクしました  あの日もらったランプは いつの間にかしまわれて 日々をこなしていく僕 心もしまい込んだ  ワクワクやドキドキすら すり減らしていたの?? 光るランプ手にしたら ヒゲの魔人が登場!!!  『シクタノカステイマキ!? リャソーロイロイデルアショウ!!!』 やはり分からなかったけど 少しワクワクしました  レッドスネークカモーン  昔の僕は まだ見ぬ明日に 無限を感じた 魔人は言った『ソレハアナタアナタアナタノココロシダイダカラ~!!!』  ~魔法をかけてしんぜよう~  それからの日々は少し 楽しい事も増えた!!! 自分次第どうにでも なると分かったから  魔人の食事は日々 大盛りのカレー100杯!? 給料無くなりヤバいけど 楽しいからまあいいか  『メイワクカケテマスカ?』 いつも魔人は気にした そのわりにいつもと変わらず 満腹まで食べまくる  ある日家(うち)に帰ると 魔人のお気に入りの 机の上にポツリと カタコトの置き手紙が  『タノシクイキテマスカ!? ソリャイロイロアルデショウ!!!』 この言葉を残してまた 彼はまた次の旅へ。。。  はっ、夢だった!!!GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN「街のはずれでシャバダバー♪」 なんて歌を歌ったら コンジキ色したランプ 物置で光りだした  あれは3年前の日、、、 アラビアの出張先 あの娘に似た美少女が 僕に話かけるの  『ネガイゴトカナエマショカ??』 少し片言だねw ひるむ僕に あの娘似の彼女ランプくれた  『シクタノカステイマキ!? リャソーロイロイデルアショウ!!!』 よく意味が分からなかったけど 少しワクワクしました  あの日もらったランプは いつの間にかしまわれて 日々をこなしていく僕 心もしまい込んだ  ワクワクやドキドキすら すり減らしていたの?? 光るランプ手にしたら ヒゲの魔人が登場!!!  『シクタノカステイマキ!? リャソーロイロイデルアショウ!!!』 やはり分からなかったけど 少しワクワクしました  レッドスネークカモーン  昔の僕は まだ見ぬ明日に 無限を感じた 魔人は言った『ソレハアナタアナタアナタノココロシダイダカラ~!!!』  ~魔法をかけてしんぜよう~  それからの日々は少し 楽しい事も増えた!!! 自分次第どうにでも なると分かったから  魔人の食事は日々 大盛りのカレー100杯!? 給料無くなりヤバいけど 楽しいからまあいいか  『メイワクカケテマスカ?』 いつも魔人は気にした そのわりにいつもと変わらず 満腹まで食べまくる  ある日家(うち)に帰ると 魔人のお気に入りの 机の上にポツリと カタコトの置き手紙が  『タノシクイキテマスカ!? ソリャイロイロアルデショウ!!!』 この言葉を残してまた 彼はまた次の旅へ。。。  はっ、夢だった!!!
PLATINA LYLIC私また 風に吹かれ 心迷い 流れて どこか遠く 行きたい場所へ 新しい私 探して  流れゆく日々 あの日の約束 遠く離れたあの頃へ そんな事を思っていました  風に吹かれた 花びらのように ヒラヒラ舞って 私の想いを乗せてゆけ まだ見ぬ場所 私を待つ  「過去」と「未来」の真ん中で 今日も私は迷ってた どの空も どんな場所へも 繋がってる わかってた  どこへ行くかは私の描いた 心の地図を広げれば 飛んでいける どんな未来(とこ)だって  きっとこの世界には溢れてる 選べる自由 辿り着くまで 飛び続けていれるように 私を探すよ  新しい景色に 憧れてしまうのは まだ知らない自分に 期待しているからなのかな ああそうだろう  風に吹かれた 花びらのように ヒラヒラ舞って 私の想いを乗せてゆけ まだ見ぬ旅 何処に行く  空は青く 吹く風清く 私の涙包んで そんな私でいられる場所は そう 自分自身で描こうPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN私また 風に吹かれ 心迷い 流れて どこか遠く 行きたい場所へ 新しい私 探して  流れゆく日々 あの日の約束 遠く離れたあの頃へ そんな事を思っていました  風に吹かれた 花びらのように ヒラヒラ舞って 私の想いを乗せてゆけ まだ見ぬ場所 私を待つ  「過去」と「未来」の真ん中で 今日も私は迷ってた どの空も どんな場所へも 繋がってる わかってた  どこへ行くかは私の描いた 心の地図を広げれば 飛んでいける どんな未来(とこ)だって  きっとこの世界には溢れてる 選べる自由 辿り着くまで 飛び続けていれるように 私を探すよ  新しい景色に 憧れてしまうのは まだ知らない自分に 期待しているからなのかな ああそうだろう  風に吹かれた 花びらのように ヒラヒラ舞って 私の想いを乗せてゆけ まだ見ぬ旅 何処に行く  空は青く 吹く風清く 私の涙包んで そんな私でいられる場所は そう 自分自身で描こう
勝ちドキNo.1:支配、作り CHANCE MAKE No.2:GETれスコア 光るPLAY No.3:IN OUT 崩しゆけ No.4、5:嵐巻きおこせ  あげろカチドキ wow こんなもんじゃないだろ 聞かせろよ wow  今 運命が変わる時だ 遠慮なんかしないで獲りにいこう そこのけそこのけ 俺らが通る どんな囲いも 開く突破口  切り裂く 上下 ついてこれるかい? 振り払う 左右 迫るはEND TIME 何度転んでも 立ち上がり 生きた証を見せつけよう  No.1:支配、作り CHANCE MAKE No.2:GETれスコア 光るPLAY No.3:IN OUT 崩しゆけ No.4、5:嵐巻きおこせ  今日は人生でたった1度 世界の誰も未体験です 行方知れずのイマが始まる 『サア暴れに 行こうか!!!!!』  あげろ あげろ 勝ちドキあげろ 何度も 何度も それでも、、を信じてきた 今日までと 今日からは 1秒で変わる 声を嗄らし 仲間と 叫べ 『さあ行こう!!!!!』  さんざんもうダメだって時が 来るたび越えてこれたのは 人知れずの涙も見せず アイツが頑張っていたから  それぞれみんなガムシャラなんだ 生まれ育ちも違ったまんま 一つになる 一つになる 邪魔すりゃ 容赦すんな  あげろ あげろ 勝ちドキあげろ 何度も 何度も くやしさ、、を信じてきた 超えろ 超えろ 自分至上最強 声を嗄らし 仲間と 叫べ 『最高!!!!!』  眩しい今日を迎えるため 夜明け前の静寂に 暁にも似た言葉くれた 一人一人思い浮かべた  『ワレニ勇気ヲ』  届け 届け せーので届け 今日までの 全部 1秒に込めろ  あげろ あげろ 勝ちドキあげろ 何千も 何万もの『今日まで』のすべてと ひらけ ひらけ 道きりひらけ 我を 仲間を 引き連れ 『イッチョ 暴れましょう!!!!!』GReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・Tsubasa TakadaNo.1:支配、作り CHANCE MAKE No.2:GETれスコア 光るPLAY No.3:IN OUT 崩しゆけ No.4、5:嵐巻きおこせ  あげろカチドキ wow こんなもんじゃないだろ 聞かせろよ wow  今 運命が変わる時だ 遠慮なんかしないで獲りにいこう そこのけそこのけ 俺らが通る どんな囲いも 開く突破口  切り裂く 上下 ついてこれるかい? 振り払う 左右 迫るはEND TIME 何度転んでも 立ち上がり 生きた証を見せつけよう  No.1:支配、作り CHANCE MAKE No.2:GETれスコア 光るPLAY No.3:IN OUT 崩しゆけ No.4、5:嵐巻きおこせ  今日は人生でたった1度 世界の誰も未体験です 行方知れずのイマが始まる 『サア暴れに 行こうか!!!!!』  あげろ あげろ 勝ちドキあげろ 何度も 何度も それでも、、を信じてきた 今日までと 今日からは 1秒で変わる 声を嗄らし 仲間と 叫べ 『さあ行こう!!!!!』  さんざんもうダメだって時が 来るたび越えてこれたのは 人知れずの涙も見せず アイツが頑張っていたから  それぞれみんなガムシャラなんだ 生まれ育ちも違ったまんま 一つになる 一つになる 邪魔すりゃ 容赦すんな  あげろ あげろ 勝ちドキあげろ 何度も 何度も くやしさ、、を信じてきた 超えろ 超えろ 自分至上最強 声を嗄らし 仲間と 叫べ 『最高!!!!!』  眩しい今日を迎えるため 夜明け前の静寂に 暁にも似た言葉くれた 一人一人思い浮かべた  『ワレニ勇気ヲ』  届け 届け せーので届け 今日までの 全部 1秒に込めろ  あげろ あげろ 勝ちドキあげろ 何千も 何万もの『今日まで』のすべてと ひらけ ひらけ 道きりひらけ 我を 仲間を 引き連れ 『イッチョ 暴れましょう!!!!!』
KARAKARAGOLD LYLICさぁー お祭り騒ぎの始まりだ 取り外せ今すぐにサイレンサー HID の次は E ですか? 鼓膜突き刺す 言葉が言えるか!!  HEY バトンタッチしたぜ 音と言葉 足し算していく 8765431 集まる言霊の SIGN  そんなリズムに合わせて カラダが動き出す ほうら ビートに合わせて お隣さんも騒ぎだす!!!  体が欲しがるテンション もっと頂戴潤せ この渇きを 愛も恋も仕事も 乗り越えて行ける気がする 願いは叶えるんだ 世界は自分で決めんだ 弾けて踊り明かそう ハートが KARAKARA♪  地面響かす低音うならす 重低音から空前 Show S・O・H HEY HEY ベース音製造 Yo! Say Ho!!  繋がって連なって完成 high tone シャワーナビゲーション  そんな音に合わせて カラダが動きだす ほうら メロディに合わせりゃ 心も踊りだす  あぁまだ足りないテンション 越えてけ 今の限界を 夢も希望も涙も 連れて行ける気がする 描いた未来図はスマイルだ when I say『愛』 それを叫ぶんだ 誰かに気づいて欲しい ねぇ咽が AH KARAKARA♪  ONE TWO Here we go!!!! Dancing 君も 踊れ朝まで 声聞かせて ファンキーフライデイナイト グロッキーなんてない そこで踊れ じゃんジャンJAN 騒game!!!!   + KICK ハイテンション ロマンティック体験しよう I say HOOO You say HOOO 声聞かせて ジャンピンフライライライ 毎回たんない time なんなんだい? 終わりなんかい? 騒ぎたん night!!!!  そんなリズムに合わせて カラダが動き出す ほうら ビートに合わせて お隣さんに さぁ聞かす!!!  聞かせて… ここまでみんなの声を どこまでも響かせ ラララララララーララララー♪ 声を合わせ叫ぼう どれだけ遠い気したって その果て オアシス目指して 心潤せ自分 今日 KARA!!!! 明日 KARA!!!!GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・nishi-kenさぁー お祭り騒ぎの始まりだ 取り外せ今すぐにサイレンサー HID の次は E ですか? 鼓膜突き刺す 言葉が言えるか!!  HEY バトンタッチしたぜ 音と言葉 足し算していく 8765431 集まる言霊の SIGN  そんなリズムに合わせて カラダが動き出す ほうら ビートに合わせて お隣さんも騒ぎだす!!!  体が欲しがるテンション もっと頂戴潤せ この渇きを 愛も恋も仕事も 乗り越えて行ける気がする 願いは叶えるんだ 世界は自分で決めんだ 弾けて踊り明かそう ハートが KARAKARA♪  地面響かす低音うならす 重低音から空前 Show S・O・H HEY HEY ベース音製造 Yo! Say Ho!!  繋がって連なって完成 high tone シャワーナビゲーション  そんな音に合わせて カラダが動きだす ほうら メロディに合わせりゃ 心も踊りだす  あぁまだ足りないテンション 越えてけ 今の限界を 夢も希望も涙も 連れて行ける気がする 描いた未来図はスマイルだ when I say『愛』 それを叫ぶんだ 誰かに気づいて欲しい ねぇ咽が AH KARAKARA♪  ONE TWO Here we go!!!! Dancing 君も 踊れ朝まで 声聞かせて ファンキーフライデイナイト グロッキーなんてない そこで踊れ じゃんジャンJAN 騒game!!!!   + KICK ハイテンション ロマンティック体験しよう I say HOOO You say HOOO 声聞かせて ジャンピンフライライライ 毎回たんない time なんなんだい? 終わりなんかい? 騒ぎたん night!!!!  そんなリズムに合わせて カラダが動き出す ほうら ビートに合わせて お隣さんに さぁ聞かす!!!  聞かせて… ここまでみんなの声を どこまでも響かせ ラララララララーララララー♪ 声を合わせ叫ぼう どれだけ遠い気したって その果て オアシス目指して 心潤せ自分 今日 KARA!!!! 明日 KARA!!!!
カワリバンコハンブンコいつもの君とほら すこし違う なにかあったんだよね そんな気がしてる 全部言わなくても いいからすこしどうか 君の隣でうなずかせて  真面目な君の 平気なふりして 抱えるクセも やめたらいいよ  どうか毎日の中で たとえ不安に負けそうでも だけど 待つよいつも 君なりのタイミングでしょ だから 最後はまた いつもみたいにきっと 『カワリバンコ ハンブンコ』  眠れないままで 午前4時 ほら空の向こうから 朝が来てる 世界で一人きり そんな風におもえちゃうくらいの心 そうか そうだよね、、、  君の何かを 変えれるくらいの力もないけど そばで座って  どうか毎日の中で たとえ不安で泣いてても いつか その涙も笑い話にできますように だから 最後はまた いつもみたいにきっと 『カワリバンコ ハンブンコ』  結局気づけば それも過去で もう無理って時は 過ぎてくから 君の何かが軽くなるまで あの日君がそうしてくれた 『カワリバンコ ハンブンコ』  どうか毎日の中で たとえ見失うだろうけど だけど 待つよいつも みんな迷いながら、そうでしょ だから 最後はまた いつもみたいにきっと ゴメンネとアリガトウがずっと 『カワリバンコ ハンブンコ』GReeeeNGReeeeNGReeeeNShunsuke Kasugaいつもの君とほら すこし違う なにかあったんだよね そんな気がしてる 全部言わなくても いいからすこしどうか 君の隣でうなずかせて  真面目な君の 平気なふりして 抱えるクセも やめたらいいよ  どうか毎日の中で たとえ不安に負けそうでも だけど 待つよいつも 君なりのタイミングでしょ だから 最後はまた いつもみたいにきっと 『カワリバンコ ハンブンコ』  眠れないままで 午前4時 ほら空の向こうから 朝が来てる 世界で一人きり そんな風におもえちゃうくらいの心 そうか そうだよね、、、  君の何かを 変えれるくらいの力もないけど そばで座って  どうか毎日の中で たとえ不安で泣いてても いつか その涙も笑い話にできますように だから 最後はまた いつもみたいにきっと 『カワリバンコ ハンブンコ』  結局気づけば それも過去で もう無理って時は 過ぎてくから 君の何かが軽くなるまで あの日君がそうしてくれた 『カワリバンコ ハンブンコ』  どうか毎日の中で たとえ見失うだろうけど だけど 待つよいつも みんな迷いながら、そうでしょ だから 最後はまた いつもみたいにきっと ゴメンネとアリガトウがずっと 『カワリバンコ ハンブンコ』
ガム 噛む wonder comeGOLD LYLICガムならハカどーる ガムならハカどーる  君の街まで 飛んで行きたくて どうすればいいか 悩める日々です 翼もないし 魔法も使えない けど君が驚くのを見たい  ポケットの中には 一粒のチューインガム ねえ願いを叶えて 君の街までは ひとっ飛び 膨らまそう ワクワクも一緒に 噛もう come on  待たせたねbaby って目の前に 飛んできたら 笑ってくれるかな? そんなイマジネーション を昔々 の人々は 魔法と呼んだ 忘れないでそんな気持ち 呪文もいらない幸せを hey  ガムならハカどーる ガムならハカどーる  西から東へ 雲を掻き分けて 七色の橋 渡ってきた 君に逢いたくて 風船ガムで フワフワとここに来たんだ  君が笑ってくれるなら 映画のビッグ・フィッシュみたいに 色んな想像を リズムと言葉で 唄うんだ 膨らまそう ワクワクも一緒に 噛もう come on  待たせたねbaby って目の前に 飛んできたら 笑ってくれるかな? そんなイマジネーション を昔々 の人々は 魔法と呼んだ 忘れないでそんな気持ち 呪文もいらない幸せを hey  君の好きな味で逢いに行くから 遠く森の向こうに 恐ろしい魔女が居ても もっと噛んで もっと高くへ どうにか君に逢いたくて そんなワクワクでいれたら 争いも無くなる  色んな豊かさだけが 凄い速さで進んでくけど 素敵な想いなら チューインガム一つ あればいい 距離も現実(いま)も 超える力さ 噛もう come on  待たせたねbaby って目の前に 飛んできたら 笑ってくれるかな? そんなイマジネーション を昔々 の人々は 魔法と呼んだって  笑ってよbaby って目の前に 飛んできたら 笑ってくれるかな? 願わくば君と 笑っていたい いつまでもいたい 色んな話しよう ポケットのガムを出して そんな話をしてみようか 忘れないでそんな気持ちを 呪文もいらない幸せを hey hey!!!!GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JINガムならハカどーる ガムならハカどーる  君の街まで 飛んで行きたくて どうすればいいか 悩める日々です 翼もないし 魔法も使えない けど君が驚くのを見たい  ポケットの中には 一粒のチューインガム ねえ願いを叶えて 君の街までは ひとっ飛び 膨らまそう ワクワクも一緒に 噛もう come on  待たせたねbaby って目の前に 飛んできたら 笑ってくれるかな? そんなイマジネーション を昔々 の人々は 魔法と呼んだ 忘れないでそんな気持ち 呪文もいらない幸せを hey  ガムならハカどーる ガムならハカどーる  西から東へ 雲を掻き分けて 七色の橋 渡ってきた 君に逢いたくて 風船ガムで フワフワとここに来たんだ  君が笑ってくれるなら 映画のビッグ・フィッシュみたいに 色んな想像を リズムと言葉で 唄うんだ 膨らまそう ワクワクも一緒に 噛もう come on  待たせたねbaby って目の前に 飛んできたら 笑ってくれるかな? そんなイマジネーション を昔々 の人々は 魔法と呼んだ 忘れないでそんな気持ち 呪文もいらない幸せを hey  君の好きな味で逢いに行くから 遠く森の向こうに 恐ろしい魔女が居ても もっと噛んで もっと高くへ どうにか君に逢いたくて そんなワクワクでいれたら 争いも無くなる  色んな豊かさだけが 凄い速さで進んでくけど 素敵な想いなら チューインガム一つ あればいい 距離も現実(いま)も 超える力さ 噛もう come on  待たせたねbaby って目の前に 飛んできたら 笑ってくれるかな? そんなイマジネーション を昔々 の人々は 魔法と呼んだって  笑ってよbaby って目の前に 飛んできたら 笑ってくれるかな? 願わくば君と 笑っていたい いつまでもいたい 色んな話しよう ポケットのガムを出して そんな話をしてみようか 忘れないでそんな気持ちを 呪文もいらない幸せを hey hey!!!!
PLATINA LYLIC遠く海の向こう 朝日が昇れば きっと何か始まる そんな合図  行こよ 最高のTIME つかむため前を 進み続ける俺らのSTYLE そいつあだいぶ これからのLIFE 変えていけるそんな気がする  僕らはこの星で (解り合える友との絆を力に) これからも進むさ (羅針盤がシメすその先へ)  今は何も解らないまま ガムシャラに夢を追いかけていく 君が 僕が 輝ける場所 見つけにいこう その先へ !!!  小さな頃に抱いた未来のSTORY 今もその胸に光っていますか?  いつも歩み止めずに だけど急がずに 目に見える物全て僕らに 教えてくれるさ 大事なのは何か 悩む事無い 君は一人じゃない  僕らはこの星で (解り合える友との絆を力に) これからも進むさ (羅針盤がシメすその先へ)  一人一人は小さくても 絆のもとに力合わせ 君と僕ら 仲間だから 笑顔でいこう これからも  Wonderful !!! It's amazing world !!! なんだかんだ言ってやってきた 家族や友情 荷を積んで出航! 僕ら絆の元 行こう  信じる力が 僕らをそこに連れてってくれるさ It's brand new world !!! ハチャメチャな世界 飛びだそ― !!!!!! (yeah ―― !! )  今は何も解らないまま ガムシャラに夢を追いかけていく 君が 僕が 輝ける場所 見つけにいこう その先へ !!!  一人一人は小さくても 絆のもとに力合わせ 君と僕ら 仲間だから 笑顔でいこう これからもPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN遠く海の向こう 朝日が昇れば きっと何か始まる そんな合図  行こよ 最高のTIME つかむため前を 進み続ける俺らのSTYLE そいつあだいぶ これからのLIFE 変えていけるそんな気がする  僕らはこの星で (解り合える友との絆を力に) これからも進むさ (羅針盤がシメすその先へ)  今は何も解らないまま ガムシャラに夢を追いかけていく 君が 僕が 輝ける場所 見つけにいこう その先へ !!!  小さな頃に抱いた未来のSTORY 今もその胸に光っていますか?  いつも歩み止めずに だけど急がずに 目に見える物全て僕らに 教えてくれるさ 大事なのは何か 悩む事無い 君は一人じゃない  僕らはこの星で (解り合える友との絆を力に) これからも進むさ (羅針盤がシメすその先へ)  一人一人は小さくても 絆のもとに力合わせ 君と僕ら 仲間だから 笑顔でいこう これからも  Wonderful !!! It's amazing world !!! なんだかんだ言ってやってきた 家族や友情 荷を積んで出航! 僕ら絆の元 行こう  信じる力が 僕らをそこに連れてってくれるさ It's brand new world !!! ハチャメチャな世界 飛びだそ― !!!!!! (yeah ―― !! )  今は何も解らないまま ガムシャラに夢を追いかけていく 君が 僕が 輝ける場所 見つけにいこう その先へ !!!  一人一人は小さくても 絆のもとに力合わせ 君と僕ら 仲間だから 笑顔でいこう これからも
キセキMILLION LYLIC明日、今日よりも好きになれる 溢れる想いが止まらない 今もこんなに好きでいるのに 言葉に出来ない  君のくれた日々が積み重なり 過ぎ去った日々2人歩いた『軌跡』 僕らの出逢いがもし偶然ならば? 運命ならば? 君に巡り合えた それって『奇跡』  2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして いつまでも君の横で 笑っていたくて アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど せめて言わせて 「幸せです」と  いつも君の右の手の平を ただ僕の左の手の平が そっと包んでくそれだけで ただ愛を感じていた  日々の中で 小さな幸せ 見つけ重ね ゆっくり歩いた『軌跡』 僕らの出会いは大きな世界で 小さな出来事 巡り合えた それって『奇跡』  うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって! 強がりや寂しさも 忘れられるから 僕は君でなら 僕で居れるから! だからいつも そばにいてよ 『愛しい君へ』  2人フザけあった帰り道 それも大切な僕らの日々 「想いよ届け!!!」と伝えた時に 初めて見せた表情の君 少し間が空いて 君がうなずいて 僕らの心 満たされてく愛で ぼくらまだ旅の途中で またこれから先も 何十年続いていけるような未来へ  例えばほら 明日を見失いそうに 僕らなったとしても、、、  2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして いつまでも君の横で 笑っていたくて アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど せめて言わせて 「幸せです」と  うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって! 喜びや悲しみも 全て分け合える 君がいるから 生きていけるから! だからいつも そばにいてよ 『愛しい君へ』 最後の一秒まで  明日、今日より笑顔になれる 君がいるだけで そう思えるから 何十年 何百年 何千年 時を超えよう 君を愛してるMILLION LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN明日、今日よりも好きになれる 溢れる想いが止まらない 今もこんなに好きでいるのに 言葉に出来ない  君のくれた日々が積み重なり 過ぎ去った日々2人歩いた『軌跡』 僕らの出逢いがもし偶然ならば? 運命ならば? 君に巡り合えた それって『奇跡』  2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして いつまでも君の横で 笑っていたくて アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど せめて言わせて 「幸せです」と  いつも君の右の手の平を ただ僕の左の手の平が そっと包んでくそれだけで ただ愛を感じていた  日々の中で 小さな幸せ 見つけ重ね ゆっくり歩いた『軌跡』 僕らの出会いは大きな世界で 小さな出来事 巡り合えた それって『奇跡』  うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって! 強がりや寂しさも 忘れられるから 僕は君でなら 僕で居れるから! だからいつも そばにいてよ 『愛しい君へ』  2人フザけあった帰り道 それも大切な僕らの日々 「想いよ届け!!!」と伝えた時に 初めて見せた表情の君 少し間が空いて 君がうなずいて 僕らの心 満たされてく愛で ぼくらまだ旅の途中で またこれから先も 何十年続いていけるような未来へ  例えばほら 明日を見失いそうに 僕らなったとしても、、、  2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして いつまでも君の横で 笑っていたくて アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど せめて言わせて 「幸せです」と  うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって! 喜びや悲しみも 全て分け合える 君がいるから 生きていけるから! だからいつも そばにいてよ 『愛しい君へ』 最後の一秒まで  明日、今日より笑顔になれる 君がいるだけで そう思えるから 何十年 何百年 何千年 時を超えよう 君を愛してる
キセキ for Basketballers明日、今日よりも好きになれる 溢れる想いが止まらない 今もこんなに好きでいるのに 言葉に出来ない  君のくれた日々が積み重なり 過ぎ去った日々2人歩いた『軌跡』 僕らの出逢いがもし偶然ならば? 運命ならば? 君に巡り合えた それって『奇跡』  2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして いつまでも君の横で 笑っていたくて アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど せめて言わせて 「幸せです」とGReeeeNGReeeeNGReeeeN明日、今日よりも好きになれる 溢れる想いが止まらない 今もこんなに好きでいるのに 言葉に出来ない  君のくれた日々が積み重なり 過ぎ去った日々2人歩いた『軌跡』 僕らの出逢いがもし偶然ならば? 運命ならば? 君に巡り合えた それって『奇跡』  2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして いつまでも君の横で 笑っていたくて アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど せめて言わせて 「幸せです」と
君想いPLATINA LYLIC君と出会ってから月日は流れ こんなそばで支え合って 君のくれたもの多くあって 僕の両手想い出増えて 楽しい事ばかりではないが 君が居てくれたから乗り越えてこれた 本当君にありがとう これからもあげたいよ何かを  いつだって いつだって 気付かされる事は多くて つながって つながって いるから強くなれる 僕だって 君にとって そういう人になれるかな? 君を想い、、、  いつも君が笑ってるから その笑顔が胸にあるから 繰り返しの日々を乗り越えて行けるのは そう 君が居るから  君といる時間がドンドン過ぎて さっきやった事過去になって 気が付くとそれが本当に惜しくて 一緒に居るのに笑ってなくて 共に過ごした時間が愛しくて泣き笑いも二人の宝物で こんな僕でいいか いつも聞いて 本当は解ってるのに  いつだって いつだって 君を困らせてばかりで ただ黙って 君笑って 僕を許してくれる 僕だって 君にとって 優しい場所になれるかな? 君を想い、、、  いつも君が笑ってるから その笑顔が胸にあるから 繰り返しの日々を乗り越えて行けるのは そう 君が居るから  二人で見たあの星空を 覚えてますか? 「時間を止めて」 君はつぶやき 世界中の時間よすべて止まれ! 君が笑うまで、、、  いつも君が笑ってるから その笑顔が胸にあるから この両手で持ちきれぬほどに強くなれるのは 君が居るから!PLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN君と出会ってから月日は流れ こんなそばで支え合って 君のくれたもの多くあって 僕の両手想い出増えて 楽しい事ばかりではないが 君が居てくれたから乗り越えてこれた 本当君にありがとう これからもあげたいよ何かを  いつだって いつだって 気付かされる事は多くて つながって つながって いるから強くなれる 僕だって 君にとって そういう人になれるかな? 君を想い、、、  いつも君が笑ってるから その笑顔が胸にあるから 繰り返しの日々を乗り越えて行けるのは そう 君が居るから  君といる時間がドンドン過ぎて さっきやった事過去になって 気が付くとそれが本当に惜しくて 一緒に居るのに笑ってなくて 共に過ごした時間が愛しくて泣き笑いも二人の宝物で こんな僕でいいか いつも聞いて 本当は解ってるのに  いつだって いつだって 君を困らせてばかりで ただ黙って 君笑って 僕を許してくれる 僕だって 君にとって 優しい場所になれるかな? 君を想い、、、  いつも君が笑ってるから その笑顔が胸にあるから 繰り返しの日々を乗り越えて行けるのは そう 君が居るから  二人で見たあの星空を 覚えてますか? 「時間を止めて」 君はつぶやき 世界中の時間よすべて止まれ! 君が笑うまで、、、  いつも君が笑ってるから その笑顔が胸にあるから この両手で持ちきれぬほどに強くなれるのは 君が居るから!
キミマツ春めく風は あの日のキミのこと 連れ来た 「ほんの少し」と 遠くへ行く君がうつむいていた  二人で語った夢あって お互い「ガンバレ、、」って言って いつかその日が ってわかってたのに 確かめちゃダメな不安は キミの笑顔見てる間 その刹那だけ消えてくようで  願いよどうか届いておくれ ずっとこんな時が 続きますように、、、そんな言葉を キミに言えないまま  去年の春は あの電車に乗って二人で 花咲く丘へ 手をつないでキミと歩いていた  あの坂を少し登って 海が見える公園で いつまでもただ遠く見ていた 夕闇がキミを照らして 街の色が色づいて もう少しこのままでいさせて  色鮮やかに咲く花の色 きっと 移ろい行く 何度も季節越えて咲くだろう そんな花のように  「大丈夫、行っておいで」と 笑顔で言いたいから 来年も花咲く丘で キミを想い手紙を書くよ  春風乗せて届けておくれ 元気にしていますか 何も変わらず咲いているから キミを想ったまま  花咲く丘はいつかのままで キミの笑顔を待つ 何度も季節越えてキミマツ いつかのおかえりまでGReeeeNGReeeeNGReeeeNNaoki Itai・SOMA GENDA春めく風は あの日のキミのこと 連れ来た 「ほんの少し」と 遠くへ行く君がうつむいていた  二人で語った夢あって お互い「ガンバレ、、」って言って いつかその日が ってわかってたのに 確かめちゃダメな不安は キミの笑顔見てる間 その刹那だけ消えてくようで  願いよどうか届いておくれ ずっとこんな時が 続きますように、、、そんな言葉を キミに言えないまま  去年の春は あの電車に乗って二人で 花咲く丘へ 手をつないでキミと歩いていた  あの坂を少し登って 海が見える公園で いつまでもただ遠く見ていた 夕闇がキミを照らして 街の色が色づいて もう少しこのままでいさせて  色鮮やかに咲く花の色 きっと 移ろい行く 何度も季節越えて咲くだろう そんな花のように  「大丈夫、行っておいで」と 笑顔で言いたいから 来年も花咲く丘で キミを想い手紙を書くよ  春風乗せて届けておくれ 元気にしていますか 何も変わらず咲いているから キミを想ったまま  花咲く丘はいつかのままで キミの笑顔を待つ 何度も季節越えてキミマツ いつかのおかえりまで
口笛PLATINA LYLICなんでそんな風に 悲しい顔して うつむいているの? 少し笑っていたほうが なんとなく楽しくない?  そりゃ誰だって そう僕だって やる事なす事中途半端 あんまり人と 比べてみても 何も始まらない  口笛吹いて 楽しく笑って 明日は何かいい日になるさ いつか素晴らしい花を咲かそうよ 君ならきっと出来るさ  間違いだって いつか君となり 大きな力ヘ だけどそうやって 眉間のシワあっちゃ楽しくない!  そりゃ誰だって そう僕だって 色んな不安を抱えて生きて マイナスをプラスにかえて いけたらいいな  口笛吹いて ほら顔上げて 明日は明日の風が吹くさ いつか素晴らしい花を咲かそうよ 君ならきっと出来るさ  小さな感動 幸せと呼ぼう そういうとこから始めよう 少しでもいいから一歩一歩  my way 前へ myself 抱いて 大変だって 進め 明日ヘ 笑顔で 描いて 目指して 行こうぜ!!!  口笛吹いて 楽しく笑って 今出来る事をやればいいさ いつかはきっと 君ならきっと大丈夫 なんとかなるさ!  口笛吹いて ほら胸張って 今は今でしかないんだから いつかこの日が 笑えるように やれるだけやって進もう  想い通りに生きれたらいいのにPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNなんでそんな風に 悲しい顔して うつむいているの? 少し笑っていたほうが なんとなく楽しくない?  そりゃ誰だって そう僕だって やる事なす事中途半端 あんまり人と 比べてみても 何も始まらない  口笛吹いて 楽しく笑って 明日は何かいい日になるさ いつか素晴らしい花を咲かそうよ 君ならきっと出来るさ  間違いだって いつか君となり 大きな力ヘ だけどそうやって 眉間のシワあっちゃ楽しくない!  そりゃ誰だって そう僕だって 色んな不安を抱えて生きて マイナスをプラスにかえて いけたらいいな  口笛吹いて ほら顔上げて 明日は明日の風が吹くさ いつか素晴らしい花を咲かそうよ 君ならきっと出来るさ  小さな感動 幸せと呼ぼう そういうとこから始めよう 少しでもいいから一歩一歩  my way 前へ myself 抱いて 大変だって 進め 明日ヘ 笑顔で 描いて 目指して 行こうぜ!!!  口笛吹いて 楽しく笑って 今出来る事をやればいいさ いつかはきっと 君ならきっと大丈夫 なんとかなるさ!  口笛吹いて ほら胸張って 今は今でしかないんだから いつかこの日が 笑えるように やれるだけやって進もう  想い通りに生きれたらいいのに
Cooking 彼氏GOLD LYLICホーミータイ ホーミータイ 抱きしめたい そうみたい そうみたい 大好きみたい  そっか おなかすいてたのか おっと 腹時計が鳴る なんだ もうこんな時間 そろそろ終わりにしよう さっき ケンカしてごめん やっぱ おなかは減るのです。 よっしゃ 今日は僕が作ろう 和 洋 中華 パスタ カモン!  愛のレシピ 願い込めて 料理チャッチャッチャッ 仕事はパッパッパッ アイデア勝負でしょ ご機嫌メニュー出てこい!  トゥルリーラー  パアッパッ 魔法をかけて ヘブンリーラー ちょっと待ってて 君と スマイリーラー 溢れ出したら きっと エブリラーン きっと!幸せさ フィーライハイ フィーライハイ 抱きしめたい そうみたい そうみたい 大好きみたい ヒーハーハー フーハーハー 仲直りさ ハオチー デリシャス デリシュー マジおいしい ボーノ!!  妙に 悩んでもしょうがない どんな ノリで今日はいく? やっぱ おなかがすいてたら アイデアでないみたいw  世界中に 愛の数だけ 笑顔のメニュー きっとあるでしょ 好奇心 出していこう 間違いは恐れないぜ!  トゥルリーラー パアッパッ 魔法をかけて ヘブンリーラー ちょっと待ってて 君と スマイリーラー 溢れ出したら きっと エブリラーン きっと!幸せさ フィーライハイ フィーライハイ 抱きしめたい そうみたい そうみたい 大好きみたい ヒーハーハー フーハーハー 仲直りさ ハオチー デリシャス デリシュー マジおいしい ボーノ!!  はら はら はら 腹が減っちゃ ぐる ぐる ぐる 目が回ってく なんとなく やっぱり ご機嫌斜めだね ララ ララ ララ 歌ってみて らら らら らら 君はやっぱり 僕をがんばらせてくれる  Ah 冷めない うちに召し上がれ Ah 君といられる幸せっ!!  トゥルリーラー  パアッパッ 魔法をかけて ヘブンリーラー ちょっと待ってて 君とスマイリーラー 溢れ出したら きっと エブリラーン きっと!幸せさ フィーライハイ フィーライハイ 抱きしめたい そうみたい そうみたい 大好きみたい ヒーハーハー フーハーハー 仲直りさ ハオチー デリシャス デリシュー マジおいしい ボーノ!!  クロージョーアイズ クロージョーアイズ 瞳閉じて ホーミータイ ホーミータイ おいしい!? ラビューGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNホーミータイ ホーミータイ 抱きしめたい そうみたい そうみたい 大好きみたい  そっか おなかすいてたのか おっと 腹時計が鳴る なんだ もうこんな時間 そろそろ終わりにしよう さっき ケンカしてごめん やっぱ おなかは減るのです。 よっしゃ 今日は僕が作ろう 和 洋 中華 パスタ カモン!  愛のレシピ 願い込めて 料理チャッチャッチャッ 仕事はパッパッパッ アイデア勝負でしょ ご機嫌メニュー出てこい!  トゥルリーラー  パアッパッ 魔法をかけて ヘブンリーラー ちょっと待ってて 君と スマイリーラー 溢れ出したら きっと エブリラーン きっと!幸せさ フィーライハイ フィーライハイ 抱きしめたい そうみたい そうみたい 大好きみたい ヒーハーハー フーハーハー 仲直りさ ハオチー デリシャス デリシュー マジおいしい ボーノ!!  妙に 悩んでもしょうがない どんな ノリで今日はいく? やっぱ おなかがすいてたら アイデアでないみたいw  世界中に 愛の数だけ 笑顔のメニュー きっとあるでしょ 好奇心 出していこう 間違いは恐れないぜ!  トゥルリーラー パアッパッ 魔法をかけて ヘブンリーラー ちょっと待ってて 君と スマイリーラー 溢れ出したら きっと エブリラーン きっと!幸せさ フィーライハイ フィーライハイ 抱きしめたい そうみたい そうみたい 大好きみたい ヒーハーハー フーハーハー 仲直りさ ハオチー デリシャス デリシュー マジおいしい ボーノ!!  はら はら はら 腹が減っちゃ ぐる ぐる ぐる 目が回ってく なんとなく やっぱり ご機嫌斜めだね ララ ララ ララ 歌ってみて らら らら らら 君はやっぱり 僕をがんばらせてくれる  Ah 冷めない うちに召し上がれ Ah 君といられる幸せっ!!  トゥルリーラー  パアッパッ 魔法をかけて ヘブンリーラー ちょっと待ってて 君とスマイリーラー 溢れ出したら きっと エブリラーン きっと!幸せさ フィーライハイ フィーライハイ 抱きしめたい そうみたい そうみたい 大好きみたい ヒーハーハー フーハーハー 仲直りさ ハオチー デリシャス デリシュー マジおいしい ボーノ!!  クロージョーアイズ クロージョーアイズ 瞳閉じて ホーミータイ ホーミータイ おいしい!? ラビュー
クリスマスの夜にメリークリスマス 君との待ち合わせ少し急ぎ足で ほら プレゼントぶつけないようにして 君の笑顔まるで 星のシルエット キラキラと光るから 街の明かりもこんなに綺麗なんだ  メリークリスマス 外は寒空 僕らは肩を寄せて ほら もう少しだけ 歩いてみようよ きっと暖かいんだ ショウウィンドウのサンタクロース 誰かが誰かを想いながら 優しさに包まれてく 静かな夜  みんなみんな寝静まるころ 空から鳴り響いてくる 鈴の音を隠すように ひとつまたひとつと 小さな雪が 舞い降りてくる 全て白くなれ  願い事ひとつ叶いますように 来年もその先も 君といつまでも想いながら メリークリスマス silent night holy nightGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・Takatoshi Shindoメリークリスマス 君との待ち合わせ少し急ぎ足で ほら プレゼントぶつけないようにして 君の笑顔まるで 星のシルエット キラキラと光るから 街の明かりもこんなに綺麗なんだ  メリークリスマス 外は寒空 僕らは肩を寄せて ほら もう少しだけ 歩いてみようよ きっと暖かいんだ ショウウィンドウのサンタクロース 誰かが誰かを想いながら 優しさに包まれてく 静かな夜  みんなみんな寝静まるころ 空から鳴り響いてくる 鈴の音を隠すように ひとつまたひとつと 小さな雪が 舞い降りてくる 全て白くなれ  願い事ひとつ叶いますように 来年もその先も 君といつまでも想いながら メリークリスマス silent night holy night
crewGOLD LYLICどうしたの? いつもの君の らしさが少し悲しそうだね 君の素敵なとこならば 僕はいくつも知っているんだよ  話くらいなら聞くよ 答えはわからないけど 僕に出来る事くらいさせろよ 仲間だから  時に打ちのめされて 何度も逃げ出したくなるような日々の中 My friend いつもの君らしさは 今日で 昨日を 蹴飛ばし 明日へ  弱気な事を言ってても 本音じゃないって知っているから  いろんな後悔が 僕らを強くするだろう あの日逃げ出した場面は 次への旅のスタート  何度も迷いながら それでも前に進もうとする君だから My friend 一緒に悩ませてよ そして いつか 今日を笑おう  足元にはくたびれている 泥だらけの靴と足跡 それが僕らを今日のここまで運んでくれた だから踏ん張れるんだね  ああ 出来る事ならずっと 僕らのこの時が続いていけるように だから 互いに自分らしく 一歩一歩 行こうじゃないか  どこまで行けるかわからないけど らしさが迷いながらも僕らを連れてくよ My friend これからもよろしくね きっと ずっと 僕らのままで 今日で 昨日を 蹴飛ばせ 僕らGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Nishi-kenどうしたの? いつもの君の らしさが少し悲しそうだね 君の素敵なとこならば 僕はいくつも知っているんだよ  話くらいなら聞くよ 答えはわからないけど 僕に出来る事くらいさせろよ 仲間だから  時に打ちのめされて 何度も逃げ出したくなるような日々の中 My friend いつもの君らしさは 今日で 昨日を 蹴飛ばし 明日へ  弱気な事を言ってても 本音じゃないって知っているから  いろんな後悔が 僕らを強くするだろう あの日逃げ出した場面は 次への旅のスタート  何度も迷いながら それでも前に進もうとする君だから My friend 一緒に悩ませてよ そして いつか 今日を笑おう  足元にはくたびれている 泥だらけの靴と足跡 それが僕らを今日のここまで運んでくれた だから踏ん張れるんだね  ああ 出来る事ならずっと 僕らのこの時が続いていけるように だから 互いに自分らしく 一歩一歩 行こうじゃないか  どこまで行けるかわからないけど らしさが迷いながらも僕らを連れてくよ My friend これからもよろしくね きっと ずっと 僕らのままで 今日で 昨日を 蹴飛ばせ 僕ら
Green boysPLATINA LYLICどうして?何で? 僕だけだって 思える日を抜けたい いつも「無駄」って 逃げてばかりで 周りと比べてた  誰も彼もが 初めは一緒 何処かで分かってた どんないままで? 関係なくて とにかく進めばいい  くやしくて涙する事 あるんだろうけど 歩みを止めちゃ 変われないだろ  僕ら何度でも 何度でも 立ち上がるから 越えて行くんだろ? いつも信じてるから 僕ら何度でも 何度でも 立ち上がれるさ 諦めないのが 僕らの道標  不安はいつも 僕の勇気を 留まらそうとするけど 雨の日だって 風の日だって 進むから近づく  痛み失望 涙も全て 受け入れていければ 明日は笑える そんな気がする 未完成な僕ら  掴みたいんだろう 笑いたいんだろう 自分の足に 限界なんて 誰が決めたんだ!?  僕ら何度でも 何度でも 立ち向かうから どんな姿も ガムシャラでいいじゃないか 僕ら何度でも 何度でも 立ち向かえるさ 越えて行くため もがきながらも進もう  人は悲しみが多い程 遠回りする事もあるだろうが まだ道は途中 逃げないで 今以上に『自分』自身抱き締めんだ ほら大丈夫 いつだって 足跡が背中を押してくれるさ この道を 進んでいこう  僕ら何度でも 何度でも 立ち上がるから 大きな声で 笑いあえる日のために  僕ら何度でも 何度でも 立ち上がれるさ 胸の奥から 湧き出る情熱をぶつけ続けんだ  何度でも 何度でも 走り出せるから 見えているんだろう? ほらアナタ次第だって  僕ら何度でも 何度でも 挑めばいいさ 明日も明後日も 自分で決めた道を  逃げたりしないだろ? FOREVER GREEN BOY だね  挑み続けるんだPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNどうして?何で? 僕だけだって 思える日を抜けたい いつも「無駄」って 逃げてばかりで 周りと比べてた  誰も彼もが 初めは一緒 何処かで分かってた どんないままで? 関係なくて とにかく進めばいい  くやしくて涙する事 あるんだろうけど 歩みを止めちゃ 変われないだろ  僕ら何度でも 何度でも 立ち上がるから 越えて行くんだろ? いつも信じてるから 僕ら何度でも 何度でも 立ち上がれるさ 諦めないのが 僕らの道標  不安はいつも 僕の勇気を 留まらそうとするけど 雨の日だって 風の日だって 進むから近づく  痛み失望 涙も全て 受け入れていければ 明日は笑える そんな気がする 未完成な僕ら  掴みたいんだろう 笑いたいんだろう 自分の足に 限界なんて 誰が決めたんだ!?  僕ら何度でも 何度でも 立ち向かうから どんな姿も ガムシャラでいいじゃないか 僕ら何度でも 何度でも 立ち向かえるさ 越えて行くため もがきながらも進もう  人は悲しみが多い程 遠回りする事もあるだろうが まだ道は途中 逃げないで 今以上に『自分』自身抱き締めんだ ほら大丈夫 いつだって 足跡が背中を押してくれるさ この道を 進んでいこう  僕ら何度でも 何度でも 立ち上がるから 大きな声で 笑いあえる日のために  僕ら何度でも 何度でも 立ち上がれるさ 胸の奥から 湧き出る情熱をぶつけ続けんだ  何度でも 何度でも 走り出せるから 見えているんだろう? ほらアナタ次第だって  僕ら何度でも 何度でも 挑めばいいさ 明日も明後日も 自分で決めた道を  逃げたりしないだろ? FOREVER GREEN BOY だね  挑み続けるんだ
元気ですか元気ですか 今度いつ逢えるでしょう どうかそれまで お互いに頑張ろうね  携帯の中 古い写真 あの日のままの僕ら笑ってる 電車の窓 映った顔 あの日のままじゃなくて違って見える  傷つき傷つけられてきたから ふとあの日にほら帰りたくなる 元気ですか  いつか 今日までの 嗚呼 日々を笑い合おう いつか 今日までの 嗚呼 日々を泣き合おう  なんとなく僕ら似てたのかな 何もしない時間(トキ) の過ごし方 なんでもないことを話しながら 自転車を押して帰ったあの日  確かなことは 僕らは同じ時間(トキ) の中過ごし できればあと少し いたかったんだ  いつか 今日までの 嗚呼 日々を笑い合おう いつか 今日までの 嗚呼 日々を泣き合おう  あるがままでも そうじゃなくても 全部そのままの自分でいれた 空を見上げて ふと立ち止まる 「それでも また 歩き出そう」  あの日と今日は繋がってるよ 延長線のその先へ いつか今日も誰かの線と交わりながら 進んでいく  元気ですか 今度いつ逢えるでしょう どうかそれまで お互いに頑張ろうね いつか 今日までの嗚呼日々を笑い合おう いつか 今日までの嗚呼日々を泣き合おうGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN元気ですか 今度いつ逢えるでしょう どうかそれまで お互いに頑張ろうね  携帯の中 古い写真 あの日のままの僕ら笑ってる 電車の窓 映った顔 あの日のままじゃなくて違って見える  傷つき傷つけられてきたから ふとあの日にほら帰りたくなる 元気ですか  いつか 今日までの 嗚呼 日々を笑い合おう いつか 今日までの 嗚呼 日々を泣き合おう  なんとなく僕ら似てたのかな 何もしない時間(トキ) の過ごし方 なんでもないことを話しながら 自転車を押して帰ったあの日  確かなことは 僕らは同じ時間(トキ) の中過ごし できればあと少し いたかったんだ  いつか 今日までの 嗚呼 日々を笑い合おう いつか 今日までの 嗚呼 日々を泣き合おう  あるがままでも そうじゃなくても 全部そのままの自分でいれた 空を見上げて ふと立ち止まる 「それでも また 歩き出そう」  あの日と今日は繋がってるよ 延長線のその先へ いつか今日も誰かの線と交わりながら 進んでいく  元気ですか 今度いつ逢えるでしょう どうかそれまで お互いに頑張ろうね いつか 今日までの嗚呼日々を笑い合おう いつか 今日までの嗚呼日々を泣き合おう
あのね どうか少し 聞いてほしい言葉がある 何度も書き足していくたびに キミ想ってた 今さらのラブレター まず どんな時も いつもそばに居たいんだよ キミの好きなものや苦手とかも ボクに教えてほしいことだらけなんだ  いくつになってもキミのこと 大好きなボクで居られるけど キミはどうだい きっと後悔 なんてないように 満天の星空に願いを込めて今、、、、  キミが落ち込む日は きっとボクが笑わせるから もしも迷う時にはボクが全部信じてるから 2人で泣ければいいな  いくつになってもボクのこと 大好きなキミで居られるように キミの隣 支えとなり 歩いていこう 今弱い気持ち終わり同じ道へと『愛』  あの日ほら キミとの、「ハジメマシテ。。」 どんどん惹かれていく自分がいました 勇気も出なくて中途半端 来る日も来る日も想いました 大げさだねって笑われたっていいさ  年月を重ねていつか 書いた文字も見えなくなっていくでしょう そんな時は その掌(てのひら)に指で描く 愛の言葉  いくつになってもボクらなら 大好きな2人で居られるから 逢いたいまま 愛が今は 言葉になって ああそばにいて 終わりない愛(うた) キミへのラブレター  この世界中で出逢えたキミへの恋(うた)GReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Tsubasa Takadaあのね どうか少し 聞いてほしい言葉がある 何度も書き足していくたびに キミ想ってた 今さらのラブレター まず どんな時も いつもそばに居たいんだよ キミの好きなものや苦手とかも ボクに教えてほしいことだらけなんだ  いくつになってもキミのこと 大好きなボクで居られるけど キミはどうだい きっと後悔 なんてないように 満天の星空に願いを込めて今、、、、  キミが落ち込む日は きっとボクが笑わせるから もしも迷う時にはボクが全部信じてるから 2人で泣ければいいな  いくつになってもボクのこと 大好きなキミで居られるように キミの隣 支えとなり 歩いていこう 今弱い気持ち終わり同じ道へと『愛』  あの日ほら キミとの、「ハジメマシテ。。」 どんどん惹かれていく自分がいました 勇気も出なくて中途半端 来る日も来る日も想いました 大げさだねって笑われたっていいさ  年月を重ねていつか 書いた文字も見えなくなっていくでしょう そんな時は その掌(てのひら)に指で描く 愛の言葉  いくつになってもボクらなら 大好きな2人で居られるから 逢いたいまま 愛が今は 言葉になって ああそばにいて 終わりない愛(うた) キミへのラブレター  この世界中で出逢えたキミへの恋(うた)
子犬GOLD LYLICある晴れた日の午後です 僕は道の片隅で 花や草や虫や鳥と遊ぶ中で君と会った。 君は僕を見つけ 頭撫でてくれました そして僕に優しい声で「家においで」と言いました。  今までの僕下向き歩く 冷たい風で心も寒く これからの僕君の横歩く「友達だよ」って言ってくれました。  僕らいつもどこでも一緒で 君がくれたたくさんの日々 夢の様なこんな時がいつまでも 続いてくれたらいいなぁ…。  晴れた日の公園で 僕らはいつも遊びます 君の投げたボールをくわえ 君のもとへ駆け寄った。 君は僕を抱いて頭撫でてくれました とてもとても うれしい事です 君との思い出が増えました。  今までの僕下向き歩く 冷たい風で心も寒く これからの僕君の横歩く「友達だよ」って言ってくれました。  僕らいつもどこでも一緒で 君がくれたたくさんの日々 夢の様なこんな時がいつまでも 続いてくれたらいいなぁ…。  強い風が吹いて 雨が降って カミナリが鳴って 泣きたくて 会いたくて と思ったとき 既に君の胸 濡れた僕抱くその腕  あの日壊れた僕のお気に入りだった小屋(ウチ)を見つめ 君はすぐに新しい小屋(ウチ)を建ててくれて笑いました。  僕らなんで分かり合えるのか わからないけど大好きだよ 明日も明後日も 僕らのこの幸せが続いてくれたらいいなぁ…。  僕らいつもどこでも一緒で 君がくれたたくさんの日々 夢の様なこんな時がいつまでも 続いてくれたらいいなぁ…。  ある晴れた日の午後です 僕は庭の片隅で 君の作ってくれた小屋(ウチ)で君の帰りを待ってました。GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JINある晴れた日の午後です 僕は道の片隅で 花や草や虫や鳥と遊ぶ中で君と会った。 君は僕を見つけ 頭撫でてくれました そして僕に優しい声で「家においで」と言いました。  今までの僕下向き歩く 冷たい風で心も寒く これからの僕君の横歩く「友達だよ」って言ってくれました。  僕らいつもどこでも一緒で 君がくれたたくさんの日々 夢の様なこんな時がいつまでも 続いてくれたらいいなぁ…。  晴れた日の公園で 僕らはいつも遊びます 君の投げたボールをくわえ 君のもとへ駆け寄った。 君は僕を抱いて頭撫でてくれました とてもとても うれしい事です 君との思い出が増えました。  今までの僕下向き歩く 冷たい風で心も寒く これからの僕君の横歩く「友達だよ」って言ってくれました。  僕らいつもどこでも一緒で 君がくれたたくさんの日々 夢の様なこんな時がいつまでも 続いてくれたらいいなぁ…。  強い風が吹いて 雨が降って カミナリが鳴って 泣きたくて 会いたくて と思ったとき 既に君の胸 濡れた僕抱くその腕  あの日壊れた僕のお気に入りだった小屋(ウチ)を見つめ 君はすぐに新しい小屋(ウチ)を建ててくれて笑いました。  僕らなんで分かり合えるのか わからないけど大好きだよ 明日も明後日も 僕らのこの幸せが続いてくれたらいいなぁ…。  僕らいつもどこでも一緒で 君がくれたたくさんの日々 夢の様なこんな時がいつまでも 続いてくれたらいいなぁ…。  ある晴れた日の午後です 僕は庭の片隅で 君の作ってくれた小屋(ウチ)で君の帰りを待ってました。
恋のワールドPLATINA LYLIC恋は恋 愛は愛で どちらもきっと近くて違うもの 世界はきっと恋で動き 愛を運んで 一回りです  いつもの日々 君見つけて 不確かだけど これが恋ってやつなの? 繰り返し作ったメールも 送れない 出番はない  感情的になってしまう事が 等身大だと思ってたけど 大人げなさと背伸びが同居して 矛盾生んで 僕を育んでく  今の僕のこの感情を 世界の偉い人が集まり悩んでも 解決策は見つからない だって世界はいつも恋愛中  雑誌の裏の広告も 古代ギリシャのすごい壁画も 毎回おんなじ悩みで おんなじような恋してる  恋のツラさ 胸の痛み DNAに刻んどいて そしたらほら こんなツラい想いしなくても 平気なフリです  行ったり来たり繰り返してく 答えは出ないってわかっているのに いつまでたっても悩んでく 世界は今日も 恋の虜  同じ過ちを繰り返す 世界中で恋は壊れる それでも僕ら 恋に賭けてく 恋愛偏差値 みんなA判定  今の僕のこの感情を 世界の偉い人が集まり悩んでも 解決策は見つからない だって世界はみんな恋愛中  そうやって 悩んだって 恋は自分のため そうなんです 実ればって  届いたら愛を唄うPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN恋は恋 愛は愛で どちらもきっと近くて違うもの 世界はきっと恋で動き 愛を運んで 一回りです  いつもの日々 君見つけて 不確かだけど これが恋ってやつなの? 繰り返し作ったメールも 送れない 出番はない  感情的になってしまう事が 等身大だと思ってたけど 大人げなさと背伸びが同居して 矛盾生んで 僕を育んでく  今の僕のこの感情を 世界の偉い人が集まり悩んでも 解決策は見つからない だって世界はいつも恋愛中  雑誌の裏の広告も 古代ギリシャのすごい壁画も 毎回おんなじ悩みで おんなじような恋してる  恋のツラさ 胸の痛み DNAに刻んどいて そしたらほら こんなツラい想いしなくても 平気なフリです  行ったり来たり繰り返してく 答えは出ないってわかっているのに いつまでたっても悩んでく 世界は今日も 恋の虜  同じ過ちを繰り返す 世界中で恋は壊れる それでも僕ら 恋に賭けてく 恋愛偏差値 みんなA判定  今の僕のこの感情を 世界の偉い人が集まり悩んでも 解決策は見つからない だって世界はみんな恋愛中  そうやって 悩んだって 恋は自分のため そうなんです 実ればって  届いたら愛を唄う
PLATINA LYLIC1999年から繋がって 僕らは常に前に進んできたよ ただひたすら走る事が 正しいと信じていたものが 風のように吹き去っていく 楽しい想い出忘れないように 今日に 心に 刻んでいこう 共に歩んできたこの道を  それは『I』じゃなくって 『YOU』も『ME』もなく 誰も信じられないようじゃ 楽しくもなく 空を突き刺すような声を挙げて 叫んでみても やっぱ楽しくはなく それじゃ生きて行けるような 大事な気持ちを探して そんでもって風を裂いて 抱いて 歩いて行こう 共に進むため まず探しに行こう  何処かに広がる大きな声が 聞こえてくるまで走る事止めない 止まないこの気持ちを 繋げて前に進めよ  一歩一歩 歩き出す勇気や 僕らを突き動かすこの想いが きっと本当君に届け 明日 そうだ 抱いて行こう 汗をかきながら前に進んで行こう 一歩一歩 前に進んでても ずっとずっと迷い続けていても この時より大切な何かを掴むために俺は生きてんだ  繋がり広がる大きな声が 聞こえてくるまで走る事止めない 止まないこの気持ちを 繋げて前に進めよPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN1999年から繋がって 僕らは常に前に進んできたよ ただひたすら走る事が 正しいと信じていたものが 風のように吹き去っていく 楽しい想い出忘れないように 今日に 心に 刻んでいこう 共に歩んできたこの道を  それは『I』じゃなくって 『YOU』も『ME』もなく 誰も信じられないようじゃ 楽しくもなく 空を突き刺すような声を挙げて 叫んでみても やっぱ楽しくはなく それじゃ生きて行けるような 大事な気持ちを探して そんでもって風を裂いて 抱いて 歩いて行こう 共に進むため まず探しに行こう  何処かに広がる大きな声が 聞こえてくるまで走る事止めない 止まないこの気持ちを 繋げて前に進めよ  一歩一歩 歩き出す勇気や 僕らを突き動かすこの想いが きっと本当君に届け 明日 そうだ 抱いて行こう 汗をかきながら前に進んで行こう 一歩一歩 前に進んでても ずっとずっと迷い続けていても この時より大切な何かを掴むために俺は生きてんだ  繋がり広がる大きな声が 聞こえてくるまで走る事止めない 止まないこの気持ちを 繋げて前に進めよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
声 ~koe2018~音に合わせ さぁ手を挙げて 想いは風に乗り 想い届け  1999年から繋がって僕らは常に前に進んできたよ ただひたすら走る事が 正しいと信じていたものが 風のように吹き去っていく 楽しい想い出忘れないように 今日に 心に刻んでいこう 共に歩んできたこの道を  それは『I』じゃなくって 『YOU』も『ME』もなく 誰も信じられないようじゃ 楽しくもなく 空を突き刺すような声を挙げて 叫んでみても やっぱ楽しくはなく それじゃ生きて行けるような 大事な気持ちを探して そんでもって風を裂いて 抱いて 歩いて行こう 共に進むため まず探しに行こう  何処かに広がる大きな声が 聞こえてくるまで走る事止めない 止まないこの気持ちを 繋げて前に進めよ  一歩一歩 歩き出す勇気や 僕らを突き動かすこの想いが きっと本当君に届け 明日 そうだ抱いて行こう 汗をかきながら前に進んで行こう 一歩一歩 前に進んでても ずっとずっと迷い続けていても この時より大切な何かを掴むために俺は生きてんだ  繋がり広がる大きな声が 聞こえてくるまで走る事止めない 止まないこの気持ちを 繋げて前に進めよGReeeeNGReeeeNGReeeeNTsubasa Takada音に合わせ さぁ手を挙げて 想いは風に乗り 想い届け  1999年から繋がって僕らは常に前に進んできたよ ただひたすら走る事が 正しいと信じていたものが 風のように吹き去っていく 楽しい想い出忘れないように 今日に 心に刻んでいこう 共に歩んできたこの道を  それは『I』じゃなくって 『YOU』も『ME』もなく 誰も信じられないようじゃ 楽しくもなく 空を突き刺すような声を挙げて 叫んでみても やっぱ楽しくはなく それじゃ生きて行けるような 大事な気持ちを探して そんでもって風を裂いて 抱いて 歩いて行こう 共に進むため まず探しに行こう  何処かに広がる大きな声が 聞こえてくるまで走る事止めない 止まないこの気持ちを 繋げて前に進めよ  一歩一歩 歩き出す勇気や 僕らを突き動かすこの想いが きっと本当君に届け 明日 そうだ抱いて行こう 汗をかきながら前に進んで行こう 一歩一歩 前に進んでても ずっとずっと迷い続けていても この時より大切な何かを掴むために俺は生きてんだ  繋がり広がる大きな声が 聞こえてくるまで走る事止めない 止まないこの気持ちを 繋げて前に進めよ
SAKAMOTOGOLD LYLICあの山越えたら なりたい僕に逢える? あの海越えたら なりたい私に逢える? 私の心よ もっと自由になれ これから始まる 僕だけのストーリー  父さんが言った『お前ならやれる、人生は短いんだ旅をしろ。』 母さんが言った『あなたなら大丈夫、父さんの事は、心配しないで。』  可能性を自分で消さないで 一人の夜でも怖くない 見たもの 聞いた事 覚えた事 聞かせるね 待っててね ねぇ 父さん  lalala...  何時しか僕らは 大人になってく 誰かを傷つけ 誰かを愛して 悲しい現実 知りたくなかった それでも僕らは 涙こらえ行こう  父さんが言った『大切な夢と、心から愛する人見つけなさい。』 母さんが言った『あなたなら大丈夫、誰よりも私は分かるわ。』  いつか僕の旅も終わりがくる 誰しも人は死ぬのだから 忘れる事の無い思い出 作るんだ 幸せさ ねぇ 母さん  lalala...  もっともっと 遠くまで行きたいな もっともっと 人に優しくなりたい 欲しがれば遠ざかり 僕はいつか迷うだろう それもまた旅なのさ 今を無駄にしちゃだめなのさ  いつかこの旅の思い出 愛する人と仲間も連れ あなたに誇れる 私まで 行ってきます 待っててね 父さん母さんへ  lalala...GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJINあの山越えたら なりたい僕に逢える? あの海越えたら なりたい私に逢える? 私の心よ もっと自由になれ これから始まる 僕だけのストーリー  父さんが言った『お前ならやれる、人生は短いんだ旅をしろ。』 母さんが言った『あなたなら大丈夫、父さんの事は、心配しないで。』  可能性を自分で消さないで 一人の夜でも怖くない 見たもの 聞いた事 覚えた事 聞かせるね 待っててね ねぇ 父さん  lalala...  何時しか僕らは 大人になってく 誰かを傷つけ 誰かを愛して 悲しい現実 知りたくなかった それでも僕らは 涙こらえ行こう  父さんが言った『大切な夢と、心から愛する人見つけなさい。』 母さんが言った『あなたなら大丈夫、誰よりも私は分かるわ。』  いつか僕の旅も終わりがくる 誰しも人は死ぬのだから 忘れる事の無い思い出 作るんだ 幸せさ ねぇ 母さん  lalala...  もっともっと 遠くまで行きたいな もっともっと 人に優しくなりたい 欲しがれば遠ざかり 僕はいつか迷うだろう それもまた旅なのさ 今を無駄にしちゃだめなのさ  いつかこの旅の思い出 愛する人と仲間も連れ あなたに誇れる 私まで 行ってきます 待っててね 父さん母さんへ  lalala...
桜colorPLATINA LYLIC「桜の花が咲きました」 この街でも同じ色で まだ見慣れない景色の中 淋しさこらえ 笑ってみるよ  初めての街 初めての春 この街で「これから」を歩いてく 君としばらく 逢えなくなるけど 目一杯 精一杯 駆け抜けてくんだ  桜color『今はさよなら』 あの日から追い続けてる 咲くのならばこの街で そう決めて 見上げた 桜  すれ違う人ごみの中 飲み込まれそうになるけど 不安隠し早足になる 弱さをこらえ 顔あげるよ  あの夕焼けも あの坂道も この街には一つも無いけれど 君もどこかで 想ってるんだろう 目一杯 夢一杯 もがいてみるさ  桜color『また逢う日まで』 今はまだ振り返らずに あの日から想うアリガトウ 咲き誇れ 互いの場所で  僕にも 君にも 進むべき瞬間(トキ)があって 迷いそうな時には 手を伸ばすから  自分らしく生きるってこと 探し続けてる途中です 過去と未来(あす)を「いつか」の日まで 現在(いま)は帰らない場所  桜color まだ見ぬ日々を 照らすから 見付けにいこう 僕らなら 何年先も 笑い合える さあ もういこう  桜color『忘れないから』 今はまだ始まったばかり 咲くのならばこの街で そう決めて 見上げた 桜  また逢えるからPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN「桜の花が咲きました」 この街でも同じ色で まだ見慣れない景色の中 淋しさこらえ 笑ってみるよ  初めての街 初めての春 この街で「これから」を歩いてく 君としばらく 逢えなくなるけど 目一杯 精一杯 駆け抜けてくんだ  桜color『今はさよなら』 あの日から追い続けてる 咲くのならばこの街で そう決めて 見上げた 桜  すれ違う人ごみの中 飲み込まれそうになるけど 不安隠し早足になる 弱さをこらえ 顔あげるよ  あの夕焼けも あの坂道も この街には一つも無いけれど 君もどこかで 想ってるんだろう 目一杯 夢一杯 もがいてみるさ  桜color『また逢う日まで』 今はまだ振り返らずに あの日から想うアリガトウ 咲き誇れ 互いの場所で  僕にも 君にも 進むべき瞬間(トキ)があって 迷いそうな時には 手を伸ばすから  自分らしく生きるってこと 探し続けてる途中です 過去と未来(あす)を「いつか」の日まで 現在(いま)は帰らない場所  桜color まだ見ぬ日々を 照らすから 見付けにいこう 僕らなら 何年先も 笑い合える さあ もういこう  桜color『忘れないから』 今はまだ始まったばかり 咲くのならばこの街で そう決めて 見上げた 桜  また逢えるから
サヨナラ ありがとうお元気ですか あれからいくつか 月日が 目の前を通り過ぎていく 君のクセも いつか話した夢も ずっと変わらない 褪せないまま残って 月日流れて 遠く離れて 君の知らない この街で佇み あの帰り道の二人の日々に 今日を重ねた 君の影を探した  いつまでもただ 二人の時が そこにあるって 思ってたんだ 君との時が 僕の胸をずっと掴んでは 離さないみたい  「サヨナラとありがとう」こんなに好きだった 帰れない 変えられない 想い残して 「サヨナラとありがとう」って思えたらいいけど 今はまだ あの時と 同じ僕です  あの日もきっとこんな 穏やかな西日の 差す夕暮れ ちょっと手前だった出来事 どんな風に話した そんな事は忘れた けれど痛んだ胸は ずっと居たんだ もしもあの時 なんてマボロシ 答えがない だって君はもう居ない 僕を照らした街と西日が 止まる足を映した 時間(トキ)はずっとそのまま  想い出達を 胸にしまって ほら少しずつ 歩きだせたの? いつか笑って それまでの日々を話せたら なんて思った、、、  「サヨナラとありがとう」はまだ言えないけど いつかただ 想い出と 呼べるように 「サヨナラとありがとう」恋心(ホント)の気持ちを 僕にただ くれたのは ああ君でした  置き去りの時間が 君への想いを 教えてくれてたんだね 「サヨナラ ありがとう」  この気持ちならばずっときっと胸(ココ)にある 届けたい けど届かない そんな日々だって 「サヨナラとありがとう」心に刻んで また少し 前に進み 歩いていく そう決めた いつかの君へ 大好きでしたGReeeeNGReeeeNGReeeeNNaoki Itai・GReeeeNお元気ですか あれからいくつか 月日が 目の前を通り過ぎていく 君のクセも いつか話した夢も ずっと変わらない 褪せないまま残って 月日流れて 遠く離れて 君の知らない この街で佇み あの帰り道の二人の日々に 今日を重ねた 君の影を探した  いつまでもただ 二人の時が そこにあるって 思ってたんだ 君との時が 僕の胸をずっと掴んでは 離さないみたい  「サヨナラとありがとう」こんなに好きだった 帰れない 変えられない 想い残して 「サヨナラとありがとう」って思えたらいいけど 今はまだ あの時と 同じ僕です  あの日もきっとこんな 穏やかな西日の 差す夕暮れ ちょっと手前だった出来事 どんな風に話した そんな事は忘れた けれど痛んだ胸は ずっと居たんだ もしもあの時 なんてマボロシ 答えがない だって君はもう居ない 僕を照らした街と西日が 止まる足を映した 時間(トキ)はずっとそのまま  想い出達を 胸にしまって ほら少しずつ 歩きだせたの? いつか笑って それまでの日々を話せたら なんて思った、、、  「サヨナラとありがとう」はまだ言えないけど いつかただ 想い出と 呼べるように 「サヨナラとありがとう」恋心(ホント)の気持ちを 僕にただ くれたのは ああ君でした  置き去りの時間が 君への想いを 教えてくれてたんだね 「サヨナラ ありがとう」  この気持ちならばずっときっと胸(ココ)にある 届けたい けど届かない そんな日々だって 「サヨナラとありがとう」心に刻んで また少し 前に進み 歩いていく そう決めた いつかの君へ 大好きでした
サヨナラから始めようPLATINA LYLIC雨の日 君と車に2人きり 楽しい日になるはずだったのに 君は急に 黙り うつむき 涙を流し 始めた話 2人いままで楽しかったね つないだ手はとても温かかったね 「サヨナラ」と言った横顔 写る窓側曇って見えないフリする  それからの日々は 誰も信じれない日々で満ちて あの日時間が止まって 未だ過去引きずって生きる毎日で 友の声も聞こえなくて ほんと最低な俺 生きる価値ねーだなんて まわりにあたり散らして 誰かに甘えて癒されるの期待して  今もまだ 君の声 聞こえそうで 泣き出した 目を閉じれば 浮かぶ笑顔 今は何処で何してるの?  あれから時が過ぎたのに何故? 未だ変わらずに ずっと 待ち続けるの?  携帯電話のメモリーを消した君への想いと共に これで気持ちの整理つけたつもり 出来るはずなんてないのに 楽しかった君との思い出が胸を締め付ける 共に笑う写真が僕を見つめる 「ごめんね」未だ前を見れず  わかってるよ これじゃだめだって わかってても 今は無理だって まだ自分に言い訳して 楽な方に流されているだけで こんな俺だから 君離れた どんな俺ならば 君離れないの? まだ出会いを 信じれないよとバカな事を言ってたよ  今は少し あの日々が懐かしくて 泣いてたよ だけど君が残した答えが見えてきた気がするよ  あれから時が過ぎて少しだけ 見えた答えはきっと 君に届かない  きっとこのままで 一人生きてくと 思っていたけど 風が吹いたよ  あの日気付いた 逃げていたんだね 少し辛いかもしれないけど歩き出そう  あれから時が過ぎて解った 「ありがとう」もう言えないけど、、、幸せでしたPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN雨の日 君と車に2人きり 楽しい日になるはずだったのに 君は急に 黙り うつむき 涙を流し 始めた話 2人いままで楽しかったね つないだ手はとても温かかったね 「サヨナラ」と言った横顔 写る窓側曇って見えないフリする  それからの日々は 誰も信じれない日々で満ちて あの日時間が止まって 未だ過去引きずって生きる毎日で 友の声も聞こえなくて ほんと最低な俺 生きる価値ねーだなんて まわりにあたり散らして 誰かに甘えて癒されるの期待して  今もまだ 君の声 聞こえそうで 泣き出した 目を閉じれば 浮かぶ笑顔 今は何処で何してるの?  あれから時が過ぎたのに何故? 未だ変わらずに ずっと 待ち続けるの?  携帯電話のメモリーを消した君への想いと共に これで気持ちの整理つけたつもり 出来るはずなんてないのに 楽しかった君との思い出が胸を締め付ける 共に笑う写真が僕を見つめる 「ごめんね」未だ前を見れず  わかってるよ これじゃだめだって わかってても 今は無理だって まだ自分に言い訳して 楽な方に流されているだけで こんな俺だから 君離れた どんな俺ならば 君離れないの? まだ出会いを 信じれないよとバカな事を言ってたよ  今は少し あの日々が懐かしくて 泣いてたよ だけど君が残した答えが見えてきた気がするよ  あれから時が過ぎて少しだけ 見えた答えはきっと 君に届かない  きっとこのままで 一人生きてくと 思っていたけど 風が吹いたよ  あの日気付いた 逃げていたんだね 少し辛いかもしれないけど歩き出そう  あれから時が過ぎて解った 「ありがとう」もう言えないけど、、、幸せでした
SUN SHINE!!!PLATINA LYLICまたいつもの方向から 朝日が顔を出すころかな? かなり高い山の向こう側 地球の反対側から 休むこと無く現れる それに合わせて目覚まし鳴り始める 東から徐々に光射して 街中全体日差し浴びて  水辺の岸に映る影 港の西に吹く風 寝ぼけた顔を目覚めさせて その間 月は寝かせてあげて 僕らを動かす日の光 この音響かす気持ち合い 芯まで伝わるこのフレアー 揺らめくflowerずっとforever  とても小さな島照らす 遠くから届くまぶしい光 それは とても大きな青い☆ 色鮮やかに見せる魔法 SUN SHINE!!!  光と陰のコントラスト 未来へと過去が動き出すのより ずっとずっと昔からきっと 照らし この☆ 与えし時代 期待したい 明日への未来 南風に揺られていたい ミドリの翼広げあの空で「地球は青かった!」って言いたい  思い出すまだ10代の頃 車の免許持っていない頃 チャリンコこぎ海に向かうほど 朝日の時を見たい子供 3時間半もかけてこいだ 海沿いの真っ直ぐな坂下りた 何年経っても変わるはずない 今でも忘れないあのSUN RISE!!!  心に残る景色を自転車こいでまた見に行こう そして 遠くに光るあの☆ 希望持たせてくれるだろう SUN SHINE!!!  これからもずっと この世界中を 宇宙から届くその光 う~んと! ぐっと来る景色見せて 地球の 輝く海 エメラルドブルーの 普通の顔して生きていて 地球は常に自転していて グル~ッと回る 自然に永遠 支点は太陽系の軸でいて  太陽の日差しもっと浴びて 昨日までのイヤなコト全て 忘れましょ! いっそ忘れましょ!!! また躍り始める 君の心の太陽  とても小さな島照らす 遠くから届くまぶしい光 それは とても大きな青い☆ 色鮮やかに見せる魔法  心に残る景色を自転車こいでまた見に行こう そして 遠くに光るあの☆ 希望持たせてくれるだろう SUN SHINE!!!PLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNまたいつもの方向から 朝日が顔を出すころかな? かなり高い山の向こう側 地球の反対側から 休むこと無く現れる それに合わせて目覚まし鳴り始める 東から徐々に光射して 街中全体日差し浴びて  水辺の岸に映る影 港の西に吹く風 寝ぼけた顔を目覚めさせて その間 月は寝かせてあげて 僕らを動かす日の光 この音響かす気持ち合い 芯まで伝わるこのフレアー 揺らめくflowerずっとforever  とても小さな島照らす 遠くから届くまぶしい光 それは とても大きな青い☆ 色鮮やかに見せる魔法 SUN SHINE!!!  光と陰のコントラスト 未来へと過去が動き出すのより ずっとずっと昔からきっと 照らし この☆ 与えし時代 期待したい 明日への未来 南風に揺られていたい ミドリの翼広げあの空で「地球は青かった!」って言いたい  思い出すまだ10代の頃 車の免許持っていない頃 チャリンコこぎ海に向かうほど 朝日の時を見たい子供 3時間半もかけてこいだ 海沿いの真っ直ぐな坂下りた 何年経っても変わるはずない 今でも忘れないあのSUN RISE!!!  心に残る景色を自転車こいでまた見に行こう そして 遠くに光るあの☆ 希望持たせてくれるだろう SUN SHINE!!!  これからもずっと この世界中を 宇宙から届くその光 う~んと! ぐっと来る景色見せて 地球の 輝く海 エメラルドブルーの 普通の顔して生きていて 地球は常に自転していて グル~ッと回る 自然に永遠 支点は太陽系の軸でいて  太陽の日差しもっと浴びて 昨日までのイヤなコト全て 忘れましょ! いっそ忘れましょ!!! また躍り始める 君の心の太陽  とても小さな島照らす 遠くから届くまぶしい光 それは とても大きな青い☆ 色鮮やかに見せる魔法  心に残る景色を自転車こいでまた見に行こう そして 遠くに光るあの☆ 希望持たせてくれるだろう SUN SHINE!!!
そうして3年過ぎて 探してたものを見つけたんだ 右から左へと 流れる時の中  あの頃の私が 迷うたびすぐそばにいて くだらない話で 笑いあったよね  振り返らず走り続けて 曲がり道 分かれ道 重ねたけど 悩んで迷った時には あなたの声に会いたくなるよ すぐそばで 気づかない 確かなトクベツ  咲き誇るまでずっとこうして 彷徨いながら 『街』歩いてきた ミチシルベなら あの日のまんま 少し笑顔で そんな気がする  ただひたすら生きてると 傷つけ合うことに溢れてく 見ないふりするたび 鈍くなってた  ひとりぼっちの帰り道に ふと 落ち込んでしまうこともあるけれど きっと何時でも何度もだって ずっと変わらないモノがあって すぐそばで 励ましてくれるようです  咲き誇るためずっとこうして これまでの日々 あの頃の私超えてく ミチシルベなら あの日のまんま 少し笑顔で そんな気がする  探してたものは いつもすぐそばにあったのに 想い合わせ 向かい合わせ 見えてくるよ それだけで きっと もう一回って思えるから 彷徨って 手を伸ばして どの街でも出逢うでしょう  同じように笑い合える人も 同じように涙流してくれる人も きっとすぐそばにいるのに 何かを恐れちゃ気付けないね もうやめた 顔上げた 動き出した  繋がる空に 顔をあげたんだ 全て教えて 励ましてくれてるようで 彷徨ったって いつか辿り着こう 誇れるように 自分の物語(ストーリー)を生きてくんだ 咲き誇れ 明日そこへ トクベツはミチシルベ 『街』は今日も唄う 少し笑顔で そんな気がするGReeeeNGReeeeNGReeeeNそうして3年過ぎて 探してたものを見つけたんだ 右から左へと 流れる時の中  あの頃の私が 迷うたびすぐそばにいて くだらない話で 笑いあったよね  振り返らず走り続けて 曲がり道 分かれ道 重ねたけど 悩んで迷った時には あなたの声に会いたくなるよ すぐそばで 気づかない 確かなトクベツ  咲き誇るまでずっとこうして 彷徨いながら 『街』歩いてきた ミチシルベなら あの日のまんま 少し笑顔で そんな気がする  ただひたすら生きてると 傷つけ合うことに溢れてく 見ないふりするたび 鈍くなってた  ひとりぼっちの帰り道に ふと 落ち込んでしまうこともあるけれど きっと何時でも何度もだって ずっと変わらないモノがあって すぐそばで 励ましてくれるようです  咲き誇るためずっとこうして これまでの日々 あの頃の私超えてく ミチシルベなら あの日のまんま 少し笑顔で そんな気がする  探してたものは いつもすぐそばにあったのに 想い合わせ 向かい合わせ 見えてくるよ それだけで きっと もう一回って思えるから 彷徨って 手を伸ばして どの街でも出逢うでしょう  同じように笑い合える人も 同じように涙流してくれる人も きっとすぐそばにいるのに 何かを恐れちゃ気付けないね もうやめた 顔上げた 動き出した  繋がる空に 顔をあげたんだ 全て教えて 励ましてくれてるようで 彷徨ったって いつか辿り着こう 誇れるように 自分の物語(ストーリー)を生きてくんだ 咲き誇れ 明日そこへ トクベツはミチシルベ 『街』は今日も唄う 少し笑顔で そんな気がする
GOLD LYLIC浮き世は夢芝居 虚栄でかくも楽しき 所詮は相容れぬ 人の影に紛れて生きる  そんな気持ち黄昏れて 暁色に染まってく それでも照らすと信じて見つける明星 我ら 汚れ無き 翠無双 何処へ往く 何処へ往く  健気に 街の片隅に 忘却の一輪の花が 咲いている 名もなき その姿はまるでほら 小生の様だけど  誰かの嘆く声がする 負けるな ほらすぐ行くから 対峙して退治して 闇を照らす 我らの血潮 ひとひらの物語 往くも往かぬも君次第 咲き乱れてみせましょう 忍之一字 胸に刻んで  浮き世は堪え難き 惑わす鬼に溢れてる 気炎万丈の如し いつも心に印を結べ  恐るるな たじろぐな 兎に角 瞬間(とき)は進むんだ 運否は天賦 君の覚悟次第 一蓮托生 翠無双 何処へ往く 何処へ往く  あまねく 案に違う(たが)事ばかり 況(いわ)んや そんなんは 百も承知だから 幾千錬磨の4人の戦士達 往きはよいよい 帰らない!  誰かの嘆く声がする 負けるな ほらそばに居るから 対峙して退治して 闇を照らす 我らの血潮 ひとひらの物語 往くも往かぬも君次第 咲き乱れてみせましょう 忍之一字 胸に刻んで  暗(く)れ惑う(まど) 我ら同士達 愛や恋を唄ってく それ以上 言葉はいらない それを見付ける人生(旅路)  常しえの愛求め 刹那に己を磨いて 輩(ともがら)と今日も往く 忍之一字 胸に刻んで ひとひらの物語 往くも往かぬも君次第 咲き乱れてみせましょう 忍之一字 胸に刻んでGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・fazerock浮き世は夢芝居 虚栄でかくも楽しき 所詮は相容れぬ 人の影に紛れて生きる  そんな気持ち黄昏れて 暁色に染まってく それでも照らすと信じて見つける明星 我ら 汚れ無き 翠無双 何処へ往く 何処へ往く  健気に 街の片隅に 忘却の一輪の花が 咲いている 名もなき その姿はまるでほら 小生の様だけど  誰かの嘆く声がする 負けるな ほらすぐ行くから 対峙して退治して 闇を照らす 我らの血潮 ひとひらの物語 往くも往かぬも君次第 咲き乱れてみせましょう 忍之一字 胸に刻んで  浮き世は堪え難き 惑わす鬼に溢れてる 気炎万丈の如し いつも心に印を結べ  恐るるな たじろぐな 兎に角 瞬間(とき)は進むんだ 運否は天賦 君の覚悟次第 一蓮托生 翠無双 何処へ往く 何処へ往く  あまねく 案に違う(たが)事ばかり 況(いわ)んや そんなんは 百も承知だから 幾千錬磨の4人の戦士達 往きはよいよい 帰らない!  誰かの嘆く声がする 負けるな ほらそばに居るから 対峙して退治して 闇を照らす 我らの血潮 ひとひらの物語 往くも往かぬも君次第 咲き乱れてみせましょう 忍之一字 胸に刻んで  暗(く)れ惑う(まど) 我ら同士達 愛や恋を唄ってく それ以上 言葉はいらない それを見付ける人生(旅路)  常しえの愛求め 刹那に己を磨いて 輩(ともがら)と今日も往く 忍之一字 胸に刻んで ひとひらの物語 往くも往かぬも君次第 咲き乱れてみせましょう 忍之一字 胸に刻んで
少年が故の情熱GOLD LYLICどんな時も 忘れちゃいけない 幼き日に感じた心 夢に溢れてた 真っすぐな ただ真っすぐな 想いのかけら集めてみれば きれいな笑顔となる  いつまでも忘れない 今も忘れない 全てが光に満ちていた 一つ一つが宝物だね あの日の君は今日何を見ていますか?  学校帰りいつもの仲間と共に向かう先には秘密基地 ガラクタ集めてただそれだけで少し大人びた気持ちを感じた  誰しもあるだろう?こんな風な話を 少し思い出して思うMy way 気付くはずだろう 無くしたもの今ありますか? 隠した心はいつからか?  それなりに手に入れたのに 何故だろう あの日々が 少し懐かしくて  ああ忘れない 今も忘れない 全てが光に満ちていた 一つ一つが宝物だね あの日の君は今日何を見ていますか?  遠足の前の日は妙にむしょうにはしゃいでしまう用意晴れ思い てるてる坊主つるしてDon't worryそれはまるで冒険のように  今じゃ毎日 日々に追われて 暇がないと 嘆いているだけで 気付かなくなってきているだけ 何かを忘れていたんだね  それなりに手に入れたのに 何故だろう あの日々が 少し懐かしくて  どんな時も 忘れちゃいけない 幼き日に感じた心 夢に溢れてた 少しの妥協と引き換えに手に入れた大人の道進み ただ今日からは違う自分で 幸せ見つけよう  ああ忘れない 今も忘れない 全てが光に満ちていた 一つ一つが宝物だね あの日の君は今日何を見てるのか?  「少年が故の情熱」あの日々と今で僕になる ああいつまでも ああいつまでも あの日々の想い忘れないで生きようGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNどんな時も 忘れちゃいけない 幼き日に感じた心 夢に溢れてた 真っすぐな ただ真っすぐな 想いのかけら集めてみれば きれいな笑顔となる  いつまでも忘れない 今も忘れない 全てが光に満ちていた 一つ一つが宝物だね あの日の君は今日何を見ていますか?  学校帰りいつもの仲間と共に向かう先には秘密基地 ガラクタ集めてただそれだけで少し大人びた気持ちを感じた  誰しもあるだろう?こんな風な話を 少し思い出して思うMy way 気付くはずだろう 無くしたもの今ありますか? 隠した心はいつからか?  それなりに手に入れたのに 何故だろう あの日々が 少し懐かしくて  ああ忘れない 今も忘れない 全てが光に満ちていた 一つ一つが宝物だね あの日の君は今日何を見ていますか?  遠足の前の日は妙にむしょうにはしゃいでしまう用意晴れ思い てるてる坊主つるしてDon't worryそれはまるで冒険のように  今じゃ毎日 日々に追われて 暇がないと 嘆いているだけで 気付かなくなってきているだけ 何かを忘れていたんだね  それなりに手に入れたのに 何故だろう あの日々が 少し懐かしくて  どんな時も 忘れちゃいけない 幼き日に感じた心 夢に溢れてた 少しの妥協と引き換えに手に入れた大人の道進み ただ今日からは違う自分で 幸せ見つけよう  ああ忘れない 今も忘れない 全てが光に満ちていた 一つ一つが宝物だね あの日の君は今日何を見てるのか?  「少年が故の情熱」あの日々と今で僕になる ああいつまでも ああいつまでも あの日々の想い忘れないで生きよう
自分革命隣で笑う アイツはきっと上手くやってる だけどボクらどう? ダメなことばかり目立ってる  どうすればいい 長所と短所を言ってください そんなこと急に 突きつけられた世界線  本当の自分自身なら 教室の外にいるんだ 確かめる時間が足りない そのままどこか遠ざかる あの日に見た夢  なんなん?さんざん、そうなんだ 無理とかを決めるのは いつだってボクだったの? もうさよなら 何になりたいですかだなんて わからないけれど 嘘だけつけなくて もがいてる途中なんだ ああこのままは無いし 変わってく日々その瞬間に 革命的行動 今超える時が来た もう容赦なく 樹立宣言 自分革命  明日までにと なりたい自分書いてきなさい こんな小さな紙には 先生、書ききれない  夢がないわけじゃないけど 迷って閉じた教科書 損したら負けと脅され 見ないふりして忘れた 諦めたのは自分  もうやなんだ  もう今日から 誰かがぼくを笑っても 平気な顔でいたいな そしたら嫌いな自分もバイバイ 誰かすらを守れる大人になれるのでしょうか なんなん?さんざん、そうなんだ 無理とかを決めるのは いつだってボクだったね もうさよなら 傷つかないようにみんなと笑って誤魔化してた 期待しない 見ない未来 横に並べで安心だった ああこのままは無いし 変わってく日々 乗りこなせDREAMER 革命的行動 今超える時が来た もう容赦なく 樹立宣言 自分革命 自分史上最高GReeeeNGReeeeNGReeeeN隣で笑う アイツはきっと上手くやってる だけどボクらどう? ダメなことばかり目立ってる  どうすればいい 長所と短所を言ってください そんなこと急に 突きつけられた世界線  本当の自分自身なら 教室の外にいるんだ 確かめる時間が足りない そのままどこか遠ざかる あの日に見た夢  なんなん?さんざん、そうなんだ 無理とかを決めるのは いつだってボクだったの? もうさよなら 何になりたいですかだなんて わからないけれど 嘘だけつけなくて もがいてる途中なんだ ああこのままは無いし 変わってく日々その瞬間に 革命的行動 今超える時が来た もう容赦なく 樹立宣言 自分革命  明日までにと なりたい自分書いてきなさい こんな小さな紙には 先生、書ききれない  夢がないわけじゃないけど 迷って閉じた教科書 損したら負けと脅され 見ないふりして忘れた 諦めたのは自分  もうやなんだ  もう今日から 誰かがぼくを笑っても 平気な顔でいたいな そしたら嫌いな自分もバイバイ 誰かすらを守れる大人になれるのでしょうか なんなん?さんざん、そうなんだ 無理とかを決めるのは いつだってボクだったね もうさよなら 傷つかないようにみんなと笑って誤魔化してた 期待しない 見ない未来 横に並べで安心だった ああこのままは無いし 変わってく日々 乗りこなせDREAMER 革命的行動 今超える時が来た もう容赦なく 樹立宣言 自分革命 自分史上最高
SUGEEYABEE今日もやりたい放題に 垂れ流してくる I DON'T NEED まだまだおすすめレコメン品 もう勘弁してそれもういい 楽しみたいならほら手をあげて 相容れない奴らも目を開けて いつも何回も楽しむだけ すると難解な答えも解ける  あの日に出逢ったヤバめの現場 スマホの中では出逢えぬ変化 価値観全部がアドレナリン あどけないまんまで still MIDORI  Why 過去未来の狭間の中で 昔は良かったとか 了解、なら先行くわ  レジスタンス The sound is SUGEEYABEE  耳を澄まして 聞こえてきてる 僕らと進んでる足音が 一歩も半歩もいつだっていいこと ひたすら進めよ on your mark, hey!  MIDORIに集いし4本マイク 思いの丈をのせ放つvibes 朝昼晩とか関係ない 用法用量守らないスタイル 描いてつらぬく上昇気流 未完成な僕ら相当自由 閃く判断をコンテニュー し続けて『おーい聞こえますかー!?』  So いつの間にか 忘れたものが 沢山の想いを乗せてさあ 皆 put your hands up  レジスタンス The sound is SUGEEYABEE  忘れないでいてほしい僕らは人間なんだ 今日から行こうか 大事な奴らはそこにいるんだ いるんだ  出逢い別れ繰り返す中で 僕らを導く滑走路 一歩も半歩もいつだっていいこと ひたすら進めよ on your mark, hey!GReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN今日もやりたい放題に 垂れ流してくる I DON'T NEED まだまだおすすめレコメン品 もう勘弁してそれもういい 楽しみたいならほら手をあげて 相容れない奴らも目を開けて いつも何回も楽しむだけ すると難解な答えも解ける  あの日に出逢ったヤバめの現場 スマホの中では出逢えぬ変化 価値観全部がアドレナリン あどけないまんまで still MIDORI  Why 過去未来の狭間の中で 昔は良かったとか 了解、なら先行くわ  レジスタンス The sound is SUGEEYABEE  耳を澄まして 聞こえてきてる 僕らと進んでる足音が 一歩も半歩もいつだっていいこと ひたすら進めよ on your mark, hey!  MIDORIに集いし4本マイク 思いの丈をのせ放つvibes 朝昼晩とか関係ない 用法用量守らないスタイル 描いてつらぬく上昇気流 未完成な僕ら相当自由 閃く判断をコンテニュー し続けて『おーい聞こえますかー!?』  So いつの間にか 忘れたものが 沢山の想いを乗せてさあ 皆 put your hands up  レジスタンス The sound is SUGEEYABEE  忘れないでいてほしい僕らは人間なんだ 今日から行こうか 大事な奴らはそこにいるんだ いるんだ  出逢い別れ繰り返す中で 僕らを導く滑走路 一歩も半歩もいつだっていいこと ひたすら進めよ on your mark, hey!
STORYGOLD LYLICあの日抱いた夢 見失いそうなRace 遥かな道のり 霞み過ぎてく 見つけられるだろう いつか出逢うだろう 憧れ続けた 街の中で  いつかなりたい自由に 時の流れの中をCruising 思春期に夢中になった事も 普通にすぐ無視する大人達俯き 社会という空間で 暗いばかりのこの十何年 「Yes,We can」って言えずに 泣いて Cry Chage The Future yeah  ただひたすら 道進めば ここから始まる この蒼い一本道 ただひたすらに生きていた 憧れていた 望んでいた 最終列車の時の中で よみがえる幼き頃  誰かの支えも振り切り遠ざけた なにが正しいか解らぬまま 少し気付いてた でも怖かったんだ 憧れ続けた 街で一人  このままで良いか 解らないまま 過ぎてゆく日々に少しだけ不安になってくよ  今日も帰る雑踏の中 夜の道は孤独感じた また明日も何となく来てしまう 変わりばえ無き日に 泣いてた日々 夢や理想を詰め込んだこの街が いつのまに僕を飲み込んだ? そんな言い訳がいつかの 夢みた僕を泣かすだけだろ  本当は変わらない 誰のせいでもない 僕らがいつしかそうしただけ 誰かのせいにして 楽に生きただけ 無くした何かを 探しにいこう  あの日抱いた夢 見失いそうなRace 遥かな道のり 霞み過ぎてく 見つけられるだろう いつか出逢うだろう 憧れ続けた 街の中で  今日も変わらずに 街は包むだろう 夢や憧れや挫折すらも 僕ら何を得て 僕ら何捨てるの ー人一人が抱えた STORYGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNあの日抱いた夢 見失いそうなRace 遥かな道のり 霞み過ぎてく 見つけられるだろう いつか出逢うだろう 憧れ続けた 街の中で  いつかなりたい自由に 時の流れの中をCruising 思春期に夢中になった事も 普通にすぐ無視する大人達俯き 社会という空間で 暗いばかりのこの十何年 「Yes,We can」って言えずに 泣いて Cry Chage The Future yeah  ただひたすら 道進めば ここから始まる この蒼い一本道 ただひたすらに生きていた 憧れていた 望んでいた 最終列車の時の中で よみがえる幼き頃  誰かの支えも振り切り遠ざけた なにが正しいか解らぬまま 少し気付いてた でも怖かったんだ 憧れ続けた 街で一人  このままで良いか 解らないまま 過ぎてゆく日々に少しだけ不安になってくよ  今日も帰る雑踏の中 夜の道は孤独感じた また明日も何となく来てしまう 変わりばえ無き日に 泣いてた日々 夢や理想を詰め込んだこの街が いつのまに僕を飲み込んだ? そんな言い訳がいつかの 夢みた僕を泣かすだけだろ  本当は変わらない 誰のせいでもない 僕らがいつしかそうしただけ 誰かのせいにして 楽に生きただけ 無くした何かを 探しにいこう  あの日抱いた夢 見失いそうなRace 遥かな道のり 霞み過ぎてく 見つけられるだろう いつか出逢うだろう 憧れ続けた 街の中で  今日も変わらずに 街は包むだろう 夢や憧れや挫折すらも 僕ら何を得て 僕ら何捨てるの ー人一人が抱えた STORY
青焔今日ここに居るみんなへ 聴こえていますか 今この時を最高にするため歌うよ 今日を楽しむのなら 声 聴かせてよ 出来る限りの力で アオイボクたちよ さあ一緒に 青 蒼 碧 逢おう おやどうやら時間だね さあ はじめよう  せーの AO  起死回生 出番で 僕ら呼ぶ声 いっちょやりますか このメロディー ほら123で放つ産声 金輪際 自由自在なんです  AO 研ぎ澄ませ AO 聞こえる AO 大人には見えない焔 相手にとって不足はない 大概毎回場外  僕たちはいつでも叫んでる 声を超え 大事を叫んでる 燃え上がる 青き焔がきっと 行く道 来た道 照らすだろう ここがど真ん中  AO  似合う似合わん どっちだって良いじゃん いつだって僕らオリジナル こんな遊びいかがなもんですか お手を拝借 さあyo yo yoi yoi  AO 研ぎ澄ませ AO 聞こえる AO 大人には見えない焔 生まれ育ちは関係ない 大概毎回場外  僕たちはいつでも叫んでる 声を超え 大事を叫んでる 燃え上がる 青き焔がきっと 行く道 来た道 照らすだろう ここがど真ん中  これまでも これからも 何処かに広がる大きな声探してんだーー!!!  聞かせろよ青焔 AO  全てを出し切れ 仲間達よ 声を枯らし その手をたたけよ 昨日と明日の狭間を燃やせ さあ もうひと盛り上がり行こうか  共にほら青き声上げて 一人じゃない仲間とメロディー 一歩も引かない  僕たちはいつでも叫んでる 声を超え 大事を叫んでる 燃え上がる 青き焔がきっと 行く道 来た道 照らすだろう 僕らど真ん中  AOGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN今日ここに居るみんなへ 聴こえていますか 今この時を最高にするため歌うよ 今日を楽しむのなら 声 聴かせてよ 出来る限りの力で アオイボクたちよ さあ一緒に 青 蒼 碧 逢おう おやどうやら時間だね さあ はじめよう  せーの AO  起死回生 出番で 僕ら呼ぶ声 いっちょやりますか このメロディー ほら123で放つ産声 金輪際 自由自在なんです  AO 研ぎ澄ませ AO 聞こえる AO 大人には見えない焔 相手にとって不足はない 大概毎回場外  僕たちはいつでも叫んでる 声を超え 大事を叫んでる 燃え上がる 青き焔がきっと 行く道 来た道 照らすだろう ここがど真ん中  AO  似合う似合わん どっちだって良いじゃん いつだって僕らオリジナル こんな遊びいかがなもんですか お手を拝借 さあyo yo yoi yoi  AO 研ぎ澄ませ AO 聞こえる AO 大人には見えない焔 生まれ育ちは関係ない 大概毎回場外  僕たちはいつでも叫んでる 声を超え 大事を叫んでる 燃え上がる 青き焔がきっと 行く道 来た道 照らすだろう ここがど真ん中  これまでも これからも 何処かに広がる大きな声探してんだーー!!!  聞かせろよ青焔 AO  全てを出し切れ 仲間達よ 声を枯らし その手をたたけよ 昨日と明日の狭間を燃やせ さあ もうひと盛り上がり行こうか  共にほら青き声上げて 一人じゃない仲間とメロディー 一歩も引かない  僕たちはいつでも叫んでる 声を超え 大事を叫んでる 燃え上がる 青き焔がきっと 行く道 来た道 照らすだろう 僕らど真ん中  AO
刹那PLATINA LYLICきっと僕らは輝きたくて 生きる意味を探してた 負けないように 枯れないように 強く願い生きてく  例えば僕らが 涙を流すような日にも いつもと同じように 陽はのぼり そして沈んで行く  きっと世界中で 自分一人置き去りだと思った だけど世界中は 今日もマワル 本当ちっぽけだった  駆け抜けた日々 流した涙 生きる意味を探してた きっと誰もが 足りない何かを 願い今を生きてるんだ 運命だとか 人生だとか ようは最後の1秒に 笑ってたくて ただそれだけで 全て答えは自分の中  遠くにかすかに 見える理想の自分がまた 『後悔ないように 生きてる?』って微笑み 少し泣いた  きっと世界中の 自分以外すべて幸せと思った だけど世界中は 明日もマワル どんな涙も癒して  駆け抜けた日々 重ねた痛み 生きる意味を 探してた きっと誰もが 輝く明日を願い 今を生きてるんだ 力足りずに弱い自分が 夜の闇にふるえてた 誰しも決して 強くないけど 全て抱えて自分なんだ  痛みを知るその瞳に 映る世界、悲しみ彩り ただ流した涙 溢れ出した なぜか満ち足りないんだ今更、、 『胸張れる自分』に出逢えた? 『嘘で固めた自分』選んだ? 正しさはいつも自分の中 喜び悲しみ繋がる明日、、、、、  悲しいときは 枯れるまで泣き うれしいときは 腹抱えて笑い 切ないときは 風を感じて 高く飛べる日を 待てばいい  きっと僕らは輝きたくて 生きる意味を探してた 負けないように 枯れないように 強く願い生きてく  いつか逢えるその日まで 理想の自分に いつかたどり着く その日まで 自分信じてPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNきっと僕らは輝きたくて 生きる意味を探してた 負けないように 枯れないように 強く願い生きてく  例えば僕らが 涙を流すような日にも いつもと同じように 陽はのぼり そして沈んで行く  きっと世界中で 自分一人置き去りだと思った だけど世界中は 今日もマワル 本当ちっぽけだった  駆け抜けた日々 流した涙 生きる意味を探してた きっと誰もが 足りない何かを 願い今を生きてるんだ 運命だとか 人生だとか ようは最後の1秒に 笑ってたくて ただそれだけで 全て答えは自分の中  遠くにかすかに 見える理想の自分がまた 『後悔ないように 生きてる?』って微笑み 少し泣いた  きっと世界中の 自分以外すべて幸せと思った だけど世界中は 明日もマワル どんな涙も癒して  駆け抜けた日々 重ねた痛み 生きる意味を 探してた きっと誰もが 輝く明日を願い 今を生きてるんだ 力足りずに弱い自分が 夜の闇にふるえてた 誰しも決して 強くないけど 全て抱えて自分なんだ  痛みを知るその瞳に 映る世界、悲しみ彩り ただ流した涙 溢れ出した なぜか満ち足りないんだ今更、、 『胸張れる自分』に出逢えた? 『嘘で固めた自分』選んだ? 正しさはいつも自分の中 喜び悲しみ繋がる明日、、、、、  悲しいときは 枯れるまで泣き うれしいときは 腹抱えて笑い 切ないときは 風を感じて 高く飛べる日を 待てばいい  きっと僕らは輝きたくて 生きる意味を探してた 負けないように 枯れないように 強く願い生きてく  いつか逢えるその日まで 理想の自分に いつかたどり着く その日まで 自分信じて
相思相愛君をながめて 言葉ならべて 届いておくれ 想いを込めて もしも叶うなら 君の側で 歳月重ね そしてまた君に恋をした  恋のはじまり 痛くて遠い 相思相愛 なれますように 愛のはじまり 2人の側に あの日 はじまりが 続いて今  2人重なった物語  いつか忘れて 愛にあまえて 重ねた手と手 離れちゃダメだって 恋が言った  恋のはじまり 痛くて遠い 相思相愛 なれますように 愛のはじまり 2人の側に あの日 はじまりが 続いていた  歳をとっても 笑い合っていたい 探してたのは君です  別かつ日でも 恋をしてます 別かつ日には 愛を知ります 出逢ったころと 同じように 君をながめては 恋を知る  恋のはじまり 2人となり 相思相愛 なれますように 愛のはじまり 2人の隣 あの日 はじまって ありがとう  恋のはじまり 君を探して 相思相愛 なれますようにGReeeeNGReeeeNGReeeeNDaisuke Kadowaki・JIN君をながめて 言葉ならべて 届いておくれ 想いを込めて もしも叶うなら 君の側で 歳月重ね そしてまた君に恋をした  恋のはじまり 痛くて遠い 相思相愛 なれますように 愛のはじまり 2人の側に あの日 はじまりが 続いて今  2人重なった物語  いつか忘れて 愛にあまえて 重ねた手と手 離れちゃダメだって 恋が言った  恋のはじまり 痛くて遠い 相思相愛 なれますように 愛のはじまり 2人の側に あの日 はじまりが 続いていた  歳をとっても 笑い合っていたい 探してたのは君です  別かつ日でも 恋をしてます 別かつ日には 愛を知ります 出逢ったころと 同じように 君をながめては 恋を知る  恋のはじまり 2人となり 相思相愛 なれますように 愛のはじまり 2人の隣 あの日 はじまって ありがとう  恋のはじまり 君を探して 相思相愛 なれますように
卒業の唄 ~アリガトウは何度も言わせて~PLATINA LYLICずっとこのまま 居たいけれど それじゃ駄目だと 分かってるから 今このままで 居たいけれど そろそろ別れの時がきた  寂しくなるね だけど今は 嬉しく泣いて 明日を想って  忘れないよ 胸を張って 歩んでいこうか 君と過ごした 歳月(トキ)のような ワクワク探して  咲き誇れ 道端に咲く花のように 踏まれても 何度も 笑顔で咲いてやれ  始まりはね ぎこちなかったね 今じゃ全てが 分かり合えるようで 何をしてたわけじゃない瞬間(トキ)も 振り返れば 愛しいんだね  やりたい事や 叶えたい事は 思いつかないくらい たくさんあって そのどれもが きっと僕らを待ってて だから 今は またいつか  『アリガトウ』は 君の言葉へ 『サヨウナラ』は 君の背中へ 『嬉しい』のは 明日を想って 『寂しい』のは 昨日を想って  振り返れば 色んな事 乗り越えもしたし 負けてもきた その全ては 君が居たから 忘れ得ない日々に想えるんだね  今の僕には分からない事も たくさんあるけど 一つ分かったよ 教科書にある言葉じゃなくて 君とのあの日が 僕の今  『アリガトウ』は 何度も言わせて 『サヨウナラ』は 今日だけ言わせて 『嬉しい』のは 明日を想って 『寂しい』のは 昨日を想って  これから どこかにある 出逢うべき 素敵で少し辛いことは きっと それぞれ違うけれど 心の中で 君が隣で 笑い合った日々を胸に さあ  『アリガトウ』は 君の言葉へ 『サヨウナラ』は 君の背中へ 『嬉しい』のは 明日を想って 『寂しい』のは 昨日を想って  『アリガトウ』は 何度も言わせて 『サヨウナラ』は 今日だけ言わせて 『嬉しい』のは 君を想って 『寂しい』のは 君を想って  ラララ 微笑みながら そんな唄歌って 今はサヨウナラ きっと 涙が 乾くひまも 無いくらい 未来(トキ)が 僕らを待ってる また逢おうね さあ 行こうかPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Junichi Hoshinoずっとこのまま 居たいけれど それじゃ駄目だと 分かってるから 今このままで 居たいけれど そろそろ別れの時がきた  寂しくなるね だけど今は 嬉しく泣いて 明日を想って  忘れないよ 胸を張って 歩んでいこうか 君と過ごした 歳月(トキ)のような ワクワク探して  咲き誇れ 道端に咲く花のように 踏まれても 何度も 笑顔で咲いてやれ  始まりはね ぎこちなかったね 今じゃ全てが 分かり合えるようで 何をしてたわけじゃない瞬間(トキ)も 振り返れば 愛しいんだね  やりたい事や 叶えたい事は 思いつかないくらい たくさんあって そのどれもが きっと僕らを待ってて だから 今は またいつか  『アリガトウ』は 君の言葉へ 『サヨウナラ』は 君の背中へ 『嬉しい』のは 明日を想って 『寂しい』のは 昨日を想って  振り返れば 色んな事 乗り越えもしたし 負けてもきた その全ては 君が居たから 忘れ得ない日々に想えるんだね  今の僕には分からない事も たくさんあるけど 一つ分かったよ 教科書にある言葉じゃなくて 君とのあの日が 僕の今  『アリガトウ』は 何度も言わせて 『サヨウナラ』は 今日だけ言わせて 『嬉しい』のは 明日を想って 『寂しい』のは 昨日を想って  これから どこかにある 出逢うべき 素敵で少し辛いことは きっと それぞれ違うけれど 心の中で 君が隣で 笑い合った日々を胸に さあ  『アリガトウ』は 君の言葉へ 『サヨウナラ』は 君の背中へ 『嬉しい』のは 明日を想って 『寂しい』のは 昨日を想って  『アリガトウ』は 何度も言わせて 『サヨウナラ』は 今日だけ言わせて 『嬉しい』のは 君を想って 『寂しい』のは 君を想って  ラララ 微笑みながら そんな唄歌って 今はサヨウナラ きっと 涙が 乾くひまも 無いくらい 未来(トキ)が 僕らを待ってる また逢おうね さあ 行こうか
ソビトGOLD LYLIC例えば遠く離れても 答えはすぐ言える 時々不安になるけど 信じていてほしい  難しいことで溢れた 世界は1000年前も同じで 君と出会って初めまして 真面目な感じでごめんね  信じているから あなたが好きだから よそ見なんてしたら ひねりつぶすから 覚悟は出来てる? 何度も伝えて どんな毎日も 想い出に  君の言葉 僕の気持ちが重なって 何か生まれて そうやって繋がって続く今日もキセキ 僕らきっと 愛せるもっと やっとここが互い『場所』なんだ 間違い すれ違い それでもいい 君となら  願いが叶うのなら 最後の1秒までって祈って 時を越えよう さぁ手をつないで 恐れるものなんて何もない  あなたのすべてが恋しい 伝わって 世界最高の恋を 抱き合って 温もって 世界中で  『世界中で』  『世界中で』  もしも君がいなくなって もしもあなたいなくなれば 空の青も虚しいだけ 生きてる意味ないんじゃない  世界中で君を探して 見つかって 愛が生まれて そうやって繋がって続く愛のキセキ 僕らきっと 愛せるもっと そっと君のその手包むんだ 瞬きしないで見つめている  世界中で君と出会って 抱き合って 愛が生まれて そうやって繋がって続く愛のキセキ あの日のソビト 君に誓うと 振り返ると君が笑うんだ 探して 出逢って 気付いて さぁ 歩きだそうGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNAnDisM・JIN例えば遠く離れても 答えはすぐ言える 時々不安になるけど 信じていてほしい  難しいことで溢れた 世界は1000年前も同じで 君と出会って初めまして 真面目な感じでごめんね  信じているから あなたが好きだから よそ見なんてしたら ひねりつぶすから 覚悟は出来てる? 何度も伝えて どんな毎日も 想い出に  君の言葉 僕の気持ちが重なって 何か生まれて そうやって繋がって続く今日もキセキ 僕らきっと 愛せるもっと やっとここが互い『場所』なんだ 間違い すれ違い それでもいい 君となら  願いが叶うのなら 最後の1秒までって祈って 時を越えよう さぁ手をつないで 恐れるものなんて何もない  あなたのすべてが恋しい 伝わって 世界最高の恋を 抱き合って 温もって 世界中で  『世界中で』  『世界中で』  もしも君がいなくなって もしもあなたいなくなれば 空の青も虚しいだけ 生きてる意味ないんじゃない  世界中で君を探して 見つかって 愛が生まれて そうやって繋がって続く愛のキセキ 僕らきっと 愛せるもっと そっと君のその手包むんだ 瞬きしないで見つめている  世界中で君と出会って 抱き合って 愛が生まれて そうやって繋がって続く愛のキセキ あの日のソビト 君に誓うと 振り返ると君が笑うんだ 探して 出逢って 気付いて さぁ 歩きだそう
ソラシドPLATINA LYLIC明日晴れたなら何しようか? 靴を青い空向け飛ばす 楽しい出来事あるといいな! 口笛吹きながら歩く道  まだ見ぬ世界には何がある!? 行くか戻るのかは気分次第  フル回転で超えるスピードで 行く my way next!!!! 目指せ向こう『自由zone』へ 明日 明後日 間違いあったって ほら始動ソラシド 花唄歌おう  遠くの街まで見える丘 あの川越えたら行けるだろうか? 応答せよ 応答せよ 僕の冒険心出よ! 新しい何かを探しに行こう  まだ見ぬ世界には何かある!! 行くか戻るのかは自分次第  フル回転で超えるスピードで 行く my way next!!!! 目指せ向こう『自由zone』へ 明日 明後日 間違いあったって ほら始動ソラシド 花唄歌おう  振り切れ Red zone 想い描こう 海山空 みな越えて行こう 乗り越えていけんだほら どこまでも探しに行こう 君を待つ夢迎えに 見つけんだ その先 目指せ自由に 楽しんでたらほら 何時の間にかたどり着く  フル回転で超えるスピードで 行く my way next!!!! 目指せ向こう『自由zone』へ 明日 明後日 間違いあったって ほら始動ソラシド 花唄歌おう  むずかしいね 順番通り いかないかもね それもまたgood!でしょ!? 一つ一つを 楽しめばまた 笑顔 ソラシド 明日何しようPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN明日晴れたなら何しようか? 靴を青い空向け飛ばす 楽しい出来事あるといいな! 口笛吹きながら歩く道  まだ見ぬ世界には何がある!? 行くか戻るのかは気分次第  フル回転で超えるスピードで 行く my way next!!!! 目指せ向こう『自由zone』へ 明日 明後日 間違いあったって ほら始動ソラシド 花唄歌おう  遠くの街まで見える丘 あの川越えたら行けるだろうか? 応答せよ 応答せよ 僕の冒険心出よ! 新しい何かを探しに行こう  まだ見ぬ世界には何かある!! 行くか戻るのかは自分次第  フル回転で超えるスピードで 行く my way next!!!! 目指せ向こう『自由zone』へ 明日 明後日 間違いあったって ほら始動ソラシド 花唄歌おう  振り切れ Red zone 想い描こう 海山空 みな越えて行こう 乗り越えていけんだほら どこまでも探しに行こう 君を待つ夢迎えに 見つけんだ その先 目指せ自由に 楽しんでたらほら 何時の間にかたどり着く  フル回転で超えるスピードで 行く my way next!!!! 目指せ向こう『自由zone』へ 明日 明後日 間違いあったって ほら始動ソラシド 花唄歌おう  むずかしいね 順番通り いかないかもね それもまたgood!でしょ!? 一つ一つを 楽しめばまた 笑顔 ソラシド 明日何しよう
空への手紙PLATINA LYLIC今日はいつもよりもまぶたが腫れていて 心ではどしゃぶりの雨が降っていて 耳を疑った 信じたくないリアルが今は目の前にある  何がなんだかわからない日々 「心」全て失い泣いて 涙が枯れることはなくて こんな姿ばっか見させてごめん  独りぼっちの旅に出かけ 寂しかったり辛くない? アナタが泣いていると ほら この雨に変わるでしょう  志なかばで 忘れ物ばかりで やり残したことがきっと悔しいよね? 夢を追いかけてるアナタの姿は 今でもこの胸に輝いてる  あの日の声が聞こえてます あの場所を思い出します 相変わらずの景色の中に アナタがいないから何か違う  独りぼっちの旅に出かけ 嬉しいことや楽しいこと 見つけたアナタの笑顔で 雨は虹に変わるよ  最後の会話を覚えています 伝えたいことは今も 胸の中にしまってます いつか手紙を書けるように 「ごめんね」や「ありがとう」を言えず もう二度と逢えない場所 かけがえのないアナタ「またね、、、」 いつか手紙を届けるよ  「さよなら」も言わずに別れ 心残りもあるけれど アナタのことだからきっと 笑って見てるんでしょう あれから月日流れて今 変わらない笑顔見せたいから 心配だけはかけないよ 僕も頑張れてるよPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN今日はいつもよりもまぶたが腫れていて 心ではどしゃぶりの雨が降っていて 耳を疑った 信じたくないリアルが今は目の前にある  何がなんだかわからない日々 「心」全て失い泣いて 涙が枯れることはなくて こんな姿ばっか見させてごめん  独りぼっちの旅に出かけ 寂しかったり辛くない? アナタが泣いていると ほら この雨に変わるでしょう  志なかばで 忘れ物ばかりで やり残したことがきっと悔しいよね? 夢を追いかけてるアナタの姿は 今でもこの胸に輝いてる  あの日の声が聞こえてます あの場所を思い出します 相変わらずの景色の中に アナタがいないから何か違う  独りぼっちの旅に出かけ 嬉しいことや楽しいこと 見つけたアナタの笑顔で 雨は虹に変わるよ  最後の会話を覚えています 伝えたいことは今も 胸の中にしまってます いつか手紙を書けるように 「ごめんね」や「ありがとう」を言えず もう二度と逢えない場所 かけがえのないアナタ「またね、、、」 いつか手紙を届けるよ  「さよなら」も言わずに別れ 心残りもあるけれど アナタのことだからきっと 笑って見てるんでしょう あれから月日流れて今 変わらない笑顔見せたいから 心配だけはかけないよ 僕も頑張れてるよ
SONG 4 Uあの日偶然出逢った運命 重ね数年 過ごした one day 通り過ぎたり 立ち止まったり ともに沢山見てきた風景  ここまできたなら腐れ縁かもな どこまで行くのか迎えるエンドは無し 変な話 遠慮はない めんどくさい事ぶつける愛  雨上がりの空を見ていた 泣き虫のボクの 隣で笑いあえるんだ  Thank you friends いつもありがとう 30年経っても笑い合いたいね SONG 4 U キミへの手紙 書き終わる事知らない詩  堪えきれないナミダともに流し 答えきれない未来挑む証 巡る運命 歯車 行方 繋ぐ偶然 明日へと行くway  立ち止まることなく前へと 待ち焦がれる明日へ踏み出そう 時に背中を押し合いながら 1人させないもし泣いたなら  大切を失わないのは 泣き虫のキミの 隣で泣きあえるから  Thank you friends いつもありがとう 30年経っても笑い合いたいね SONG 4 U キミへの手紙 書き終わる事知らない詩  誰も気づかない 心傷があり 互い支え合い ここまで来たんだ 任せた背中 重なりながら くだらない冗談笑いながら 離れていても変わらないまま どうにかこうにか今日まで 大きな出逢いに 愛だね 笑  Thank you friends いつもありがとう 30年経っても笑い合いたいね SONG 4 U キミへの手紙 書き終わる事知らない詩  偶然が必然へと 力をくれていたよ ありがとう これからも続く 長い道のり どこまでも描く 落書きstory Glory 行こう道 向こうみずのまんまwalking ミチシルベは一つもないし 行く末はてんで知らないでもwalkingGReeeeNGReeeeNGReeeeNあの日偶然出逢った運命 重ね数年 過ごした one day 通り過ぎたり 立ち止まったり ともに沢山見てきた風景  ここまできたなら腐れ縁かもな どこまで行くのか迎えるエンドは無し 変な話 遠慮はない めんどくさい事ぶつける愛  雨上がりの空を見ていた 泣き虫のボクの 隣で笑いあえるんだ  Thank you friends いつもありがとう 30年経っても笑い合いたいね SONG 4 U キミへの手紙 書き終わる事知らない詩  堪えきれないナミダともに流し 答えきれない未来挑む証 巡る運命 歯車 行方 繋ぐ偶然 明日へと行くway  立ち止まることなく前へと 待ち焦がれる明日へ踏み出そう 時に背中を押し合いながら 1人させないもし泣いたなら  大切を失わないのは 泣き虫のキミの 隣で泣きあえるから  Thank you friends いつもありがとう 30年経っても笑い合いたいね SONG 4 U キミへの手紙 書き終わる事知らない詩  誰も気づかない 心傷があり 互い支え合い ここまで来たんだ 任せた背中 重なりながら くだらない冗談笑いながら 離れていても変わらないまま どうにかこうにか今日まで 大きな出逢いに 愛だね 笑  Thank you friends いつもありがとう 30年経っても笑い合いたいね SONG 4 U キミへの手紙 書き終わる事知らない詩  偶然が必然へと 力をくれていたよ ありがとう これからも続く 長い道のり どこまでも描く 落書きstory Glory 行こう道 向こうみずのまんまwalking ミチシルベは一つもないし 行く末はてんで知らないでもwalking
たけてん『君を探してた』 初めて逢った日は 上手く話せないままで 真面目な顔した 君が下向いた 眺めて戸惑った  溢れそうな恋心 隠しきれない鼓動 なんとなくはいつも突然で  大好きな君とただ笑って 何気ない日々の中 伝えきれない想いはセレナーデ 淋しい夜の空に きらりと星がひとつ 君も見ていたら おしゃべりをしよう  『君を探してた』 同じ空の下 見つけあえてありがとう  たまにすれ違うんだろう ひたすらわかって欲しいんだろう 言葉はいつでも心を超えない  大好きな君がただ笑って 何気ない日々の中 ただ確かめ合うように名前呼んで 同じ場所 同じ瞬間 僕と君との意味を これからの日々で 見つけに行こう  伝えきれない愛と 君とのこの出逢いを メロディーにのせて ほら届くようにと願った  君が悲しい時に笑って ずっとそばに居るから いつも楽しい君を忘れないで 雨が降るような日には そのたび傘をさすよ 肩寄り添いあい ともに歩んで  楽しい僕が泣いても 君はきっと笑って いつも涙も明日もそばにいて さよならの向こう側 笑い合えますように 気がつけばいつか雨は止むでしょう  なんとなくで出逢って ふと隣にいるのは なんとなくじゃなく 『君を探してた』GReeeeNGReeeeNGReeeeN『君を探してた』 初めて逢った日は 上手く話せないままで 真面目な顔した 君が下向いた 眺めて戸惑った  溢れそうな恋心 隠しきれない鼓動 なんとなくはいつも突然で  大好きな君とただ笑って 何気ない日々の中 伝えきれない想いはセレナーデ 淋しい夜の空に きらりと星がひとつ 君も見ていたら おしゃべりをしよう  『君を探してた』 同じ空の下 見つけあえてありがとう  たまにすれ違うんだろう ひたすらわかって欲しいんだろう 言葉はいつでも心を超えない  大好きな君がただ笑って 何気ない日々の中 ただ確かめ合うように名前呼んで 同じ場所 同じ瞬間 僕と君との意味を これからの日々で 見つけに行こう  伝えきれない愛と 君とのこの出逢いを メロディーにのせて ほら届くようにと願った  君が悲しい時に笑って ずっとそばに居るから いつも楽しい君を忘れないで 雨が降るような日には そのたび傘をさすよ 肩寄り添いあい ともに歩んで  楽しい僕が泣いても 君はきっと笑って いつも涙も明日もそばにいて さよならの向こう側 笑い合えますように 気がつけばいつか雨は止むでしょう  なんとなくで出逢って ふと隣にいるのは なんとなくじゃなく 『君を探してた』
たそがれトワイライトわずか に見えたアカリ 地平線にアガリはじめた 昨日を連れていけ 遠く彼方まで 望んでは離れてく いつかこの戦いは終わるの? 負けたくないんだ それだけで朝日を待っていた  空を切りさいて 産声アゲて 薄明かりの下で なげいてばかりで 泣いたDay & Dayなんか 昨日に送れ 誰ぞ彼のわずかなアカリ 頼りに迎えに行こう 光と闇の境界線 お前はどっちだ 超えろ  沈みゆく そのアカリ 今日という日を連れていくんだ サヨナラ 今日の私 もう逢わないでしょう 今から 訪れる闇 黒く染めてアレを塗りつぶせ 光は闇が あるからわかるのでしょう ハザマで  空を切りさいて 産声アゲて 薄明かりの下で なげいてばかりで 泣いたDay & Dayなんか 昨日に送れ 誰ぞ彼のわずかなアカリ 頼りに迎えに行こう 光と闇の境界線 お前はどっちだ 超えろ  誰ぞ彼 トワイライトの ハザマで アフォーダンス  空を切りさいて 産声アゲて 薄明かりの下で なげいてばかりで 泣いたDay & Dayなんか 昨日に送れ 誰ぞ彼のわずかなアカリ 頼りに迎えに行こう 光と闇の境界線 お前はどっちだ 超えろ  夜空が明けていく 全てを飲み込んで 新たな世界が 始まっていく オハヨウ サヨナラGReeeeNGReeeeNGReeeeNShunsuke Kasuga・JINわずか に見えたアカリ 地平線にアガリはじめた 昨日を連れていけ 遠く彼方まで 望んでは離れてく いつかこの戦いは終わるの? 負けたくないんだ それだけで朝日を待っていた  空を切りさいて 産声アゲて 薄明かりの下で なげいてばかりで 泣いたDay & Dayなんか 昨日に送れ 誰ぞ彼のわずかなアカリ 頼りに迎えに行こう 光と闇の境界線 お前はどっちだ 超えろ  沈みゆく そのアカリ 今日という日を連れていくんだ サヨナラ 今日の私 もう逢わないでしょう 今から 訪れる闇 黒く染めてアレを塗りつぶせ 光は闇が あるからわかるのでしょう ハザマで  空を切りさいて 産声アゲて 薄明かりの下で なげいてばかりで 泣いたDay & Dayなんか 昨日に送れ 誰ぞ彼のわずかなアカリ 頼りに迎えに行こう 光と闇の境界線 お前はどっちだ 超えろ  誰ぞ彼 トワイライトの ハザマで アフォーダンス  空を切りさいて 産声アゲて 薄明かりの下で なげいてばかりで 泣いたDay & Dayなんか 昨日に送れ 誰ぞ彼のわずかなアカリ 頼りに迎えに行こう 光と闇の境界線 お前はどっちだ 超えろ  夜空が明けていく 全てを飲み込んで 新たな世界が 始まっていく オハヨウ サヨナラ
旅立ちPLATINA LYLIC午前0時 明日 旅立つ君ヘ 僕の気持ち 手紙に託すよ 朝焼け いつもの駅で ただ「気をつけて」と 笑えるように yeah  人生の目標進む君へ 後ずさりなんか出来ないリレー 泣いて帰ったら許さねー! 踏ん張れ!頑張れ!まだ知らない地で 人生の1ページ刻む旅路 『不安』と『孤独』で少し寂しい でもそれは僕も同じだから 笑顔で送り出すと決めたから  あれは去年 春の出来事で 駅のホームで 君にぶつかって スゴイ法則 見つけ出せたんだよ 『恋に落ちる=時間じゃない』  夕暮れ色染まる君の自転車を 2人乗りで駅まで 笑い 走れたのは 今じゃ昔  明日 旅立つ君へ 僕の気持ち 手紙に託すよ 朝焼け いつもの駅で ただ「気をつけて」と 笑えるように  あの日 君が いつものデートで 僕に 「あのね、言いづらいんだけど、、、、」 夢を求めて 旅立つと言ったね 君の涙と共に  夕暮れ色染まる君の横で 肩を落とすのは もう止めた! 「行っておいで!」と 涙こらえ  2人の距離を 埋める言葉を 探し 選んで 君に送るよ 隣でいつも 笑ってた君 でも大丈夫 わかっているよ 君が好きだから  小さな手に 大きなカバンを 抱え君は 「少しの間、、、」と 朝焼け いつもの駅にホラ 桜の花びらが舞い降りた  午前0時 明日 旅立つ君へ 僕の気持ち 手紙に託すよ 朝焼け いつもの駅で ただ「気をつけて」と 笑えるように 「またね」と言えるように  人生の目標進む君へ 後ずさりなんか出来ないリレー 泣いて帰ったら許さねー! 踏ん張れ!頑張れ!まだ知らない地で 人生の1ページ刻む旅路 『不安』と『孤独』で少し寂しい でもそれは僕も同じだから 笑顔で送り出すと決めたからPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN午前0時 明日 旅立つ君ヘ 僕の気持ち 手紙に託すよ 朝焼け いつもの駅で ただ「気をつけて」と 笑えるように yeah  人生の目標進む君へ 後ずさりなんか出来ないリレー 泣いて帰ったら許さねー! 踏ん張れ!頑張れ!まだ知らない地で 人生の1ページ刻む旅路 『不安』と『孤独』で少し寂しい でもそれは僕も同じだから 笑顔で送り出すと決めたから  あれは去年 春の出来事で 駅のホームで 君にぶつかって スゴイ法則 見つけ出せたんだよ 『恋に落ちる=時間じゃない』  夕暮れ色染まる君の自転車を 2人乗りで駅まで 笑い 走れたのは 今じゃ昔  明日 旅立つ君へ 僕の気持ち 手紙に託すよ 朝焼け いつもの駅で ただ「気をつけて」と 笑えるように  あの日 君が いつものデートで 僕に 「あのね、言いづらいんだけど、、、、」 夢を求めて 旅立つと言ったね 君の涙と共に  夕暮れ色染まる君の横で 肩を落とすのは もう止めた! 「行っておいで!」と 涙こらえ  2人の距離を 埋める言葉を 探し 選んで 君に送るよ 隣でいつも 笑ってた君 でも大丈夫 わかっているよ 君が好きだから  小さな手に 大きなカバンを 抱え君は 「少しの間、、、」と 朝焼け いつもの駅にホラ 桜の花びらが舞い降りた  午前0時 明日 旅立つ君へ 僕の気持ち 手紙に託すよ 朝焼け いつもの駅で ただ「気をつけて」と 笑えるように 「またね」と言えるように  人生の目標進む君へ 後ずさりなんか出来ないリレー 泣いて帰ったら許さねー! 踏ん張れ!頑張れ!まだ知らない地で 人生の1ページ刻む旅路 『不安』と『孤独』で少し寂しい でもそれは僕も同じだから 笑顔で送り出すと決めたから
旅人PLATINA LYLIC行くぞ!僕らは進み続ける 「旅人」 なんだ 未だ遠いけど 楽しい事 嬉しい事を 見つけ集め歌おう  ALL RIGHT NOW かなり曲がりくねり 腕につらい重りと想いを抱える日々の中 笑い合って ただ支え合って なんとか生きてる この僕が居て 全て締めたら息詰まんぜ 夢で生きたらいつかは上 見える世界 心躍って 一歩前へ きっとMY WAY  思い通りにいかない事も 誰でもあるさ やるだけやったのなら いまはただ風まかせ 明日は明日の風が吹く  目の前の暗闇を蹴っ飛ばせ 屁のカッパ全て皆GETだぜ WE ARE GR CREW 良い合図 ピーカンGOOD まだまだこれからやっていく!!! 走り出しだらとまらねえ きっとみんなの顔ほがらかです! ただ日々の中で 楽しむだけ 合い言葉はいつもPMA  思い通りにいかない事も 誰でもあるさ やるだけやったのなら いまはただ風まかせ 明日は明日の風が吹く  行くぞ!僕らは悩み続ける 「旅人」 なんだ 未だ遠いけど 楽しい事 嬉しい事を 見つけ集め歌おう  いつか 世界の果てまで行こう! 自由求める旅は まだ続いてく いまはただ風まかせ 明日は明日の風が吹く  僕らは歩き続ける 「旅人」 なんだ 未だ遠いけど 旅のお供はこの歌連れて 楽しく笑って行ければいいな!!!  行くぞ!僕らは負けず続ける 「旅人」 なんだ 未だ遠いけど いつかたどり着くと信じて 大きな声で歌おう  行くぞ!僕らは旅を続ける 「旅人」 なんだ 未だ遠いけど 楽しい事 嬉しい事を 君と共に歌おうPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN行くぞ!僕らは進み続ける 「旅人」 なんだ 未だ遠いけど 楽しい事 嬉しい事を 見つけ集め歌おう  ALL RIGHT NOW かなり曲がりくねり 腕につらい重りと想いを抱える日々の中 笑い合って ただ支え合って なんとか生きてる この僕が居て 全て締めたら息詰まんぜ 夢で生きたらいつかは上 見える世界 心躍って 一歩前へ きっとMY WAY  思い通りにいかない事も 誰でもあるさ やるだけやったのなら いまはただ風まかせ 明日は明日の風が吹く  目の前の暗闇を蹴っ飛ばせ 屁のカッパ全て皆GETだぜ WE ARE GR CREW 良い合図 ピーカンGOOD まだまだこれからやっていく!!! 走り出しだらとまらねえ きっとみんなの顔ほがらかです! ただ日々の中で 楽しむだけ 合い言葉はいつもPMA  思い通りにいかない事も 誰でもあるさ やるだけやったのなら いまはただ風まかせ 明日は明日の風が吹く  行くぞ!僕らは悩み続ける 「旅人」 なんだ 未だ遠いけど 楽しい事 嬉しい事を 見つけ集め歌おう  いつか 世界の果てまで行こう! 自由求める旅は まだ続いてく いまはただ風まかせ 明日は明日の風が吹く  僕らは歩き続ける 「旅人」 なんだ 未だ遠いけど 旅のお供はこの歌連れて 楽しく笑って行ければいいな!!!  行くぞ!僕らは負けず続ける 「旅人」 なんだ 未だ遠いけど いつかたどり着くと信じて 大きな声で歌おう  行くぞ!僕らは旅を続ける 「旅人」 なんだ 未だ遠いけど 楽しい事 嬉しい事を 君と共に歌おう
タンポポGOLD LYLIC咲き誇る種 僕の心を僕が決めるため 僕の居場所を僕が作るため 風に吹かれ空に舞い上がるため 旅に出ようか僕はもう決めたんだ さあ行こう  旅立ちの日に 抱いた不安な気持ち どうなるかわからない けれど 時が満ちたら 旅立たなくちゃ  ならばいっそ 一度きりの 巡り合わせで今がある だからきっと あの街でも 切り開いていけるだろう 風に乗って 飛んでいくんだ  新しい世界に飛び込む勇気と 知らない景色がきっと僕を強くする 不安期待があるから生きてるってことでしょ? 全部笑って手を叩くのだ今すぐ clap clap clap ! and put your hands up !  降りたった場所は まだ馴染めないけれど 街の景色の中に 埋れそうな弱気な自分を蹴飛ばして この街の僕の日々を どう感じるかは自分次第 忘れないで 旅立ちの日 心の中決めたこと 切なさも 楽しんでバンザイ  知らない数だけ 僕はこれから知れるし 知ったらその数だけ 希望が生まれる 雨や風が絶対吹くのは 分かってる こらえて 立って 笑って 雲の隙間の陽を 見上げよう  いつか花が咲いたら 僕の生まれた街まで 風に乗って飛んで 行ってあの娘に伝えて 白い綿毛だったあの日の僕が 花を咲かせました 僕なりの花は今日もこの街で 風に揺られながら 今日を生きるんだ  今の僕を誇れ 新しい世界で 知らない景色はきっと 僕を強くする 不安+ 期待= All GReeeeN 生きてる証で 野に咲く花は 空を見上げてるんだ Yeah Yeah 知らない数だけ きっと出逢いが待っている 知ったらその数だけ 愛が生まれてく 1234 でjumping now hey jumping now hey jumping now 5678 jumping now 野に咲く花の種 旅立つGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN咲き誇る種 僕の心を僕が決めるため 僕の居場所を僕が作るため 風に吹かれ空に舞い上がるため 旅に出ようか僕はもう決めたんだ さあ行こう  旅立ちの日に 抱いた不安な気持ち どうなるかわからない けれど 時が満ちたら 旅立たなくちゃ  ならばいっそ 一度きりの 巡り合わせで今がある だからきっと あの街でも 切り開いていけるだろう 風に乗って 飛んでいくんだ  新しい世界に飛び込む勇気と 知らない景色がきっと僕を強くする 不安期待があるから生きてるってことでしょ? 全部笑って手を叩くのだ今すぐ clap clap clap ! and put your hands up !  降りたった場所は まだ馴染めないけれど 街の景色の中に 埋れそうな弱気な自分を蹴飛ばして この街の僕の日々を どう感じるかは自分次第 忘れないで 旅立ちの日 心の中決めたこと 切なさも 楽しんでバンザイ  知らない数だけ 僕はこれから知れるし 知ったらその数だけ 希望が生まれる 雨や風が絶対吹くのは 分かってる こらえて 立って 笑って 雲の隙間の陽を 見上げよう  いつか花が咲いたら 僕の生まれた街まで 風に乗って飛んで 行ってあの娘に伝えて 白い綿毛だったあの日の僕が 花を咲かせました 僕なりの花は今日もこの街で 風に揺られながら 今日を生きるんだ  今の僕を誇れ 新しい世界で 知らない景色はきっと 僕を強くする 不安+ 期待= All GReeeeN 生きてる証で 野に咲く花は 空を見上げてるんだ Yeah Yeah 知らない数だけ きっと出逢いが待っている 知ったらその数だけ 愛が生まれてく 1234 でjumping now hey jumping now hey jumping now 5678 jumping now 野に咲く花の種 旅立つ
地球号GOLD LYLIC3番目の青い惑星 超BIG SIZE この広い大空の下で BEAUTIFUL LIFE 広大な大地で WONDERFUL TIME 風に乗って何処までも FEEL SO NICE  目の前の景色をふと眺め 山へ気を取られるのは何故? 時は流れ 心の中で 溜まるストレスが我を忘れ 俯き足早に走る毎日 近くの景色も見えない日々 たまのリフレッシュそれが大事! 山の向こうに見えるHappy  笑い方忘れてませんか? 暗い顔で立ち止まってませんか? 何かに追われる事もあり また時間が迫って来たり そんな時は大空見上げて 向かい風をその手でかき分け この大地に立って感じれば お固い事なんておかまいなし!!!  3番目の青い惑星 超BIG SIZE この広い大空の下で BEAUTIFUL LIFE 広大な大地で WONDERFUL TIME 風に乗って何処までも FEEL SO NICE  『海』『山』『川』 時折 ただ見つめて癒されていく体 この感覚は凄い快楽!!! 都会の中じゃ忘れた宝 心の洗濯 とても贅沢! 思い出Play back!!! 少し切なく(T▽T) つらい事全部を置いていこう ウザい事全部忘れていこう  笑い方忘れてませんか? 暗い顔で立ち止まってませんか? 何かに追われる事もあり また時間が迫って来たり 小さな声だけど喉を枯らし 叫ぶんだ君の中の拳掲げて わずかでも見せろ証し!!! いつか 言ってやれ 君の上司 (お休み下さいよー、、、・(≧д≦)・)  3番目の青い惑星 超BIG SIZE この広い大空の下で BEAUTIFUL LIFE 広大な大地で WONDERFUL TIME 風に乗って何処までも FEEL SO NICE  とにかく毎日は過ぎ去って つらい事とか色々あるけど 何か楽しいひととき見つけて 笑って 生きていこう 地球号(ほし)はとにかくグルグル回って いつもどうりの日常の中で 肩の力を抜いて  僕たちは青い空の下で 僕たちは歩く君の横で いつだって そうやって この空気を吸って いつも 僕たちは青い地球号(ほし)に立ってる  僕たちは青い空の下で 僕たちは歩く君の横で いつだって そうやって この空気を吸って いつも 僕たちは青い地球号(ほし)に立ってる そうココに立ってる!!!GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN3番目の青い惑星 超BIG SIZE この広い大空の下で BEAUTIFUL LIFE 広大な大地で WONDERFUL TIME 風に乗って何処までも FEEL SO NICE  目の前の景色をふと眺め 山へ気を取られるのは何故? 時は流れ 心の中で 溜まるストレスが我を忘れ 俯き足早に走る毎日 近くの景色も見えない日々 たまのリフレッシュそれが大事! 山の向こうに見えるHappy  笑い方忘れてませんか? 暗い顔で立ち止まってませんか? 何かに追われる事もあり また時間が迫って来たり そんな時は大空見上げて 向かい風をその手でかき分け この大地に立って感じれば お固い事なんておかまいなし!!!  3番目の青い惑星 超BIG SIZE この広い大空の下で BEAUTIFUL LIFE 広大な大地で WONDERFUL TIME 風に乗って何処までも FEEL SO NICE  『海』『山』『川』 時折 ただ見つめて癒されていく体 この感覚は凄い快楽!!! 都会の中じゃ忘れた宝 心の洗濯 とても贅沢! 思い出Play back!!! 少し切なく(T▽T) つらい事全部を置いていこう ウザい事全部忘れていこう  笑い方忘れてませんか? 暗い顔で立ち止まってませんか? 何かに追われる事もあり また時間が迫って来たり 小さな声だけど喉を枯らし 叫ぶんだ君の中の拳掲げて わずかでも見せろ証し!!! いつか 言ってやれ 君の上司 (お休み下さいよー、、、・(≧д≦)・)  3番目の青い惑星 超BIG SIZE この広い大空の下で BEAUTIFUL LIFE 広大な大地で WONDERFUL TIME 風に乗って何処までも FEEL SO NICE  とにかく毎日は過ぎ去って つらい事とか色々あるけど 何か楽しいひととき見つけて 笑って 生きていこう 地球号(ほし)はとにかくグルグル回って いつもどうりの日常の中で 肩の力を抜いて  僕たちは青い空の下で 僕たちは歩く君の横で いつだって そうやって この空気を吸って いつも 僕たちは青い地球号(ほし)に立ってる  僕たちは青い空の下で 僕たちは歩く君の横で いつだって そうやって この空気を吸って いつも 僕たちは青い地球号(ほし)に立ってる そうココに立ってる!!!
超・風Hey yo, listen up ギン×2 鼓膜を揺らすboom×2 唸るサウンドでズン×2 最高の未DREAM(ミドリ)掲げたCReWとBring it 最強の仲間たちとbe DREAM! Yo ちょっと待ったなしで走り続けることが出来る 未DREAM(ミドリ) skill あげるために曲げることのないstory 響かすUに お届けする WE ARE ALL GReeeeN!!!!!  グルグル回る青い星に乗り ノリノリあくせく生きていきたい だけどまだまだ見えてこないDAY みんな踏ん張って 寂しい気持ちを誰かと比べ 人にぶつけて癒してるうわべ そこから立ち上がるために笑え 当たり前なのに 今も見失わず 前見て きっと進んでく 夢も 希望も きっと味方さ  吹き付ける風の中で あなたとわたしと笑い合えるなら 共に心晴れゆく日々が訪れる そう ミドリと共に  そう 俺らと行こうぜ 迷うのは当然 挑戦 目指して桃源郷 そんで楽しむだけ 汗かくだけ 未DREAM(ミドリ)吹く風  吹き付ける風の中で あなたとわたしと笑い合えるなら 共に心晴れゆく日々が訪れる そう ミドリと共に  いくぜもういっちょ!  吹き付ける風の中で あなたとわたしと笑い合えるなら ゆえに最後晴れゆく日々が訪れる そう ミドリと共に  ラララララ、、、GReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・Tsubasa TakadaHey yo, listen up ギン×2 鼓膜を揺らすboom×2 唸るサウンドでズン×2 最高の未DREAM(ミドリ)掲げたCReWとBring it 最強の仲間たちとbe DREAM! Yo ちょっと待ったなしで走り続けることが出来る 未DREAM(ミドリ) skill あげるために曲げることのないstory 響かすUに お届けする WE ARE ALL GReeeeN!!!!!  グルグル回る青い星に乗り ノリノリあくせく生きていきたい だけどまだまだ見えてこないDAY みんな踏ん張って 寂しい気持ちを誰かと比べ 人にぶつけて癒してるうわべ そこから立ち上がるために笑え 当たり前なのに 今も見失わず 前見て きっと進んでく 夢も 希望も きっと味方さ  吹き付ける風の中で あなたとわたしと笑い合えるなら 共に心晴れゆく日々が訪れる そう ミドリと共に  そう 俺らと行こうぜ 迷うのは当然 挑戦 目指して桃源郷 そんで楽しむだけ 汗かくだけ 未DREAM(ミドリ)吹く風  吹き付ける風の中で あなたとわたしと笑い合えるなら 共に心晴れゆく日々が訪れる そう ミドリと共に  いくぜもういっちょ!  吹き付ける風の中で あなたとわたしと笑い合えるなら ゆえに最後晴れゆく日々が訪れる そう ミドリと共に  ラララララ、、、
「今日もありがとう 元気でいますよ たまにへこんでしまうような日もあるけど なんだかんだで 明日が私を 迎えに来てくれる そうだね今日も晴れだ」  そして春が来るの 雪を溶かし 私呼ぶの  白い空を越えた先で 百の蕾が花ひらくの いくども泣いて いくど笑って 蕾はやがてひらくのでしょう 私も一つの花でしょう  「淋しくなったら 手紙を書くから 大丈夫だよと その声聞かせてね」  3月に吹く風 いくつもの春をつれてこい  白い空を越えた先で 百の蕾が花ひらくの 笑い合って 咲き誇るため 蕾はやがてひらくのでしょう  閉ざしたそれは はばむためなのか それとも美しい花 守るためなのか  咲くまで 何度も冬を越えて その日を待ちわびるの  白い空が春風吹かれ 百の蕾が花ひらくの いくとせかの日 そこに根をはり 蕾はやがてひらくのでしょう 春の訪れを待ちわびて GReeeeNGReeeeNGReeeeN「今日もありがとう 元気でいますよ たまにへこんでしまうような日もあるけど なんだかんだで 明日が私を 迎えに来てくれる そうだね今日も晴れだ」  そして春が来るの 雪を溶かし 私呼ぶの  白い空を越えた先で 百の蕾が花ひらくの いくども泣いて いくど笑って 蕾はやがてひらくのでしょう 私も一つの花でしょう  「淋しくなったら 手紙を書くから 大丈夫だよと その声聞かせてね」  3月に吹く風 いくつもの春をつれてこい  白い空を越えた先で 百の蕾が花ひらくの 笑い合って 咲き誇るため 蕾はやがてひらくのでしょう  閉ざしたそれは はばむためなのか それとも美しい花 守るためなのか  咲くまで 何度も冬を越えて その日を待ちわびるの  白い空が春風吹かれ 百の蕾が花ひらくの いくとせかの日 そこに根をはり 蕾はやがてひらくのでしょう 春の訪れを待ちわびて 
手紙~君たちへ~GOLD LYLIC「今も君のあの頃の笑顔で 誰かに笑えていますか?」 「何処かの街角で ミンナ幸せに、、、」 いつか逢えるその日まで  あれから何年時は流れ 眺めた景色変わらぬままで 焦って 「夢って??」 悩み抱いて 見切り発車で始めた中で 汗かいて 夢抱いて ガムシャラにやれた俺らが居て 今はそれぞれ別々だけど たまにあの頃を思い出すよ  元気かどうかは分からないけど 返事のいらない手紙を書くよ 君の街まで聞こえますように、、、 風の便りに聞いた噂話 懐かしい 思い出に花を咲かし あの日の君の声がする  「今も僕らはあの頃の笑顔で 誰かに笑えていますか?」 「何処かの街角で ミンナ幸せに、、、」 いつか逢えるその日まで  僕なりに色々あったけど 相も変わらず元気でいるよ あの制服脱いで僕ら何年? 生活の違う日々の中で あの頃 見た シタ 事の全て 心を満たした 時をうめて アリガトウ 今の僕を作る 明日も 足を止めずに歩く  「今も変わらないあの頃の笑顔で 誰かに笑えていますか?」 「何処かの街角で ミンナ幸せに、、、」 いつか逢えるその日まで  僕らあの頃と 変わらずに笑おう さあ 止まらずに歩こう 明日に立ち向かおう  僕らなんで言い訳ばかりしてしまうんだろうね 自分をツブして どうしようもないくらい つらい事があったなら 話を聞くよ また手紙かくよ、、、  「今も懐かしいあの頃の笑顔で 誰かに笑えていますか?」 「何処かの街角で ミンナ幸せに、、、」 いつか逢えるその日まで  僕らあの頃と 変わってる所と 変わらない所があるから 「人って強いね!」「人って弱いね!」 全て分け合い生きよう!!!GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN「今も君のあの頃の笑顔で 誰かに笑えていますか?」 「何処かの街角で ミンナ幸せに、、、」 いつか逢えるその日まで  あれから何年時は流れ 眺めた景色変わらぬままで 焦って 「夢って??」 悩み抱いて 見切り発車で始めた中で 汗かいて 夢抱いて ガムシャラにやれた俺らが居て 今はそれぞれ別々だけど たまにあの頃を思い出すよ  元気かどうかは分からないけど 返事のいらない手紙を書くよ 君の街まで聞こえますように、、、 風の便りに聞いた噂話 懐かしい 思い出に花を咲かし あの日の君の声がする  「今も僕らはあの頃の笑顔で 誰かに笑えていますか?」 「何処かの街角で ミンナ幸せに、、、」 いつか逢えるその日まで  僕なりに色々あったけど 相も変わらず元気でいるよ あの制服脱いで僕ら何年? 生活の違う日々の中で あの頃 見た シタ 事の全て 心を満たした 時をうめて アリガトウ 今の僕を作る 明日も 足を止めずに歩く  「今も変わらないあの頃の笑顔で 誰かに笑えていますか?」 「何処かの街角で ミンナ幸せに、、、」 いつか逢えるその日まで  僕らあの頃と 変わらずに笑おう さあ 止まらずに歩こう 明日に立ち向かおう  僕らなんで言い訳ばかりしてしまうんだろうね 自分をツブして どうしようもないくらい つらい事があったなら 話を聞くよ また手紙かくよ、、、  「今も懐かしいあの頃の笑顔で 誰かに笑えていますか?」 「何処かの街角で ミンナ幸せに、、、」 いつか逢えるその日まで  僕らあの頃と 変わってる所と 変わらない所があるから 「人って強いね!」「人って弱いね!」 全て分け合い生きよう!!!
テトテとテントテン with whiteeeenGOLD LYLICWOW、、、I WANNA、、、HOW? THIS FEELING  ああ全然今日も 眠れなくて いつの間にか君思い出して もう散々だね どうなってんかね? こんなことになってんの バレたら負け  いつも君の前強がって なにも気にしてないフリして 本当の僕は君のこと 独り占めしていたいみたいです  ねえ テトテをつなげる距離も ほんの わずかだけその距離も 壊れそうな今怖くて 近づけそうにないけど 本当の気持ちが言えたなら 君のことが大好きだとか そんな『いつか』はいつくるの あの日から今日も  WOW、、、I WANNA、、、HOW? THIS FEELING  帰り道 見つけた君 夕焼けの中 前歩いてた 急げば届く でも行けない僕 気づかれないよう 足止めよう  またそうやって家(うち)に帰るんだ そしたら今日も眠れないんだ もうなんだかんだ言ってらんないな 気持ちは増していくばかりだ  ねえ テトテをつなげる距離は ほんの わずかだけその距離は また今日も本当遠くて 嘘つきな僕が空回り 本当の気持ち言えないまま 君のことが大好きなまま そんな『きっと』どうかお願い あの日から今日も  揺るぎない自信 欲しい僕自身 いつもやられてる 心 粉微塵 言えない日々に 増してく意識 君以外に出ない人見知り ああ いつか『オレンジ』が唄ってた 愛なんか 恋なんか みたいにさ こんな気持ちの一方通行 縮まればいいなと よし決めるぞ!  いつまでもこのままじゃ いつか誰かの君になる 考えてみるだけで 耐えられそうにないや ダメだ!!!!  ねえ テトテをつなげる距離に ほんの わずかだけその距離に いつも君がいることを 本当は知ってるけど 私だけがそうだったなら そんなことばかり思ったら 超えられない ああこの距離を どうか飛び超えて  あと少しの距離を超えていける勇気はどこ worryと don't worryを繰り返し今日がまた始まる 少しの距離を超えていける勇気はどこ  ウルトラミラクル勇気 力をください!!!!  ねえ テトテをつなげる距離で ほんの わずかだけその距離で いつも隣にいたくて なら今の僕らへBye Bye 誓ったその3秒前に 昔の僕らを置いてくよ 『いつか』じゃ絶対いやなんだ  「あのね実はさ、、、僕は!(私は!)君のことが、、、!」  WOW、、、WE WANNA、、、HOW? THIS FEELINGGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeNWOW、、、I WANNA、、、HOW? THIS FEELING  ああ全然今日も 眠れなくて いつの間にか君思い出して もう散々だね どうなってんかね? こんなことになってんの バレたら負け  いつも君の前強がって なにも気にしてないフリして 本当の僕は君のこと 独り占めしていたいみたいです  ねえ テトテをつなげる距離も ほんの わずかだけその距離も 壊れそうな今怖くて 近づけそうにないけど 本当の気持ちが言えたなら 君のことが大好きだとか そんな『いつか』はいつくるの あの日から今日も  WOW、、、I WANNA、、、HOW? THIS FEELING  帰り道 見つけた君 夕焼けの中 前歩いてた 急げば届く でも行けない僕 気づかれないよう 足止めよう  またそうやって家(うち)に帰るんだ そしたら今日も眠れないんだ もうなんだかんだ言ってらんないな 気持ちは増していくばかりだ  ねえ テトテをつなげる距離は ほんの わずかだけその距離は また今日も本当遠くて 嘘つきな僕が空回り 本当の気持ち言えないまま 君のことが大好きなまま そんな『きっと』どうかお願い あの日から今日も  揺るぎない自信 欲しい僕自身 いつもやられてる 心 粉微塵 言えない日々に 増してく意識 君以外に出ない人見知り ああ いつか『オレンジ』が唄ってた 愛なんか 恋なんか みたいにさ こんな気持ちの一方通行 縮まればいいなと よし決めるぞ!  いつまでもこのままじゃ いつか誰かの君になる 考えてみるだけで 耐えられそうにないや ダメだ!!!!  ねえ テトテをつなげる距離に ほんの わずかだけその距離に いつも君がいることを 本当は知ってるけど 私だけがそうだったなら そんなことばかり思ったら 超えられない ああこの距離を どうか飛び超えて  あと少しの距離を超えていける勇気はどこ worryと don't worryを繰り返し今日がまた始まる 少しの距離を超えていける勇気はどこ  ウルトラミラクル勇気 力をください!!!!  ねえ テトテをつなげる距離で ほんの わずかだけその距離で いつも隣にいたくて なら今の僕らへBye Bye 誓ったその3秒前に 昔の僕らを置いてくよ 『いつか』じゃ絶対いやなんだ  「あのね実はさ、、、僕は!(私は!)君のことが、、、!」  WOW、、、WE WANNA、、、HOW? THIS FEELING
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Day by DayGOLD LYLICDay by Day 思い出すあの日のmelody 楽しい みんな仲間を忘れないよ いつまで経ってもそういないぞ Day by Day 僕ら笑い合ったあの日 またね 一歩踏み出すその将来を きっと掴み取る夢 All right  いつも帰り道 僕ら同じ道 ふざけ笑い合っていたあの日 僕ら怖いものなんてねぇぞ けど夢と現実揺れた気持ち 「相変わらずな奴」と 語り作り合ったあの日のLove song 今も胸にありますか?あのメロディー コードはC  流れ流される日々の中で笑顔でいますか? 何か守るべきものができて作り笑顔ばかりしてませんか? It's no lie それは弱い心じゃなくて It's all right! とても強いことなんです  Day by Day 思い出すあの日のmelody 楽しい みんな仲間を忘れないよ いつまで経ってもそういないぞ Day by Day 僕ら笑い合ったあの日 またね 一歩踏み出すその将来を きっと掴み取る夢 All right  いつも見た風景や思い出が 旅立つための力へと変わり 月日は巡り僕ら大人になり 思い出また1つ忘れてく それはとてもツライことでもあり それはとても強いことでもある 未来を スタート 大事なものを残していこう  流れ流される日々の中で笑顔でいますか? 何か守るべきものができて作り笑顔ばかりしてませんか? It's no lie それは弱い心じゃなくて It's all right! とても強いことなんです  一人一人が選んだ形 あの頃と少し違う話 それを恥じる事なんかなくて 他に大事なものが君に出来て わかってるよ!連絡こなくても 「どっかで元気にやってるだろう?」 君の信じた将来だ 誰かを幸せにしてちょうだいな!  Day by Day 思い出すあの日のmelody 楽しい みんな仲間を忘れないよ いつまで経ってもそういないぞ Day by Day 僕ら笑い合ったあの日 またね 一歩踏み出すその将来を きっと掴み取る夢 All right  Day by Day 思い出すあの日のmelody 楽しい みんな仲間を忘れないよ いつまで経ってもそういないぞ Day by Day 僕ら笑い合ったあの日 またね 一歩踏み出すその将来を きっと掴み取る夢 All rightGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JINDay by Day 思い出すあの日のmelody 楽しい みんな仲間を忘れないよ いつまで経ってもそういないぞ Day by Day 僕ら笑い合ったあの日 またね 一歩踏み出すその将来を きっと掴み取る夢 All right  いつも帰り道 僕ら同じ道 ふざけ笑い合っていたあの日 僕ら怖いものなんてねぇぞ けど夢と現実揺れた気持ち 「相変わらずな奴」と 語り作り合ったあの日のLove song 今も胸にありますか?あのメロディー コードはC  流れ流される日々の中で笑顔でいますか? 何か守るべきものができて作り笑顔ばかりしてませんか? It's no lie それは弱い心じゃなくて It's all right! とても強いことなんです  Day by Day 思い出すあの日のmelody 楽しい みんな仲間を忘れないよ いつまで経ってもそういないぞ Day by Day 僕ら笑い合ったあの日 またね 一歩踏み出すその将来を きっと掴み取る夢 All right  いつも見た風景や思い出が 旅立つための力へと変わり 月日は巡り僕ら大人になり 思い出また1つ忘れてく それはとてもツライことでもあり それはとても強いことでもある 未来を スタート 大事なものを残していこう  流れ流される日々の中で笑顔でいますか? 何か守るべきものができて作り笑顔ばかりしてませんか? It's no lie それは弱い心じゃなくて It's all right! とても強いことなんです  一人一人が選んだ形 あの頃と少し違う話 それを恥じる事なんかなくて 他に大事なものが君に出来て わかってるよ!連絡こなくても 「どっかで元気にやってるだろう?」 君の信じた将来だ 誰かを幸せにしてちょうだいな!  Day by Day 思い出すあの日のmelody 楽しい みんな仲間を忘れないよ いつまで経ってもそういないぞ Day by Day 僕ら笑い合ったあの日 またね 一歩踏み出すその将来を きっと掴み取る夢 All right  Day by Day 思い出すあの日のmelody 楽しい みんな仲間を忘れないよ いつまで経ってもそういないぞ Day by Day 僕ら笑い合ったあの日 またね 一歩踏み出すその将来を きっと掴み取る夢 All right
トゥルラッタッタッティオーゥイエー!!!!GOLD LYLICトゥルラッタッタッティオーゥイエー!  朝も早よからテレビでは 世界中のいろんな出来事 教えてくれてはいますが 僕の頭は君でイッパイ!!!  どんな話をすれば 笑ってくれるかな あり得ないような出来事とか 起きればいいな まあ そんなんあるわけないかって  そんなこんなで声かける 『おはよ!』 あれれ 聞こえてますよね? そこでビビるな たじろぐな 違う奴に言ったフリをしろ  神様どうか 超絶テクを下さい 彼女が振り向いて 好きと言ってくれる 何かを  僕に出来る事集めて 君が笑ってくれるまで ピエロにだってなれるけど 興味ないフリ 突き通す 明日も明後日もこのまま 多くのうちの一人では 終わらせないぞ ねえ誰か それとなくあの子に言っておくれ  トゥルラッタッタッティオーゥイエー!  夢の中では 全てうまくいってる あとはどうすれば リアルに世界 うまくいくかな  僕に出来る事集めて 君が笑ってくれるまで ピエロにだってなれるけど 興味ないフリ 突き通す 君が話してる話題を 聞こえるギリギリの距離で 違う話をしてるように 聞いてるだけで 幸せです  君の落とした 消しゴムめがけ 全力で全身で ヘッドスライディング 鼻血が出ても 足をくじいても 小さなきっかけから 恋は始まる  トゥルラッタッタッティオーゥイエー!  どうとでもとっておくれ イエイーGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNトゥルラッタッタッティオーゥイエー!  朝も早よからテレビでは 世界中のいろんな出来事 教えてくれてはいますが 僕の頭は君でイッパイ!!!  どんな話をすれば 笑ってくれるかな あり得ないような出来事とか 起きればいいな まあ そんなんあるわけないかって  そんなこんなで声かける 『おはよ!』 あれれ 聞こえてますよね? そこでビビるな たじろぐな 違う奴に言ったフリをしろ  神様どうか 超絶テクを下さい 彼女が振り向いて 好きと言ってくれる 何かを  僕に出来る事集めて 君が笑ってくれるまで ピエロにだってなれるけど 興味ないフリ 突き通す 明日も明後日もこのまま 多くのうちの一人では 終わらせないぞ ねえ誰か それとなくあの子に言っておくれ  トゥルラッタッタッティオーゥイエー!  夢の中では 全てうまくいってる あとはどうすれば リアルに世界 うまくいくかな  僕に出来る事集めて 君が笑ってくれるまで ピエロにだってなれるけど 興味ないフリ 突き通す 君が話してる話題を 聞こえるギリギリの距離で 違う話をしてるように 聞いてるだけで 幸せです  君の落とした 消しゴムめがけ 全力で全身で ヘッドスライディング 鼻血が出ても 足をくじいても 小さなきっかけから 恋は始まる  トゥルラッタッタッティオーゥイエー!  どうとでもとっておくれ イエイー
東南西北~全員集合!!!!~GOLD LYLIC4本MIC 全員集合! 琉球!九州!関東!関西! 必然的に ハイ、注目! 東北で生まれたこの『音』 大人に成りたくない4人 歳はとりたくないのに ピーターパン どうも今日この頃 見えなくなってきたよ!? とうとう  国際通りど真ん中で お婆長年 レコード店経営 お袋ピアノの先生で 良い経験得れた 今は青年 ウチナー飛び出たこの人生 今年で7年未だ新鮮 グシバのワラバ 今3歳ですけど 悔いは残さない! いざ!Big Name!!!  4本MIC 全員集合! 琉球!九州!関東!関西! 必然的に ハイ、注目! 東北で生まれたこの『音』 大人に成りたくない4人 歳はとりたくないのに ピーターパン どうも今日この頃 見えなくなってきたよ!? とうとう  江戸川越えたら 『03』区域突入! 総武線各駅降りた後 突然のカツアゲに 「おい!待てよ!」「出せよ!」 「金?いやいや!!」断ると イライラヤンキー「裏来いよ!!」  「出せよ!」「いやよ!」やペー、、、目がマジだよ、、、 キャー (T◇T)  4本MIC 全員集合! 琉球!九州!関東!関西! 必然的に ハイ、注目! 東北で生まれたこの『音』 大人に成りたくない4人 歳はとりたくないのに ピーターパン どうも今日この頃 見えなくなってきたよ!? とうとう  Woooo! 肥前の街からまた登場 Floorのテンションをあげろ状況 道頓堀までLowtone Voice ガラクタだらけまだ未完成Voice Kickしなハーイ! Checkしなハーイ! がば-い兄ちゃんDaオレの事ハーイ! Lowtone Voiceで震憾さすとどまり続けろKeep on×2!  おやおや?気付けばアンカーやった!!! モヤモヤ気分はサヨナラ!!! 大阪生まれ 京都育ち 高知に渡り 東京染まり 福島 気付けば6年目! 気が付きゃ30歳(さんじゅう)目前で、、、 追いかけて 追いかけて 追いかけて~ (T△T)  4本MIC 全員集合! 琉球!九州!関東!関西! 必然的に ハイ、注目! 東北で生まれたこの『音』 大人に成りたくない4人 歳はとりたくないのに ピーターパン どうも今日この頃 見えなくなってきたよ!? とうとうGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN4本MIC 全員集合! 琉球!九州!関東!関西! 必然的に ハイ、注目! 東北で生まれたこの『音』 大人に成りたくない4人 歳はとりたくないのに ピーターパン どうも今日この頃 見えなくなってきたよ!? とうとう  国際通りど真ん中で お婆長年 レコード店経営 お袋ピアノの先生で 良い経験得れた 今は青年 ウチナー飛び出たこの人生 今年で7年未だ新鮮 グシバのワラバ 今3歳ですけど 悔いは残さない! いざ!Big Name!!!  4本MIC 全員集合! 琉球!九州!関東!関西! 必然的に ハイ、注目! 東北で生まれたこの『音』 大人に成りたくない4人 歳はとりたくないのに ピーターパン どうも今日この頃 見えなくなってきたよ!? とうとう  江戸川越えたら 『03』区域突入! 総武線各駅降りた後 突然のカツアゲに 「おい!待てよ!」「出せよ!」 「金?いやいや!!」断ると イライラヤンキー「裏来いよ!!」  「出せよ!」「いやよ!」やペー、、、目がマジだよ、、、 キャー (T◇T)  4本MIC 全員集合! 琉球!九州!関東!関西! 必然的に ハイ、注目! 東北で生まれたこの『音』 大人に成りたくない4人 歳はとりたくないのに ピーターパン どうも今日この頃 見えなくなってきたよ!? とうとう  Woooo! 肥前の街からまた登場 Floorのテンションをあげろ状況 道頓堀までLowtone Voice ガラクタだらけまだ未完成Voice Kickしなハーイ! Checkしなハーイ! がば-い兄ちゃんDaオレの事ハーイ! Lowtone Voiceで震憾さすとどまり続けろKeep on×2!  おやおや?気付けばアンカーやった!!! モヤモヤ気分はサヨナラ!!! 大阪生まれ 京都育ち 高知に渡り 東京染まり 福島 気付けば6年目! 気が付きゃ30歳(さんじゅう)目前で、、、 追いかけて 追いかけて 追いかけて~ (T△T)  4本MIC 全員集合! 琉球!九州!関東!関西! 必然的に ハイ、注目! 東北で生まれたこの『音』 大人に成りたくない4人 歳はとりたくないのに ピーターパン どうも今日この頃 見えなくなってきたよ!? とうとう
遠くの空 指さすんだGOLD LYLIC君の背中をいつも いつも見つめてた 誰にも言えない想いを抱え 今日も立つ 未だ夢の途中 歩き出すその一歩 背中押す声を  さぁ いざいけ 準備はOK どこまでも遠く目指せ 僕らの想いを乗せて Wow wow wow  誰かのためなんて そんな風に思えなかった 誰にも言えない涙は 見せなかった そんな僕の名を 大きな声が呼ぶよ 今が生きる時  さぁ いこうか 準備はOK 誰かが僕を待ってる 一緒にみにいこうぜ Wow wow wow  風のようなスピードで どこまでも遠く飛んでいけ 僕らの想いを乗せて Wow wow wow  雨の日も 風の日も こんな僕の事を信じてる 願ってる この声がある限り どんな時も負けないと誓った 祈った  あぁ どうか 君の背中に ねぇ どうか 届いて欲しい きっとまた君が笑顔で 遠くの空 指さすんだ Wow wow wow  Take it take it and commit you Take that take that shout it loud our voice 一緒に声を合わせて Wow wow wow  いざいけ 準備はOK どこまでも遠く目指せ 僕らの想いを乗せて Wow wow wowGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNShunsuke Kasuga・JIN君の背中をいつも いつも見つめてた 誰にも言えない想いを抱え 今日も立つ 未だ夢の途中 歩き出すその一歩 背中押す声を  さぁ いざいけ 準備はOK どこまでも遠く目指せ 僕らの想いを乗せて Wow wow wow  誰かのためなんて そんな風に思えなかった 誰にも言えない涙は 見せなかった そんな僕の名を 大きな声が呼ぶよ 今が生きる時  さぁ いこうか 準備はOK 誰かが僕を待ってる 一緒にみにいこうぜ Wow wow wow  風のようなスピードで どこまでも遠く飛んでいけ 僕らの想いを乗せて Wow wow wow  雨の日も 風の日も こんな僕の事を信じてる 願ってる この声がある限り どんな時も負けないと誓った 祈った  あぁ どうか 君の背中に ねぇ どうか 届いて欲しい きっとまた君が笑顔で 遠くの空 指さすんだ Wow wow wow  Take it take it and commit you Take that take that shout it loud our voice 一緒に声を合わせて Wow wow wow  いざいけ 準備はOK どこまでも遠く目指せ 僕らの想いを乗せて Wow wow wow
MILLION LYLICほら、顔あげ少し笑って そりゃ色々あるよ解るって 思い通りのstoryとは行かないけれど  誰しも明日は来るって! 待ってくれない 時は過ぎ去って あなたに 今見える未来から 目そらさずに  意味の無い事は 何一つ無いって気がすんだ 思い切りやり抜いたら 気持ちハレバレ! 振り返れば ほら見えるだろう? 歩んだ道のり 恐れずに次の一歩 ほら 踏み出せ!!!  君が開くその目の前に 明日の自分は見えていますか?? 新しい扉のその先に きっと出逢える 『次の自分』に  ほら?どうした?暗い顔 ツライかもしれないが さぁ笑おう! 黙っても過ぎてく日々なら 明後日、明日、今日、意味がある 迷ってばっか 一刻一刻と カレンダーの日付 コツコツと 待ってくれるわけなんてないんだ じゃあ今 速攻で即行動!!!  意味が無いとただ決めつけて 扉閉めてるんだ 見えない様 聞こえない様にしてるだけ 明日何が出来るかなんて 君が決めるだけ 恐れずに次の一歩 ほら 踏み出せ!!!  君の扉を開ける鍵は いつも君のポケットの中 今開けば ほら目の前に きっと待ってる 『次の自分』が  立ち止まって動けないなら 僕がそっと君の背中押すよ その一歩で 前に出たなら あとは一人で進めるはずさ  いつかきっと あなたの『夢』が『想い』が届くんだ!!! 思い切りやり抜いたら 気持ち×100!!! それも全部分かってるんだろう? 扉開くには その想い 全部抱え ほら 踏み出せ!!!  君が開くその目の前に 明日の自分は見えていますか?? 新しい扉のその先に きっと出逢える 『次の自分』に  君の扉を開ける鍵は いつも君のポケットの中 今開けば ほら目の前に きっと待ってる 『次の自分』がMILLION LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNほら、顔あげ少し笑って そりゃ色々あるよ解るって 思い通りのstoryとは行かないけれど  誰しも明日は来るって! 待ってくれない 時は過ぎ去って あなたに 今見える未来から 目そらさずに  意味の無い事は 何一つ無いって気がすんだ 思い切りやり抜いたら 気持ちハレバレ! 振り返れば ほら見えるだろう? 歩んだ道のり 恐れずに次の一歩 ほら 踏み出せ!!!  君が開くその目の前に 明日の自分は見えていますか?? 新しい扉のその先に きっと出逢える 『次の自分』に  ほら?どうした?暗い顔 ツライかもしれないが さぁ笑おう! 黙っても過ぎてく日々なら 明後日、明日、今日、意味がある 迷ってばっか 一刻一刻と カレンダーの日付 コツコツと 待ってくれるわけなんてないんだ じゃあ今 速攻で即行動!!!  意味が無いとただ決めつけて 扉閉めてるんだ 見えない様 聞こえない様にしてるだけ 明日何が出来るかなんて 君が決めるだけ 恐れずに次の一歩 ほら 踏み出せ!!!  君の扉を開ける鍵は いつも君のポケットの中 今開けば ほら目の前に きっと待ってる 『次の自分』が  立ち止まって動けないなら 僕がそっと君の背中押すよ その一歩で 前に出たなら あとは一人で進めるはずさ  いつかきっと あなたの『夢』が『想い』が届くんだ!!! 思い切りやり抜いたら 気持ち×100!!! それも全部分かってるんだろう? 扉開くには その想い 全部抱え ほら 踏み出せ!!!  君が開くその目の前に 明日の自分は見えていますか?? 新しい扉のその先に きっと出逢える 『次の自分』に  君の扉を開ける鍵は いつも君のポケットの中 今開けば ほら目の前に きっと待ってる 『次の自分』が
友達の唄GOLD LYLIC振り返れば 遥か遠く 導かれた日々は 青春の轍 出会い別れて 迷い悩んで ここまでたどり着いた物語  僕らを待つ 道 先 曲がりくねってたって 心に持つ 譲れない 一本の道で  きっと 僕らの日々は 始まったばかり どこまでも行こう たまに笑って 明日の行方は 誰もわからない 風に吹かれて 道の途中で  僕ら出逢って いつも追いかけて 喜怒哀楽を共に乗り越えた轍 何もない頃からだって どうにかやってこれたね 君は君を辞めない物語  整った落書きは かっこ良くはないさ 想い描くんだ 誰よりも汗かいて  きっと 一人一人は かすかなカケラ 重なりあって 僕らを作る たまの涙も 受け入れ 笑おう 風に吹かれた 道の途中で  何故か出逢って いつの間にかって 知らず知らず たどり着いて この先あと何年? どこでどうなっても 変わらないんだろうな すぐ見失いそうで 道忘れそうで 負けそうになるけど 一人じゃないって ミンナで笑って どこまでもいこうか  僕らは 生まれ育ちは 違う光で 互いを照らし 輝く生命 道は険しく 遠く続くだろう 行くも行かぬも 全て受け入れ  たどり着く 日々は今から まだ続くから 楽しみながら 傷すら連れて 向き合う旅 明日の行方は 誰もわからない 風に吹かれて 道の途中でGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN振り返れば 遥か遠く 導かれた日々は 青春の轍 出会い別れて 迷い悩んで ここまでたどり着いた物語  僕らを待つ 道 先 曲がりくねってたって 心に持つ 譲れない 一本の道で  きっと 僕らの日々は 始まったばかり どこまでも行こう たまに笑って 明日の行方は 誰もわからない 風に吹かれて 道の途中で  僕ら出逢って いつも追いかけて 喜怒哀楽を共に乗り越えた轍 何もない頃からだって どうにかやってこれたね 君は君を辞めない物語  整った落書きは かっこ良くはないさ 想い描くんだ 誰よりも汗かいて  きっと 一人一人は かすかなカケラ 重なりあって 僕らを作る たまの涙も 受け入れ 笑おう 風に吹かれた 道の途中で  何故か出逢って いつの間にかって 知らず知らず たどり着いて この先あと何年? どこでどうなっても 変わらないんだろうな すぐ見失いそうで 道忘れそうで 負けそうになるけど 一人じゃないって ミンナで笑って どこまでもいこうか  僕らは 生まれ育ちは 違う光で 互いを照らし 輝く生命 道は険しく 遠く続くだろう 行くも行かぬも 全て受け入れ  たどり着く 日々は今から まだ続くから 楽しみながら 傷すら連れて 向き合う旅 明日の行方は 誰もわからない 風に吹かれて 道の途中で
DREAMGOLD LYLIC僕らこの広い地球(ほし)で 本気で生きているから夢を見て それをまた繰り返して 想い想いを繋ぎまた生きてく でもまたつまずいたり 立ち止まったりする事もあるだろうが それも全て糧と成り 隣にいるからさ また歩けよ  Hey yo! 道を見失って泣いてなんてないで またクサってないで 笑顔見せて 人生決める鍵は君の手の中 さぁ 分かち合い 紡ぎ合い 僕らと夢を  一人一人が持つその大きな 希望という宝物が 君の隣のヒトの笑顔と成り 誰も彼もが持つその小さな 心の中の手のひらを さぁ握り締め あきらめないでいけよ どうか この声届けよ 君が その気持ち忘れないでいて 今 叶わぬ想いもいつかは 叶うから  日々を生き抜いていく為 前を向き続ける事はつらくて いつもその繰り返しで だましだましに自分見過ごしていく 限界感じる気配 デカイ世界に埋もれそうになり 未来 次第に飲み込まれそうで 負けたくはないのさ yo! 立ち上がれよ!  Hey yo! 道を見失って泣いてなんてないで またクサってないで 笑顔見せて 人生決める鍵は君の手の中 さぁ 分かち合い 紡ぎ合い 僕らと夢を  一人一人が持つその大きな 希望という宝物が 君の隣のヒトの笑顔と成り 誰も彼もが持つその小さな 心の中の手のひらを さぁ握り締め あきらめないでいけよ どうか この声届けよ 君が その気持ち忘れないでいて 今 叶わぬ想いもいつかは 叶うから 迷いながらでも進もう!  一人一人が持つその大きな 希望という宝物が 君の隣のヒトの笑顔と成り 誰も彼もが持つその小さな 心の中の手のひらを さぁ握り締め あきらめないでいけよ 回りまわっていく日々の中で 見失い無くしたものを忘れないでね それを忘れないでね どうか この声届けよ 君が その気持ち 忘れないでいて 今 叶わぬ想いもいつかは 叶うからGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN僕らこの広い地球(ほし)で 本気で生きているから夢を見て それをまた繰り返して 想い想いを繋ぎまた生きてく でもまたつまずいたり 立ち止まったりする事もあるだろうが それも全て糧と成り 隣にいるからさ また歩けよ  Hey yo! 道を見失って泣いてなんてないで またクサってないで 笑顔見せて 人生決める鍵は君の手の中 さぁ 分かち合い 紡ぎ合い 僕らと夢を  一人一人が持つその大きな 希望という宝物が 君の隣のヒトの笑顔と成り 誰も彼もが持つその小さな 心の中の手のひらを さぁ握り締め あきらめないでいけよ どうか この声届けよ 君が その気持ち忘れないでいて 今 叶わぬ想いもいつかは 叶うから  日々を生き抜いていく為 前を向き続ける事はつらくて いつもその繰り返しで だましだましに自分見過ごしていく 限界感じる気配 デカイ世界に埋もれそうになり 未来 次第に飲み込まれそうで 負けたくはないのさ yo! 立ち上がれよ!  Hey yo! 道を見失って泣いてなんてないで またクサってないで 笑顔見せて 人生決める鍵は君の手の中 さぁ 分かち合い 紡ぎ合い 僕らと夢を  一人一人が持つその大きな 希望という宝物が 君の隣のヒトの笑顔と成り 誰も彼もが持つその小さな 心の中の手のひらを さぁ握り締め あきらめないでいけよ どうか この声届けよ 君が その気持ち忘れないでいて 今 叶わぬ想いもいつかは 叶うから 迷いながらでも進もう!  一人一人が持つその大きな 希望という宝物が 君の隣のヒトの笑顔と成り 誰も彼もが持つその小さな 心の中の手のひらを さぁ握り締め あきらめないでいけよ 回りまわっていく日々の中で 見失い無くしたものを忘れないでね それを忘れないでね どうか この声届けよ 君が その気持ち 忘れないでいて 今 叶わぬ想いもいつかは 叶うから
夏の音PLATINA LYLIC今年も夏が来る 去年より少しだけ 暑い日が多くなるって テレビで言ってた いつもの坂道で もう半袖のあなたが 振り返り「もう暑い」ってはにかむ笑顔  多くの中の私だけど 「今年こそは」をあなた知らない 友達なの? 私の想い 夏の風にのせて届いて  あなたへの想い うつす恋花火 きっと今年の夏の終わりに 違う笑顔で 私に笑って いてくれますように  夏休みの前の日 長いあの坂道で みんなで夏祭りに行こうって あなた笑ってた  蝉の声が激しくなって 指折り数える夏祭り 浴衣いくつも選んでみたよ あなたに褒めて欲しいだけで  あなたへの想い 届け夏花火 時は戻らずすぐ過ぎてくから 花火の音に紛れ隠して あなたに好きって言うの  人混みで はぐれそうになる時は あなたを掴んでたい 私のこと どうか気づいて 花火のように消えないで  あなたを見るとドキドキしてる 今夜 最後の大きな花火 二人の影と 赤 青 黄色 今年も夏が過ぎる  ほら夏(なつ)の音(ね)が響き 夜空に 二人 世界を照らしあまねく いつしか咲いた恋の花火が 奏でた物語  私の夏の恋PLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Shunsuke Tsuri今年も夏が来る 去年より少しだけ 暑い日が多くなるって テレビで言ってた いつもの坂道で もう半袖のあなたが 振り返り「もう暑い」ってはにかむ笑顔  多くの中の私だけど 「今年こそは」をあなた知らない 友達なの? 私の想い 夏の風にのせて届いて  あなたへの想い うつす恋花火 きっと今年の夏の終わりに 違う笑顔で 私に笑って いてくれますように  夏休みの前の日 長いあの坂道で みんなで夏祭りに行こうって あなた笑ってた  蝉の声が激しくなって 指折り数える夏祭り 浴衣いくつも選んでみたよ あなたに褒めて欲しいだけで  あなたへの想い 届け夏花火 時は戻らずすぐ過ぎてくから 花火の音に紛れ隠して あなたに好きって言うの  人混みで はぐれそうになる時は あなたを掴んでたい 私のこと どうか気づいて 花火のように消えないで  あなたを見るとドキドキしてる 今夜 最後の大きな花火 二人の影と 赤 青 黄色 今年も夏が過ぎる  ほら夏(なつ)の音(ね)が響き 夜空に 二人 世界を照らしあまねく いつしか咲いた恋の花火が 奏でた物語  私の夏の恋
2/7の順序なき純情ああそうか 今日は 週末だ 遅く起きた朝は 予定なんかないまま テレビでもつけようか  毎日ほら忙しい 日常に疲れて 恋い焦がれて逃げろ 週末へクロールだ  好きなあの子は何してるだろう 楽しいことあるといいな 待ちに待った 2/7到来 もう順序なし でも純情あり 全部 ほら楽しもう  今日の心は充電中 最近はやたらとバッテリーの持ちが悪い きっとほら使いすぎ  知らない街の 知らない バスとか電車とか 飛び乗ってみるのも 何するのもキミシダイ  今週も色々あったな 「よくぞ今日まで」って自分をほめて だからいつまでもスネてんな 終末じゃない 週末だ!Right?? 終わりじゃなく始まり  愛だ恋だもキミシダイ 自由な心 解き放て やるもやらないもキミシダイ 2/7のモンスター  広い世界さどこまでも 映える写真を撮り笑おう 指定されたら刺激は無し 2/7のモンスター  きっと僕ら 幸せ 掴むため生まれた 『トキハナテ ソノワリアイ』  好きなあの子は何してるだろう 楽しいことあるといいな 待ちに待った 2/7到来 もう順序なし でも純情あり 全部 ほら楽しもう  5/7も笑えるように 毎日お疲れ様の中 せめて自由な今日くらい 2/7のモンスターGReeeeNGReeeeNGReeeeNShunsuke Kasugaああそうか 今日は 週末だ 遅く起きた朝は 予定なんかないまま テレビでもつけようか  毎日ほら忙しい 日常に疲れて 恋い焦がれて逃げろ 週末へクロールだ  好きなあの子は何してるだろう 楽しいことあるといいな 待ちに待った 2/7到来 もう順序なし でも純情あり 全部 ほら楽しもう  今日の心は充電中 最近はやたらとバッテリーの持ちが悪い きっとほら使いすぎ  知らない街の 知らない バスとか電車とか 飛び乗ってみるのも 何するのもキミシダイ  今週も色々あったな 「よくぞ今日まで」って自分をほめて だからいつまでもスネてんな 終末じゃない 週末だ!Right?? 終わりじゃなく始まり  愛だ恋だもキミシダイ 自由な心 解き放て やるもやらないもキミシダイ 2/7のモンスター  広い世界さどこまでも 映える写真を撮り笑おう 指定されたら刺激は無し 2/7のモンスター  きっと僕ら 幸せ 掴むため生まれた 『トキハナテ ソノワリアイ』  好きなあの子は何してるだろう 楽しいことあるといいな 待ちに待った 2/7到来 もう順序なし でも純情あり 全部 ほら楽しもう  5/7も笑えるように 毎日お疲れ様の中 せめて自由な今日くらい 2/7のモンスター
涙空PLATINA LYLIC涙はきっと明日の糧に 悩んで 笑って 見つかるだろう  言葉に出来なくても ありのままに 声枯れるまで 言葉に出さなくても こぼした涙が洗い流すだろう  目指した場所は 遥か彼方遠く 描いた『青写真』にいつか届くと 日々踏ん張って生きる中で 地道に頑張っているのに何故か 報われない事もあるだろう 難しい事1つもないよ 涙流して夜空見上げよう! 明日はmy wayを立ち上がろう!  気付けば ホラ! そこに違う『自分』が待っているはずだから  言葉に出来なくても ありのままに 声枯れるまで 言葉に出さなくても こぼした涙が洗い流すだろう  天を仰げば 涙こぼれないと思い ここに立ち止まり 空にじみ 「泣かない!」と意地張る強い心に 逆らい 溢れ出る涙はそこに全て流し 濡れて乾き そしたらリセット 明日への架け橋 駆け出し 「泣けない心」捨て 今までの景色より澄んだ世界  気付けば ホラ! そこに違う『自分』が待っているはずだから  言葉に出来なくても ありのままに 声枯れるまで 言葉に出さなくても こぼした涙が洗い流すだろう  涙はきっと明日の糧に 悩んで 笑って 見つかるだろう 意地張り 強がり 辛くなってきたら ありのまま涙流そう  言葉に出来なくても ありのままに 声枯れるまで 言葉に出さなくても こぼした涙が洗い流すだろう  誰しも涙の数だけ素敵になれるはずだから 恐れずに前へ進もう! 『弱さ』も全部流してくれるだろう  LaLaLa,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,PLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN涙はきっと明日の糧に 悩んで 笑って 見つかるだろう  言葉に出来なくても ありのままに 声枯れるまで 言葉に出さなくても こぼした涙が洗い流すだろう  目指した場所は 遥か彼方遠く 描いた『青写真』にいつか届くと 日々踏ん張って生きる中で 地道に頑張っているのに何故か 報われない事もあるだろう 難しい事1つもないよ 涙流して夜空見上げよう! 明日はmy wayを立ち上がろう!  気付けば ホラ! そこに違う『自分』が待っているはずだから  言葉に出来なくても ありのままに 声枯れるまで 言葉に出さなくても こぼした涙が洗い流すだろう  天を仰げば 涙こぼれないと思い ここに立ち止まり 空にじみ 「泣かない!」と意地張る強い心に 逆らい 溢れ出る涙はそこに全て流し 濡れて乾き そしたらリセット 明日への架け橋 駆け出し 「泣けない心」捨て 今までの景色より澄んだ世界  気付けば ホラ! そこに違う『自分』が待っているはずだから  言葉に出来なくても ありのままに 声枯れるまで 言葉に出さなくても こぼした涙が洗い流すだろう  涙はきっと明日の糧に 悩んで 笑って 見つかるだろう 意地張り 強がり 辛くなってきたら ありのまま涙流そう  言葉に出来なくても ありのままに 声枯れるまで 言葉に出さなくても こぼした涙が洗い流すだろう  誰しも涙の数だけ素敵になれるはずだから 恐れずに前へ進もう! 『弱さ』も全部流してくれるだろう  LaLaLa,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
PLATINA LYLICここまで歩いてきた 足跡振り返り眺めていた どれも覚えているよ ひとつひとつ迷っていた 曲がりくねり 何度も躓(つまづ)き傷ついた 夢に近づきたくて  投げ出して 弱音をはいて またヒトツ 失ってゆく 傷つき重ね 気づいて明日へ 僕らの色で  あとどれほどの『ナミダ』を流してたどり着けるだろう? あとどれほどの『イタミ』をくいしばって立ち上がればいい? きっと僕らたどり着くんだ!!!  これからの景色 どこまでも描こう 心のキャンバスを七色で 遥か彼方まで 続いてく旅路 それでも進んでいれば いつか きっとあの地平線の先 虹をかけにいこう  出来ない事を数え 不安で人と比べてしまいそうに いつもなるけれど  きっと世界70億の 生きる日々(みち)それぞれ違うもの 誰もが迷いながらも生きていて 違う光を放って笑って見せて 大事なもの守ったeveryday 描いて繋がり星は七色の虹をかけるさ  君らしく 僕らしく この今を歌えればいい 声聞かせて 足跡重ね 交わる運命(さだめ)  あとどれほどの『クヤシサ』噛み締めたどり着けるだろう? あとどれほどの『ヨワサ』と向かい合い儚さ知ればいい? きっと僕らたどり着こう!!!  笑って 泣いても 無くして 見つけた きっとそのどれもが素晴らしい それぞれの旅路 交わり生きてる 同じ瞬間(とき)をカケル仲間(とも)がいる きっと僕らは光放ち 互い照らすよ  駆け抜けた日々がこの背中 行っておいでと 押して笑うだろう 光も影も連れて進もう ガムシャラな今を 歌いながら  ありがとう 君が教えてくれたもの それを音や言葉にのせ歌おう 君が笑うから 立ち向かっていける 七色の光 集めた虹  間違いだらけの 僕らの毎日 きっとそのどれもが素晴らしい 弱さを知った分 強くなれるから 高い壁も飛び越えていける  きっと これからも 終わらない 人生(たび)を続ける  君と 明日もまた新しい 人生(たび)を ハジメヨウPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Nishi-kenここまで歩いてきた 足跡振り返り眺めていた どれも覚えているよ ひとつひとつ迷っていた 曲がりくねり 何度も躓(つまづ)き傷ついた 夢に近づきたくて  投げ出して 弱音をはいて またヒトツ 失ってゆく 傷つき重ね 気づいて明日へ 僕らの色で  あとどれほどの『ナミダ』を流してたどり着けるだろう? あとどれほどの『イタミ』をくいしばって立ち上がればいい? きっと僕らたどり着くんだ!!!  これからの景色 どこまでも描こう 心のキャンバスを七色で 遥か彼方まで 続いてく旅路 それでも進んでいれば いつか きっとあの地平線の先 虹をかけにいこう  出来ない事を数え 不安で人と比べてしまいそうに いつもなるけれど  きっと世界70億の 生きる日々(みち)それぞれ違うもの 誰もが迷いながらも生きていて 違う光を放って笑って見せて 大事なもの守ったeveryday 描いて繋がり星は七色の虹をかけるさ  君らしく 僕らしく この今を歌えればいい 声聞かせて 足跡重ね 交わる運命(さだめ)  あとどれほどの『クヤシサ』噛み締めたどり着けるだろう? あとどれほどの『ヨワサ』と向かい合い儚さ知ればいい? きっと僕らたどり着こう!!!  笑って 泣いても 無くして 見つけた きっとそのどれもが素晴らしい それぞれの旅路 交わり生きてる 同じ瞬間(とき)をカケル仲間(とも)がいる きっと僕らは光放ち 互い照らすよ  駆け抜けた日々がこの背中 行っておいでと 押して笑うだろう 光も影も連れて進もう ガムシャラな今を 歌いながら  ありがとう 君が教えてくれたもの それを音や言葉にのせ歌おう 君が笑うから 立ち向かっていける 七色の光 集めた虹  間違いだらけの 僕らの毎日 きっとそのどれもが素晴らしい 弱さを知った分 強くなれるから 高い壁も飛び越えていける  きっと これからも 終わらない 人生(たび)を続ける  君と 明日もまた新しい 人生(たび)を ハジメヨウ
NEW LIFEGOLD LYLIC暖かい光が差し込む時の中で 肌寒い風なんて僕も忘れ 休みも抜け 想いあふれ 熱いこの胸 今年初で 桜の花ビラが舞うこの季節 まずはあいさつからするつもりです 「おはようございます。」を交わします ほら みんな仲良く話し出す  窓から差し込んだ 木漏れ日と風景をどこで 見ようかと 昨日からもうずっと未だ見ぬ明日描いて 『思い出』と『思い入れ』をごちゃ混ぜにしながら 描いた明日に新しい色をぬろう  まだ見ぬ旅の明日へ 未来と昔の間で 今まで履いてた靴を脱ぎ捨て走り出そう! 朝が来るまで 夜空で高く吹く風の様に 速く突き進めよ!  新しいシャツに腕通す朝 Nice sizeだが見慣れない姿 まだ眠い両目こすって トーストを食って 時間に余裕を持って 今日卸したての靴履いたら 心もにやけ 弾み出したよ 「いってきます!」シグナル鳴った さぁ家跳び出す It's start new life  窓から吹いてきた そよ風と太陽を誰と 感じようと 楽しそう!と毎日を胸に抱いて 家のトビラ開け 開いた未来は 『期待した自分次第』 気分も尻上がりになるばかり  新しい旅の始まり 未来と昔の間に 今から最大級の旅を描くとしよう! 次の春まで描いた続きを見るため これからも色をぬり続けよう!  新生活を大胆に切り開き wow スタートラインから見る楽しい未来 wow 開け放つ トビラ開く 果てしなく胸高まる 果てはなく夢広がる wow  まだ見ぬ旅の明日へ 未来と昔の間で 今まで履いてた靴を脱ぎ捨て走り出そう! 朝が来るまで 夜空で高く吹く風の様に 速く突き進めよ!  LaLaLa LaLaLaGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN暖かい光が差し込む時の中で 肌寒い風なんて僕も忘れ 休みも抜け 想いあふれ 熱いこの胸 今年初で 桜の花ビラが舞うこの季節 まずはあいさつからするつもりです 「おはようございます。」を交わします ほら みんな仲良く話し出す  窓から差し込んだ 木漏れ日と風景をどこで 見ようかと 昨日からもうずっと未だ見ぬ明日描いて 『思い出』と『思い入れ』をごちゃ混ぜにしながら 描いた明日に新しい色をぬろう  まだ見ぬ旅の明日へ 未来と昔の間で 今まで履いてた靴を脱ぎ捨て走り出そう! 朝が来るまで 夜空で高く吹く風の様に 速く突き進めよ!  新しいシャツに腕通す朝 Nice sizeだが見慣れない姿 まだ眠い両目こすって トーストを食って 時間に余裕を持って 今日卸したての靴履いたら 心もにやけ 弾み出したよ 「いってきます!」シグナル鳴った さぁ家跳び出す It's start new life  窓から吹いてきた そよ風と太陽を誰と 感じようと 楽しそう!と毎日を胸に抱いて 家のトビラ開け 開いた未来は 『期待した自分次第』 気分も尻上がりになるばかり  新しい旅の始まり 未来と昔の間に 今から最大級の旅を描くとしよう! 次の春まで描いた続きを見るため これからも色をぬり続けよう!  新生活を大胆に切り開き wow スタートラインから見る楽しい未来 wow 開け放つ トビラ開く 果てしなく胸高まる 果てはなく夢広がる wow  まだ見ぬ旅の明日へ 未来と昔の間で 今まで履いてた靴を脱ぎ捨て走り出そう! 朝が来るまで 夜空で高く吹く風の様に 速く突き進めよ!  LaLaLa LaLaLa
ノスタルジア8時5分にいつも通りほら 僕をただ運んでく 昨日と同じ日常 別に何かが困ってるわけじゃない ただここに 息をして 笑顔じゃないだけ  きっと僕だけが特別じゃないことくらい わかってるけど いつも通りの足がふと立ち止まってた  逢いたい 逢いたいな あの日の君との毎日 どこかへ 連れてって くれないかノスタルジア それもいい どれでもいい 僕らはきっと笑い合い その時まで駆けてくんだ そのための今日だ  着なくなった制服見つけた 変わっても変わらないものがそこにある  きっと自分って思ってたのは すでに誰かが 決めてしまったカタチだった 最後に笑えればいいのに  逢いたい 逢いたいな あの日の君との毎日 どこかへ 連れてって くれないかノスタルジア それもいい どれでもいい 僕らはきっと笑い合い その時まで駆けてくんだ そのための今日だ  目的地を見失っていたら いつの間にかじゃ たどり着けないから 僕らのこの心をほら 何に向けようか  『ボクラノ ノスタルジア‥』  サヨナラ サヨウナラ 今はみんな遠く離れて たまにさ 思い出すけど 今日も悪くない  逢いたい 逢いたいな あの日の君との毎日 どこかへ 連れてって くれないかノスタルジア  逢いたい 逢いたいな あの日の君はいないけど 心のどこかにいるんだ 嗚呼ノスタルジア 今日も朝が来る たまに逢いにいくGReeeeNGReeeeNGReeeeN8時5分にいつも通りほら 僕をただ運んでく 昨日と同じ日常 別に何かが困ってるわけじゃない ただここに 息をして 笑顔じゃないだけ  きっと僕だけが特別じゃないことくらい わかってるけど いつも通りの足がふと立ち止まってた  逢いたい 逢いたいな あの日の君との毎日 どこかへ 連れてって くれないかノスタルジア それもいい どれでもいい 僕らはきっと笑い合い その時まで駆けてくんだ そのための今日だ  着なくなった制服見つけた 変わっても変わらないものがそこにある  きっと自分って思ってたのは すでに誰かが 決めてしまったカタチだった 最後に笑えればいいのに  逢いたい 逢いたいな あの日の君との毎日 どこかへ 連れてって くれないかノスタルジア それもいい どれでもいい 僕らはきっと笑い合い その時まで駆けてくんだ そのための今日だ  目的地を見失っていたら いつの間にかじゃ たどり着けないから 僕らのこの心をほら 何に向けようか  『ボクラノ ノスタルジア‥』  サヨナラ サヨウナラ 今はみんな遠く離れて たまにさ 思い出すけど 今日も悪くない  逢いたい 逢いたいな あの日の君との毎日 どこかへ 連れてって くれないかノスタルジア  逢いたい 逢いたいな あの日の君はいないけど 心のどこかにいるんだ 嗚呼ノスタルジア 今日も朝が来る たまに逢いにいく
no more warGOLD LYLIC今日もテレビの中じゃ戦争 私腹を肥やす大人の理想郷 冷たい雨に打たれる子供が 今日もまた一人死んでいく状況 いつだってそう 僕だってそう また見て見ぬ振りする 混沌とした世界全て支配 抜けてみたい 気付いた今日からスタート  誰が悪いの? ねえ、どうしてなの? なんで幼いこの子が死ぬの? 建前と金を大人は求め かけがえの無い者の命が消え 足早に流れてく時の中で 人の記憶も失われる流れ 同じ事を繰り返していく定め 強者と弱者の慈しみ消え  『明日』はきっと 皆笑えるかな? 小さな声がきっと 僕ら呼んでいるよ 確かな事は この地球(ほし)に生まれ 君と僕は少し『場所』が違うだけ  何故人は傷つけあうんだろう? 離れた街にまだあるくだらんWAR 荒れ果てた大地 無惨な過去 また繰り返し続けるただのアホ 幼い頃見たひめゆりの塔 それから得られたよ見えぬ希望 平和な日からは予期せぬ日と 突然出くわした老いてる人 たくさんの石を並べた道 ダチ達の名前刻んだ石 砕かれた大志 奪われた敗地(大地) 花ささげて そして歩きだし、、、  、、、『明日』はきっと  平和を知らない 子供がほらね 平和の向こうで見てる僕らに笑うよ 何が出来るだろう、、、 僕の心の奥で何かが動いた  『明日』はきっと 皆笑えるかな? 小さな声がきっと 僕ら呼んでいるよ 確かな事は この地球(ほし)に生まれ 君と僕は少し『場所』が違うだけGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN今日もテレビの中じゃ戦争 私腹を肥やす大人の理想郷 冷たい雨に打たれる子供が 今日もまた一人死んでいく状況 いつだってそう 僕だってそう また見て見ぬ振りする 混沌とした世界全て支配 抜けてみたい 気付いた今日からスタート  誰が悪いの? ねえ、どうしてなの? なんで幼いこの子が死ぬの? 建前と金を大人は求め かけがえの無い者の命が消え 足早に流れてく時の中で 人の記憶も失われる流れ 同じ事を繰り返していく定め 強者と弱者の慈しみ消え  『明日』はきっと 皆笑えるかな? 小さな声がきっと 僕ら呼んでいるよ 確かな事は この地球(ほし)に生まれ 君と僕は少し『場所』が違うだけ  何故人は傷つけあうんだろう? 離れた街にまだあるくだらんWAR 荒れ果てた大地 無惨な過去 また繰り返し続けるただのアホ 幼い頃見たひめゆりの塔 それから得られたよ見えぬ希望 平和な日からは予期せぬ日と 突然出くわした老いてる人 たくさんの石を並べた道 ダチ達の名前刻んだ石 砕かれた大志 奪われた敗地(大地) 花ささげて そして歩きだし、、、  、、、『明日』はきっと  平和を知らない 子供がほらね 平和の向こうで見てる僕らに笑うよ 何が出来るだろう、、、 僕の心の奥で何かが動いた  『明日』はきっと 皆笑えるかな? 小さな声がきっと 僕ら呼んでいるよ 確かな事は この地球(ほし)に生まれ 君と僕は少し『場所』が違うだけ
ハイタッチ!!!!選手宣誓 我ら青い夏に誓って (太陽の日差し サンサン散々 あびあび) 全身全開 オスもメスも とってもとっても楽しみます (刺激を求めて東西)  こんな僕らと 楽しまないかーい? あ~あ~あ~あ~ 飛び跳ねろ  弾けんだ サマー歓迎 お待たせしました イッツショータイム! 僕らと踊りませんか? ナンダカンダの日々は今忘れて 一生ない程の思い出にしよう  それじゃあ 初めに両手を 上に上にあげまして (右手 左手 万歳万歳 それそれ) そのままキープで その場で エビバディクラップヨーヘンズ (パンパンパン パンパン×2)  ほらね どうやら サビが始まる~ あ~あ~あ~あ~ それ歌いましょ!  弾けんだ サマー歓迎 お待たせしました イッツショータイム! 僕らと踊りませんか? ナンダカンダの日々は今忘れて 一生ない程の思い出にしよう  騒ぎに来たやつぁ 手挙げて その手に握ったタオル振れ 若気の至りも大歓迎 大腿筋をフル回転 間違いも悩みも置いていけ 今日は特別なお祭りだって そんなんじゃまだまだ終われねぇ 今日イチの大声 聞かせて  ラララララ こんなメロディを いっせいので歌えたらこの場は ずっとずっと繋がっていくから 生きていこう 最後のサビだ さあジャンプジャンプ  弾けんだ サマー歓迎 お待たせしました イッツショータイム! 僕らと踊りませんか? ナンダカンダの日々は今忘れて 一生ない程の思い出にしよう  全部全部出し切ったら そのまま周りとハイタッチ!!!!GReeeeNGReeeeNGReeeeNSHUN・JIN選手宣誓 我ら青い夏に誓って (太陽の日差し サンサン散々 あびあび) 全身全開 オスもメスも とってもとっても楽しみます (刺激を求めて東西)  こんな僕らと 楽しまないかーい? あ~あ~あ~あ~ 飛び跳ねろ  弾けんだ サマー歓迎 お待たせしました イッツショータイム! 僕らと踊りませんか? ナンダカンダの日々は今忘れて 一生ない程の思い出にしよう  それじゃあ 初めに両手を 上に上にあげまして (右手 左手 万歳万歳 それそれ) そのままキープで その場で エビバディクラップヨーヘンズ (パンパンパン パンパン×2)  ほらね どうやら サビが始まる~ あ~あ~あ~あ~ それ歌いましょ!  弾けんだ サマー歓迎 お待たせしました イッツショータイム! 僕らと踊りませんか? ナンダカンダの日々は今忘れて 一生ない程の思い出にしよう  騒ぎに来たやつぁ 手挙げて その手に握ったタオル振れ 若気の至りも大歓迎 大腿筋をフル回転 間違いも悩みも置いていけ 今日は特別なお祭りだって そんなんじゃまだまだ終われねぇ 今日イチの大声 聞かせて  ラララララ こんなメロディを いっせいので歌えたらこの場は ずっとずっと繋がっていくから 生きていこう 最後のサビだ さあジャンプジャンプ  弾けんだ サマー歓迎 お待たせしました イッツショータイム! 僕らと踊りませんか? ナンダカンダの日々は今忘れて 一生ない程の思い出にしよう  全部全部出し切ったら そのまま周りとハイタッチ!!!!
HIGH G.K LOW ~ハジケロ~PLATINA LYLIC歌いだす 音出す 乗りだす 跳び出す 手叩いてさぁ騒ぎな 三段跳びの距離みたいに宙を舞いスゥっとHigh  マジで半端ないぜ歌い手 いつだってIt's like this 行くぞ合図 Mic Time Kick Bass & Goodセンス!  俺等不死身の挑戦者 されど盛り足す織り成す表現が まさにココ立つ織り成すHigh Gain Guitar 行くぞ騒ぎまくれよ  Wow uh yeah しがらみからの日々を解除 グヮン×2 と揺らすこの会場 Wow uh yeah 乗ってけガンガン音揺らして踊ってけバンバン手叩いて Wow ハジケロー  ゼロから始まり結果出す んで ベロまた動いて電波ジャック 泣き虫野郎はベソかく Red Card振りかざしテンポアップStand Up  起きあがりその拳 ENDまで掲げろ共々に 見せつけ引きつけ心踊り 自然な縦ノリ送るソコに  俺等不死身の挑戦者 されど盛り足す織り成す表現が まさにココ立つ織り成すHigh Gain Guitar 行くぞ騒ぎまくれよ  Wow uh yeah しがらみからの日々を解除 グヮン×2 と揺らすこの会場 Wow uh yeah 乗ってけガンガン音揺らして踊ってけバンバン手叩いて Wow ハジケロー  マジで辛い様な顔してんぢゃねぇ ほら太陽浴びて 空へ手を広げて笑って 自然と最高 映る瞳の中に暗い顔なんて ほらね もう映ってないから  この音が流れ出したときに 子供の頃を描いたように 心の錆び付いたトコ溶かし 可笑しい位 笑える (^ ^) ツライ日々を描いてくその力が 共に行き抜くための糧と成り 同じしがらみを歩む人よ 隣にいるからさぁ手伸ばせよ  Wow uh yeah しがらみからの日々を解除 グヮン×2 と揺らすこの会場 Wow uh yeah 乗ってけガンガン音揺らして踊ってけバンバン手叩いて Wow ハジケローPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN歌いだす 音出す 乗りだす 跳び出す 手叩いてさぁ騒ぎな 三段跳びの距離みたいに宙を舞いスゥっとHigh  マジで半端ないぜ歌い手 いつだってIt's like this 行くぞ合図 Mic Time Kick Bass & Goodセンス!  俺等不死身の挑戦者 されど盛り足す織り成す表現が まさにココ立つ織り成すHigh Gain Guitar 行くぞ騒ぎまくれよ  Wow uh yeah しがらみからの日々を解除 グヮン×2 と揺らすこの会場 Wow uh yeah 乗ってけガンガン音揺らして踊ってけバンバン手叩いて Wow ハジケロー  ゼロから始まり結果出す んで ベロまた動いて電波ジャック 泣き虫野郎はベソかく Red Card振りかざしテンポアップStand Up  起きあがりその拳 ENDまで掲げろ共々に 見せつけ引きつけ心踊り 自然な縦ノリ送るソコに  俺等不死身の挑戦者 されど盛り足す織り成す表現が まさにココ立つ織り成すHigh Gain Guitar 行くぞ騒ぎまくれよ  Wow uh yeah しがらみからの日々を解除 グヮン×2 と揺らすこの会場 Wow uh yeah 乗ってけガンガン音揺らして踊ってけバンバン手叩いて Wow ハジケロー  マジで辛い様な顔してんぢゃねぇ ほら太陽浴びて 空へ手を広げて笑って 自然と最高 映る瞳の中に暗い顔なんて ほらね もう映ってないから  この音が流れ出したときに 子供の頃を描いたように 心の錆び付いたトコ溶かし 可笑しい位 笑える (^ ^) ツライ日々を描いてくその力が 共に行き抜くための糧と成り 同じしがらみを歩む人よ 隣にいるからさぁ手伸ばせよ  Wow uh yeah しがらみからの日々を解除 グヮン×2 と揺らすこの会場 Wow uh yeah 乗ってけガンガン音揺らして踊ってけバンバン手叩いて Wow ハジケロー
始まりの唄PLATINA LYLIC瞳 閉じれば まぶたに広がる 今日まで過ごした これまでの物語 見慣れた顔と 聞き慣れた声を カバンに詰め込み 歩き始めた  窓に流れる 遠ざかる僕の街 未来(イキサキ)は ただ前だけ 行こう  今日から始まる物語 どんな話も 描くのは夢(ココ)次第 さあ行こう 何処までも そう決めたこと 忘れないように 『拝啓 昨日までの自分へ』 僕は君の途中  空っぽの部屋 見慣れたドアの傷 これまでの日々を 思い出し眺めてた 僕らはいつも 歩みを止めず 見たことない景色 探す旅人  曇った空は 青空を隠すけど 見えないだけ いつもあるさ そこに  今日から始まる物語 次のページを めくるのは僕の手だ 泣かないし 怖がらない それは本当の強さじゃなくて どんな時も ただ何度でも 夢を見る強さを  この先遠く続く道でも もう少し もう少しと 言い聞かせて 誰よりも遠くへたどり着くには 何度転んでも前へ  僕らの行く先には 地図なんかないし それが正しいのか 誰もわからないし ただ生きているから 待ち望んじゃいけない 生きてる意味は 自分で作る  今日から始まる物語 僕を見守る あの人のためにも 強く生きる 忘れない いつかの僕が あなたの横で アリガトウと 笑顔で言うため 今は旅に出るよ  どんな時も ただ何度でも 夢を見る強さをPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN春日俊亮・JIN・高田翼瞳 閉じれば まぶたに広がる 今日まで過ごした これまでの物語 見慣れた顔と 聞き慣れた声を カバンに詰め込み 歩き始めた  窓に流れる 遠ざかる僕の街 未来(イキサキ)は ただ前だけ 行こう  今日から始まる物語 どんな話も 描くのは夢(ココ)次第 さあ行こう 何処までも そう決めたこと 忘れないように 『拝啓 昨日までの自分へ』 僕は君の途中  空っぽの部屋 見慣れたドアの傷 これまでの日々を 思い出し眺めてた 僕らはいつも 歩みを止めず 見たことない景色 探す旅人  曇った空は 青空を隠すけど 見えないだけ いつもあるさ そこに  今日から始まる物語 次のページを めくるのは僕の手だ 泣かないし 怖がらない それは本当の強さじゃなくて どんな時も ただ何度でも 夢を見る強さを  この先遠く続く道でも もう少し もう少しと 言い聞かせて 誰よりも遠くへたどり着くには 何度転んでも前へ  僕らの行く先には 地図なんかないし それが正しいのか 誰もわからないし ただ生きているから 待ち望んじゃいけない 生きてる意味は 自分で作る  今日から始まる物語 僕を見守る あの人のためにも 強く生きる 忘れない いつかの僕が あなたの横で アリガトウと 笑顔で言うため 今は旅に出るよ  どんな時も ただ何度でも 夢を見る強さを
花唄PLATINA LYLIC僕らが生まれる 何千年も前から 空にお日様 野には咲く花 変わらずあるのに 生きていく中で 抱える荷物も増えて 見栄や虚勢や アスファルトが 気持ちを隠した  変わってく物 変わらない物 もがきながらも 自分らしさを 今も過ぎてく 一瞬一秒 心のままに あるべきようにあれ  響けよ 僕らの声よ 大切なのは 胸(ここ)にあるだろう? 今君だけに出来る形で 大きな花を咲かせてやれ  ずる賢さとか 大人げないとか 難しい事わからないけど 人の痛みが分かればいいな  生まれた時の 一番初め 教えられたのは愛でした いつかの痛みは誰かの為 そう思えたら 何故か少し笑えた  響けよ 僕らの声よ 大切なのは 胸(ここ)にあるだろう? 今君だけに出来る形で 大きな花を咲かせてやれ  いつか種から芽が出て育って 土の中根が張り野に向かって 陽を探し 顔を出し もがいて育つように 僕ら誰かの笑顔照らす為 大空に立ち向かい凛として 咲く花 なれればいいな だから  期待した 優しさ捨てて 身軽になれば 意外と飛べるんだ  笑って行こう 笑って行こう あなたが誰かにそうされたように 今君だけに出来る形で 大きな花を咲かせてやれPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN僕らが生まれる 何千年も前から 空にお日様 野には咲く花 変わらずあるのに 生きていく中で 抱える荷物も増えて 見栄や虚勢や アスファルトが 気持ちを隠した  変わってく物 変わらない物 もがきながらも 自分らしさを 今も過ぎてく 一瞬一秒 心のままに あるべきようにあれ  響けよ 僕らの声よ 大切なのは 胸(ここ)にあるだろう? 今君だけに出来る形で 大きな花を咲かせてやれ  ずる賢さとか 大人げないとか 難しい事わからないけど 人の痛みが分かればいいな  生まれた時の 一番初め 教えられたのは愛でした いつかの痛みは誰かの為 そう思えたら 何故か少し笑えた  響けよ 僕らの声よ 大切なのは 胸(ここ)にあるだろう? 今君だけに出来る形で 大きな花を咲かせてやれ  いつか種から芽が出て育って 土の中根が張り野に向かって 陽を探し 顔を出し もがいて育つように 僕ら誰かの笑顔照らす為 大空に立ち向かい凛として 咲く花 なれればいいな だから  期待した 優しさ捨てて 身軽になれば 意外と飛べるんだ  笑って行こう 笑って行こう あなたが誰かにそうされたように 今君だけに出来る形で 大きな花を咲かせてやれ
花束バカみたいな世界は今日も 騙し騙され回っていく 嘘みたいな世界で今日も それでも愛を信じ探してく  隠せ 嘘をつけ 責めろ 引きずり下ろせよ そして手に入れたものを並べた 幸せとGDP  かっこ悪いまんま 終わる命じゃないだろ 迷って悩んでも 疲れて虚しくても それでも 温もりを 愛を 友を 幸せを 誰にも笑わせんな 武器より花束を  清く正しく美しく そんなものは望んじゃいない  何度も間違って たくさん傷付け合うでしょう それでも受け止めて 信じ合えるように 詩ってあるんだろう  かっこよく生きること 間違え隠す 過ち 見えないふりをして 聞こえないふりをした それでも 温もりは 愛は 友は 幸せは 僕を諦めないんだ 武器より花束を  変わらない世界を斜めに眺めても 変えられるものはみんな胸(ここ)しかないだろ 気づいていく傷ついて 強さも優しさも そんなバトン回して 次はきっと僕の番さ もういいだろう  かっこ悪いまんま 終わる命じゃないだろ 迷って悩んでも 疲れて虚しくても それでも 温もりを 愛を 友を 幸せを 誰にも笑わせんな 僕らは  かっこよく生きること 間違え隠す 過ち 見えないふりをして 聞こえないふりをした それでも 温もりは 愛は 友は 幸せは 明日を諦めないんだ 武器より花束を、、、GReeeeNGReeeeNGReeeeNバカみたいな世界は今日も 騙し騙され回っていく 嘘みたいな世界で今日も それでも愛を信じ探してく  隠せ 嘘をつけ 責めろ 引きずり下ろせよ そして手に入れたものを並べた 幸せとGDP  かっこ悪いまんま 終わる命じゃないだろ 迷って悩んでも 疲れて虚しくても それでも 温もりを 愛を 友を 幸せを 誰にも笑わせんな 武器より花束を  清く正しく美しく そんなものは望んじゃいない  何度も間違って たくさん傷付け合うでしょう それでも受け止めて 信じ合えるように 詩ってあるんだろう  かっこよく生きること 間違え隠す 過ち 見えないふりをして 聞こえないふりをした それでも 温もりは 愛は 友は 幸せは 僕を諦めないんだ 武器より花束を  変わらない世界を斜めに眺めても 変えられるものはみんな胸(ここ)しかないだろ 気づいていく傷ついて 強さも優しさも そんなバトン回して 次はきっと僕の番さ もういいだろう  かっこ悪いまんま 終わる命じゃないだろ 迷って悩んでも 疲れて虚しくても それでも 温もりを 愛を 友を 幸せを 誰にも笑わせんな 僕らは  かっこよく生きること 間違え隠す 過ち 見えないふりをして 聞こえないふりをした それでも 温もりは 愛は 友は 幸せは 明日を諦めないんだ 武器より花束を、、、
遥かMILLION LYLIC窓から流れる景色 変わらないこの街 旅立つ 春風 舞い散る桜 憧ればかり強くなってく  「どれだけ寂しくても 自分で決めた道信じて、、、」 手紙の最後の行が あいつらしくて笑える  「誰かに嘘をつくような人に なってくれるな」 父の願いと 「傷ついたって 笑い飛ばして 傷つけるより全然いいね」 母の愛  あの空 流れる雲 思い出す あの頃の僕は 人の痛みに気づかず 情けない弱さを隠していた  気づけばいつも誰かに支えられ ここまで歩いた だから今度は自分が 誰かを支えられるように  「まっすぐにやれ よそ見はするな へたくそでいい」 父の笑顔と 「信じる事は簡単な事 疑うよりも気持ちがいいね」 母の涙  さようなら また会える日まで 不安と期待を背負って 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために  本当の強さ 本当の自由 本当の愛と 本当の優しさ わからないまま進めないから 「自分探す」と心に決めた  春風 想い届けて 涙を優しく包んで 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために  さようなら しかられる事も少なくなっていくけれど いつでもそばにいるから 笑顔で帰るから  どれだけ寂しくても 僕らは歩き続ける  必ず帰るから 想いが風に舞う あなたの誇りになる  いざ行こうMILLION LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN窓から流れる景色 変わらないこの街 旅立つ 春風 舞い散る桜 憧ればかり強くなってく  「どれだけ寂しくても 自分で決めた道信じて、、、」 手紙の最後の行が あいつらしくて笑える  「誰かに嘘をつくような人に なってくれるな」 父の願いと 「傷ついたって 笑い飛ばして 傷つけるより全然いいね」 母の愛  あの空 流れる雲 思い出す あの頃の僕は 人の痛みに気づかず 情けない弱さを隠していた  気づけばいつも誰かに支えられ ここまで歩いた だから今度は自分が 誰かを支えられるように  「まっすぐにやれ よそ見はするな へたくそでいい」 父の笑顔と 「信じる事は簡単な事 疑うよりも気持ちがいいね」 母の涙  さようなら また会える日まで 不安と期待を背負って 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために  本当の強さ 本当の自由 本当の愛と 本当の優しさ わからないまま進めないから 「自分探す」と心に決めた  春風 想い届けて 涙を優しく包んで 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために  さようなら しかられる事も少なくなっていくけれど いつでもそばにいるから 笑顔で帰るから  どれだけ寂しくても 僕らは歩き続ける  必ず帰るから 想いが風に舞う あなたの誇りになる  いざ行こう
遥か (Album Version)PLATINA LYLIC窓から流れる景色 変わらないこの街 旅立つ 春風 舞い散る桜 憧ればかり強くなってく  「どれだけ寂しくても 自分で 決めた道信じて、、、」 手紙の最後の行が あいつらしくて笑える  「誰かに嘘をつくような人に なってくれるな」父の願いと 「傷ついたって 笑い飛ばして 傷つけるより全然いいね」 母の愛  さようなら また会える日まで 不安と期待を背負って 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために  あの空 流れる雲 思い出す あの頃の僕は 人の痛みに気づかず 情けない弱さを隠していた  気づけば いつも誰かに支えられ ここまで歩いた だから今度は自分が 誰かを支えられるように  「まっすぐにやれ よそ見はするな へたくそでいい」父の笑顔と 「信じる事は簡単な事 疑うよりも気持ちがいいね」 母の涙  さようなら また会える日まで 不安と期待を背負って 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために  本当の強さ 本当の自由 本当の愛と 本当の優しさ わからないまま進めないから 「自分探す」と心に決めた  春風 想い届けて 涙を優しく包んで 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために  さようなら しかられる事も 少なくなっていくけれど いつでもそばにいるから 笑顔で帰るから  どれだけ寂しくても 僕らは歩き続ける  必ず帰るから 想いが風に舞う あなたの誇りになる  いざ行こうPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN窓から流れる景色 変わらないこの街 旅立つ 春風 舞い散る桜 憧ればかり強くなってく  「どれだけ寂しくても 自分で 決めた道信じて、、、」 手紙の最後の行が あいつらしくて笑える  「誰かに嘘をつくような人に なってくれるな」父の願いと 「傷ついたって 笑い飛ばして 傷つけるより全然いいね」 母の愛  さようなら また会える日まで 不安と期待を背負って 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために  あの空 流れる雲 思い出す あの頃の僕は 人の痛みに気づかず 情けない弱さを隠していた  気づけば いつも誰かに支えられ ここまで歩いた だから今度は自分が 誰かを支えられるように  「まっすぐにやれ よそ見はするな へたくそでいい」父の笑顔と 「信じる事は簡単な事 疑うよりも気持ちがいいね」 母の涙  さようなら また会える日まで 不安と期待を背負って 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために  本当の強さ 本当の自由 本当の愛と 本当の優しさ わからないまま進めないから 「自分探す」と心に決めた  春風 想い届けて 涙を優しく包んで 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために  さようなら しかられる事も 少なくなっていくけれど いつでもそばにいるから 笑顔で帰るから  どれだけ寂しくても 僕らは歩き続ける  必ず帰るから 想いが風に舞う あなたの誇りになる  いざ行こう
春を待ちわびてGOLD LYLICあと少しだけ 君の側にいよう 僕らを待ってるいくつもの 涙をこえるため  きっとどんな時も変わんないって どんな事も無くさないで いつかまた会う日も笑っていよう  そんな日々もあったって 今日がスタートって信じて 春を待ちわびてた  この見慣れた風景が 君との思い出が いつの間にか今日を迎えて あの初めて会った日にも 旅立つ今日も 『サクライロ』が僕ら照らす  君がいないと 少し不安だけど 胸を張って会えるように そんな僕らでいよう  きっと何度涙こらえて 1人空を見上げた どこかで君もまた 同じかな?  どんな日々も立ち向かって 今日がスタートって信じて 春待つ息吹たち  この見慣れた風景は 君との思い出は いつの間にか宝物で あの初めて会った日にも 旅立つ今日も 『サクライロ』が僕ら包む  この先いくつ 季節をこえるの? 教室の窓の空は あの街にあるの? いつか今日の日の意味を 知ることできるの? 君と共に居た日々が 背中を押すだろう  僕らまだ無限の蕾 信じ続けよう どんな花も咲かすだろう またこれから見る景色 君に伝えるよ 「どうしてますか?元気ですか?」  この見慣れた風景や 君との思い出は いつまでも忘れないだろう あの初めて会った日にも 旅立つ今日も 『サクライロ』に見守られていたGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNあと少しだけ 君の側にいよう 僕らを待ってるいくつもの 涙をこえるため  きっとどんな時も変わんないって どんな事も無くさないで いつかまた会う日も笑っていよう  そんな日々もあったって 今日がスタートって信じて 春を待ちわびてた  この見慣れた風景が 君との思い出が いつの間にか今日を迎えて あの初めて会った日にも 旅立つ今日も 『サクライロ』が僕ら照らす  君がいないと 少し不安だけど 胸を張って会えるように そんな僕らでいよう  きっと何度涙こらえて 1人空を見上げた どこかで君もまた 同じかな?  どんな日々も立ち向かって 今日がスタートって信じて 春待つ息吹たち  この見慣れた風景は 君との思い出は いつの間にか宝物で あの初めて会った日にも 旅立つ今日も 『サクライロ』が僕ら包む  この先いくつ 季節をこえるの? 教室の窓の空は あの街にあるの? いつか今日の日の意味を 知ることできるの? 君と共に居た日々が 背中を押すだろう  僕らまだ無限の蕾 信じ続けよう どんな花も咲かすだろう またこれから見る景色 君に伝えるよ 「どうしてますか?元気ですか?」  この見慣れた風景や 君との思い出は いつまでも忘れないだろう あの初めて会った日にも 旅立つ今日も 『サクライロ』に見守られていた
ハレルヤ!!!!GOLD LYLICハレルヤ×2 晴れたなら一緒に 明日はきっと前に進め! 行くぜ! YO! ハレルヤ×2 友達も一緒に 明日は ―歩一歩前に進め!  ムシムシ熱い日なんか吹き飛ばし 電話取り出し 友達呼び出し 外に踏み出し やっぱり熱い日 それでも 遊びに イキイキイキタイーーー!!! まずは話し合って決めよう(yeah) やっぱ海だ!車出し GO!(yeah) 満場一致で決まる事(yeah) 間違いねーぞ! Move On And On!!!  ハレルヤ×2 晴れたなら―緒に 明日は きっと前に進め! 行くぜ! YO! ハレルヤ×2 友達も一緒に 明日は 一歩一歩前に進め!  あのBeachまで海沿いの道 窓Openで好きな曲を聴き あと数分でつくよ!用意はイイ!? 用意は ねーさ 今日は思い付き!!! 難しい事なんて考えんでイイんだ 恥ずかしー事なんて1つもねーさ! 「ピチピチギャルのケツ」 追っかけ!それはそれでまたイイ思い出だね!!!  ハレルヤ×2 晴れたなら一緒に 明日はきっと前に進め! 行くぜ! YO! ハレルヤ×2 友達も一緒に 明日は 一歩一歩前に進め!  熱い声出しゃ 沸かすぜ お兄さん!SAY HOO―― ! ! ! 熱い声出しゃ 沸かすぜ お嬢さん!SAY HOO―― ! ! ! 熱い声出しゃ 沸かすぜ この会場!SAY HOO―― ! ! ! さあ、みんなで声出せ! Everybody Scream ! ! ! ! !  祭りだ祭り 音に合わせて 楽しんだ分だけ体で表現 まじめなフリで スカシちゃいずれ 乗り遅れてまた損スルデ!! パチパチ 手を叩く その間に間に 見え隠れしている「笑顔」見に 君と「最後」に 僕も楽しみーーー!!!  AAHHHHAAAAHHHHHHHHHH GYAO-! ! !  ハレルヤ×2 晴れたなら一緒に 明日はきっと前に進め! 行くぜ! YO! ハレルヤ×2 友達も一緒に 明日は 一歩一歩前に進め!  ハレルヤ×2 お日様沈んでも 明日はまた昇る! そんで! 晴れれば×2 いつものように 最後は 一歩前へ!  YEAH×2  ハレルヤ音の結晶 繋ぎ沸かしていくこの会場 俺と最後に 君もハーモニー 混ざり繋がったこのメロディーGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNハレルヤ×2 晴れたなら一緒に 明日はきっと前に進め! 行くぜ! YO! ハレルヤ×2 友達も一緒に 明日は ―歩一歩前に進め!  ムシムシ熱い日なんか吹き飛ばし 電話取り出し 友達呼び出し 外に踏み出し やっぱり熱い日 それでも 遊びに イキイキイキタイーーー!!! まずは話し合って決めよう(yeah) やっぱ海だ!車出し GO!(yeah) 満場一致で決まる事(yeah) 間違いねーぞ! Move On And On!!!  ハレルヤ×2 晴れたなら―緒に 明日は きっと前に進め! 行くぜ! YO! ハレルヤ×2 友達も一緒に 明日は 一歩一歩前に進め!  あのBeachまで海沿いの道 窓Openで好きな曲を聴き あと数分でつくよ!用意はイイ!? 用意は ねーさ 今日は思い付き!!! 難しい事なんて考えんでイイんだ 恥ずかしー事なんて1つもねーさ! 「ピチピチギャルのケツ」 追っかけ!それはそれでまたイイ思い出だね!!!  ハレルヤ×2 晴れたなら一緒に 明日はきっと前に進め! 行くぜ! YO! ハレルヤ×2 友達も一緒に 明日は 一歩一歩前に進め!  熱い声出しゃ 沸かすぜ お兄さん!SAY HOO―― ! ! ! 熱い声出しゃ 沸かすぜ お嬢さん!SAY HOO―― ! ! ! 熱い声出しゃ 沸かすぜ この会場!SAY HOO―― ! ! ! さあ、みんなで声出せ! Everybody Scream ! ! ! ! !  祭りだ祭り 音に合わせて 楽しんだ分だけ体で表現 まじめなフリで スカシちゃいずれ 乗り遅れてまた損スルデ!! パチパチ 手を叩く その間に間に 見え隠れしている「笑顔」見に 君と「最後」に 僕も楽しみーーー!!!  AAHHHHAAAAHHHHHHHHHH GYAO-! ! !  ハレルヤ×2 晴れたなら一緒に 明日はきっと前に進め! 行くぜ! YO! ハレルヤ×2 友達も一緒に 明日は 一歩一歩前に進め!  ハレルヤ×2 お日様沈んでも 明日はまた昇る! そんで! 晴れれば×2 いつものように 最後は 一歩前へ!  YEAH×2  ハレルヤ音の結晶 繋ぎ沸かしていくこの会場 俺と最後に 君もハーモニー 混ざり繋がったこのメロディー
ハロー カゲロウGOLD LYLICあの日キミが 誰にも見えないように泣いていたの見たとき その気持ちがいつかきっと実を結び 叶ってほしくて祈っていた  立ちふさがった壁が高いほど 登った時 遠くが見えるもんさ!  ~サァ イッポ ニホ~  止まんなけりゃ進むでしょ 何度 大丈夫って 思って 声の限り キミの名を呼ぶでしょう キミのこれまで 応応応応応 強く優しい それを信じろ 『ハロー』  あぁ、これまで過ごした時間が キミと共にそこに居るんだね その全部をわかるわけじゃないけど その目を見てたらわかるから  ほんの少しの勇気の鍵を この声のせ キミに届けたいんだ!  ~サァ キット カツゾ~  負けないのは自分にでしょ 毎度 毎夜 流す泪 その心 おとずれた『カゲロウ』 いくつもの声 wow wow wow wow wow 勇気と変われ 想い伝われ 『ハロー』  残酷で現実辛すぎ またまた傷つき時々、、、雨 だけど神様 少しの間 力を与えてくれませんか  泥だらけのキミが笑ってた そして空を見上げていたね 胸を張った「タダイマ」 待ってるから キミを見ていると なんかボクにも聞こえる声がある  『キコエマスカ ワタシヨ、、、』  ~サァ イッチョ ショウタイム~  誰にも譲れない夢 そんで飛んでいく羽となれ アリガトウ キミくれた明日で ここから先へ 3 2 1 Let's go!!!! 本当のボクの声を聞くんだ 『ハロー』を追う方  それぞれ抱えた『カゲロウ』が 目を覚ます時 響き出してく 『ハロー』  『ハローハロー、カゲロウ』 ボクら呼ぶよGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Shunsuke Tsuriあの日キミが 誰にも見えないように泣いていたの見たとき その気持ちがいつかきっと実を結び 叶ってほしくて祈っていた  立ちふさがった壁が高いほど 登った時 遠くが見えるもんさ!  ~サァ イッポ ニホ~  止まんなけりゃ進むでしょ 何度 大丈夫って 思って 声の限り キミの名を呼ぶでしょう キミのこれまで 応応応応応 強く優しい それを信じろ 『ハロー』  あぁ、これまで過ごした時間が キミと共にそこに居るんだね その全部をわかるわけじゃないけど その目を見てたらわかるから  ほんの少しの勇気の鍵を この声のせ キミに届けたいんだ!  ~サァ キット カツゾ~  負けないのは自分にでしょ 毎度 毎夜 流す泪 その心 おとずれた『カゲロウ』 いくつもの声 wow wow wow wow wow 勇気と変われ 想い伝われ 『ハロー』  残酷で現実辛すぎ またまた傷つき時々、、、雨 だけど神様 少しの間 力を与えてくれませんか  泥だらけのキミが笑ってた そして空を見上げていたね 胸を張った「タダイマ」 待ってるから キミを見ていると なんかボクにも聞こえる声がある  『キコエマスカ ワタシヨ、、、』  ~サァ イッチョ ショウタイム~  誰にも譲れない夢 そんで飛んでいく羽となれ アリガトウ キミくれた明日で ここから先へ 3 2 1 Let's go!!!! 本当のボクの声を聞くんだ 『ハロー』を追う方  それぞれ抱えた『カゲロウ』が 目を覚ます時 響き出してく 『ハロー』  『ハローハロー、カゲロウ』 ボクら呼ぶよ
ハロー グッバイ by “STAY HOME”明日雨か晴れかを 変えられない私は それでも過ごしてきた 泣いたり笑ったり 街は今日も静かに 朝日を迎え入れて 昨日を 遠く連れてく  今の私は 私の途中で 迷いながら 明日へ 繰り返す『ハロー グッバイ』  ありがとう 大丈夫 思い出すでしょう 泣いても 笑っても 怒ってもいい あの日 からまった気持ちが 道標のように 私を決めるのは 未来の私だ 『ハロー グッバイ』 繰り返し 逢いに行く  決していつも多くを望まなくていいから 何かひとつだけでいい  ちょっとずつ続けた明日はきっと 想像を超えてく いつかの『ハロー グッバイ』  ありがとう いつかは思い出すでしょう 流した涙が連れてきた未来で あの日 留まった気持ちが 道標のように 目の前の自分で自分決めるな 『ハロー グッバイ』 繰り返し 逢いに行こう  通り過ぎて 気づくものが 沢山ある それでもなお 『ハロー グッバイ』で今日が始まる どんな日々も 『ハジメマシテ』  ありがとう これから多く笑って 幸せになろう  ありがとう それだけいつも想って 私は一人の 私初心者 きっと振り返った時に 道が続いて その時ようやく 何かを見つけて 『ハロー グッバイ』 繰り返し 握ってたのは 愛GReeeeNGReeeeNGReeeeNHiroshi Kawamura・JIN明日雨か晴れかを 変えられない私は それでも過ごしてきた 泣いたり笑ったり 街は今日も静かに 朝日を迎え入れて 昨日を 遠く連れてく  今の私は 私の途中で 迷いながら 明日へ 繰り返す『ハロー グッバイ』  ありがとう 大丈夫 思い出すでしょう 泣いても 笑っても 怒ってもいい あの日 からまった気持ちが 道標のように 私を決めるのは 未来の私だ 『ハロー グッバイ』 繰り返し 逢いに行く  決していつも多くを望まなくていいから 何かひとつだけでいい  ちょっとずつ続けた明日はきっと 想像を超えてく いつかの『ハロー グッバイ』  ありがとう いつかは思い出すでしょう 流した涙が連れてきた未来で あの日 留まった気持ちが 道標のように 目の前の自分で自分決めるな 『ハロー グッバイ』 繰り返し 逢いに行こう  通り過ぎて 気づくものが 沢山ある それでもなお 『ハロー グッバイ』で今日が始まる どんな日々も 『ハジメマシテ』  ありがとう これから多く笑って 幸せになろう  ありがとう それだけいつも想って 私は一人の 私初心者 きっと振り返った時に 道が続いて その時ようやく 何かを見つけて 『ハロー グッバイ』 繰り返し 握ってたのは 愛
半透明あなたの全部が見たいんだけど 私の全部は見せたくないんだ アイマイなままでいいから どうか良いトコだけ見てよね  あなたの全部が見えたとしても 私の全部は見なくてもいいんだ アイマイミーマイン全て 自分勝手な私だ  嘘をついてる訳じゃないんだなぁ けれど いつだって どうしたって 隠しきれない  半透明な私が あなたには見えていますか? 好きになればなるほどに 隠しても見えてた  あなたの全部 見えなくなったら 私の全部はすぐカラッポなんだ アイマイなままじゃヤなんだ 少しそこを超えたくなった  あなたが見てる私は私じゃない けれど いつだって どうしたって 隠しきれない  半透明な私が あなたには見えていますか? 好きになればなるほどに 隠しても見えてた  寝起きの顔 疲れた顔 淋しい顔 いつもの顔 見せられるのは いつだ...  何かを守っていたんだ 傷つかないような場所じゃ 半分の私しか ミツカラナインダ  半透明な私が あなたに見つけてほしくて 好きになればなるほどに 隠しても見えてたGReeeeNGReeeeNGReeeeNShunsuke Kasuga・JINあなたの全部が見たいんだけど 私の全部は見せたくないんだ アイマイなままでいいから どうか良いトコだけ見てよね  あなたの全部が見えたとしても 私の全部は見なくてもいいんだ アイマイミーマイン全て 自分勝手な私だ  嘘をついてる訳じゃないんだなぁ けれど いつだって どうしたって 隠しきれない  半透明な私が あなたには見えていますか? 好きになればなるほどに 隠しても見えてた  あなたの全部 見えなくなったら 私の全部はすぐカラッポなんだ アイマイなままじゃヤなんだ 少しそこを超えたくなった  あなたが見てる私は私じゃない けれど いつだって どうしたって 隠しきれない  半透明な私が あなたには見えていますか? 好きになればなるほどに 隠しても見えてた  寝起きの顔 疲れた顔 淋しい顔 いつもの顔 見せられるのは いつだ...  何かを守っていたんだ 傷つかないような場所じゃ 半分の私しか ミツカラナインダ  半透明な私が あなたに見つけてほしくて 好きになればなるほどに 隠しても見えてた
バケモノHey クラシカルを分解 楽しむ U&I 頭の先から爪先まで 詰め込む最新スタイル Clap Clap 鳴らして Blah Blah 見ないふり Up and down でも やってんだって 嘘吐きだらけの世界を泳ぎきれsurvivor バケモノになれ  声枯らして叫んだメロディー 詰め込んだ未完のエネルギー 誰かが決めつけたカテゴリー 通用させないそのセオリー 『ONE MORE TIMEも何もないって』 他人にばかり責めてた そんな世界焼き尽くしたHEAT ナニモノ バケモノ 未知の道  軽快に遊んでも大事に言葉を配置開始 抜かりなくパンチ放て出逢った4つのこのBEAT 遠く響かせでっかい花火 イカサマだらけの世界を振りきれ新感性 バケモノだらけ  声枯らして叫んだメロディー 詰め込んだ未完のエネルギー 誰かが決めつけたカテゴリー 行くも戻るも道は険しい  DADAな パスカル先輩なら言う なんせパンセも展開ならず なんだかんだは もう振り返らず 今は走れ さんざめけ TAKE IT  いざ始めよう 今がその時 計り知れない我らの日々 明日の自分鏡の前に いたな!バケモノ あげろ狼煙  声枯らして叫んだメロディー 詰め込んだ未完のエネルギー 誰かが決めつけたカテゴリー 闇を照らせ光の願い 『ONE MORE TIMEを何度も!』 って言える 胸にシンパシーを そんな世界へ走れこの道 ナニモノ バケモノ 未知の道 立ちはだかるヤツ目の前に 対峙して退治していくWeeee!GReeeeNGReeeeNGReeeeNHey クラシカルを分解 楽しむ U&I 頭の先から爪先まで 詰め込む最新スタイル Clap Clap 鳴らして Blah Blah 見ないふり Up and down でも やってんだって 嘘吐きだらけの世界を泳ぎきれsurvivor バケモノになれ  声枯らして叫んだメロディー 詰め込んだ未完のエネルギー 誰かが決めつけたカテゴリー 通用させないそのセオリー 『ONE MORE TIMEも何もないって』 他人にばかり責めてた そんな世界焼き尽くしたHEAT ナニモノ バケモノ 未知の道  軽快に遊んでも大事に言葉を配置開始 抜かりなくパンチ放て出逢った4つのこのBEAT 遠く響かせでっかい花火 イカサマだらけの世界を振りきれ新感性 バケモノだらけ  声枯らして叫んだメロディー 詰め込んだ未完のエネルギー 誰かが決めつけたカテゴリー 行くも戻るも道は険しい  DADAな パスカル先輩なら言う なんせパンセも展開ならず なんだかんだは もう振り返らず 今は走れ さんざめけ TAKE IT  いざ始めよう 今がその時 計り知れない我らの日々 明日の自分鏡の前に いたな!バケモノ あげろ狼煙  声枯らして叫んだメロディー 詰め込んだ未完のエネルギー 誰かが決めつけたカテゴリー 闇を照らせ光の願い 『ONE MORE TIMEを何度も!』 って言える 胸にシンパシーを そんな世界へ走れこの道 ナニモノ バケモノ 未知の道 立ちはだかるヤツ目の前に 対峙して退治していくWeeee!
パリピポGOLD LYLICここはフロア 熱く踊りな Yo 開けろ心の扉 目指すNo.1 でなくOnly 1 Yo For the Rockin' Party  汗かきドンドン騒いでいこう 焦らずともダンスの曲を あびせりゃ段々highになんぞ 手挙げて騒ぎな行くぞ 朝までdancing パーティピーポー 明日のこと忘れていこう 挨拶代わりに踊りましょう 手挙げて騒ぎな行くぞ  one two×2 この曲君の耳貫通 動き出しダンス スクランブルから始まりアンプ 爆風に揺れるクラブでbounce 町中に聞こえ出すほどまで マジ注意! 踊りだす音だぜ ヤバイtuneに×grooving=moving お楽しみtimeは まぁご自由に  眠くなる呪文のラリラリホー 吹き飛ばすくらい動く俺のベロ micとrhymeでたまんねぇだろ 足りねェ奴らはさぁ手挙げろ 声援くれよ 全然聞こえねぇ 腹から声出せよ Say yeah! 聞こえたら始めようか Live Mic Time Come on 1, 2, 3, 4  汗かきドンドン騒いでいこう 焦らずともダンスの曲を あびせりゃ段々highになんぞ 手挙げて騒ぎな行くぞ 朝までdancing パーティピーポー 明日のこと忘れていこう 挨拶代わりに踊りましょう 手挙げて騒ぎな行くぞ  鼓膜に響きだすkick & bass 俺らなりのスタイルの進行形 緊張で踊れない心情で そんな君は後悔きっとね 今を楽しめない? それならオーライ ちょっとまかして上げてくShow time ほらね 君も手を上げる状態 後は踊り明かして頂戴  一人一人がOnly 1 スタイルの違いなんて問題ない ただの見た目を気にしたHow to dance 俺に言わせりゃ単なるMonkey dance 輪になり 繋がり 音に乗ってノリノリ 頭フリフリ やりすぎて首が攣り そんな位が丁度いい 音とリズムが超気持ちいい!!!!!  汗かきドンドン騒いでいこう 焦らずともダンスの曲を あびせりゃ段々highになんぞ 手挙げて騒ぎな行くぞ 朝までdancing パーティピーポー 明日のこと忘れていこう 挨拶代わりに踊りましょう 手挙げて騒ぎな行くぞ  ここはフロア 熱く踊りな Yo 開けろ心の扉 目指すNo.1 でなくOnly 1 Yo For the Rockin' Party  ここはフロア 熱く踊りな Yo 開けろ心の扉 目指すNo.1 でなくOnly 1 Yo For the Rockin' Party  汗かきドンドン騒いでいこう 焦らずともダンスの曲を あびせりゃ段々highになんぞ 手挙げて騒ぎな行くぞ 朝までdancing パーティピーポー 明日のこと忘れていこう 挨拶代わりに踊りましょう 手挙げて騒ぎな行くぞ  汗かきドンドン騒いでいこう 焦らずともダンスの曲を あびせりゃ段々highになんぞ 手挙げて騒ぎな行くぞ 朝までdancing パーティピーポー 明日のこと忘れていこう 挨拶代わりに踊りましょう 手挙げて騒ぎな行くぞGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JINここはフロア 熱く踊りな Yo 開けろ心の扉 目指すNo.1 でなくOnly 1 Yo For the Rockin' Party  汗かきドンドン騒いでいこう 焦らずともダンスの曲を あびせりゃ段々highになんぞ 手挙げて騒ぎな行くぞ 朝までdancing パーティピーポー 明日のこと忘れていこう 挨拶代わりに踊りましょう 手挙げて騒ぎな行くぞ  one two×2 この曲君の耳貫通 動き出しダンス スクランブルから始まりアンプ 爆風に揺れるクラブでbounce 町中に聞こえ出すほどまで マジ注意! 踊りだす音だぜ ヤバイtuneに×grooving=moving お楽しみtimeは まぁご自由に  眠くなる呪文のラリラリホー 吹き飛ばすくらい動く俺のベロ micとrhymeでたまんねぇだろ 足りねェ奴らはさぁ手挙げろ 声援くれよ 全然聞こえねぇ 腹から声出せよ Say yeah! 聞こえたら始めようか Live Mic Time Come on 1, 2, 3, 4  汗かきドンドン騒いでいこう 焦らずともダンスの曲を あびせりゃ段々highになんぞ 手挙げて騒ぎな行くぞ 朝までdancing パーティピーポー 明日のこと忘れていこう 挨拶代わりに踊りましょう 手挙げて騒ぎな行くぞ  鼓膜に響きだすkick & bass 俺らなりのスタイルの進行形 緊張で踊れない心情で そんな君は後悔きっとね 今を楽しめない? それならオーライ ちょっとまかして上げてくShow time ほらね 君も手を上げる状態 後は踊り明かして頂戴  一人一人がOnly 1 スタイルの違いなんて問題ない ただの見た目を気にしたHow to dance 俺に言わせりゃ単なるMonkey dance 輪になり 繋がり 音に乗ってノリノリ 頭フリフリ やりすぎて首が攣り そんな位が丁度いい 音とリズムが超気持ちいい!!!!!  汗かきドンドン騒いでいこう 焦らずともダンスの曲を あびせりゃ段々highになんぞ 手挙げて騒ぎな行くぞ 朝までdancing パーティピーポー 明日のこと忘れていこう 挨拶代わりに踊りましょう 手挙げて騒ぎな行くぞ  ここはフロア 熱く踊りな Yo 開けろ心の扉 目指すNo.1 でなくOnly 1 Yo For the Rockin' Party  ここはフロア 熱く踊りな Yo 開けろ心の扉 目指すNo.1 でなくOnly 1 Yo For the Rockin' Party  汗かきドンドン騒いでいこう 焦らずともダンスの曲を あびせりゃ段々highになんぞ 手挙げて騒ぎな行くぞ 朝までdancing パーティピーポー 明日のこと忘れていこう 挨拶代わりに踊りましょう 手挙げて騒ぎな行くぞ  汗かきドンドン騒いでいこう 焦らずともダンスの曲を あびせりゃ段々highになんぞ 手挙げて騒ぎな行くぞ 朝までdancing パーティピーポー 明日のこと忘れていこう 挨拶代わりに踊りましょう 手挙げて騒ぎな行くぞ
PLATINA LYLIC走り出して さぁ今 前に進み出せば 果てしなく行けるはず もっと遠くへ 走り疲れた日や 闇に迷っていた日は 光差し 糧となり 誇れる  毎日何かを探して 描いた未来像話して はたして、その夢は叶って うまくいってるかはまだ未定 大人になっていくたびに こだわりだして行く旅路 真実を教えて金田一 悩み疲れた日々 大事な意思 たえず忘れず 「大志を抱け!!」と昔から言っていた偉人 fight!! と毎度 言い聞かせ何より tightに日々 ride on いつか行こう 夢見ていた ZION  羽ひらいて さぁ今 高く舞い上がれば 果てしなく飛べるはず 空の向こうまで 汗をかいていた日や 雨が降っていた日は 晴れ渡り 花が咲き続ける  何故つまずいたか振り返る 大切!!たえず汗水かいてく ガンバルことを知らなくて 人にガンバレなんて言えなくて 説得力がなさすぎて。。。 部屋に閉じこもって マイナスに思って たまに落ち込んで しゃがみこんで 好き勝手やって見失って 「無理だって、、、」あとから「スイマセン」 そんなのダサすぎて。。。  走り出して さぁ今 前に進み出せば 果てしなく行けるはず もっと遠くへ 走り疲れた日や 闇に迷っていた日は 光差し 糧となり 誇れる  どこまでも続く長い旅で 「終わりなんてあるわけない」と決めつけかけてた 「このままでいいや」なんて思っていた 変えられるのは自分しかいない!!!  羽ひらいて さぁ今 高く舞い上がれば 果てしなく飛べるはず 空の向こうまで 汗をかいていた日や 雨が降っていた日は 晴れ渡り 花が咲き続けるPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN走り出して さぁ今 前に進み出せば 果てしなく行けるはず もっと遠くへ 走り疲れた日や 闇に迷っていた日は 光差し 糧となり 誇れる  毎日何かを探して 描いた未来像話して はたして、その夢は叶って うまくいってるかはまだ未定 大人になっていくたびに こだわりだして行く旅路 真実を教えて金田一 悩み疲れた日々 大事な意思 たえず忘れず 「大志を抱け!!」と昔から言っていた偉人 fight!! と毎度 言い聞かせ何より tightに日々 ride on いつか行こう 夢見ていた ZION  羽ひらいて さぁ今 高く舞い上がれば 果てしなく飛べるはず 空の向こうまで 汗をかいていた日や 雨が降っていた日は 晴れ渡り 花が咲き続ける  何故つまずいたか振り返る 大切!!たえず汗水かいてく ガンバルことを知らなくて 人にガンバレなんて言えなくて 説得力がなさすぎて。。。 部屋に閉じこもって マイナスに思って たまに落ち込んで しゃがみこんで 好き勝手やって見失って 「無理だって、、、」あとから「スイマセン」 そんなのダサすぎて。。。  走り出して さぁ今 前に進み出せば 果てしなく行けるはず もっと遠くへ 走り疲れた日や 闇に迷っていた日は 光差し 糧となり 誇れる  どこまでも続く長い旅で 「終わりなんてあるわけない」と決めつけかけてた 「このままでいいや」なんて思っていた 変えられるのは自分しかいない!!!  羽ひらいて さぁ今 高く舞い上がれば 果てしなく飛べるはず 空の向こうまで 汗をかいていた日や 雨が降っていた日は 晴れ渡り 花が咲き続ける
PLATINA LYLIC君は今何してるかな? 一人さびしく泣いているかな? そうあの時も この気持ちをわからず突き放し また強がるし 机の横の写真は今も 笑っているからさ 今はつらくて 二人今は この手には 握れる手もなくて 日々が過ぎていく  だけど少しね 気付いて欲しいことは 今までただ二人は楽しかったこと  人は皆それぞれに気持ちを抱えて 今はただ別々の道を歩んで行く どこまでも続いてくこの every stage of life まだまだこれからも行くぜ 自分らしくあれ!!!  声が聞こえた気がして振り返るけれど 人混みに君の顔がなくて そんな自分に嫌気がさしてきて それはつまりね 僕は今でも  だけど少しね 気付いて欲しいことは 今までただ二人は楽しかったこと  人は皆それぞれに気持ちを抱えて 今はただ別々の道を歩んで行く どこまでも続いてくこの every stage of life まだまだこれからも行くぜ 自分らしくあれ!!!  今君が大切なものに気付いたら 離さないで放さないでずっとそばにいて でも どうしても自分に負けそうになるなら いつまでも歌い続けるよ  人は皆それぞれに気持ちを抱えて 今はただ別々の道を歩んで行く どこまでも続いてくこの every stage of life まだまだこれからも行くぜ 自分らしくあれ!!!PLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN君は今何してるかな? 一人さびしく泣いているかな? そうあの時も この気持ちをわからず突き放し また強がるし 机の横の写真は今も 笑っているからさ 今はつらくて 二人今は この手には 握れる手もなくて 日々が過ぎていく  だけど少しね 気付いて欲しいことは 今までただ二人は楽しかったこと  人は皆それぞれに気持ちを抱えて 今はただ別々の道を歩んで行く どこまでも続いてくこの every stage of life まだまだこれからも行くぜ 自分らしくあれ!!!  声が聞こえた気がして振り返るけれど 人混みに君の顔がなくて そんな自分に嫌気がさしてきて それはつまりね 僕は今でも  だけど少しね 気付いて欲しいことは 今までただ二人は楽しかったこと  人は皆それぞれに気持ちを抱えて 今はただ別々の道を歩んで行く どこまでも続いてくこの every stage of life まだまだこれからも行くぜ 自分らしくあれ!!!  今君が大切なものに気付いたら 離さないで放さないでずっとそばにいて でも どうしても自分に負けそうになるなら いつまでも歌い続けるよ  人は皆それぞれに気持ちを抱えて 今はただ別々の道を歩んで行く どこまでも続いてくこの every stage of life まだまだこれからも行くぜ 自分らしくあれ!!!
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
陽の光PLATINA LYLIC明日の空 見上げてる僕は ひとつ ひとつ 浮かんでいく 迷いや 悩みを 蹴飛ばして!!!  今日も 目の前を 過ぎていく 時代 新しい 想いや 価値観が 生まれる  期待してる未来 今答え探す 過ぎ去った日々を 見渡して  気付けばもう走り出したrace 行き先は決まらないままで 取り残されてしまいそうで 声を上げた  ただ 誰だって 張り裂けそうな 叫び声に出せずにいるんだ 陽の光を 浴びる場所へ そうやって戦ってるんだろう ああ 僕だって 色んな涙  超えてここで歌ってるんだ 陽の光を 浴びる場所は 優しい光で溢れるんだ  今日も聞こえてくる 押し付けるセリフ どれほどこなせるか わからないけれど  一人きり走り続けるrace 追い越して行く人の中で 誰かに聞こえる歌声で 声を上げた  ほら 誰もそう 手がかりもなくて 分からないまんま 走ってく 陽の光を 浴びる場所へ そうやって戦ってるんだろう まだ僕の事解かってくれって 泣いてる時は足止まってる 陽の光を 浴びる場所は 君の足で辿り着くから  人ごみかき分けて のみ込まれないように 確かにここにいる 確かめる 僕の声 うつむき アスファルト 見つめて 歩いてると 『その先見失う』と わかっているだろう  昨日の僕には 向かい風が吹いてて 明日の僕には どんな風が吹くんだろう 今は小さくて 弱い陽の光の中で 叫び声をあげた 未来の僕へ「、、、聞こえていますか?」PLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN明日の空 見上げてる僕は ひとつ ひとつ 浮かんでいく 迷いや 悩みを 蹴飛ばして!!!  今日も 目の前を 過ぎていく 時代 新しい 想いや 価値観が 生まれる  期待してる未来 今答え探す 過ぎ去った日々を 見渡して  気付けばもう走り出したrace 行き先は決まらないままで 取り残されてしまいそうで 声を上げた  ただ 誰だって 張り裂けそうな 叫び声に出せずにいるんだ 陽の光を 浴びる場所へ そうやって戦ってるんだろう ああ 僕だって 色んな涙  超えてここで歌ってるんだ 陽の光を 浴びる場所は 優しい光で溢れるんだ  今日も聞こえてくる 押し付けるセリフ どれほどこなせるか わからないけれど  一人きり走り続けるrace 追い越して行く人の中で 誰かに聞こえる歌声で 声を上げた  ほら 誰もそう 手がかりもなくて 分からないまんま 走ってく 陽の光を 浴びる場所へ そうやって戦ってるんだろう まだ僕の事解かってくれって 泣いてる時は足止まってる 陽の光を 浴びる場所は 君の足で辿り着くから  人ごみかき分けて のみ込まれないように 確かにここにいる 確かめる 僕の声 うつむき アスファルト 見つめて 歩いてると 『その先見失う』と わかっているだろう  昨日の僕には 向かい風が吹いてて 明日の僕には どんな風が吹くんだろう 今は小さくて 弱い陽の光の中で 叫び声をあげた 未来の僕へ「、、、聞こえていますか?」
ヒラヒラヒトヒラ君の笑顔をいつも見ていた 君の隣にいるのは 僕じゃないけど 友達のフリ いつもしていた この距離を超えたなら 壊れそうだから  君を思う帰り道 夕焼けの空 明日もきっと変わらず 僕の心写す恋鏡  ヒラヒラと舞い散るヒトヒラの花 咲き誇ったこその美しさ 僕はまだ弱虫な蕾のまま 光求めてた  君の笑顔をいつも見ていた 本当の僕のまま 話せないまま 友達のフリ いつもしていた この距離を超えたなら 壊れそうだから  何をすれば君の心動くの 明日もきっと変わらず 1人立ち尽くす恋鏡  ヒラヒラと舞い散るヒトヒラの花 咲き誇ったこその美しさ 僕はまだ弱虫な蕾のまま 光求めてた  もしも君に僕の想いが伝わって 君の心が僕に舞い降りてくるなら どんな試練も何もないと超えていける 想い風に吹かれ  ヒラヒラと舞い散るヒトヒラの花 咲き誇ったこその美しさ 僕はまだ弱虫な蕾のまま 光求めてた  ヒラヒラと舞い散るヒトヒラの花 咲き誇ったこその美しさ 僕はまだ弱虫な蕾のまま 光求めてた  光求めてたGReeeeNGReeeeNGReeeeN君の笑顔をいつも見ていた 君の隣にいるのは 僕じゃないけど 友達のフリ いつもしていた この距離を超えたなら 壊れそうだから  君を思う帰り道 夕焼けの空 明日もきっと変わらず 僕の心写す恋鏡  ヒラヒラと舞い散るヒトヒラの花 咲き誇ったこその美しさ 僕はまだ弱虫な蕾のまま 光求めてた  君の笑顔をいつも見ていた 本当の僕のまま 話せないまま 友達のフリ いつもしていた この距離を超えたなら 壊れそうだから  何をすれば君の心動くの 明日もきっと変わらず 1人立ち尽くす恋鏡  ヒラヒラと舞い散るヒトヒラの花 咲き誇ったこその美しさ 僕はまだ弱虫な蕾のまま 光求めてた  もしも君に僕の想いが伝わって 君の心が僕に舞い降りてくるなら どんな試練も何もないと超えていける 想い風に吹かれ  ヒラヒラと舞い散るヒトヒラの花 咲き誇ったこその美しさ 僕はまだ弱虫な蕾のまま 光求めてた  ヒラヒラと舞い散るヒトヒラの花 咲き誇ったこその美しさ 僕はまだ弱虫な蕾のまま 光求めてた  光求めてた
HEROESPLATINA LYLICああ どうか 僕に 力をください  そう 迷い悩んでいつも 君を傷つけたのに また 平気なフリで あれから どれだけの涙が 今の僕を気づかせてくれたかな  へたくそないい訳ばかりを繰り返してきたのに それでもずっと 君は待ってくれたよね  ああ 僕だって 願いがあって 駄目な僕のまま 諦めらんない このままじゃいけないなら前へ 世界の隅で叫んでみるんだ いつまでも負けちゃいらんないよな これからは僕が君を 笑わせるなら 守れるなら 僕はHEROになれるかな?  いつも 逃げてばかりいたけど、、、  いつかの僕じゃ こんな気持ちには 気づくはずもなかったよ ありがとう  きっと僕ら生きていく中で 人を疑ってみたり 自分に嘘をついたり 重ねた言い訳の数だけ 誰かを守る力 無くしてく  いつも通りのせわしない 日常流され 自分信じてた あの日の僕が涙  ああ 誰だって 願い叶えて 全てを手にして生きていたいけど 本当の事は すぐ近くにある 愛する人の笑顔 それがあれば 誰か任せに流されちゃ 夢は遠く離れてく 君と2人 向かう旅路 ゆっくりと ほら 歩き出した  僕らは いつもいつも いい事ばかりあるわけじゃないけど 誰かを 想い想われ そんなとき幸せと感じてる 成りたい自分はほら 君に誇れる僕だと気づいたよ 強くならなくちゃ  wow 小さな勇気を 掲げて wow 今を超えよう  自分についていた嘘捨てて 願いを叶える為に さあ 行こう  君が笑ってくれるのなら 負けても負けても 立ち向かってく あの日の僕を抱きしめる もう泣かなくていいんだよ 弱さも知ってる 僕もあなたも 誰かのHERO  君が 教えてくれた 勇気をPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNああ どうか 僕に 力をください  そう 迷い悩んでいつも 君を傷つけたのに また 平気なフリで あれから どれだけの涙が 今の僕を気づかせてくれたかな  へたくそないい訳ばかりを繰り返してきたのに それでもずっと 君は待ってくれたよね  ああ 僕だって 願いがあって 駄目な僕のまま 諦めらんない このままじゃいけないなら前へ 世界の隅で叫んでみるんだ いつまでも負けちゃいらんないよな これからは僕が君を 笑わせるなら 守れるなら 僕はHEROになれるかな?  いつも 逃げてばかりいたけど、、、  いつかの僕じゃ こんな気持ちには 気づくはずもなかったよ ありがとう  きっと僕ら生きていく中で 人を疑ってみたり 自分に嘘をついたり 重ねた言い訳の数だけ 誰かを守る力 無くしてく  いつも通りのせわしない 日常流され 自分信じてた あの日の僕が涙  ああ 誰だって 願い叶えて 全てを手にして生きていたいけど 本当の事は すぐ近くにある 愛する人の笑顔 それがあれば 誰か任せに流されちゃ 夢は遠く離れてく 君と2人 向かう旅路 ゆっくりと ほら 歩き出した  僕らは いつもいつも いい事ばかりあるわけじゃないけど 誰かを 想い想われ そんなとき幸せと感じてる 成りたい自分はほら 君に誇れる僕だと気づいたよ 強くならなくちゃ  wow 小さな勇気を 掲げて wow 今を超えよう  自分についていた嘘捨てて 願いを叶える為に さあ 行こう  君が笑ってくれるのなら 負けても負けても 立ち向かってく あの日の僕を抱きしめる もう泣かなくていいんだよ 弱さも知ってる 僕もあなたも 誰かのHERO  君が 教えてくれた 勇気を
beautiful daysPLATINA LYLICあの日時間が止まって ずっと同じ場所で立ち尽くす 君の言葉の優しささえ そこにいつもあると思っていた  君との笑顔の写真 君からもらった手紙 今の僕ならわかるよ 遅いよね 君が戻らない現在(とき) どうすれば分かり合える ただいつもそばに 居たかったのに  君が好きで 今も逢いたくて 何処だって 君の影探しているよ どうかそばにいて 今の僕なら 出逢った日から ずっとずっと  beautiful days  傷つけたり 傷ついたり 気まぐれに過ぎていったあの日々 永遠だけがただ溢れて 悲しみの意味を知らなかったよ  語り明かした夜と 喧嘩したまんまの日と どれも素敵な君との毎日 願いが叶うのなら この気持ち伝えたい 今すぐ逢いに 行きたいけど  過ぎゆく日々に 流されながら 今日の目に映る空の色は ただ 夕焼け色に 僕を染めてく さみしそうな影が見ていた  どうか届けと言葉を並べて 僕の想いが溢れ出した 逢いたい  心の奥の奥 触れたくて この手を伸ばした 全身(ぜんぶ)  君が好きで 君が好きで 何度も 心が張り裂けるけど 何が出来るだろう 二人の影を重ねてく 美しき日々よ  あぁ どうか君が笑うまでPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNあの日時間が止まって ずっと同じ場所で立ち尽くす 君の言葉の優しささえ そこにいつもあると思っていた  君との笑顔の写真 君からもらった手紙 今の僕ならわかるよ 遅いよね 君が戻らない現在(とき) どうすれば分かり合える ただいつもそばに 居たかったのに  君が好きで 今も逢いたくて 何処だって 君の影探しているよ どうかそばにいて 今の僕なら 出逢った日から ずっとずっと  beautiful days  傷つけたり 傷ついたり 気まぐれに過ぎていったあの日々 永遠だけがただ溢れて 悲しみの意味を知らなかったよ  語り明かした夜と 喧嘩したまんまの日と どれも素敵な君との毎日 願いが叶うのなら この気持ち伝えたい 今すぐ逢いに 行きたいけど  過ぎゆく日々に 流されながら 今日の目に映る空の色は ただ 夕焼け色に 僕を染めてく さみしそうな影が見ていた  どうか届けと言葉を並べて 僕の想いが溢れ出した 逢いたい  心の奥の奥 触れたくて この手を伸ばした 全身(ぜんぶ)  君が好きで 君が好きで 何度も 心が張り裂けるけど 何が出来るだろう 二人の影を重ねてく 美しき日々よ  あぁ どうか君が笑うまで
ビリーヴPLATINA LYLIC今 目の前の世界を見渡してみる 思い焦がれた いつかの 僕が見ている 誰にも言えない 涙を忘れてないよ あの日の君の頑張れに 感謝しています  こんな素晴らしい気持ちは 僕の人生で あと何回くらい感じるの だからこの瞬間(トキ)を 全てぶつけんだ  僕にとっての後悔は 諦めた時 悔しさ 涙も あの日々も 胸(ココ)に連れてくんだ まだなんにも始まっちゃいない 自分で決めた道 だから少し 楽しんでこう 始まりの声がする  いつか憧れた自分を見失わずにいたいのに 気付けば 僕らは弱い時もある 本当は分かってる 背を向けたら 僕の心が 振り向いて 踏ん張ってみろよって 涙流してる  誰かに任せた毎日じゃ 何も変わらない 願って 笑って 夢を見て 一度きりの僕に 立ち向かってくんだ  別に特別な力があるわけじゃない 諦めないって決めただけ それを信じてんだ どれだけ続くか分からない 自分が決めた道 あと少し もう少し 今を超えたくて  ラララ この唄連れて ラララ 描いて 前へ ラララ いつかたどり着くだろう ラララ 決してやめないだけ  気付かないフリをして 慰めてもらっても そんなのはもう沢山だ 時間は流れていく あと一歩 あと一歩って 出来ても出来なくても 挑んでるのが自分らしく 誇らしく笑えるんだ  誰かが僕を 笑っても 無理だって 笑っても それを決めるのは僕自身だから 弱く儚い一瞬に 強くなりたい一心で どこまでいけるだろう  僕が僕を信じれるように嘘はつかない 嬉しい涙に出会えるように それを信じてんだ まだなんにも始まっちゃいない 自分で決めた道 だから少し 楽しんでこう 始まりの声がする  別に特別な力があるわけじゃない 諦めないって決めただけ それを信じてんだ 僕が続ければ終わらない 未だ旅の途中 あと一歩 もう一歩 歩き続ける  今日もどこか 響くだろう 誰かが呼ぶ声PLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN今 目の前の世界を見渡してみる 思い焦がれた いつかの 僕が見ている 誰にも言えない 涙を忘れてないよ あの日の君の頑張れに 感謝しています  こんな素晴らしい気持ちは 僕の人生で あと何回くらい感じるの だからこの瞬間(トキ)を 全てぶつけんだ  僕にとっての後悔は 諦めた時 悔しさ 涙も あの日々も 胸(ココ)に連れてくんだ まだなんにも始まっちゃいない 自分で決めた道 だから少し 楽しんでこう 始まりの声がする  いつか憧れた自分を見失わずにいたいのに 気付けば 僕らは弱い時もある 本当は分かってる 背を向けたら 僕の心が 振り向いて 踏ん張ってみろよって 涙流してる  誰かに任せた毎日じゃ 何も変わらない 願って 笑って 夢を見て 一度きりの僕に 立ち向かってくんだ  別に特別な力があるわけじゃない 諦めないって決めただけ それを信じてんだ どれだけ続くか分からない 自分が決めた道 あと少し もう少し 今を超えたくて  ラララ この唄連れて ラララ 描いて 前へ ラララ いつかたどり着くだろう ラララ 決してやめないだけ  気付かないフリをして 慰めてもらっても そんなのはもう沢山だ 時間は流れていく あと一歩 あと一歩って 出来ても出来なくても 挑んでるのが自分らしく 誇らしく笑えるんだ  誰かが僕を 笑っても 無理だって 笑っても それを決めるのは僕自身だから 弱く儚い一瞬に 強くなりたい一心で どこまでいけるだろう  僕が僕を信じれるように嘘はつかない 嬉しい涙に出会えるように それを信じてんだ まだなんにも始まっちゃいない 自分で決めた道 だから少し 楽しんでこう 始まりの声がする  別に特別な力があるわけじゃない 諦めないって決めただけ それを信じてんだ 僕が続ければ終わらない 未だ旅の途中 あと一歩 もう一歩 歩き続ける  今日もどこか 響くだろう 誰かが呼ぶ声
BE FREEPLATINA LYLIC夕焼け空が ああ あんなにもまぶしくて 熱を帯びた 僕ら 互いに心寄せた ああ  親のすね かじったり (yeah) 友達と 笑ったり (yeah) 戻らない時間だけが過ぎていくよ ときめいて 悩んだり (yeah) 夢を見て 『涙』 もっと強く 生きていけたらな  春夏過ぎて秋冬が来て 時は戻らない刹那の中 もしも世界が嘘だらけでも僕ら2人ならばいける  君と出逢い いずれ 別々に歩いてく とても普通な そんな 雲のような事でした ああ  『涙雨』乾いたら (yeah) 少しまた 歩き出す (yeah) 止まれない! 感情が傷ついても 求めたり 悔やんだり (yeah) 愛しくて 『涙』 もっと遠く もっと遠く 飛んでいけたらな  灰色空の街のどこかで 意味を忘れた人々の群れ 『人の定め』は出会い別れの中で見つけ探していく  何故僕らは 心を乱しながら、、、 泣きたいのは誰? 切ないのは何故?  確かにいつも僕ら 互いに気付くそこから かなり混ざった想いが許し合うことで癒されてた 僅かな温もりを求め合う中で プライド日々重ね合わせ 2人の日々流れ 明日へ! 明日へ! 明日へ!  BE FREE 悲しい事は全部 置いていこう BE FREE きっと明日晴れるよ! 信じている、、、 BE FREE 流れる川は今日も 過ぎ去ってく BE FREE きっと今夜僕らは 強くなれる  春夏過ぎて秋冬が来て 時は戻らない刹那の中 もしも世界が嘘だらけでも僕ら2人ならば行ける  BE FREE、、、PLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN夕焼け空が ああ あんなにもまぶしくて 熱を帯びた 僕ら 互いに心寄せた ああ  親のすね かじったり (yeah) 友達と 笑ったり (yeah) 戻らない時間だけが過ぎていくよ ときめいて 悩んだり (yeah) 夢を見て 『涙』 もっと強く 生きていけたらな  春夏過ぎて秋冬が来て 時は戻らない刹那の中 もしも世界が嘘だらけでも僕ら2人ならばいける  君と出逢い いずれ 別々に歩いてく とても普通な そんな 雲のような事でした ああ  『涙雨』乾いたら (yeah) 少しまた 歩き出す (yeah) 止まれない! 感情が傷ついても 求めたり 悔やんだり (yeah) 愛しくて 『涙』 もっと遠く もっと遠く 飛んでいけたらな  灰色空の街のどこかで 意味を忘れた人々の群れ 『人の定め』は出会い別れの中で見つけ探していく  何故僕らは 心を乱しながら、、、 泣きたいのは誰? 切ないのは何故?  確かにいつも僕ら 互いに気付くそこから かなり混ざった想いが許し合うことで癒されてた 僅かな温もりを求め合う中で プライド日々重ね合わせ 2人の日々流れ 明日へ! 明日へ! 明日へ!  BE FREE 悲しい事は全部 置いていこう BE FREE きっと明日晴れるよ! 信じている、、、 BE FREE 流れる川は今日も 過ぎ去ってく BE FREE きっと今夜僕らは 強くなれる  春夏過ぎて秋冬が来て 時は戻らない刹那の中 もしも世界が嘘だらけでも僕ら2人ならば行ける  BE FREE、、、
ファイトソング忘れないでいて どんなに離れても 会えない時間のぶん あなたを思う 苦しむことばかりが 多くなりすぎて 誰かのせいにしてみたくなるよね  生きるってなんなの  抱きしめていて欲しい 涙が出ないように 隣で笑ってふざけて 心で話そう 僕らを隔てた壁が 見下してる ただ大切にしたい人も 守れないのか  思い出話が したくなる頃でしょう 話さなきゃあの日も 風化するから どうしたらいいのかわからないまま過ぎる 時間は止まらないって 知ってるのにね  『さみしいね わざと会わんて もう苦しいな もう苦しいな』  本当は今すぐにでも あなたに会えるといいけど 会いたい 会えない 心がやつれてく あなたの意味 それはたぶんね 僕の光  生きるってなんなの  抱きしめていて欲しい 涙が出ないように 隣で歌ってあの曲 想い出すよメロディ 僕らを隔てた壁が 見下してる ただ大切にしたい人も 守れないのか  あなたに触れたいGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN忘れないでいて どんなに離れても 会えない時間のぶん あなたを思う 苦しむことばかりが 多くなりすぎて 誰かのせいにしてみたくなるよね  生きるってなんなの  抱きしめていて欲しい 涙が出ないように 隣で笑ってふざけて 心で話そう 僕らを隔てた壁が 見下してる ただ大切にしたい人も 守れないのか  思い出話が したくなる頃でしょう 話さなきゃあの日も 風化するから どうしたらいいのかわからないまま過ぎる 時間は止まらないって 知ってるのにね  『さみしいね わざと会わんて もう苦しいな もう苦しいな』  本当は今すぐにでも あなたに会えるといいけど 会いたい 会えない 心がやつれてく あなたの意味 それはたぶんね 僕の光  生きるってなんなの  抱きしめていて欲しい 涙が出ないように 隣で歌ってあの曲 想い出すよメロディ 僕らを隔てた壁が 見下してる ただ大切にしたい人も 守れないのか  あなたに触れたい
PHANTOM ~約束~過ぎ行く時間はまるで幻 誰かが無くしたら嘘になる いつもそこにある出逢い別れ それを本当に変えれるように  思うだけ そのままでは幻 その足は確かにそこにあるし 『人の夢』と書いた『儚さ』を 大きく笑い飛ばし歩こうか  そんな幻にも 切られ傷ついても守りたい 小さくても譲れない 一つの心 束ね あなたを想う  そして今日も世界は回る 僕等一人ひとりに 同じだけの光を連れて きっと僕等を照らすんだろう  あなたの笑顔が今もあって あなたの言葉が今もあって 世界は今日も僕等を待つよ あの日 あの瞬間(トキ)と同じように  そんな幻でも 切られ傷ついても守りたい 小さくても譲れない 一つの心 束ね あなたに捧ぐ  そして今日も世界は回る 僕等一人ひとりに 同じだけの灯与え きっと僕等を照らすんだろう  そして明日は昨日連れゆく 僕等一人ひとりを 同じだけの夢の果てへ 涙照らして虹に変えるまで  LaLaLa、、、、  ほら顔上げて空を見て 謳を唱おう 星が綺麗な夜空とか 晴れ渡る青空だとか きっとあるよ  それがあなたに捧ぐ 『16回の最高の約束』 サヨナラはまだ言わないまま  そして僕等命の限り いくつもの夜こえて 笑っていこう 笑っていこう 今を生きてここにいるから 笑ったままで 笑ったままで サヨナラはまだ言わないままGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN過ぎ行く時間はまるで幻 誰かが無くしたら嘘になる いつもそこにある出逢い別れ それを本当に変えれるように  思うだけ そのままでは幻 その足は確かにそこにあるし 『人の夢』と書いた『儚さ』を 大きく笑い飛ばし歩こうか  そんな幻にも 切られ傷ついても守りたい 小さくても譲れない 一つの心 束ね あなたを想う  そして今日も世界は回る 僕等一人ひとりに 同じだけの光を連れて きっと僕等を照らすんだろう  あなたの笑顔が今もあって あなたの言葉が今もあって 世界は今日も僕等を待つよ あの日 あの瞬間(トキ)と同じように  そんな幻でも 切られ傷ついても守りたい 小さくても譲れない 一つの心 束ね あなたに捧ぐ  そして今日も世界は回る 僕等一人ひとりに 同じだけの灯与え きっと僕等を照らすんだろう  そして明日は昨日連れゆく 僕等一人ひとりを 同じだけの夢の果てへ 涙照らして虹に変えるまで  LaLaLa、、、、  ほら顔上げて空を見て 謳を唱おう 星が綺麗な夜空とか 晴れ渡る青空だとか きっとあるよ  それがあなたに捧ぐ 『16回の最高の約束』 サヨナラはまだ言わないまま  そして僕等命の限り いくつもの夜こえて 笑っていこう 笑っていこう 今を生きてここにいるから 笑ったままで 笑ったままで サヨナラはまだ言わないまま
ファンファーレGOLD LYLICわれわれ GReeeeNは これから約50分の間 数々の曲達に想い乗せて 全身全霊かけて 唄います 少しの間 お付き合い下さい 「いいね!(´・ω・`)☆」が はじまるGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNわれわれ GReeeeNは これから約50分の間 数々の曲達に想い乗せて 全身全霊かけて 唄います 少しの間 お付き合い下さい 「いいね!(´・ω・`)☆」が はじまる
FACE太陽がのまれてく 夜がときどき 強がり 晴れた日は 月灯かり 自分の逃げ道を知ってる  反省は毎日で 悔やまれることが多すぎて 青春が消えてゆく でも情熱はいつまでつづくの  少しくらいはきっと役にはたってる でもときどき 自分の生きがいが消えてく 泣いてたり 吠えてたり かみついたりして そんなんばかりが 女じゃない  鏡に映った あなたと2人 情けないようで たくましくもある 顔と顔寄せ合い なぐさめあったらそれぞれ 玄関のドアを 1人で開けよう  いつか忘れかけてた風景 同じ心じゃもう見れなくて 描いては探す そして手を伸ばす 自分一人ただ涙流す  あの日憧れ探していた夢 近づけば遠ざかってくんです ペンでシナリオ 紡いだ光を 唄に乗せて自分に叫ぶよ  街に集う人人人人 誰もが疑心暗鬼色々 一人じゃ居れない 心すれ違い また誰か探して求める出逢い  鏡の中の自分と対面 涙流し過去から進んで どんな物語 明日へと繋がり いつか眩しすぎる月明かり  どーもこーもない事情で 疑う余地もない私たちの 平凡でとがった ところもない こんな毎日じゃ はじけようもないじゃない  経験が邪魔をする ほらあの人の横顔 抱きしめて  バス停で おしゃべりしている学生 明日の事は考えて もちろんいるけど 切実さは 比べようもないほど明るい あの人の胸には すぐ飛び込めない  鏡に映った あなたと2人 情けないようで たくましくもある 顔と顔寄せ合い なぐさめあったらそれぞれ 玄関のドアを 1人で開けよう  globe 憧れて聴いていた夢中に 恋と汗思い出す夕日 唄があの日の僕にくれた勇気と友人  大事を伝える愛 唄と歌でまた繋がる旅 ありがとう偉大なる先人たち 明日と未来へ 伝え残す価値  峠は越えたって終わらない 道は死ぬまで続くよ 胸が苦しくて困るよね ときめきあの人で 決めたい 決めたい  バス停で おしゃべりしている学生 明日の事は考えて もちろんいるけど 切実さは 比べようもないほど明るい あの人の胸には すぐ飛び込めない  鏡に映った あなたと2人 情けないようで たくましくもある 顔と顔寄せ合い なぐさめあったらそれぞれ 玄関のドアを 1人で開けようGReeeeNTETSUYA KOMURO・MARC・Rap詞:GReeeeNTETSUYA KOMUROJIN・nishi-ken太陽がのまれてく 夜がときどき 強がり 晴れた日は 月灯かり 自分の逃げ道を知ってる  反省は毎日で 悔やまれることが多すぎて 青春が消えてゆく でも情熱はいつまでつづくの  少しくらいはきっと役にはたってる でもときどき 自分の生きがいが消えてく 泣いてたり 吠えてたり かみついたりして そんなんばかりが 女じゃない  鏡に映った あなたと2人 情けないようで たくましくもある 顔と顔寄せ合い なぐさめあったらそれぞれ 玄関のドアを 1人で開けよう  いつか忘れかけてた風景 同じ心じゃもう見れなくて 描いては探す そして手を伸ばす 自分一人ただ涙流す  あの日憧れ探していた夢 近づけば遠ざかってくんです ペンでシナリオ 紡いだ光を 唄に乗せて自分に叫ぶよ  街に集う人人人人 誰もが疑心暗鬼色々 一人じゃ居れない 心すれ違い また誰か探して求める出逢い  鏡の中の自分と対面 涙流し過去から進んで どんな物語 明日へと繋がり いつか眩しすぎる月明かり  どーもこーもない事情で 疑う余地もない私たちの 平凡でとがった ところもない こんな毎日じゃ はじけようもないじゃない  経験が邪魔をする ほらあの人の横顔 抱きしめて  バス停で おしゃべりしている学生 明日の事は考えて もちろんいるけど 切実さは 比べようもないほど明るい あの人の胸には すぐ飛び込めない  鏡に映った あなたと2人 情けないようで たくましくもある 顔と顔寄せ合い なぐさめあったらそれぞれ 玄関のドアを 1人で開けよう  globe 憧れて聴いていた夢中に 恋と汗思い出す夕日 唄があの日の僕にくれた勇気と友人  大事を伝える愛 唄と歌でまた繋がる旅 ありがとう偉大なる先人たち 明日と未来へ 伝え残す価値  峠は越えたって終わらない 道は死ぬまで続くよ 胸が苦しくて困るよね ときめきあの人で 決めたい 決めたい  バス停で おしゃべりしている学生 明日の事は考えて もちろんいるけど 切実さは 比べようもないほど明るい あの人の胸には すぐ飛び込めない  鏡に映った あなたと2人 情けないようで たくましくもある 顔と顔寄せ合い なぐさめあったらそれぞれ 玄関のドアを 1人で開けよう
4 ever ドーン!!!!!誰かに笑われた 夢が僕見てた 確かめたい 高鳴る胸はウソじゃないだろう? 立ち止まった時も 流れ行く時間(トキ)も 探していた 僕の欠片(ピース)達を  信じたサヨナラ 優しさが強さを呼ぶ 僕らまだ航海(タビ)の途中 そうだろう? 立ち止まった 足跡はいつもより 深く刻める 誰にも消せないように  最高さ! 最弱の海から 僕らは ここまでやって来た 答えを探して迷って それでも もがくんだ 果ての先へ 僕らならば 互い信じ目指す『夢(ワンピース)』  最高か? (Yeah!)  走り出した感情が 大きな声出して 胸の奥で「ほら今だ!」って合図を出した もし見失っても 指針(ログ)を辿ればいい 紛うことなき ほら刻んだ足跡(ミチ)  誰かのせいじゃない 生まれも育ちでもない 変わらない辛い過去は全部 連れて行こう しゃがんだら その分高く飛べるだろう 何度だって立ち上がりゃ 『負け』じゃないぜ!  最高か? 悔しさだってあった 誰もが たどり着くはずさ さぁ行くぞ感情が暴走だ ブッ飛ばしに行こうか 胸高鳴る その手にある 僕らを照らせよ『未来(ワンピース)』  さぁ行こうか! 明日はきっと今日を 待ってんだ だからこその刹那 そのどれも限界点突破して その先で逢おうか 心にある 胸の一つ 描いて進めば『答(ワンピース)』  僕を信じてくれた人 僕もずっと信じてるよ 僕の命の限り 負けない 引かないって言ってやれ 誰かが言った『無理』なんか 心の声に耳すまして もういいかい?もう一回! どこまでも 限界さぁ行くぞ WeeeeR!!!!!  さぁどんな 『毎日(ケシキ)』が待ってるんだ? 僕らは 偽(ウ)り(ソ)なく生きるんだ 全て引き連れて進め物語(ストーリー) そんな合言葉 抱えて待つ 仲間達(トモ)に出逢う為 いざ行こうか『人生(ワンピース)』  最高さ! 迷ったっていいさ それがなんだ!! 吹き飛ばされそうな 風だって 帆張って 踏ん張って 受け止めればきっと 次へ進む 源(チカラ)となる さぁ迎えに行こう『夢(ワンピース)』 僕らはまだ 航海(タビ)の途中 負けないさ『全て(ワンピース)』GReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN誰かに笑われた 夢が僕見てた 確かめたい 高鳴る胸はウソじゃないだろう? 立ち止まった時も 流れ行く時間(トキ)も 探していた 僕の欠片(ピース)達を  信じたサヨナラ 優しさが強さを呼ぶ 僕らまだ航海(タビ)の途中 そうだろう? 立ち止まった 足跡はいつもより 深く刻める 誰にも消せないように  最高さ! 最弱の海から 僕らは ここまでやって来た 答えを探して迷って それでも もがくんだ 果ての先へ 僕らならば 互い信じ目指す『夢(ワンピース)』  最高か? (Yeah!)  走り出した感情が 大きな声出して 胸の奥で「ほら今だ!」って合図を出した もし見失っても 指針(ログ)を辿ればいい 紛うことなき ほら刻んだ足跡(ミチ)  誰かのせいじゃない 生まれも育ちでもない 変わらない辛い過去は全部 連れて行こう しゃがんだら その分高く飛べるだろう 何度だって立ち上がりゃ 『負け』じゃないぜ!  最高か? 悔しさだってあった 誰もが たどり着くはずさ さぁ行くぞ感情が暴走だ ブッ飛ばしに行こうか 胸高鳴る その手にある 僕らを照らせよ『未来(ワンピース)』  さぁ行こうか! 明日はきっと今日を 待ってんだ だからこその刹那 そのどれも限界点突破して その先で逢おうか 心にある 胸の一つ 描いて進めば『答(ワンピース)』  僕を信じてくれた人 僕もずっと信じてるよ 僕の命の限り 負けない 引かないって言ってやれ 誰かが言った『無理』なんか 心の声に耳すまして もういいかい?もう一回! どこまでも 限界さぁ行くぞ WeeeeR!!!!!  さぁどんな 『毎日(ケシキ)』が待ってるんだ? 僕らは 偽(ウ)り(ソ)なく生きるんだ 全て引き連れて進め物語(ストーリー) そんな合言葉 抱えて待つ 仲間達(トモ)に出逢う為 いざ行こうか『人生(ワンピース)』  最高さ! 迷ったっていいさ それがなんだ!! 吹き飛ばされそうな 風だって 帆張って 踏ん張って 受け止めればきっと 次へ進む 源(チカラ)となる さぁ迎えに行こう『夢(ワンピース)』 僕らはまだ 航海(タビ)の途中 負けないさ『全て(ワンピース)』
福ある島友達と一緒に しゃがみこみ泣いたあの日 友達と一緒に 立ち上がれたあの日  もしもさみしい時には 待つ人がいることを どうか思い出してみて あなたが産まれたのは  愛しい人に逢うため 風が吹く島で  母と手を繋いだ 青空の帰り道 父の背中で見た 夕焼けに星一つ  もしも一人泣く日でも 忘れられない景色 手を振り笑いかけるさ あなたが産まれたのは  愛しい人に逢うため 愛が吹く島で  いつかきっとそんな場所が ふるさとで ふるさとです いつかきっとそんな場所の 温かい あの人たちのように いつかきっとそんな場所に 僕たちが なれますように いつかきっとそんな場所よ ありがとう 伝えてく 愛が咲き 吹く島で  ラララ、、、ふくしまでGReeeeNGReeeeNGReeeeNDaisuke Kadowaki友達と一緒に しゃがみこみ泣いたあの日 友達と一緒に 立ち上がれたあの日  もしもさみしい時には 待つ人がいることを どうか思い出してみて あなたが産まれたのは  愛しい人に逢うため 風が吹く島で  母と手を繋いだ 青空の帰り道 父の背中で見た 夕焼けに星一つ  もしも一人泣く日でも 忘れられない景色 手を振り笑いかけるさ あなたが産まれたのは  愛しい人に逢うため 愛が吹く島で  いつかきっとそんな場所が ふるさとで ふるさとです いつかきっとそんな場所の 温かい あの人たちのように いつかきっとそんな場所に 僕たちが なれますように いつかきっとそんな場所よ ありがとう 伝えてく 愛が咲き 吹く島で  ラララ、、、ふくしまで
フタリPLATINA LYLICねえ 大好きだよと 届いてますか 2人出逢えた日から ずっと 増してく想い 溢れ出るように 今日までを 振り返る  君がこの先背負う 涙 僕も隣で 君が笑うまで  ああ こんなに君が好きです 伝えきれるかな? 全部言えるかな? まだまだこの先 長い道のり ゆっくり話しながら  ねえ あの日初めて 君を見かけて 気になって仕方なくて ただ 好きになって 欲しかっただけで わざとらしくした時もある  君とこの先 歩む日々を 僕の隣で ずっと2人で  ああ 僕には君がいなきゃ 色んな意味を無くしてしまう 手を握って 2人でずっとずっと ゆっくり歩んでいこう  例えば 2人のこの先に 訪れるいくつもの涙は きっと僕らを試してるから 出逢った頃のままに 2人笑って乗り越えよう 君を傷つけてしまう事も あるかもしれないバカな僕を それも全部 『分かってるから』って笑う君へ 出逢ってくれて ありがとう  こんな僕に今出来る事 数えるくらいしかないけれど 君のそばで 一緒に日々を生きる 精一杯 愛を捧ぐ  ああ こんなに君が好きです 伝えきれるかな? 全部言えるかな? まだまだこの先 長い2人の日々を ゆっくり話しながら  これからもよろしくねPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNねえ 大好きだよと 届いてますか 2人出逢えた日から ずっと 増してく想い 溢れ出るように 今日までを 振り返る  君がこの先背負う 涙 僕も隣で 君が笑うまで  ああ こんなに君が好きです 伝えきれるかな? 全部言えるかな? まだまだこの先 長い道のり ゆっくり話しながら  ねえ あの日初めて 君を見かけて 気になって仕方なくて ただ 好きになって 欲しかっただけで わざとらしくした時もある  君とこの先 歩む日々を 僕の隣で ずっと2人で  ああ 僕には君がいなきゃ 色んな意味を無くしてしまう 手を握って 2人でずっとずっと ゆっくり歩んでいこう  例えば 2人のこの先に 訪れるいくつもの涙は きっと僕らを試してるから 出逢った頃のままに 2人笑って乗り越えよう 君を傷つけてしまう事も あるかもしれないバカな僕を それも全部 『分かってるから』って笑う君へ 出逢ってくれて ありがとう  こんな僕に今出来る事 数えるくらいしかないけれど 君のそばで 一緒に日々を生きる 精一杯 愛を捧ぐ  ああ こんなに君が好きです 伝えきれるかな? 全部言えるかな? まだまだこの先 長い2人の日々を ゆっくり話しながら  これからもよろしくね
父母唄PLATINA LYLIC幼い頃 あれは夏のあの日 あなたの背中で寝た帰り道 遊び疲れ 僕遅くなり あなたに心配かけていた日々  あれからいくつか年月も過ぎ 少し生意気盛り反抗期 体当たりで叱るあなたの心の奥に少し触れました  全て受け入れてくれたよね 素直になれず悲しくさせた こんな僕にいつもいつでも 笑いかけてくれて  父よ母よただありがとう 何も出来ない僕だけど あなたがくれた愛の全て 強く抱きしめて生きてく  いつからか距離が生まれては 自ら親とは離れていた 恥ずかしいとか ウザイとか言って格好ばっかつけてた だけどたまに見かけた寂しい顔がかなりバカらしい悲しい過去 って気付いたから 僕の方から 今度電話かけてみるから  いつもあまり話さないけど 「しつこいよ」と言ってしまって それでもあなた いつも温もりをくれた こんな僕に  父よ母よただありがとう あなたの子として生まれて これ以上ない幸せを 抱きしめ 噛み締め 生きてく  あの日初めて乗った自転車 うまく乗れずに僕泣いていた あなたは血の出る膝小僧「痛そう」と優しい顔でなぐさめていた あれから月日は流れある年 サビついた補助輪見つけ出すとき 僕の子にも 同じ顔して笑いかけると決めた  僕が生まれ いままでの中 あなたに何か返せたろうか? だけど ひとつ 言えるとしたら 「いつも ありがとう」  父よ母よただありがとう 何度言っても足りないよ あなたがくれた愛を全て 言葉にできたらいいのにな  父よ母よただありがとう 素直に言いたい気持ちを あなたがくれた愛は全て 今もこれからも僕になるPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN幼い頃 あれは夏のあの日 あなたの背中で寝た帰り道 遊び疲れ 僕遅くなり あなたに心配かけていた日々  あれからいくつか年月も過ぎ 少し生意気盛り反抗期 体当たりで叱るあなたの心の奥に少し触れました  全て受け入れてくれたよね 素直になれず悲しくさせた こんな僕にいつもいつでも 笑いかけてくれて  父よ母よただありがとう 何も出来ない僕だけど あなたがくれた愛の全て 強く抱きしめて生きてく  いつからか距離が生まれては 自ら親とは離れていた 恥ずかしいとか ウザイとか言って格好ばっかつけてた だけどたまに見かけた寂しい顔がかなりバカらしい悲しい過去 って気付いたから 僕の方から 今度電話かけてみるから  いつもあまり話さないけど 「しつこいよ」と言ってしまって それでもあなた いつも温もりをくれた こんな僕に  父よ母よただありがとう あなたの子として生まれて これ以上ない幸せを 抱きしめ 噛み締め 生きてく  あの日初めて乗った自転車 うまく乗れずに僕泣いていた あなたは血の出る膝小僧「痛そう」と優しい顔でなぐさめていた あれから月日は流れある年 サビついた補助輪見つけ出すとき 僕の子にも 同じ顔して笑いかけると決めた  僕が生まれ いままでの中 あなたに何か返せたろうか? だけど ひとつ 言えるとしたら 「いつも ありがとう」  父よ母よただありがとう 何度言っても足りないよ あなたがくれた愛を全て 言葉にできたらいいのにな  父よ母よただありがとう 素直に言いたい気持ちを あなたがくれた愛は全て 今もこれからも僕になる
冬のある日の唄PLATINA LYLIC今年の冬も 鐘の音が 鳴り響く頃 キャンドル灯し サンタクロースに 祈ったプレゼント 何より大事な あなたとの日々です  「めんどくさい」と笑いながらも あなたと2人 部屋に飾りつけ 来年も これから先も ずっと 祝おう Merry Xmas  2人過ごしてるこの街に 今年も彩る 愛の光たち どんな想いも きっと届くだろう どんな願いも 叶うだろう  街行く人は 足早に みんなそれぞれの愛のもとへ 今年一年何気なく過ぎた日々を  噛み締め贈る プレゼント  今日はこの世界中の全てが 聖なる光に包まれていて 「笑顔の魔法がかかるんだ!」 そんな私に 電話越しに笑うあなた 「いつもの駅前で待ってるよ」2人祝おう Merry Xmas  2人過ごしてるこの街で 今年も聞こえる ジングルベルの音 どんな想いも きっと届くだろう どんな願いも 叶うだろう  あなたがくれたマフラー巻いて 寒空の下 待ち合わせ場所 1人待ってるあなたに駆け寄った時 ほら 空から舞い降りる 白い光たち  2人過ごしてるこの街を 粉雪が全て白く染めていく 今宵全ての人のもとへ どうか 温もり届けておくれ  2人過ごしてるこの街に 今年も彩る 愛の光たち どんな想いも きっと届くだろう どんな願いも 叶うだろう  ずっと 特別な2人でいようPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN今年の冬も 鐘の音が 鳴り響く頃 キャンドル灯し サンタクロースに 祈ったプレゼント 何より大事な あなたとの日々です  「めんどくさい」と笑いながらも あなたと2人 部屋に飾りつけ 来年も これから先も ずっと 祝おう Merry Xmas  2人過ごしてるこの街に 今年も彩る 愛の光たち どんな想いも きっと届くだろう どんな願いも 叶うだろう  街行く人は 足早に みんなそれぞれの愛のもとへ 今年一年何気なく過ぎた日々を  噛み締め贈る プレゼント  今日はこの世界中の全てが 聖なる光に包まれていて 「笑顔の魔法がかかるんだ!」 そんな私に 電話越しに笑うあなた 「いつもの駅前で待ってるよ」2人祝おう Merry Xmas  2人過ごしてるこの街で 今年も聞こえる ジングルベルの音 どんな想いも きっと届くだろう どんな願いも 叶うだろう  あなたがくれたマフラー巻いて 寒空の下 待ち合わせ場所 1人待ってるあなたに駆け寄った時 ほら 空から舞い降りる 白い光たち  2人過ごしてるこの街を 粉雪が全て白く染めていく 今宵全ての人のもとへ どうか 温もり届けておくれ  2人過ごしてるこの街に 今年も彩る 愛の光たち どんな想いも きっと届くだろう どんな願いも 叶うだろう  ずっと 特別な2人でいよう
from聞かせて欲しいよ 涙の理由を 会えない距離のまま 日々が過ぎても 忘れないでね あの日僕らは確かに笑っていたんだ  無くならないよ 消えたりもしない 足を止めた後ろにある足跡 ゆっくりでいい どこまでも行こう 導かれ出逢える場所  声をあげ笑って 楽しいねって手をつないで 願う僕ら人間さ それぞれ戦って そうやって僕ら途中の 旅路で 出逢えたんだから  Everyday Everybody Gonna “it's all right” 風が吹き去って 笑い 逢い 願いはきっと距離超えて 『フレフレ』 つなげて  Everyday Everybody Gonna “it's all right” 一瞬の出逢い 一生へとなり 偶然のあの日が 僕らをつなげる COLORGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN聞かせて欲しいよ 涙の理由を 会えない距離のまま 日々が過ぎても 忘れないでね あの日僕らは確かに笑っていたんだ  無くならないよ 消えたりもしない 足を止めた後ろにある足跡 ゆっくりでいい どこまでも行こう 導かれ出逢える場所  声をあげ笑って 楽しいねって手をつないで 願う僕ら人間さ それぞれ戦って そうやって僕ら途中の 旅路で 出逢えたんだから  Everyday Everybody Gonna “it's all right” 風が吹き去って 笑い 逢い 願いはきっと距離超えて 『フレフレ』 つなげて  Everyday Everybody Gonna “it's all right” 一瞬の出逢い 一生へとなり 偶然のあの日が 僕らをつなげる COLOR
pridePLATINA LYLIC明日の 僕らを 支えるのは 今日までの僕だ どこまで 行くのか きっと今も 旅の途中だな  がむしゃらに進んだ昔 足跡となって 痛みや悔しさも 一緒に連れて 全てかける 僕らの物語  あの日描いた夢と ここまでこれた 誇らしい自分もいる あと少し 手を伸ばしたら つかめそうだろう 信じてる 僕らの輝きを  何かに怯えて生きる事は 誰しもあるだろう 支えて 頼って それがいつか 強さに変わるだろう  365日頑張り続けて この先何があるか不安だけれど 自分で決めた道 忘れない  こぼれた涙の色 この空の青 輝いて見えていたよ この手に たくした夢の かけら集めて 大丈夫 信じた証が『今』  どんなに苦しい時でも 弱音を吐く方が悔しい 絶対 限界なんて言わないと決めた どんなに悔しい時でも 立ち止まる自分が苦しい 未来の 僕らに 気付いた日からずっと  憧れていた 追いかけていたい 負けない心と 諦めない勇気 例え少しでも 走り続ける事で 道標に変わる 必ず さぁ進もう  どこまでも続く道 果てなく 遠く 僕らが目指した場所が待つだろう 手を伸ばしたら つかめそうだろう 信じてる 僕らの輝きを  あぁ 夢があるから 生きていけるから それでいい 胸を張って 『ありがとう』 あの日の声も 今日の涙も 忘れない 輝く未来へとPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN明日の 僕らを 支えるのは 今日までの僕だ どこまで 行くのか きっと今も 旅の途中だな  がむしゃらに進んだ昔 足跡となって 痛みや悔しさも 一緒に連れて 全てかける 僕らの物語  あの日描いた夢と ここまでこれた 誇らしい自分もいる あと少し 手を伸ばしたら つかめそうだろう 信じてる 僕らの輝きを  何かに怯えて生きる事は 誰しもあるだろう 支えて 頼って それがいつか 強さに変わるだろう  365日頑張り続けて この先何があるか不安だけれど 自分で決めた道 忘れない  こぼれた涙の色 この空の青 輝いて見えていたよ この手に たくした夢の かけら集めて 大丈夫 信じた証が『今』  どんなに苦しい時でも 弱音を吐く方が悔しい 絶対 限界なんて言わないと決めた どんなに悔しい時でも 立ち止まる自分が苦しい 未来の 僕らに 気付いた日からずっと  憧れていた 追いかけていたい 負けない心と 諦めない勇気 例え少しでも 走り続ける事で 道標に変わる 必ず さぁ進もう  どこまでも続く道 果てなく 遠く 僕らが目指した場所が待つだろう 手を伸ばしたら つかめそうだろう 信じてる 僕らの輝きを  あぁ 夢があるから 生きていけるから それでいい 胸を張って 『ありがとう』 あの日の声も 今日の涙も 忘れない 輝く未来へと
ヘピヘピホリデイ一番手 休みの到来でいっちょ海外? でもそんな風にうまくはいかないな まずは裏山に集合でいっそ会議 いつもそうやって集まって一休み では挙手制でお願いします 海山川いったいどれにします? 「バディがまだねえ、、、」 「モスキートがねー、、、」 「まだ水が冷たいんじゃないの?」 そんなこんなで  冒険を探しながら 世界を股にかけ 脳内万歳どこへいこうか きっとまた こうして日が暮れる  出逢いを求めて東西 世界は手の中今次第 晴れた空の下いざ進め われら4人こうしていくぜ 日本各地を『カズキ』と共に行こうぜ (誰?) やる気の『アユミ』も共に『イノウエ』 (いやだから誰?) 意味は特に無くったっていい ヴァカンス俺らが授かったweeeek  冒険を探しながら 世界を股にかけ 脳内万歳どこへいこうか きっとまた こうして日が暮れる  そんじゃ俺に任しときな 立つ鳥は 跡を濁さずに勝つ時だ 車か自転車飛び乗って たくさん飲み物持ち寄って 今日はどうやらサザンクロスが見えるあの丘で皆過ごす まるでグーニーなダンジョンへ! 出発準備は完了です!  冒険を探しながら 世界を股にかけ 脳内万歳どこへいこうか きっとまた こうして日が暮れる 毎日毎日を乗り越えていく力よ ワクワク忘れないで 仲間とさあ ハッピハッピホリデイ!?GReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN一番手 休みの到来でいっちょ海外? でもそんな風にうまくはいかないな まずは裏山に集合でいっそ会議 いつもそうやって集まって一休み では挙手制でお願いします 海山川いったいどれにします? 「バディがまだねえ、、、」 「モスキートがねー、、、」 「まだ水が冷たいんじゃないの?」 そんなこんなで  冒険を探しながら 世界を股にかけ 脳内万歳どこへいこうか きっとまた こうして日が暮れる  出逢いを求めて東西 世界は手の中今次第 晴れた空の下いざ進め われら4人こうしていくぜ 日本各地を『カズキ』と共に行こうぜ (誰?) やる気の『アユミ』も共に『イノウエ』 (いやだから誰?) 意味は特に無くったっていい ヴァカンス俺らが授かったweeeek  冒険を探しながら 世界を股にかけ 脳内万歳どこへいこうか きっとまた こうして日が暮れる  そんじゃ俺に任しときな 立つ鳥は 跡を濁さずに勝つ時だ 車か自転車飛び乗って たくさん飲み物持ち寄って 今日はどうやらサザンクロスが見えるあの丘で皆過ごす まるでグーニーなダンジョンへ! 出発準備は完了です!  冒険を探しながら 世界を股にかけ 脳内万歳どこへいこうか きっとまた こうして日が暮れる 毎日毎日を乗り越えていく力よ ワクワク忘れないで 仲間とさあ ハッピハッピホリデイ!?
BEST FRIENDPLATINA LYLICあの日君と流した涙 今も思い出すよ 時 流れ 抱えるものも お互い色々増えてきたけど 無我夢中で走った あの頃 何も無かったけど 何よりも 何でもあった 少し忘れそうになる  さらば 青春よ そんな言葉は嘘だろうな きっと僕ら あの頃の僕らを 超えて辿り着く 最高のbest friend  時が経っても変わらない 支え合える友と笑えるように たとえどんな遠くに離れても わかってるよ 君らしく笑ってるさ 悲しみも汗も悔しさも 全部今度笑いながら 話聞くよ 胸はって明日を生きる証 掲げていこう あの日の僕ら笑う  まだ見ぬ明日を思うあまり 大切な瞬間(トキ)すら 退屈だって 強がっていた それも間違いじゃなくて  さらば 青春よ そんな言葉は嘘じゃないか きっと僕ら あの頃の僕らを 超えて辿り着く 最高のbest friend  当たり前の日々なんかない 支え合える友が教えてくれた たとえどんな遠くに離れても わかってるよ 僕らしく笑ってくさ 悲しみも汗も悔しさも 全部今度笑いながら 話聞いて 胸はって明日を生きる証 迷う道を 照らし出す光であれ  流されそうな時の中で 見失う事もあるだろう 迷いそうな人生(みち)の中で 忘れ行く事もあるだろう  それでも変わらないモノが 僕らにはきっとあるだろう それを超えていけるモノが 僕らならきっと  時が経っても変わらない 支え合える友と笑えるように たとえどんな遠くに離れても わかってるよ 君らしく笑ってるさ  悲しみも汗も悔しさも 全部今度笑いながら 話聞くよ 胸はって明日を生きる証 掲げていこう あの日の僕ら笑う oh your my best friend 胸はって明日を生きる証 真っ直ぐに そんな出逢いよ ありがとうPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNあの日君と流した涙 今も思い出すよ 時 流れ 抱えるものも お互い色々増えてきたけど 無我夢中で走った あの頃 何も無かったけど 何よりも 何でもあった 少し忘れそうになる  さらば 青春よ そんな言葉は嘘だろうな きっと僕ら あの頃の僕らを 超えて辿り着く 最高のbest friend  時が経っても変わらない 支え合える友と笑えるように たとえどんな遠くに離れても わかってるよ 君らしく笑ってるさ 悲しみも汗も悔しさも 全部今度笑いながら 話聞くよ 胸はって明日を生きる証 掲げていこう あの日の僕ら笑う  まだ見ぬ明日を思うあまり 大切な瞬間(トキ)すら 退屈だって 強がっていた それも間違いじゃなくて  さらば 青春よ そんな言葉は嘘じゃないか きっと僕ら あの頃の僕らを 超えて辿り着く 最高のbest friend  当たり前の日々なんかない 支え合える友が教えてくれた たとえどんな遠くに離れても わかってるよ 僕らしく笑ってくさ 悲しみも汗も悔しさも 全部今度笑いながら 話聞いて 胸はって明日を生きる証 迷う道を 照らし出す光であれ  流されそうな時の中で 見失う事もあるだろう 迷いそうな人生(みち)の中で 忘れ行く事もあるだろう  それでも変わらないモノが 僕らにはきっとあるだろう それを超えていけるモノが 僕らならきっと  時が経っても変わらない 支え合える友と笑えるように たとえどんな遠くに離れても わかってるよ 君らしく笑ってるさ  悲しみも汗も悔しさも 全部今度笑いながら 話聞くよ 胸はって明日を生きる証 掲げていこう あの日の僕ら笑う oh your my best friend 胸はって明日を生きる証 真っ直ぐに そんな出逢いよ ありがとう
星影のエールPLATINA LYLIC泣いて 生まれて 響く命 きっと嬉しくて 笑っているんだ 僕らはきっと 出逢うでしょう 手を引き 背を押し 出逢うでしょう  きっといつか今日の日も 意味を持って ほら 耳をすませば  星の見えない日々を 超えるたびに 互い照らすその意味を 知るのでしょう 愛する人よ 親愛なる友よ 遠くまで 響くはエール  明日はきっと いい天気 青き春もまた そうであれ  白紙の物語に 何を描くのか 誰と描くのか  星の見えない日々で 迷うたびに 誰か照らすその意味を 知るのでしょう 愛する人よ 親愛なる友よ あなたこそが エール  昔々から ほら 1000年もその前も 僕ら迷わぬように 星に名前をつけた 誰よりも私には輝く星 ほら 夜明け前の空  時に私の後ろに光る星 伸びた影と寄り添って歩いてく いつまでも エール  朝も昼も夜もずっと そこにある 暗闇にほら響け 一番星 愛する人や 親友(トモ)と呼べる人に 出逢エール 愛する人よ 親愛なる友よ 星影に 響くはエールPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNMasanori Shimada泣いて 生まれて 響く命 きっと嬉しくて 笑っているんだ 僕らはきっと 出逢うでしょう 手を引き 背を押し 出逢うでしょう  きっといつか今日の日も 意味を持って ほら 耳をすませば  星の見えない日々を 超えるたびに 互い照らすその意味を 知るのでしょう 愛する人よ 親愛なる友よ 遠くまで 響くはエール  明日はきっと いい天気 青き春もまた そうであれ  白紙の物語に 何を描くのか 誰と描くのか  星の見えない日々で 迷うたびに 誰か照らすその意味を 知るのでしょう 愛する人よ 親愛なる友よ あなたこそが エール  昔々から ほら 1000年もその前も 僕ら迷わぬように 星に名前をつけた 誰よりも私には輝く星 ほら 夜明け前の空  時に私の後ろに光る星 伸びた影と寄り添って歩いてく いつまでも エール  朝も昼も夜もずっと そこにある 暗闇にほら響け 一番星 愛する人や 親友(トモ)と呼べる人に 出逢エール 愛する人よ 親愛なる友よ 星影に 響くはエール
星の降る夜にGOLD LYLICあとわずかで今年も過ぎていく 窓の外 街の灯が キラキラしてる 明日もまた寒くなるって そういえば あの時も こんな夜でした  遠くへ行く僕と あの故郷(まち)に残ると 決めた2人の涙を照らす冬の星を 1人思い出して 過ぎる時間(とき)の中で 今の僕ならどう思ったんだろう  一日の終わるその前に いいことも いやなことも 全部 忘れないようにきっと 夜は長く静かなんだ いつかの僕の過ちすらも 時間(とき)が流し眠りにつくんだ 目を閉じて そんなことを 考えてしまうんだ  帰り道 ガラス越しに映る顔 誇らしげに疲れてる 相変わらずな毎日 どうにか今年も終わるけど あの時の 僕ら2人に 胸がはれるかな  僕の故郷では 今日が初雪だと 聞こえてきたよ 元気でいますか  一日の終わるその前に いいことも いやなことも 全部 忘れないようにきっと 夜は長く静かなのに いつかの君のぬくもりすら 時間(とき)が流し眠りにつくんだ 目を閉じて そんなことを 考えてしまうんだ  寒い夜に2人 歩いた帰り道 お気に入りのコートも 白いマフラーも あの日の君の笑顔も かじかんだ手のひらも 思い出すんだろう 長く静かな 星の降る夜に  一日の終わるその前に いいことも いやなことも 全部 忘れないようにきっと 夜は長く静かなまま いつかの2人の涙すら 時間(とき)が流し眠りにつくんだ 目を閉じて そんなことを 考えてしまうよ  一年が終わるその前に いいことも いやなことも 全部 思い出そうとするけど 一晩だけじゃとてもたりないや めぐりめぐる 時は過ぎてく だからせめて 今夜だけはずっと 君のこと 考えながら眠りにつこうかな  ねえ おやすみ 星の降る夜にGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNあとわずかで今年も過ぎていく 窓の外 街の灯が キラキラしてる 明日もまた寒くなるって そういえば あの時も こんな夜でした  遠くへ行く僕と あの故郷(まち)に残ると 決めた2人の涙を照らす冬の星を 1人思い出して 過ぎる時間(とき)の中で 今の僕ならどう思ったんだろう  一日の終わるその前に いいことも いやなことも 全部 忘れないようにきっと 夜は長く静かなんだ いつかの僕の過ちすらも 時間(とき)が流し眠りにつくんだ 目を閉じて そんなことを 考えてしまうんだ  帰り道 ガラス越しに映る顔 誇らしげに疲れてる 相変わらずな毎日 どうにか今年も終わるけど あの時の 僕ら2人に 胸がはれるかな  僕の故郷では 今日が初雪だと 聞こえてきたよ 元気でいますか  一日の終わるその前に いいことも いやなことも 全部 忘れないようにきっと 夜は長く静かなのに いつかの君のぬくもりすら 時間(とき)が流し眠りにつくんだ 目を閉じて そんなことを 考えてしまうんだ  寒い夜に2人 歩いた帰り道 お気に入りのコートも 白いマフラーも あの日の君の笑顔も かじかんだ手のひらも 思い出すんだろう 長く静かな 星の降る夜に  一日の終わるその前に いいことも いやなことも 全部 忘れないようにきっと 夜は長く静かなまま いつかの2人の涙すら 時間(とき)が流し眠りにつくんだ 目を閉じて そんなことを 考えてしまうよ  一年が終わるその前に いいことも いやなことも 全部 思い出そうとするけど 一晩だけじゃとてもたりないや めぐりめぐる 時は過ぎてく だからせめて 今夜だけはずっと 君のこと 考えながら眠りにつこうかな  ねえ おやすみ 星の降る夜に
ボクたちの電光石火この【 ? 】中を 埋めなさいと問われ続けて そこには入りきらない 答えをボクら探してる wow  書きなぐったまんまの Answer ハミ出し消されて 泣きじゃくった 電光石火 心が震えた 夜明けを 待つのは 暗闇の中だ 届くまで 限界突破 越えて光れ世界へ  キミだけを残して 走り去るような世界でも 傷あとだらけで 鋭く 割れそうなガラスの心 wow  重ね合って さぁ乱反射 輝き合うでしょう いざ光れ 電光石火 今を生きてるボクらへ  過ぎた日々を うれい なげいても まだ来ぬ日を おびえ 止まっても 倒れない強さが欲しいわけじゃない 倒れたって何度だって立ち上がり続けよう  さぁ行こうか 電光石火 何の為のボクら 掲げた Myself Yourself はオリジナルストーリー 春夏秋冬 咲く花違って そのどれも 1000の月下 朝を待ちわびてんだ  夜明け前の 宣戦布告だ 出逢ったなら離すな! 負けた事に負けた その時が負けだ 心をはがして 痛くても 見つけた むき出しの導火線に 火をつけろ電光石火  もうすぐ朝がくるGReeeeNGReeeeNGReeeeNJINこの【 ? 】中を 埋めなさいと問われ続けて そこには入りきらない 答えをボクら探してる wow  書きなぐったまんまの Answer ハミ出し消されて 泣きじゃくった 電光石火 心が震えた 夜明けを 待つのは 暗闇の中だ 届くまで 限界突破 越えて光れ世界へ  キミだけを残して 走り去るような世界でも 傷あとだらけで 鋭く 割れそうなガラスの心 wow  重ね合って さぁ乱反射 輝き合うでしょう いざ光れ 電光石火 今を生きてるボクらへ  過ぎた日々を うれい なげいても まだ来ぬ日を おびえ 止まっても 倒れない強さが欲しいわけじゃない 倒れたって何度だって立ち上がり続けよう  さぁ行こうか 電光石火 何の為のボクら 掲げた Myself Yourself はオリジナルストーリー 春夏秋冬 咲く花違って そのどれも 1000の月下 朝を待ちわびてんだ  夜明け前の 宣戦布告だ 出逢ったなら離すな! 負けた事に負けた その時が負けだ 心をはがして 痛くても 見つけた むき出しの導火線に 火をつけろ電光石火  もうすぐ朝がくる
僕の唄君の好きな人を僕は知ってる 僕の友達のあいつでしょ いつも君がずっと彼を見てるの 僕も君見てるからわかるよ  初めて君を教室で 目にしたあの日からずっと 何度も何度も君を見るたびに 君が大きくなってく  何気ない瞬間にふと当たり障りのない言葉交わし 何も変わらないまま 時間だけがただ過ぎてった  僕が君に言えない想い告げたら どんな顔を君はするんだろう ため息ひとつ青い空に消えてく 君の全部がただ恋しくて、、、  近づいたら嫌われるの? 遠くじゃ今を変えれない そのちょうどの距離をただなんとなく 行ったり来たりしている  僕が友達とさ ふざけ合ってたら 君と目が合うんだよ 嬉しかったのにね その意味を僕が知るまでは  僕が君に言えない想い告げたら どんな顔を君はするんだろう ため息ひとつ青い空に消えてく 君の全部がただ恋しくて…  この痛みが恋というなら きっと僕には耐えられないから見ないふり でも楽しそうな顔や ふと下向いてまた寂しそうな 君の姿が離れないんだ  その全てを僕は僕ならきっと 誰より大事に出来るのに 今日も僕は君を見ないふりした ただいつもの教室で  僕が君に言えない想い告げたら どんな顔を君はするんだろう ため息ひとつ青い空に消えてく 君の全部がただ恋しくて、、、  そしていつもの朝は来るGReeeeNGReeeeNGReeeeNShunsuke Kasuga君の好きな人を僕は知ってる 僕の友達のあいつでしょ いつも君がずっと彼を見てるの 僕も君見てるからわかるよ  初めて君を教室で 目にしたあの日からずっと 何度も何度も君を見るたびに 君が大きくなってく  何気ない瞬間にふと当たり障りのない言葉交わし 何も変わらないまま 時間だけがただ過ぎてった  僕が君に言えない想い告げたら どんな顔を君はするんだろう ため息ひとつ青い空に消えてく 君の全部がただ恋しくて、、、  近づいたら嫌われるの? 遠くじゃ今を変えれない そのちょうどの距離をただなんとなく 行ったり来たりしている  僕が友達とさ ふざけ合ってたら 君と目が合うんだよ 嬉しかったのにね その意味を僕が知るまでは  僕が君に言えない想い告げたら どんな顔を君はするんだろう ため息ひとつ青い空に消えてく 君の全部がただ恋しくて…  この痛みが恋というなら きっと僕には耐えられないから見ないふり でも楽しそうな顔や ふと下向いてまた寂しそうな 君の姿が離れないんだ  その全てを僕は僕ならきっと 誰より大事に出来るのに 今日も僕は君を見ないふりした ただいつもの教室で  僕が君に言えない想い告げたら どんな顔を君はするんだろう ため息ひとつ青い空に消えてく 君の全部がただ恋しくて、、、  そしていつもの朝は来る
僕らの物語PLATINA LYLICもしも この世界が誰かの為で 僕はたんなるエキストラなら 僕の孤独はどうすればいい? ねぇ 誰でもいいから教えてよ  限られた時間 毎分毎秒 目の前を通り過ぎていく この命が今終わるなら どれくらいの人が泣いてくれるかな  誰にも聞こえない感情が 張り裂けそうな胸を掴んだ いつか幸せな日がくるんだ 眠れない今日も、、、 「朝を迎える」  強くなれる 強くなれる 言い聞かせた自分に何度も!! 生まれたとき 誰も同じ はじまりはきっと笑顔 これまでの傍観者は これからの冒険者に 強くなれ 強くあれ Until i die  ねぇDad 僕の 名前を付けた 願いや理由って何? その通りの僕かな、、 あぁ わかんない そんなものかもな 理想通り 生きれたらどれだけ楽だろうな!  もう 窮屈が膨張し続ける 何も 聞こえないフリの 僕の 冷静が 悲鳴を上げた!!  僕の声よ 僕の声よ 誰かに聞こえていますか? 淋しくて あげた声は 産声のような涙 笑ってやれ 何一つ ゆずる必要なんてない 生きてれば 生き残れwar Until i die  Oh yeah  悲しくても泣きたくても 必ず明日がくるぞ 悔しくても死にたくても 必ず明日がくるぞ 捨てないで あんなやつらに笑顔 見せつけるんだ 生き残るぞ 生き残るぞ Until i die  強くなれる 強くなれる 言い聞かせた自分に何度も!! 生まれたとき 誰も同じ はじまりはきっと涙 悔しくたって 辛くたって 夢は必ず叶う 負けないように 枯れないように Until i die  Never say diePLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNDaisuke Kadowakiもしも この世界が誰かの為で 僕はたんなるエキストラなら 僕の孤独はどうすればいい? ねぇ 誰でもいいから教えてよ  限られた時間 毎分毎秒 目の前を通り過ぎていく この命が今終わるなら どれくらいの人が泣いてくれるかな  誰にも聞こえない感情が 張り裂けそうな胸を掴んだ いつか幸せな日がくるんだ 眠れない今日も、、、 「朝を迎える」  強くなれる 強くなれる 言い聞かせた自分に何度も!! 生まれたとき 誰も同じ はじまりはきっと笑顔 これまでの傍観者は これからの冒険者に 強くなれ 強くあれ Until i die  ねぇDad 僕の 名前を付けた 願いや理由って何? その通りの僕かな、、 あぁ わかんない そんなものかもな 理想通り 生きれたらどれだけ楽だろうな!  もう 窮屈が膨張し続ける 何も 聞こえないフリの 僕の 冷静が 悲鳴を上げた!!  僕の声よ 僕の声よ 誰かに聞こえていますか? 淋しくて あげた声は 産声のような涙 笑ってやれ 何一つ ゆずる必要なんてない 生きてれば 生き残れwar Until i die  Oh yeah  悲しくても泣きたくても 必ず明日がくるぞ 悔しくても死にたくても 必ず明日がくるぞ 捨てないで あんなやつらに笑顔 見せつけるんだ 生き残るぞ 生き残るぞ Until i die  強くなれる 強くなれる 言い聞かせた自分に何度も!! 生まれたとき 誰も同じ はじまりはきっと涙 悔しくたって 辛くたって 夢は必ず叶う 負けないように 枯れないように Until i die  Never say die
僕らは物語GOLD LYLICほらね 僕の行方に 強く吹いてる 負けてしまいそうな向かい風は 誰よりも ただ胸を張って 前に進みたいと願ったから  もしも この世界が誰かの為で 僕はたんなるエキストラなら 僕の孤独はどうすればいい? ねぇ 誰でもいいから教えてよ  限られた時間 毎分毎秒 目の前を通り過ぎていく この命が今終わるなら どれくらいの人が泣いてくれるかな  誰にも聞こえない感情が 張り裂けそうな胸を掴んだ いつか幸せな日がくるんだ 眠れない今日も、、、 「朝を迎える」  強くなれる 強くなれる 言い聞かせた自分に何度も!! 生まれたとき 誰も同じ はじまりはきっと笑顔 これまでの傍観者は これからの冒険者に 強くなれ 強くあれ Until i die  ねぇDad 僕の 名前を付けた 願いや理由って何? その通りの僕かな、、 あぁ わかんない そんなものかもな 理想通り 生きれたらどれだけ楽だろうな!  もう 窮屈が膨張し続ける 何も 聞こえないフリの 僕の 冷静が 悲鳴を上げた!!  僕の声よ 僕の声よ 誰かに聞こえていますか? 淋しくて あげた声は 産声のような涙 笑ってやれ 何一つ ゆずる必要なんてない 生きてれば 生き残れwar Until i die  Oh yeah  悲しくても泣きたくても 必ず明日がくるぞ 悔しくても死にたくても 必ず明日がくるぞ 捨てないで あんなやつらに笑顔 見せつけるんだ 生き残るぞ 生き残るぞ  強くなれる 強くなれる 言い聞かせた自分に何度も!! 生まれたとき 誰も同じ はじまりはきっと涙 悔しくたって 辛くたって 夢は必ず叶う 負けないように 枯れないように Until i die  Never say dieGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNDaisuke Kadowakiほらね 僕の行方に 強く吹いてる 負けてしまいそうな向かい風は 誰よりも ただ胸を張って 前に進みたいと願ったから  もしも この世界が誰かの為で 僕はたんなるエキストラなら 僕の孤独はどうすればいい? ねぇ 誰でもいいから教えてよ  限られた時間 毎分毎秒 目の前を通り過ぎていく この命が今終わるなら どれくらいの人が泣いてくれるかな  誰にも聞こえない感情が 張り裂けそうな胸を掴んだ いつか幸せな日がくるんだ 眠れない今日も、、、 「朝を迎える」  強くなれる 強くなれる 言い聞かせた自分に何度も!! 生まれたとき 誰も同じ はじまりはきっと笑顔 これまでの傍観者は これからの冒険者に 強くなれ 強くあれ Until i die  ねぇDad 僕の 名前を付けた 願いや理由って何? その通りの僕かな、、 あぁ わかんない そんなものかもな 理想通り 生きれたらどれだけ楽だろうな!  もう 窮屈が膨張し続ける 何も 聞こえないフリの 僕の 冷静が 悲鳴を上げた!!  僕の声よ 僕の声よ 誰かに聞こえていますか? 淋しくて あげた声は 産声のような涙 笑ってやれ 何一つ ゆずる必要なんてない 生きてれば 生き残れwar Until i die  Oh yeah  悲しくても泣きたくても 必ず明日がくるぞ 悔しくても死にたくても 必ず明日がくるぞ 捨てないで あんなやつらに笑顔 見せつけるんだ 生き残るぞ 生き残るぞ  強くなれる 強くなれる 言い聞かせた自分に何度も!! 生まれたとき 誰も同じ はじまりはきっと涙 悔しくたって 辛くたって 夢は必ず叶う 負けないように 枯れないように Until i die  Never say die
ボヨン科ボヨヨン歌 ~愉快な大人達~ feat.2BACKKA & ユナイトバスPLATINA LYLIC俺らI say HOOOO!!!!からYou say HOOOO!!!!まで うるせぇ音でLet's go フロアは完全燃焼 まだまだ止めねぇぞ!!!!!  Mic1俺から始まる 絡まるMicリレーこの輪 乗ってこうよ さぁ頭から のっけから始まる言葉 乱打 BANG BANG!!! 会場揺らす音が 最高の報酬だ「受けとんな!!」 Mic ナンバー1が俺だ HIDE 次は誰だ~?  言葉歪ますMic2 退屈湧かしていく92 合図one two湧かす怪物 We are all GReeeeN like style! 8つのカラーのshow time どうだい? 用意はいいかい? おっと!そろそろ時間だno time 次はMic3と交代!  地上に忍びflowから始動 lowからhighになる軌道 スクエアなMicに見えるvision ただただガンガンうならす重低音 五感に染み付くlylicとrhythm bigなdreamをきっとつかむ Mic3は SとOとH dive freeだ 騒げ!!!!!!!!!!  繋ぎ繋がるbeatが このカラダ揺らしていくheat増すkey飛ばす ここからがnavigate time  聴かせるさ この声を 手たたいて 声出して ラストだって 盛り上がって 聴こえるか? ミドリの声が  俺ら8人MCと2DJで湧かすぜpeople さぁ合図でbeat on またかますぜkeep on 俺らI say HOOOO!!!!からYou say HOOOO!!!!まで うるせぇ音でLet's go フロアは完全燃焼 まだまだ止めねぇぞ!!!!!  どこだ?どこだ?KEEP ON! ON! 具合の悪い子はいねぇが~? 血より濃い契りのbrother いいからまかしとけ ボンボクラ ぼくらにゃ大事なユーたちだ 日本じゃこうゆうの『ダチ』だ 『愛してるぜ☆』ぷ~。。まあ☆ 出ました 日本語王 Mago  3番バース 4番カケフ 5番がオカダで 6番オレ 4番トノマ 5番イワキ 6番オマエで 7番オレ 俊輔必殺6枚越え A代表7番もオレ スモーキンエヴィデイドクタドレ スローインエビでトラップモエ Yes, we are #%!友 right? 実は一度も行った事無い 外人さんとか見た事ナ~イ ナイナイナイ止まらナ~イ 行く気満タンハイオクで あれ?これバイオ臭え じゃ、首都高抜け横浜へ 行こうよGReeeeNのHAMMERで  8番目はオレだ任しとけ!オラオラいくぜ! 燃やしてけ!!GReeeeN!ユナイトバス!飛んでけ! 2BACKKA兄貴の愛だぜ! どれだけ効くのかね?気分かね? 音が織りなす麻酔薬 わけもなくぶっ飛びHIになる 火を灯せ!心を前に出す!!  輪になって踊りなワッハッハッハッワッハッハ 素敵な仲間とラッタッタッタッラッタッタ 朝まで歌えばパ~ラッパッパラッパッパ みんなみんな愉快な仲間だろ ぽよん  俺ら8人MCと2DJで湧かすぜpeople さぁ合図でbeat on またかますぜkeep on 俺らI say HOOOO!!!!からYou say HOOOO!!!!まで うるせぇ音でLet's go フロアは完全燃焼 まだまだ止めねぇぞ!!!!!  輪になって踊りなワッハッハッハッワッハッハ 素敵な仲間とラッタッタッタッラッタッタ 朝まで歌えばパ~ラッパッパラッパッパ みんなみんな愉快な仲間だろ ぽよんPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN俺らI say HOOOO!!!!からYou say HOOOO!!!!まで うるせぇ音でLet's go フロアは完全燃焼 まだまだ止めねぇぞ!!!!!  Mic1俺から始まる 絡まるMicリレーこの輪 乗ってこうよ さぁ頭から のっけから始まる言葉 乱打 BANG BANG!!! 会場揺らす音が 最高の報酬だ「受けとんな!!」 Mic ナンバー1が俺だ HIDE 次は誰だ~?  言葉歪ますMic2 退屈湧かしていく92 合図one two湧かす怪物 We are all GReeeeN like style! 8つのカラーのshow time どうだい? 用意はいいかい? おっと!そろそろ時間だno time 次はMic3と交代!  地上に忍びflowから始動 lowからhighになる軌道 スクエアなMicに見えるvision ただただガンガンうならす重低音 五感に染み付くlylicとrhythm bigなdreamをきっとつかむ Mic3は SとOとH dive freeだ 騒げ!!!!!!!!!!  繋ぎ繋がるbeatが このカラダ揺らしていくheat増すkey飛ばす ここからがnavigate time  聴かせるさ この声を 手たたいて 声出して ラストだって 盛り上がって 聴こえるか? ミドリの声が  俺ら8人MCと2DJで湧かすぜpeople さぁ合図でbeat on またかますぜkeep on 俺らI say HOOOO!!!!からYou say HOOOO!!!!まで うるせぇ音でLet's go フロアは完全燃焼 まだまだ止めねぇぞ!!!!!  どこだ?どこだ?KEEP ON! ON! 具合の悪い子はいねぇが~? 血より濃い契りのbrother いいからまかしとけ ボンボクラ ぼくらにゃ大事なユーたちだ 日本じゃこうゆうの『ダチ』だ 『愛してるぜ☆』ぷ~。。まあ☆ 出ました 日本語王 Mago  3番バース 4番カケフ 5番がオカダで 6番オレ 4番トノマ 5番イワキ 6番オマエで 7番オレ 俊輔必殺6枚越え A代表7番もオレ スモーキンエヴィデイドクタドレ スローインエビでトラップモエ Yes, we are #%!友 right? 実は一度も行った事無い 外人さんとか見た事ナ~イ ナイナイナイ止まらナ~イ 行く気満タンハイオクで あれ?これバイオ臭え じゃ、首都高抜け横浜へ 行こうよGReeeeNのHAMMERで  8番目はオレだ任しとけ!オラオラいくぜ! 燃やしてけ!!GReeeeN!ユナイトバス!飛んでけ! 2BACKKA兄貴の愛だぜ! どれだけ効くのかね?気分かね? 音が織りなす麻酔薬 わけもなくぶっ飛びHIになる 火を灯せ!心を前に出す!!  輪になって踊りなワッハッハッハッワッハッハ 素敵な仲間とラッタッタッタッラッタッタ 朝まで歌えばパ~ラッパッパラッパッパ みんなみんな愉快な仲間だろ ぽよん  俺ら8人MCと2DJで湧かすぜpeople さぁ合図でbeat on またかますぜkeep on 俺らI say HOOOO!!!!からYou say HOOOO!!!!まで うるせぇ音でLet's go フロアは完全燃焼 まだまだ止めねぇぞ!!!!!  輪になって踊りなワッハッハッハッワッハッハ 素敵な仲間とラッタッタッタッラッタッタ 朝まで歌えばパ~ラッパッパラッパッパ みんなみんな愉快な仲間だろ ぽよん
ポポポポポーズせーの! どんなポーズがおもしろい?(おもしろい)みんなでポッポポポポーズ! レッツゴー  おててをグーで エイエイオー おおきなこえで エイエイオー おててをチョキで ハイピース そのまままえで ブイブイブブイ(ブイ!) フリフリおしりも おもしろい フワフワほっぺた わらってあはは グーチョキパーで どんなかお? みんなでポッポポポポーズ! ポーズ  テテテ テとテとアシ ヘンテコたいそう みんなでわらって だいすきな ママもパパも みんなでポッポポポポーズ! ウーーワオ  おててをパーで バンザイザイ フレフレ そのて ふって パシャパシャカシャカシャハイチーズ チーズってあのチーズなの? (うん) ノビノビはなみず プーラララーン(プラララーン) ゲラゲラすてきな えがおであはは グーチョキパーで どんなかお? みんなでポッポポポポーズ! ポーズ  テテテ テとテとアシ ヘンテコたいそう みんなでわらって だいすきな ママもパパも みんなでハッピピのピ ググ グーチョキパー どれでもいいよ 「オモシロイ」だらけ そんな だいすきなときを たくさんポッポポポポーズ! ジャーンGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeNせーの! どんなポーズがおもしろい?(おもしろい)みんなでポッポポポポーズ! レッツゴー  おててをグーで エイエイオー おおきなこえで エイエイオー おててをチョキで ハイピース そのまままえで ブイブイブブイ(ブイ!) フリフリおしりも おもしろい フワフワほっぺた わらってあはは グーチョキパーで どんなかお? みんなでポッポポポポーズ! ポーズ  テテテ テとテとアシ ヘンテコたいそう みんなでわらって だいすきな ママもパパも みんなでポッポポポポーズ! ウーーワオ  おててをパーで バンザイザイ フレフレ そのて ふって パシャパシャカシャカシャハイチーズ チーズってあのチーズなの? (うん) ノビノビはなみず プーラララーン(プラララーン) ゲラゲラすてきな えがおであはは グーチョキパーで どんなかお? みんなでポッポポポポーズ! ポーズ  テテテ テとテとアシ ヘンテコたいそう みんなでわらって だいすきな ママもパパも みんなでハッピピのピ ググ グーチョキパー どれでもいいよ 「オモシロイ」だらけ そんな だいすきなときを たくさんポッポポポポーズ! ジャーン
またね。PLATINA LYLIC「かがんでごらんよ」 咲いた花がよく見えないような日々 悩める君へ 目を凝らしてごらんよ 答えはすぐそこ 何もかもむくわれるよ 小さな幸せが ほら そこらじゅうにあるよ  涙降る夜は僕が風となり吹き飛ばしてあげるから でもな ただそんだけじゃ涙救えない 君の水たまりわだかまり飲み込むから 声が枯れるまで泣けば 君は晴れ 僕はつらいんだけど、、、  「明日またね」笑って会える日を楽しみに生きてるんだよ 友達以上恋人未満の近いけど遠い君へ  未来に不安の影が射しても過去の鎖に縛られても 心にいつも咲く君の笑顔 僕を大人にさせたよ 今はただ前向いて歩いてみるよ  何が1番?って見極めて決めつけて生きられるわけじゃない 何気ない日々に君がいて僕がいることの価値をその意味を 僕なりに踏みしめて噛みしめて考えた でもね いつかの僕のままだった  「明日またね」と言ってた日からさ 何年経ったのだろう 君からの連絡 心待ちにした あの頃と変わらない僕で  休み時間の廊下や階段 熱いこの感覚なんなんだ 軽い気持ちで乗った相談 君の気持ちを知って混乱 それから気になり寝れない毎晩 恋やぶれて 君泣き 僕泣いた  2人の思い出 思いで抱いた 君との出逢い自体が財産  「明日またね」笑って会える日を楽しみに生きてるんだよ 友達以上恋人未満の近いけど遠い君へ  「明日またね」と言ってた日からさ 何年経ったのだろう 君からの連絡 心待ちにした あの頃と変わらない僕です  「結婚した」と届いたハガキを よく見れば違う名前に 見慣れない苗字 幸せそうな様子 噛みしめおめでとうとつぶやく、、、PLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN「かがんでごらんよ」 咲いた花がよく見えないような日々 悩める君へ 目を凝らしてごらんよ 答えはすぐそこ 何もかもむくわれるよ 小さな幸せが ほら そこらじゅうにあるよ  涙降る夜は僕が風となり吹き飛ばしてあげるから でもな ただそんだけじゃ涙救えない 君の水たまりわだかまり飲み込むから 声が枯れるまで泣けば 君は晴れ 僕はつらいんだけど、、、  「明日またね」笑って会える日を楽しみに生きてるんだよ 友達以上恋人未満の近いけど遠い君へ  未来に不安の影が射しても過去の鎖に縛られても 心にいつも咲く君の笑顔 僕を大人にさせたよ 今はただ前向いて歩いてみるよ  何が1番?って見極めて決めつけて生きられるわけじゃない 何気ない日々に君がいて僕がいることの価値をその意味を 僕なりに踏みしめて噛みしめて考えた でもね いつかの僕のままだった  「明日またね」と言ってた日からさ 何年経ったのだろう 君からの連絡 心待ちにした あの頃と変わらない僕で  休み時間の廊下や階段 熱いこの感覚なんなんだ 軽い気持ちで乗った相談 君の気持ちを知って混乱 それから気になり寝れない毎晩 恋やぶれて 君泣き 僕泣いた  2人の思い出 思いで抱いた 君との出逢い自体が財産  「明日またね」笑って会える日を楽しみに生きてるんだよ 友達以上恋人未満の近いけど遠い君へ  「明日またね」と言ってた日からさ 何年経ったのだろう 君からの連絡 心待ちにした あの頃と変わらない僕です  「結婚した」と届いたハガキを よく見れば違う名前に 見慣れない苗字 幸せそうな様子 噛みしめおめでとうとつぶやく、、、
GOLD LYLICあの頃の僕と言えば 右から左に流され 冷めた言葉を並べ 他人(ひと)と自分を傷つけ生きてたんです 意味の無い会話重ね それが全てだと思い 過ごして 大事なものを何処か遠くへ置き忘れていたんです  ただひたすらに生きていた日常 考える事無く過ぎた日々を 思い出して笑えるよ本当 この空が 全て教えて励ましてくれたから 今日ある自分を 誇れるようになったよ アリガトウ 今はまだ 大きくて小さなキッカケが見えただけ  僕たちは 彷徨いながら ずっとこうして 歩いてゆくよ ただいつもより 少し笑顔で 生きていける そんな気がする  他人(ひと)に笑われたプライド それにより失われた未来を 一つ一つ集め また積み重ね 生きていく毎日です また一つ嘘をついて うつむいて 傷ついてる自分へ 「それじゃまたね。進歩が無いね」ホトホト飽きたんです  他人(ひと)のせいにしてばかりいる日常 仮面で守って作った 心情 許す事を知らず 生きた日々を 今はただ 恥ずかしくて ゴメンナサイ 少し変わった気がするよ 気のせいかもしれないけれど いつもただ 何かを守る為 『鍵』を掛けていたんだね  僕たちは 彷徨いながら ずっとこうして 歩いてゆくよ ただいつもより 少し笑顔で 生きていける そんな気がする  ただひたすらに生きていた日常 考える事無く過ぎた日々を 思い出して笑えるよ本当 この空が 全て教えて励ましてくれたから 今日ある自分を 誇れるようになったよ アリガトウ 今はまだ 大きくて小さなキッカケが見えただけ  僕たちは 彷徨いながら ずっとこうして 歩いてゆくよ ただいつもより 少し笑顔で 生きていける そんな気がする  僕たちは 彷徨いながら ずっとこうして 歩いてゆくよ ただいつもより 少し笑顔で 生きていける そんな気がする  生きていける そんな気がするGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNあの頃の僕と言えば 右から左に流され 冷めた言葉を並べ 他人(ひと)と自分を傷つけ生きてたんです 意味の無い会話重ね それが全てだと思い 過ごして 大事なものを何処か遠くへ置き忘れていたんです  ただひたすらに生きていた日常 考える事無く過ぎた日々を 思い出して笑えるよ本当 この空が 全て教えて励ましてくれたから 今日ある自分を 誇れるようになったよ アリガトウ 今はまだ 大きくて小さなキッカケが見えただけ  僕たちは 彷徨いながら ずっとこうして 歩いてゆくよ ただいつもより 少し笑顔で 生きていける そんな気がする  他人(ひと)に笑われたプライド それにより失われた未来を 一つ一つ集め また積み重ね 生きていく毎日です また一つ嘘をついて うつむいて 傷ついてる自分へ 「それじゃまたね。進歩が無いね」ホトホト飽きたんです  他人(ひと)のせいにしてばかりいる日常 仮面で守って作った 心情 許す事を知らず 生きた日々を 今はただ 恥ずかしくて ゴメンナサイ 少し変わった気がするよ 気のせいかもしれないけれど いつもただ 何かを守る為 『鍵』を掛けていたんだね  僕たちは 彷徨いながら ずっとこうして 歩いてゆくよ ただいつもより 少し笑顔で 生きていける そんな気がする  ただひたすらに生きていた日常 考える事無く過ぎた日々を 思い出して笑えるよ本当 この空が 全て教えて励ましてくれたから 今日ある自分を 誇れるようになったよ アリガトウ 今はまだ 大きくて小さなキッカケが見えただけ  僕たちは 彷徨いながら ずっとこうして 歩いてゆくよ ただいつもより 少し笑顔で 生きていける そんな気がする  僕たちは 彷徨いながら ずっとこうして 歩いてゆくよ ただいつもより 少し笑顔で 生きていける そんな気がする  生きていける そんな気がする
味方友達へ あのさぁ ありがとう 出会った日から ひょっとしたらキミじゃないか? って思ったよ キミもそうだといいなぁ これからもさぁ どうぞお願いね  ボクが涙流して 下向いてた放課後 キミは黙ってそばで 頷いてくれたんだ  合言葉は 『あのさぁ』『なんだよ』ほらね たくさん喧嘩をしても いつものボクらで明日もまた『おはよう』っていう 長い長い歳月を そうして過ごしてくんでしょう しわくちゃ同士で そんな風にいれたら なんとなく 相変わらず 『ねぇ聞いて』って話はじめて 『そりゃ無いっ』って笑ってる  出会った日 気になったのは なんか似てるとこ なんか違うとこ  キミのダメなところ1万個知ってる キミはボクのダメなとこ10万個許してる  合言葉は 『あのさぁ』『なんだよ』ほらね 本当に困った時に ずっとそばにいて 頷くことボクもさせて キミはそうしてくれたね 1人じゃ無いって知ったね そして明日もまた肩を貸し合いながら 何か違う 何が違う 間違いだらけの日々でも 『そりゃ無いっ』って笑って  もしもほら ボクの手が必要なら すぐそばで立ち上がるために差し出すよ どうか握ってほしい もしもほら キミの手が必要なら いつかまたあの日みたいに肩を抱いて 泣いても最後 笑い合えるんだ  この先きっと悲しい出来事にも出逢うでしょう 叶わないことも 沢山打ちのめされても この先きっと嬉しい出来事にも出逢うでしょう 愛も恋も増えるでしょう 咲かせた花も増えていくの  もしもボクが行く道を 間違いそうになっても ああ お前らしくないだろっていうんだろう 意味もなく 話してる 良いことも悪いことも 『そりゃ無いっ』って笑って なんとなく 相変わらず 『ねぇ聞いて』って話はじめて 『そりゃ無いっ』って笑ってるGReeeeNGReeeeNGReeeeN友達へ あのさぁ ありがとう 出会った日から ひょっとしたらキミじゃないか? って思ったよ キミもそうだといいなぁ これからもさぁ どうぞお願いね  ボクが涙流して 下向いてた放課後 キミは黙ってそばで 頷いてくれたんだ  合言葉は 『あのさぁ』『なんだよ』ほらね たくさん喧嘩をしても いつものボクらで明日もまた『おはよう』っていう 長い長い歳月を そうして過ごしてくんでしょう しわくちゃ同士で そんな風にいれたら なんとなく 相変わらず 『ねぇ聞いて』って話はじめて 『そりゃ無いっ』って笑ってる  出会った日 気になったのは なんか似てるとこ なんか違うとこ  キミのダメなところ1万個知ってる キミはボクのダメなとこ10万個許してる  合言葉は 『あのさぁ』『なんだよ』ほらね 本当に困った時に ずっとそばにいて 頷くことボクもさせて キミはそうしてくれたね 1人じゃ無いって知ったね そして明日もまた肩を貸し合いながら 何か違う 何が違う 間違いだらけの日々でも 『そりゃ無いっ』って笑って  もしもほら ボクの手が必要なら すぐそばで立ち上がるために差し出すよ どうか握ってほしい もしもほら キミの手が必要なら いつかまたあの日みたいに肩を抱いて 泣いても最後 笑い合えるんだ  この先きっと悲しい出来事にも出逢うでしょう 叶わないことも 沢山打ちのめされても この先きっと嬉しい出来事にも出逢うでしょう 愛も恋も増えるでしょう 咲かせた花も増えていくの  もしもボクが行く道を 間違いそうになっても ああ お前らしくないだろっていうんだろう 意味もなく 話してる 良いことも悪いことも 『そりゃ無いっ』って笑って なんとなく 相変わらず 『ねぇ聞いて』って話はじめて 『そりゃ無いっ』って笑ってる
未完成ingGOLD LYLICねえ 君の隣は 今空いてるかい 少しだけ隣にすわってもいい? 悲しそうな顔してる気がしてさ 間違いだったのなら 気にしないでよ  そうかどうやら うまく行かないんだね 理不尽や後悔に 悩んでるんだね 伝わらない悔しさもあるだろう そんな時もあるだろう  だけどほら 僕らも 誰かに寄りかかって 気づかない時だってあるだろうから いつでも笑顔と 精一杯の素直で  ああ 僕達は 未完成のタマモノでしょ? 時に誰か 傷つけて生きてる 開き直ったら 淋しくなるでしょ ゆえに 毎日で 君が出来る限界超えていこう 素直で優しく生きていれば 全てが変わっていく  やりたい事とか 成りたい自分とか 今はよくわからなくてもいいよ 『やっちゃった』『しまった』を繰り返し 気づけば いつのまにか出逢えるはず  信じてたのに 裏切られたとか そりゃ誰だって そんな時もあるさ 大事なのはそこで どう思って 自分はしないことさ  いくつもの出逢いで すれ違う人もいる まずは君が出来る その全力で 大事にしてれば 答えてくれるさ  ああ 僕達は 未完成で十分でしょ? 出来ない事 あるから明日もいける あきらめちゃったら つまらなくなるでしょ ゆえに 毎日で 君が出来る限界超えていこう それでやっと 何十分の1が うまくいくはずだから  僕ら good timeとbad time 繰り返して 毎日を 浮き沈みしていく run 安堵 walk 時に立ち止まって それも 全部飲み込んでいく 拒否すれば 簡単なことだけど どうすればって いつも考える one more time くれてる毎日の中 僕ら生きている  ああ わかってるよ 君が戦ってきた事 うまくいけばって 僕も願っているよ だから真っ直ぐ 素直でいてほしい  いつでも 僕達は 未完成のタマモノでしょ? いつも誰かと 肩寄せ生きてる 愛忘れたら 君を失くすでしょ ゆえに 毎日で 君が出来る限界超えていこう 素直で優しく生きていれば 少しずつ変わっていく それでいいんじゃない?GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNねえ 君の隣は 今空いてるかい 少しだけ隣にすわってもいい? 悲しそうな顔してる気がしてさ 間違いだったのなら 気にしないでよ  そうかどうやら うまく行かないんだね 理不尽や後悔に 悩んでるんだね 伝わらない悔しさもあるだろう そんな時もあるだろう  だけどほら 僕らも 誰かに寄りかかって 気づかない時だってあるだろうから いつでも笑顔と 精一杯の素直で  ああ 僕達は 未完成のタマモノでしょ? 時に誰か 傷つけて生きてる 開き直ったら 淋しくなるでしょ ゆえに 毎日で 君が出来る限界超えていこう 素直で優しく生きていれば 全てが変わっていく  やりたい事とか 成りたい自分とか 今はよくわからなくてもいいよ 『やっちゃった』『しまった』を繰り返し 気づけば いつのまにか出逢えるはず  信じてたのに 裏切られたとか そりゃ誰だって そんな時もあるさ 大事なのはそこで どう思って 自分はしないことさ  いくつもの出逢いで すれ違う人もいる まずは君が出来る その全力で 大事にしてれば 答えてくれるさ  ああ 僕達は 未完成で十分でしょ? 出来ない事 あるから明日もいける あきらめちゃったら つまらなくなるでしょ ゆえに 毎日で 君が出来る限界超えていこう それでやっと 何十分の1が うまくいくはずだから  僕ら good timeとbad time 繰り返して 毎日を 浮き沈みしていく run 安堵 walk 時に立ち止まって それも 全部飲み込んでいく 拒否すれば 簡単なことだけど どうすればって いつも考える one more time くれてる毎日の中 僕ら生きている  ああ わかってるよ 君が戦ってきた事 うまくいけばって 僕も願っているよ だから真っ直ぐ 素直でいてほしい  いつでも 僕達は 未完成のタマモノでしょ? いつも誰かと 肩寄せ生きてる 愛忘れたら 君を失くすでしょ ゆえに 毎日で 君が出来る限界超えていこう 素直で優しく生きていれば 少しずつ変わっていく それでいいんじゃない?
MISS YOUGOLD LYLIC二人毎日がすれ違い 近い間柄も少し遠い 君からもらったオルゴール 「昔の二人」に記憶戻る 「言葉」にすると 本当にテレてしまうから こいつ代わりに 言ってくれないかな 本当はいつも思ってるアリガトウ 君は僕の宝物  「今日も仕事で逢えない」という僕に 君はいつでも「ガンバレ」って言ってくれて 何億という人がいるこの地球(ホシ)の上で 君を見つけたのは 奇跡なんです  時には僕らケンカをしたり 分からなくなってまた悩んだり 足早に過ぎる日々の中で 君の気持ち気付けなくて だけどいつも僕ら二人で 笑い合った日々が宝物で いつまでも君が大好きで 誰にも負けない気持ちなんです  仕事終わって乗る終電 毎日そんなんの繰り返しで 君が待つ家に帰る途中で 僕の携帯に届いた メールで 「今日は先に寝ます」絵文字付きで 「ゴメンナサイ」と君が言って 駅からの僕の足取り早くなって君に逢いたくなる 暗くなった家に一人入り 君の寝顔見つけて一息ついてベッドの横いくと 「オカエリナサイ」と少し笑顔 これが僕の幸せのかたち 君と僕の人生の轍 これからもいつまでも君にアリガトウ 次の日曜何処かいこう  「今日も仕事で逢えない」という僕に 君はいつでも「ガンバレ」って言ってくれて 何億という人がいるこの地球(ホシ)の上で 君を見つけたのは 奇跡なんです  時には僕らケンカをしたり 分からなくなってまた悩んだり 足早に過ぎる日々の中で 君の気持ち気付けなくて だけどいつも僕ら二人で 笑い合った日々が宝物で いつまでも君が大好きで 誰にも負けない気持ちなんです  時には僕らケンカをしたり 分からなくなってまた悩んだり 足早に過ぎる日々の中で 君の気持ち気付けなくて だけどいつも僕ら二人で 笑い合った日々が宝物で いつまでも君が大好きで 誰にも負けない気持ちなんですGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN二人毎日がすれ違い 近い間柄も少し遠い 君からもらったオルゴール 「昔の二人」に記憶戻る 「言葉」にすると 本当にテレてしまうから こいつ代わりに 言ってくれないかな 本当はいつも思ってるアリガトウ 君は僕の宝物  「今日も仕事で逢えない」という僕に 君はいつでも「ガンバレ」って言ってくれて 何億という人がいるこの地球(ホシ)の上で 君を見つけたのは 奇跡なんです  時には僕らケンカをしたり 分からなくなってまた悩んだり 足早に過ぎる日々の中で 君の気持ち気付けなくて だけどいつも僕ら二人で 笑い合った日々が宝物で いつまでも君が大好きで 誰にも負けない気持ちなんです  仕事終わって乗る終電 毎日そんなんの繰り返しで 君が待つ家に帰る途中で 僕の携帯に届いた メールで 「今日は先に寝ます」絵文字付きで 「ゴメンナサイ」と君が言って 駅からの僕の足取り早くなって君に逢いたくなる 暗くなった家に一人入り 君の寝顔見つけて一息ついてベッドの横いくと 「オカエリナサイ」と少し笑顔 これが僕の幸せのかたち 君と僕の人生の轍 これからもいつまでも君にアリガトウ 次の日曜何処かいこう  「今日も仕事で逢えない」という僕に 君はいつでも「ガンバレ」って言ってくれて 何億という人がいるこの地球(ホシ)の上で 君を見つけたのは 奇跡なんです  時には僕らケンカをしたり 分からなくなってまた悩んだり 足早に過ぎる日々の中で 君の気持ち気付けなくて だけどいつも僕ら二人で 笑い合った日々が宝物で いつまでも君が大好きで 誰にも負けない気持ちなんです  時には僕らケンカをしたり 分からなくなってまた悩んだり 足早に過ぎる日々の中で 君の気持ち気付けなくて だけどいつも僕ら二人で 笑い合った日々が宝物で いつまでも君が大好きで 誰にも負けない気持ちなんです
ミセナイナミダハ、きっといつかPLATINA LYLICいつのまに 忘れてたの 気がつけば あふれた涙 別に決めてた訳じゃないんだけど 惨めに思えたのかな  泣かないように くいしばった そんな毎日 背負って生きてた だけど あなたがくれた『大丈夫』が もういいよって聞こえた  『ミセナイナミダ』は きっといつか 虹となり世界てらして 大切な人達を 守る光となる 皆抱える荷物でも 平気な顔でツヨガリ ただ涙 涙 涙でも 君が笑えるなら  街角には いるべき場所 目指し 失い 戦うカケラ達 愛や 夢ならば 選んだ ツヨガリ 誰かを支える涙もあるだろう  1人帰る家路の途中 窓に映る 顔を見てる 少し疲れた表情だけれど 周りの人々も同じように それぞれが守りたい笑顔と それぞれが描きたい未来を 抱えながら戦い歩く ツヨガリ 掲げて  喜びや悲しみさえ 分け合う人がいるから  ぼくら 満たされた日々を待ちわびて 夢中で駆け抜けてく 時に迷いながらも 優しさ探すだろう この街じゃ見失いそうになるけど  『ミセナイナミダ』は きっといつか 虹となり世界てらして 大切な人達を 守る光となる 皆抱える荷物でも 平気な顔でツヨガリ ただ涙 涙 涙でも 君が笑えるなら  涙やツヨガリは 超えていく為の誓い 大切な人達を 導くあかりとなる 君が笑っているなら 平気な顔でいられる 『タダ ナミダナガシ ナイタヒモ』 きっと笑えるからPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNいつのまに 忘れてたの 気がつけば あふれた涙 別に決めてた訳じゃないんだけど 惨めに思えたのかな  泣かないように くいしばった そんな毎日 背負って生きてた だけど あなたがくれた『大丈夫』が もういいよって聞こえた  『ミセナイナミダ』は きっといつか 虹となり世界てらして 大切な人達を 守る光となる 皆抱える荷物でも 平気な顔でツヨガリ ただ涙 涙 涙でも 君が笑えるなら  街角には いるべき場所 目指し 失い 戦うカケラ達 愛や 夢ならば 選んだ ツヨガリ 誰かを支える涙もあるだろう  1人帰る家路の途中 窓に映る 顔を見てる 少し疲れた表情だけれど 周りの人々も同じように それぞれが守りたい笑顔と それぞれが描きたい未来を 抱えながら戦い歩く ツヨガリ 掲げて  喜びや悲しみさえ 分け合う人がいるから  ぼくら 満たされた日々を待ちわびて 夢中で駆け抜けてく 時に迷いながらも 優しさ探すだろう この街じゃ見失いそうになるけど  『ミセナイナミダ』は きっといつか 虹となり世界てらして 大切な人達を 守る光となる 皆抱える荷物でも 平気な顔でツヨガリ ただ涙 涙 涙でも 君が笑えるなら  涙やツヨガリは 超えていく為の誓い 大切な人達を 導くあかりとなる 君が笑っているなら 平気な顔でいられる 『タダ ナミダナガシ ナイタヒモ』 きっと笑えるから
MILLION LYLIC行くぜone time (一人つらい時も) んでtwo time (立ち上がれない日も) だけどthree time (がんばる君のもとへ) 4 you! 大丈夫! がむしゃらに行こう!  どんなにつらいような時も せわしなく過ぎて行く日々も 明日へと続いた道で 一つ一つが今の君へ どんなに時が過ぎ去っても 決して忘れないその道を またとない時間の中で 答えが見えるから  いつも思い通りに行かない日々で 少し遠い夢とヒトに笑われて 僕らはつい 足踏み止めて 下向き うなずき 自分に嘘つき 単なる言い訳を繰りかえして 頑張る自分をさらに見失って 大人になりなさいと言われて あきらめた日々は今は過去で  でも見えるだろう 心の奥に 君が描いた未来像すぐそこに don't worry! 大丈夫! 君は行ける 生きる意味きっと見つけ出せる 誰しも僕ら人生は一度! 正しい道か誰もわからないけど きっと人生はそんなところ 大事な気持ち見失わず行こう  どんなにつらいような時も せわしなく過ぎて行く日々も 明日へと続いた道で 一つ一つが今の君へ どんなに時が過ぎ去っても 決して忘れないその道を またとない時間の中で 答えが見えるから  振り返ると歩んできた道のり以上に 濃いもの得れたのか? それは分からないが 自分が決めた道だから意地かなんか見せつけて ほとばしる ココに居る 気持ちブツケ前ゆく 楽しい日々だけが人生じゃない! 唇かみしめる日々も必要じゃない? きっとそれが分かれば それが君のスタートで 足かせ外して さらに前へ  でも見えるだろう 心の奥に 君が描いた未来像すぐそこに don't worry! 大丈夫! 君は行ける 生きる意味きっと見つけ出せる 誰しも僕ら人生は一度! 正しい道か誰もわからないけど きっと人生はそんなところ 大事な気持ち見失わず行こう 行くぜone time (一人つらい時も) んでtwo time (立ち上がれない日も) だけどthree time (がんばる君のもとへ) 4 you! 大丈夫! がむしゃらに行こう!  見せつける君の大きなpride 汗かき進み見えた未来を つかむ日はきっと来るから you'll be (yeah) alright!!!  君という名のこのstory 大丈夫!君が主役さ 明日へと続いた道は いつも君のそばにあって どんなにつらいような日々も いつか笑えるような日々で 地面蹴りつけて進もう 今の君の先へMILLION LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN行くぜone time (一人つらい時も) んでtwo time (立ち上がれない日も) だけどthree time (がんばる君のもとへ) 4 you! 大丈夫! がむしゃらに行こう!  どんなにつらいような時も せわしなく過ぎて行く日々も 明日へと続いた道で 一つ一つが今の君へ どんなに時が過ぎ去っても 決して忘れないその道を またとない時間の中で 答えが見えるから  いつも思い通りに行かない日々で 少し遠い夢とヒトに笑われて 僕らはつい 足踏み止めて 下向き うなずき 自分に嘘つき 単なる言い訳を繰りかえして 頑張る自分をさらに見失って 大人になりなさいと言われて あきらめた日々は今は過去で  でも見えるだろう 心の奥に 君が描いた未来像すぐそこに don't worry! 大丈夫! 君は行ける 生きる意味きっと見つけ出せる 誰しも僕ら人生は一度! 正しい道か誰もわからないけど きっと人生はそんなところ 大事な気持ち見失わず行こう  どんなにつらいような時も せわしなく過ぎて行く日々も 明日へと続いた道で 一つ一つが今の君へ どんなに時が過ぎ去っても 決して忘れないその道を またとない時間の中で 答えが見えるから  振り返ると歩んできた道のり以上に 濃いもの得れたのか? それは分からないが 自分が決めた道だから意地かなんか見せつけて ほとばしる ココに居る 気持ちブツケ前ゆく 楽しい日々だけが人生じゃない! 唇かみしめる日々も必要じゃない? きっとそれが分かれば それが君のスタートで 足かせ外して さらに前へ  でも見えるだろう 心の奥に 君が描いた未来像すぐそこに don't worry! 大丈夫! 君は行ける 生きる意味きっと見つけ出せる 誰しも僕ら人生は一度! 正しい道か誰もわからないけど きっと人生はそんなところ 大事な気持ち見失わず行こう 行くぜone time (一人つらい時も) んでtwo time (立ち上がれない日も) だけどthree time (がんばる君のもとへ) 4 you! 大丈夫! がむしゃらに行こう!  見せつける君の大きなpride 汗かき進み見えた未来を つかむ日はきっと来るから you'll be (yeah) alright!!!  君という名のこのstory 大丈夫!君が主役さ 明日へと続いた道は いつも君のそばにあって どんなにつらいような日々も いつか笑えるような日々で 地面蹴りつけて進もう 今の君の先へ
ミドリGOLD LYLIC幼い頃に見た夕焼け 胸が締め付けられた理由なんて 未だ解らないものだらけ 僕のカラダは君と同じだけ 少しずつ 今幾つ? 成長したよ 背伸びしつつ あの日思い出残し続けて 今歩き続けるMy way  アルバムの中 僕ら散々笑いあっていたのに 時が段々 互いをわからなくするのは簡単 同じ空の下で僕らは散々 傷ついてフラフラな足を 地に付け踏ん張り友達と 「アリガトウ」 君が居てくれて 「アリガトウ アリガトウ」  ただ今振り返ると時は経ち 僕ら作り上げてきた言葉たち 「ガンバレ!!!」「Once again!!!」友がかけてくれた優しさを胸に 道を今僕ら歩き続ける 道端には草花が咲いてる 笑顔の君の顔マジでgood 悩んでる時はLet's sing with you  あれからどれくらいの月日 経ったかわからない僕の元に 手紙を出してくれた君に 涙が落ちた僕の頬に 昔はよく見た君の文字 気がつきゃいつも居たね隣 同じ時間の中育ち 未だに変わらないね気持ち  アルバムの中 僕ら散々笑いあっていたのに 時が段々 互いをわからなくするのは簡単 同じ空の下で僕らは散々 傷ついてフラフラな足を 地に付け踏ん張り友達と 「アリガトウ」 君が居てくれて 「アリガトウ アリガトウ」 ただ今振り返ると時は経ち 僕ら作り上げてきた言葉たち 「ガンバレ!!!」「Once again!!!」友がかけてくれた優しさを胸に 道を今僕ら歩き続ける 道端には草花が咲いてる 笑顔の君の顔マジでgood 悩んでる時はLet's sing with you  「ただいま」と言える友達を持ち 僕らで作り上げた思い出たち 「ガンバレ!!!」「Once again!!!」僕がかけた君へのエールを胸に もしもつらい事があれば 僕はいつもここに居るから また逢えるよ  ただ今振り返ると時は経ち 僕ら作り上げてきた言葉たち  「ただいま」と言える友達を持ち 僕らで作り上げた思い出たち 「ガンバレ!!!」「Once again!!!」僕がかけた君へのエールを胸に もしもつらい事があれば 僕はいつもここに居るから また逢えるよGOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN幼い頃に見た夕焼け 胸が締め付けられた理由なんて 未だ解らないものだらけ 僕のカラダは君と同じだけ 少しずつ 今幾つ? 成長したよ 背伸びしつつ あの日思い出残し続けて 今歩き続けるMy way  アルバムの中 僕ら散々笑いあっていたのに 時が段々 互いをわからなくするのは簡単 同じ空の下で僕らは散々 傷ついてフラフラな足を 地に付け踏ん張り友達と 「アリガトウ」 君が居てくれて 「アリガトウ アリガトウ」  ただ今振り返ると時は経ち 僕ら作り上げてきた言葉たち 「ガンバレ!!!」「Once again!!!」友がかけてくれた優しさを胸に 道を今僕ら歩き続ける 道端には草花が咲いてる 笑顔の君の顔マジでgood 悩んでる時はLet's sing with you  あれからどれくらいの月日 経ったかわからない僕の元に 手紙を出してくれた君に 涙が落ちた僕の頬に 昔はよく見た君の文字 気がつきゃいつも居たね隣 同じ時間の中育ち 未だに変わらないね気持ち  アルバムの中 僕ら散々笑いあっていたのに 時が段々 互いをわからなくするのは簡単 同じ空の下で僕らは散々 傷ついてフラフラな足を 地に付け踏ん張り友達と 「アリガトウ」 君が居てくれて 「アリガトウ アリガトウ」 ただ今振り返ると時は経ち 僕ら作り上げてきた言葉たち 「ガンバレ!!!」「Once again!!!」友がかけてくれた優しさを胸に 道を今僕ら歩き続ける 道端には草花が咲いてる 笑顔の君の顔マジでgood 悩んでる時はLet's sing with you  「ただいま」と言える友達を持ち 僕らで作り上げた思い出たち 「ガンバレ!!!」「Once again!!!」僕がかけた君へのエールを胸に もしもつらい事があれば 僕はいつもここに居るから また逢えるよ  ただ今振り返ると時は経ち 僕ら作り上げてきた言葉たち  「ただいま」と言える友達を持ち 僕らで作り上げた思い出たち 「ガンバレ!!!」「Once again!!!」僕がかけた君へのエールを胸に もしもつらい事があれば 僕はいつもここに居るから また逢えるよ
ミドリイロさあ ここに集いし一人一人 是非を問う MIDORIは好きかーーーー!?  HEY! HO!  完璧だ的な 祭りだ お兄ちゃんもお姉ちゃんもノってきなー 音から生まれたMIDORIのモンスター 俺から始まるHIDEだWe won't stop!!!!  NICE PASS 君からもらったMIC +バイブスを上げるのはこんな合図(Yeah!!!!) 92点もうちょいで満点 必要だぜ みんなの歓声  悲しくて涙が出てきたらいつでも ここにおいでよ 遊ぼう 君が笑うのを待ってるよ  さあいこう MIDORI色の旗のもとに集え 僕たちは仲間だ 何かあったなら ここに集え 歌え いつも待ってる  HEY! HO!  S.O.Hから始まるメロディー MIDORIの街から編み出すメモリーズ がばい兄ちゃんDA スタート用意! 変幻自在に 3.2.1. SOH!  n.a.v.i.g.a.t.E 感じのキーパンチから始まりハイトーンボイス ここに参上 みんなで唄いましょう!  わかりますよ 僕だってそう いくつもこの胸に しまっていたけどやっぱ今日 みんなでふざけ ここにおいてこう  さあいこう MIDORI色の旗のもとに集え 僕たちは仲間だ 何かあったなら ここに集え 歌え 君を待ってる  もしも何かを無くしたと気付いたなら 迷わずその手を伸ばせ きっと握り返しに行く  待っているから 駆けておいで 今日までの話をしようよ ここに来たからにゃ 一歩たりとも引くな 声をあげろ  さあいこう MIDORI色の旗のもとに集え 僕たちは仲間だ 何かあったなら ここで笑え 歌え いつでもいるよ ここで集まって 騒ぎあかそう  HEY! HO!GReeeeNGReeeeNGReeeeNさあ ここに集いし一人一人 是非を問う MIDORIは好きかーーーー!?  HEY! HO!  完璧だ的な 祭りだ お兄ちゃんもお姉ちゃんもノってきなー 音から生まれたMIDORIのモンスター 俺から始まるHIDEだWe won't stop!!!!  NICE PASS 君からもらったMIC +バイブスを上げるのはこんな合図(Yeah!!!!) 92点もうちょいで満点 必要だぜ みんなの歓声  悲しくて涙が出てきたらいつでも ここにおいでよ 遊ぼう 君が笑うのを待ってるよ  さあいこう MIDORI色の旗のもとに集え 僕たちは仲間だ 何かあったなら ここに集え 歌え いつも待ってる  HEY! HO!  S.O.Hから始まるメロディー MIDORIの街から編み出すメモリーズ がばい兄ちゃんDA スタート用意! 変幻自在に 3.2.1. SOH!  n.a.v.i.g.a.t.E 感じのキーパンチから始まりハイトーンボイス ここに参上 みんなで唄いましょう!  わかりますよ 僕だってそう いくつもこの胸に しまっていたけどやっぱ今日 みんなでふざけ ここにおいてこう  さあいこう MIDORI色の旗のもとに集え 僕たちは仲間だ 何かあったなら ここに集え 歌え 君を待ってる  もしも何かを無くしたと気付いたなら 迷わずその手を伸ばせ きっと握り返しに行く  待っているから 駆けておいで 今日までの話をしようよ ここに来たからにゃ 一歩たりとも引くな 声をあげろ  さあいこう MIDORI色の旗のもとに集え 僕たちは仲間だ 何かあったなら ここで笑え 歌え いつでもいるよ ここで集まって 騒ぎあかそう  HEY! HO!
メシ I GOT IT ↑↑おなかがググっと鳴りまくり あぁ 生きてりゃ色々あるもんだ 「イェイ!」 そんな僕らのいわゆる毎日に 素敵なゴハンを食べる幸せ  お隣の家からおいしそうな ニオイがしてきたぞ 「マルっ!」 宇宙人もあの国でもこの街でも みんな一緒だっ!!  『イタダキマス』の合図で  誰も彼もみんなみんなしあわせ☆ 朝昼晩 365 おいしくいただきます!!  今日は友達と喧嘩した 明日は苦手な試験があるぞ 次の日曜日は何処に行く? 湯気の向こうでうなずいて笑う  この前 あれを食べたいって 言ってたからそうしよう 「なはっ!(^^)!」 毎日の優しさ 真心に どうもありがと!!  『メシアガレ』の合図が 世界中で今日も響いている たくさんの笑顔で囲みましょ 今日は何話そう!! Lalala...♪  大事なことは 口に出来るなら 話せばいい お腹減るまで たくさん泣いて きっと元気がでてくるよ いつものこの食卓でわかち合おう!!  『メシアガレ』の合図は 世界中一人一人の『愛』が 『ゴチソウサマ』と混ざり合って この地球(ホシ)を回してる 「いただきまーす!!」 Lalala...♪GReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Shunsuke Tsuriおなかがググっと鳴りまくり あぁ 生きてりゃ色々あるもんだ 「イェイ!」 そんな僕らのいわゆる毎日に 素敵なゴハンを食べる幸せ  お隣の家からおいしそうな ニオイがしてきたぞ 「マルっ!」 宇宙人もあの国でもこの街でも みんな一緒だっ!!  『イタダキマス』の合図で  誰も彼もみんなみんなしあわせ☆ 朝昼晩 365 おいしくいただきます!!  今日は友達と喧嘩した 明日は苦手な試験があるぞ 次の日曜日は何処に行く? 湯気の向こうでうなずいて笑う  この前 あれを食べたいって 言ってたからそうしよう 「なはっ!(^^)!」 毎日の優しさ 真心に どうもありがと!!  『メシアガレ』の合図が 世界中で今日も響いている たくさんの笑顔で囲みましょ 今日は何話そう!! Lalala...♪  大事なことは 口に出来るなら 話せばいい お腹減るまで たくさん泣いて きっと元気がでてくるよ いつものこの食卓でわかち合おう!!  『メシアガレ』の合図は 世界中一人一人の『愛』が 『ゴチソウサマ』と混ざり合って この地球(ホシ)を回してる 「いただきまーす!!」 Lalala...♪
Morning GloryTHE TIME HAS COME これまで込めて叫ぶんだ 暗闇の中へ 伸ばす手 怯え続けてるのはやめた This is the day This is the moment 生きる声を出せ  そう いつもそうだった 守ってるちっぽけな自分 見ないふり そのたびに 凍りついてくものが 慣れてしまった居場所は風邪ひきそうさ  先送った日が それじゃいつなんだ?って問うんだ 待ち続けてないで  動き出して 初めて出会う景色があるんだ まだ見ぬ自分は そこに居るんだ もういっちょだって 何度だって スタートライン  思い込んで 見たいものだけ見てたんだ 傷跡ながめて 自分慰めた  この夜越えたら 何か変わるんだ そんな他人任せはやめた  巡り合えた 今その時だ 新たな物語(ストーリー) 白紙の未来に 人生の第何章を書き込んで 小さな頃に憧れた主人公の話は 負けても 負けても 立ち上がった もういっちょだって 何度だって スタートライン  THE TIME HAS COME 迎えにいく明日は今日の先さ 暗闇の中へ 伸ばす手 何が掴める? カケラでも This is the day This is the moment さあ 始めたら 今日よりも新しい日なんてないんだ まだ見ぬ未来に 意味与える そんな1秒繋いでく This is the day This is the moment 動き出した 今GReeeeNGReeeeNGReeeeNTHE TIME HAS COME これまで込めて叫ぶんだ 暗闇の中へ 伸ばす手 怯え続けてるのはやめた This is the day This is the moment 生きる声を出せ  そう いつもそうだった 守ってるちっぽけな自分 見ないふり そのたびに 凍りついてくものが 慣れてしまった居場所は風邪ひきそうさ  先送った日が それじゃいつなんだ?って問うんだ 待ち続けてないで  動き出して 初めて出会う景色があるんだ まだ見ぬ自分は そこに居るんだ もういっちょだって 何度だって スタートライン  思い込んで 見たいものだけ見てたんだ 傷跡ながめて 自分慰めた  この夜越えたら 何か変わるんだ そんな他人任せはやめた  巡り合えた 今その時だ 新たな物語(ストーリー) 白紙の未来に 人生の第何章を書き込んで 小さな頃に憧れた主人公の話は 負けても 負けても 立ち上がった もういっちょだって 何度だって スタートライン  THE TIME HAS COME 迎えにいく明日は今日の先さ 暗闇の中へ 伸ばす手 何が掴める? カケラでも This is the day This is the moment さあ 始めたら 今日よりも新しい日なんてないんだ まだ見ぬ未来に 意味与える そんな1秒繋いでく This is the day This is the moment 動き出した 今
約束 × No title君がもしも今夜 会いたくて なぜだろう 寂しくて 不安だったら 無理に寝なくていい 窓を開けてみて 夜空に届くくらい伸びして 遠くでいつでも 一人きり 綺麗に輝く Um… Moonlight  『もう誰も泣かない 世界をずっと待ってるんだ』 『ただそばにいたいだけなんだよ』  涙は 震える心から溢れる Close to you  『約束』  そして僕は街を歩いた 風も人の声も混ざって 僕の何か探して生きた日々がただきらめく  涙流れたけど孤独じゃないよ 嬉しくて流れる涙が ある事も知った 昔の僕にはもう戻らない  時は流れて いなくなって 手の中に残るの、愛だった 大切な人 今大切にしよう 二度とない今日この日を  いつだってきっと 信じてる 心があれば幸せなんだ 大好きな人 いつまでも大好きだと 誓い続けるよ  苦しい時も 痛い日も 手の中に残るの、愛だった 大切な人 今大切にしよう それが君との『約束』GReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN君がもしも今夜 会いたくて なぜだろう 寂しくて 不安だったら 無理に寝なくていい 窓を開けてみて 夜空に届くくらい伸びして 遠くでいつでも 一人きり 綺麗に輝く Um… Moonlight  『もう誰も泣かない 世界をずっと待ってるんだ』 『ただそばにいたいだけなんだよ』  涙は 震える心から溢れる Close to you  『約束』  そして僕は街を歩いた 風も人の声も混ざって 僕の何か探して生きた日々がただきらめく  涙流れたけど孤独じゃないよ 嬉しくて流れる涙が ある事も知った 昔の僕にはもう戻らない  時は流れて いなくなって 手の中に残るの、愛だった 大切な人 今大切にしよう 二度とない今日この日を  いつだってきっと 信じてる 心があれば幸せなんだ 大好きな人 いつまでも大好きだと 誓い続けるよ  苦しい時も 痛い日も 手の中に残るの、愛だった 大切な人 今大切にしよう それが君との『約束』
約束 × No title (Album ver.)君がもしも今夜 会いたくて なぜだろう 寂しくて 不安だったら 無理に寝なくていい 窓を開けてみて 夜空に届くくらい伸びして 遠くでいつでも 一人きり 綺麗に輝く Um… Moonlight  『もう誰も泣かない 世界をずっと待ってるんだ』 『ただそばにいたいだけなんだよ』  涙は 震える心から溢れる Close to you  『約束』  そして僕は街を歩いた 風も人の声も混ざって 僕の何か探して生きた日々がただきらめく  過ぎ去った風の中 君の言葉が 残された僕に絡まった 『さぁ自由に走って』 背中を強く撫でたよ Yes, I do  どうもありがとう さみしいよ 風が吹くたびに 想うでしょう 大好きな人 いつまでも大好きだと 誓い続けるよ  君があの日 夢中になる事だと教えてくれたよね 僕は僕と言えるような答えを今も探す  涙流れたけど 孤独じゃないよ 嬉しくて流れる涙が ある事も知った 昔の僕にはもう戻らない  時は流れて いなくなって 手の中に残るの、愛だった 大切な人 今大切にしよう 二度とない今日この日を  いつかまた心渇いたって 夢中を探して生きればいい 君との想い出がきっとそう問いかける  いつだってきっと 信じてる 心があれば幸せなんだ 大好きな人 いつまでも大好きだと 誓い続けるよ  苦しい時も 痛い日も 手の中に残るの、愛だった 大切な人 今大切にしよう それが君との『約束』GReeeeNGReeeeNGReeeeN君がもしも今夜 会いたくて なぜだろう 寂しくて 不安だったら 無理に寝なくていい 窓を開けてみて 夜空に届くくらい伸びして 遠くでいつでも 一人きり 綺麗に輝く Um… Moonlight  『もう誰も泣かない 世界をずっと待ってるんだ』 『ただそばにいたいだけなんだよ』  涙は 震える心から溢れる Close to you  『約束』  そして僕は街を歩いた 風も人の声も混ざって 僕の何か探して生きた日々がただきらめく  過ぎ去った風の中 君の言葉が 残された僕に絡まった 『さぁ自由に走って』 背中を強く撫でたよ Yes, I do  どうもありがとう さみしいよ 風が吹くたびに 想うでしょう 大好きな人 いつまでも大好きだと 誓い続けるよ  君があの日 夢中になる事だと教えてくれたよね 僕は僕と言えるような答えを今も探す  涙流れたけど 孤独じゃないよ 嬉しくて流れる涙が ある事も知った 昔の僕にはもう戻らない  時は流れて いなくなって 手の中に残るの、愛だった 大切な人 今大切にしよう 二度とない今日この日を  いつかまた心渇いたって 夢中を探して生きればいい 君との想い出がきっとそう問いかける  いつだってきっと 信じてる 心があれば幸せなんだ 大好きな人 いつまでも大好きだと 誓い続けるよ  苦しい時も 痛い日も 手の中に残るの、愛だった 大切な人 今大切にしよう それが君との『約束』
雪の音MILLION LYLICどうしてなの 寒い夜は アナタを想い 胸が締めつける 伝わるかな? 伝えきれるかな? また今日も言えないけれど  ため息一つ 白く染まる 何気ない横顔 いつも居る 行き場の無い 恋心は 恥ずかしがって わかんなくって 遠回りしてるの、、、  いま目と目が合って気付いた ずっとこのまま時が止まれば 離れずに 逸らさずに 見つめられるのに この街に雪が舞い降りて アナタのぬくもりが温かくて 触れた手を どかさずに このままずっと  どうしてなの また明日も 逢えること わかっているのにね それぞれの想い 確かめ合うなんて とてもこわくて出来ない  窓に映る 街の光 それぞれが 恋を語り合って 私も今日は みんな みんな 受け止めてって 愛してるって 伝えあえる日だから、、、  いま手と手が合って気付いた アナタも誰にも見えないように つよく つよく 私の手 握り返した いつも気付かないふりをしてた  ホントはこんなに大好きなの うれしくて 幸せと わかってるのに この雪が 降り止むまでは 2人きりで  ほら聞こえる 静かな雪が 2人の声を 消していく魔法 途切れる声 聞き返すふりして アナタのことずっと見ていた  特別な今日だけは 雪よ止まないで アナタに肩寄せても 冬のせいに出来るの  目と目が合って気付いた ずっとこのまま時が止まれば 離れずに 逸らさずに 見つめられるのに この街に雪が舞い降りて アナタのぬくもりが温かくて 触れた手を どかさずに このままずっと  いま手と手が合って気付いた アナタも誰にも見えないように つよく つよく 私の手 握り返した いつも気付かないふりをしてた ホントはこんなに大好きなの うれしくて 幸せと わかってるのに  雪の魔法よ 解けないで もう少しこのままで そうして いくつもの冬を アナタのそばでMILLION LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNどうしてなの 寒い夜は アナタを想い 胸が締めつける 伝わるかな? 伝えきれるかな? また今日も言えないけれど  ため息一つ 白く染まる 何気ない横顔 いつも居る 行き場の無い 恋心は 恥ずかしがって わかんなくって 遠回りしてるの、、、  いま目と目が合って気付いた ずっとこのまま時が止まれば 離れずに 逸らさずに 見つめられるのに この街に雪が舞い降りて アナタのぬくもりが温かくて 触れた手を どかさずに このままずっと  どうしてなの また明日も 逢えること わかっているのにね それぞれの想い 確かめ合うなんて とてもこわくて出来ない  窓に映る 街の光 それぞれが 恋を語り合って 私も今日は みんな みんな 受け止めてって 愛してるって 伝えあえる日だから、、、  いま手と手が合って気付いた アナタも誰にも見えないように つよく つよく 私の手 握り返した いつも気付かないふりをしてた  ホントはこんなに大好きなの うれしくて 幸せと わかってるのに この雪が 降り止むまでは 2人きりで  ほら聞こえる 静かな雪が 2人の声を 消していく魔法 途切れる声 聞き返すふりして アナタのことずっと見ていた  特別な今日だけは 雪よ止まないで アナタに肩寄せても 冬のせいに出来るの  目と目が合って気付いた ずっとこのまま時が止まれば 離れずに 逸らさずに 見つめられるのに この街に雪が舞い降りて アナタのぬくもりが温かくて 触れた手を どかさずに このままずっと  いま手と手が合って気付いた アナタも誰にも見えないように つよく つよく 私の手 握り返した いつも気付かないふりをしてた ホントはこんなに大好きなの うれしくて 幸せと わかってるのに  雪の魔法よ 解けないで もう少しこのままで そうして いくつもの冬を アナタのそばで
UNITYPLATINA LYLIC行くぜH!I!D!E! 出てきたからにゃ 絶対にわかすこの場をOK!? Navi 侘び 寂び 効かす 歌声 お好みはどれ?? 次につなげて!! SOH 言ってみな「HOOO」 聞こえるか? 遠くの方はどう? ついてきな「GO!!」 最後には92 これがParty tune 俺ら発信中!!  君と僕らで作り上げるモノ 意外と気持ちいいから手ぇ上げてホラッ 「バカ」になっていこう!!  この声よ さあ響けよ 枯れ果てることも知らず 誰かの心焦がせよ いつの日も跳んでいける 限りある時の中で 響きあふれ出す音が 君には分かるか? Song for you  行くぜ1,2,3,4, 4人の音が DANCE BEATに乗っかって歌う これが G, R, e×4, NのStyle  Hey yo END迎えず!! 右から左に馬耳東風 お堅い言葉はNo thank you 汗かきベソかきやってきたから 北から南まで揺らせよ「UNITY!!!」もっと自由に!!  君と僕らで作り上げるモノ 意外と気持ちいいから手ぇ上げてホラッ 「バカ」になっていこう!!  この声で さあ歌えよ 枯れ果てることも知らず 自分の心焦がせよ いつの日も跳んでいける 限りある時の中で 響きあふれ出す音が 君には分かるか? Song for you  ドコまで続くか分からない道 ココまで色々人生を積み重ね 支えられ 皆の優しさに囲まれて 俺らを動かす弛まない意志 これから色々人生を積み上げて 共に歩め 夢はきっとその先にあるから  この声よ さあ響けよ 枯れ果てることも知らず 誰かの心焦がせよ いつの日も跳んでいける 限りある時の中で 響きあふれ出す音が 君には分かるか? Song for you  ドコまで続くか分からない日々 ドコまで続くか分からない道 ドコまで続くか分からないだけ 優しさに囲まれて ドコまで続くか分からないけど ドコまで続くか分からない夢 ここから俺ら始まっていくよPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JIN行くぜH!I!D!E! 出てきたからにゃ 絶対にわかすこの場をOK!? Navi 侘び 寂び 効かす 歌声 お好みはどれ?? 次につなげて!! SOH 言ってみな「HOOO」 聞こえるか? 遠くの方はどう? ついてきな「GO!!」 最後には92 これがParty tune 俺ら発信中!!  君と僕らで作り上げるモノ 意外と気持ちいいから手ぇ上げてホラッ 「バカ」になっていこう!!  この声よ さあ響けよ 枯れ果てることも知らず 誰かの心焦がせよ いつの日も跳んでいける 限りある時の中で 響きあふれ出す音が 君には分かるか? Song for you  行くぜ1,2,3,4, 4人の音が DANCE BEATに乗っかって歌う これが G, R, e×4, NのStyle  Hey yo END迎えず!! 右から左に馬耳東風 お堅い言葉はNo thank you 汗かきベソかきやってきたから 北から南まで揺らせよ「UNITY!!!」もっと自由に!!  君と僕らで作り上げるモノ 意外と気持ちいいから手ぇ上げてホラッ 「バカ」になっていこう!!  この声で さあ歌えよ 枯れ果てることも知らず 自分の心焦がせよ いつの日も跳んでいける 限りある時の中で 響きあふれ出す音が 君には分かるか? Song for you  ドコまで続くか分からない道 ココまで色々人生を積み重ね 支えられ 皆の優しさに囲まれて 俺らを動かす弛まない意志 これから色々人生を積み上げて 共に歩め 夢はきっとその先にあるから  この声よ さあ響けよ 枯れ果てることも知らず 誰かの心焦がせよ いつの日も跳んでいける 限りある時の中で 響きあふれ出す音が 君には分かるか? Song for you  ドコまで続くか分からない日々 ドコまで続くか分からない道 ドコまで続くか分からないだけ 優しさに囲まれて ドコまで続くか分からないけど ドコまで続くか分からない夢 ここから俺ら始まっていくよ
PLATINA LYLIC僕が僕に気づくのは 僕を超えようとした時 毎日の中で 悩んで後悔して 回り道をした時  壁にぶつかり 大きくそれた そんな日々を 振り返ってみれば 誰よりもほら  大きく広がる 道が見えるだろう 多くの傷と 今(ココ)に立つんだろう そんな大きな 道があるから 明日の自分に 逢いに行けるだろう  誰かと比べながら 自分を測ってみる そんな日々の中で その先を見つめてた 答えなんかないのに  今の日々に 不安になるの それは全部 自分で作った 間違ったモノサシ  多くのものを 求める先は 周りじゃなくて 自分自身だろう なりたい僕は 僕が作るだろう 負けない相手は 誰かじゃないだろう  間違いの中で広がるものと 不安の中で深まるものと 全部が全部 今の自分を 大きく広くさせてくれるさ だから何も怖がらないんだ そんな明日を望んでいるんだ  いつか きっと たどり着くため 今は 転んでも 立ち上がるのさ そして 道が 広がった先に 多くの自分が 笑って待ってるさ  どんな遠くても きっと待ってる 諦めるには まだ早いだろう どんなゴールでも はじめの一歩 歩き出さなきゃ 始まらないだろう  僕が僕だと 気づくためには その限界を 何度も何度も 超えていくんだ そして出逢うんだ 誰かじゃなくて 僕になるためPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNShunsuke Tsuri僕が僕に気づくのは 僕を超えようとした時 毎日の中で 悩んで後悔して 回り道をした時  壁にぶつかり 大きくそれた そんな日々を 振り返ってみれば 誰よりもほら  大きく広がる 道が見えるだろう 多くの傷と 今(ココ)に立つんだろう そんな大きな 道があるから 明日の自分に 逢いに行けるだろう  誰かと比べながら 自分を測ってみる そんな日々の中で その先を見つめてた 答えなんかないのに  今の日々に 不安になるの それは全部 自分で作った 間違ったモノサシ  多くのものを 求める先は 周りじゃなくて 自分自身だろう なりたい僕は 僕が作るだろう 負けない相手は 誰かじゃないだろう  間違いの中で広がるものと 不安の中で深まるものと 全部が全部 今の自分を 大きく広くさせてくれるさ だから何も怖がらないんだ そんな明日を望んでいるんだ  いつか きっと たどり着くため 今は 転んでも 立ち上がるのさ そして 道が 広がった先に 多くの自分が 笑って待ってるさ  どんな遠くても きっと待ってる 諦めるには まだ早いだろう どんなゴールでも はじめの一歩 歩き出さなきゃ 始まらないだろう  僕が僕だと 気づくためには その限界を 何度も何度も 超えていくんだ そして出逢うんだ 誰かじゃなくて 僕になるため
ユメノート僕が生まれた日から 始まるユメノート これからどんなページを描いていくのだろう 何よりも初めに 名前を書こう 父と母がくれた『愛』を描こう  僕なりの初めてでページが増えてく 少しも同じ日はないように思えた 泣いた日も笑った日も 沢山増えた そんなノートが世界中に溢れる 誰しもそう、、  世界にたった1つの 僕のユメノート 同じものは決して ありはしないんだ 汚れるの恐れて 描かなければ 何も起こりはしないだろう それじゃダメなんだろう  僕が小さな頃は どんなページを 未来のノートに書き込んでいたんだろう 「あんな人になりたい」 「あんな恋をしたい」 今のページはどんな日々を描いてる?  振り返ればそこには涙でにじんで くしゃくしゃになったページがいくつもある そんな日もあったから 今僕が居る 一人一人のノートが重なって 物語へ  世界にたった1つの 僕のユメノート 同じものは決して ありはしないんだ 描いては迷って 書き足してく 気づけば色とりどりに描かれる  どんな願いを描けばいい たとえどんなに笑われたって 僕のノートは僕が見るもの どれも自由だろう 諦めない  どこまでもいつまでも 夢を描き 少しずつ叶えて いけるように 見た事ない未来なら 描けばいいだろう あの日のページの僕と 書き足してくんだ  世界にたった1つの 僕のユメノート 同じものは決して ありはしないんだ 世界にたった1つの 夢描いて 色とりどりのページで 埋めていけるように  きっと叶えてみせる 僕のユメノート 聴こえる 夢の音GReeeeNGReeeeNGReeeeNKeiichi Oosawa僕が生まれた日から 始まるユメノート これからどんなページを描いていくのだろう 何よりも初めに 名前を書こう 父と母がくれた『愛』を描こう  僕なりの初めてでページが増えてく 少しも同じ日はないように思えた 泣いた日も笑った日も 沢山増えた そんなノートが世界中に溢れる 誰しもそう、、  世界にたった1つの 僕のユメノート 同じものは決して ありはしないんだ 汚れるの恐れて 描かなければ 何も起こりはしないだろう それじゃダメなんだろう  僕が小さな頃は どんなページを 未来のノートに書き込んでいたんだろう 「あんな人になりたい」 「あんな恋をしたい」 今のページはどんな日々を描いてる?  振り返ればそこには涙でにじんで くしゃくしゃになったページがいくつもある そんな日もあったから 今僕が居る 一人一人のノートが重なって 物語へ  世界にたった1つの 僕のユメノート 同じものは決して ありはしないんだ 描いては迷って 書き足してく 気づけば色とりどりに描かれる  どんな願いを描けばいい たとえどんなに笑われたって 僕のノートは僕が見るもの どれも自由だろう 諦めない  どこまでもいつまでも 夢を描き 少しずつ叶えて いけるように 見た事ない未来なら 描けばいいだろう あの日のページの僕と 書き足してくんだ  世界にたった1つの 僕のユメノート 同じものは決して ありはしないんだ 世界にたった1つの 夢描いて 色とりどりのページで 埋めていけるように  きっと叶えてみせる 僕のユメノート 聴こえる 夢の音
ゆらゆらあなたの笑う顔が とても好きだった私のまま 枯れ果てた 花木草は 風に吹かれて折れてしまうの  あの日は本当にそこにあったの? 写真の中だけ 私笑ったまま これ以上「心」 動かされないように こわばるたび キシむ音がする  ゆらゆらと 吹かれながら 暗い夜も 朝日を待つの ゆらゆらが 素敵なのは 嗚呼 動いて生きているから  行ったり 来たりで良い 止まりそうな私の心よ動け  動かない水は いつかよどんで 誰もが そこでは 乾きを癒さない 心の水辺は 揺れ動くから あふれてゆくのでしょう 涙となって  ゆらゆらと 行ったり来たり 固く閉ざせば 折れてゆくの 惑いも纏い揺れた幅が いつか誰かを 抱きしめる  ゆらゆらと 吹かれながら 暗い夜も 朝日を待つの ゆらゆらが 素敵なのは 嗚呼 動いて生きているからGReeeeNGReeeeNGReeeeNKOUICHI・JINあなたの笑う顔が とても好きだった私のまま 枯れ果てた 花木草は 風に吹かれて折れてしまうの  あの日は本当にそこにあったの? 写真の中だけ 私笑ったまま これ以上「心」 動かされないように こわばるたび キシむ音がする  ゆらゆらと 吹かれながら 暗い夜も 朝日を待つの ゆらゆらが 素敵なのは 嗚呼 動いて生きているから  行ったり 来たりで良い 止まりそうな私の心よ動け  動かない水は いつかよどんで 誰もが そこでは 乾きを癒さない 心の水辺は 揺れ動くから あふれてゆくのでしょう 涙となって  ゆらゆらと 行ったり来たり 固く閉ざせば 折れてゆくの 惑いも纏い揺れた幅が いつか誰かを 抱きしめる  ゆらゆらと 吹かれながら 暗い夜も 朝日を待つの ゆらゆらが 素敵なのは 嗚呼 動いて生きているから
U R not alone拝啓あの日の僕へ 今はココで立っています 誰かに笑われた夢を 今もココで見続けてます 時に見失いそうになって 時に全てをあきらめて あせって望んでは傷ついた 僕の中の弱虫笑ってた  それでもどこかで明日を 諦めてないから今日もまた 傷だらけのこの足で なんとか立っている  例えばこの声が届くならば誰でもいい 聞こえますか 胸張ってさあ叫ぶんだ 全部詰め込んだこの宣誓を 僕は誓うよ 一切引かないし 一切負けない 自分で決めた道のうえ 全てをかけて 笑えるように やり抜くぞ  あの頃の僕は負けそうに なると誰かのせいにして逃げて 諦めた言い訳はそりゃ楽で そうして僕はまた自分に負ける それでも戦っている そんな他人(ひと)はきっと他所(ほか)にいる それでいいの?目指す場所へ 行くと決めたんだろう?  確かな答えは 何処にもないから 探すんだ 恐れないでその足で迷っていい 「何度も諦めるか!」って言えばいい 今までの超えた日々が僕らにはあるじゃないか だからこそココに吹いてる 向かい風にホラ立ち向かう  あの日つまずいて しゃがみこんでしまうほどの痛みさえ わきだして かけだして 助走に変えて いけるように  ああどうか 力を貸してくれないか、、、 昨日までの僕よ ともに乗り越えてきたじゃないか 僕は誓うよ 一切引かないし 一切負けない 生まれた日から今日までの 僕が見てる 明日もそう 少しずつ前へ not aloneGReeeeNGReeeeNGReeeeNJIN・Tsubasa Takada拝啓あの日の僕へ 今はココで立っています 誰かに笑われた夢を 今もココで見続けてます 時に見失いそうになって 時に全てをあきらめて あせって望んでは傷ついた 僕の中の弱虫笑ってた  それでもどこかで明日を 諦めてないから今日もまた 傷だらけのこの足で なんとか立っている  例えばこの声が届くならば誰でもいい 聞こえますか 胸張ってさあ叫ぶんだ 全部詰め込んだこの宣誓を 僕は誓うよ 一切引かないし 一切負けない 自分で決めた道のうえ 全てをかけて 笑えるように やり抜くぞ  あの頃の僕は負けそうに なると誰かのせいにして逃げて 諦めた言い訳はそりゃ楽で そうして僕はまた自分に負ける それでも戦っている そんな他人(ひと)はきっと他所(ほか)にいる それでいいの?目指す場所へ 行くと決めたんだろう?  確かな答えは 何処にもないから 探すんだ 恐れないでその足で迷っていい 「何度も諦めるか!」って言えばいい 今までの超えた日々が僕らにはあるじゃないか だからこそココに吹いてる 向かい風にホラ立ち向かう  あの日つまずいて しゃがみこんでしまうほどの痛みさえ わきだして かけだして 助走に変えて いけるように  ああどうか 力を貸してくれないか、、、 昨日までの僕よ ともに乗り越えてきたじゃないか 僕は誓うよ 一切引かないし 一切負けない 生まれた日から今日までの 僕が見てる 明日もそう 少しずつ前へ not alone
詠ミビトシラズあなたのそば 僕らの声 響くならば 願い込めて 日々のことや 君のことを 想いながら 今日も詠おう  一つ二つゆっくりと 空から落ちるメロディ 拾い集め 想いを重ねて 君に届けるように  何気なく過ぎてく日や 移り変わってく季節が 僕らに手紙をくれて 君に伝える詠になる  外を眺めていた あの人もこの人も 支えられた詠があるかな 素敵な景色だった  通り過ぎてく人々 それぞれの毎日 晴れの日も雨の日も 過ぎてきた人生(ストーリー) その一瞬一瞬に 生まれた出来事は 誰かを温める 素敵な詠でしょう  僕にも詠があって たくさん支えられて 多くのありがとうを 伝えていければいいな  何気なく日々を見つめ 心の声が語りかける 積み重ねた想いたちと 君の支えになれたら  すれ違う人混み あの人もこの人も 好きな人がいたらいいな 素敵な詠重ねて  通り過ぎてく人々 それぞれの毎日 晴れの日も雨の日も 過ぎてきた人生(ストーリー) その一瞬一瞬に 生まれた出来事は 誰かを温める 素敵な詠でしょう  嬉しかった時の話も 悲しかった時の涙も 君に聞いていてほしくて 共に歩んでくれてありがとう 迷いや悩みもあるけど だからこれまで歩いてこれたよ こうしてまた君に出逢えた 詠がいつも教えてくれていた  通り過ぎてく人々 それぞれの毎日 晴れの日も雨の日も 過ぎてきた人生(ストーリー) その一瞬一瞬に 生まれた出来事は 誰かを温める 素敵な詠でしょう  あなたのそば 僕らの声 響くならば 願い込めて 日々のことや 君のことを 想いながら 今日も詠おうGReeeeNGReeeeNGReeeeNあなたのそば 僕らの声 響くならば 願い込めて 日々のことや 君のことを 想いながら 今日も詠おう  一つ二つゆっくりと 空から落ちるメロディ 拾い集め 想いを重ねて 君に届けるように  何気なく過ぎてく日や 移り変わってく季節が 僕らに手紙をくれて 君に伝える詠になる  外を眺めていた あの人もこの人も 支えられた詠があるかな 素敵な景色だった  通り過ぎてく人々 それぞれの毎日 晴れの日も雨の日も 過ぎてきた人生(ストーリー) その一瞬一瞬に 生まれた出来事は 誰かを温める 素敵な詠でしょう  僕にも詠があって たくさん支えられて 多くのありがとうを 伝えていければいいな  何気なく日々を見つめ 心の声が語りかける 積み重ねた想いたちと 君の支えになれたら  すれ違う人混み あの人もこの人も 好きな人がいたらいいな 素敵な詠重ねて  通り過ぎてく人々 それぞれの毎日 晴れの日も雨の日も 過ぎてきた人生(ストーリー) その一瞬一瞬に 生まれた出来事は 誰かを温める 素敵な詠でしょう  嬉しかった時の話も 悲しかった時の涙も 君に聞いていてほしくて 共に歩んでくれてありがとう 迷いや悩みもあるけど だからこれまで歩いてこれたよ こうしてまた君に出逢えた 詠がいつも教えてくれていた  通り過ぎてく人々 それぞれの毎日 晴れの日も雨の日も 過ぎてきた人生(ストーリー) その一瞬一瞬に 生まれた出来事は 誰かを温める 素敵な詠でしょう  あなたのそば 僕らの声 響くならば 願い込めて 日々のことや 君のことを 想いながら 今日も詠おう
460 ~YOUR SONG~あの日僕が憧れたものは お金や車ではなくて わずか数分の物語が まるで友達のようでした  例えば僕が涙流して 悔しさに震える時は 僕の隣で叫んでくれた 友と呼べる唄 出逢えた  好きなあの人へ 僕の胸の奥 ああそうか ほらっ こんなに好きだ そんな気持ちも全部教えてくれたのは、、、  くれたのは!唄でした サヨナラも唄でした 生きていく その側で 聞こえる「フレフレー!」  こんな時君ならどうするの? この景色に何を見るの? これまで出逢えた一つ一つの唄が語りかけてくる  知った風な顔して 大人ぶった人は 奪われたんだね 大切な唄 「それじゃ一緒に奪い返しに行こうか」も、、、  その時も!唄でした 「負けるな」も唄でした 生きていく その側で 聞こえる「フレフレー!」  ラララ、、、メロディー  忘れてもいいこと 忘れちゃダメなこと 変わらず側にいる 変わるのは 嗚呼  悲しみも 喜びも 叫びも 頑張れも いつでも いつまでも 唄の中にある真実(ホントウ)  迷ってしまったら君の名を呼ぶのでしょう 生きていく その側で 聞こえる「フレフレー!」 聞こえる「フレフレー!!!!」 ラララ、、、GReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeNあの日僕が憧れたものは お金や車ではなくて わずか数分の物語が まるで友達のようでした  例えば僕が涙流して 悔しさに震える時は 僕の隣で叫んでくれた 友と呼べる唄 出逢えた  好きなあの人へ 僕の胸の奥 ああそうか ほらっ こんなに好きだ そんな気持ちも全部教えてくれたのは、、、  くれたのは!唄でした サヨナラも唄でした 生きていく その側で 聞こえる「フレフレー!」  こんな時君ならどうするの? この景色に何を見るの? これまで出逢えた一つ一つの唄が語りかけてくる  知った風な顔して 大人ぶった人は 奪われたんだね 大切な唄 「それじゃ一緒に奪い返しに行こうか」も、、、  その時も!唄でした 「負けるな」も唄でした 生きていく その側で 聞こえる「フレフレー!」  ラララ、、、メロディー  忘れてもいいこと 忘れちゃダメなこと 変わらず側にいる 変わるのは 嗚呼  悲しみも 喜びも 叫びも 頑張れも いつでも いつまでも 唄の中にある真実(ホントウ)  迷ってしまったら君の名を呼ぶのでしょう 生きていく その側で 聞こえる「フレフレー!」 聞こえる「フレフレー!!!!」 ラララ、、、
恋文~ラブレター~PLATINA LYLIC『また明日ね』って言って笑うアナタに こんなにも好きだと気付く 初めて出逢えた 『あの日』から増えていく気持ちです  2人で歩いた アナタの歩幅が やけに小さすぎて 追い越さないように 初めてその手に 触れて下向いたら 2人の影が並んだ  アナタに逢うため この瞬間(とき)に生まれた 僕らならば 日々もラララ 歩んでいけるだろう 少しマジメに 書き出した ラブレター いつか渡そう 何年先も 一緒にいよう  人混みの中 アナタの手が 僕の左袖を掴んでいた 『大丈夫、、、?』 少し 得意げな僕に 笑いつぶやく この先もずっと こうして2人きりで  あれからずっと ずっと愛溢れた 僕らならば 人生(みち)もラララ 楽しんでいけるだろ 誰もがみんな 胸にある ラブレター 伝えるため 出逢い別れ 書き上げてく  通り雨は 2人の瞳に 七色の虹見せた 晴れの日も 雨の日も 側にいる幸せ どんな季節も アナタと見たいよ 365日の愛を こんな言葉 笑われるかな あなたへの 愛の文(うた)  僕の『これまで』と『これから』は アナタとの幸せ  世界に1人のアナタへ アナタへ 世界で1番素敵な明日を 手と手繋ぎ いくつもの日々重ね 愛語って そんな風にアナタといれたら!!  ただ ありったけの愛を 伝えきれなくて 『大好き』から 書けないまま、、  終わらないラブレターPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN『また明日ね』って言って笑うアナタに こんなにも好きだと気付く 初めて出逢えた 『あの日』から増えていく気持ちです  2人で歩いた アナタの歩幅が やけに小さすぎて 追い越さないように 初めてその手に 触れて下向いたら 2人の影が並んだ  アナタに逢うため この瞬間(とき)に生まれた 僕らならば 日々もラララ 歩んでいけるだろう 少しマジメに 書き出した ラブレター いつか渡そう 何年先も 一緒にいよう  人混みの中 アナタの手が 僕の左袖を掴んでいた 『大丈夫、、、?』 少し 得意げな僕に 笑いつぶやく この先もずっと こうして2人きりで  あれからずっと ずっと愛溢れた 僕らならば 人生(みち)もラララ 楽しんでいけるだろ 誰もがみんな 胸にある ラブレター 伝えるため 出逢い別れ 書き上げてく  通り雨は 2人の瞳に 七色の虹見せた 晴れの日も 雨の日も 側にいる幸せ どんな季節も アナタと見たいよ 365日の愛を こんな言葉 笑われるかな あなたへの 愛の文(うた)  僕の『これまで』と『これから』は アナタとの幸せ  世界に1人のアナタへ アナタへ 世界で1番素敵な明日を 手と手繋ぎ いくつもの日々重ね 愛語って そんな風にアナタといれたら!!  ただ ありったけの愛を 伝えきれなくて 『大好き』から 書けないまま、、  終わらないラブレター
流星のカケラ幾千の 日々を過ごして やっと出逢えたstory なぜか満たされない毎日の中 煌めいた どこに居て どこに行けば その手を握れるの 宇宙の果ての偶然を 運命と呼ぶのでしょう  時に神様ただいたずら仕掛けて 僕らを試すけど それでも笑って泣いてケンカして 仲直りって手を繋ぐ距離で なんでもない毎日が  大好きな君と歩き出そう 物語がはじまるさ きっと見たこともないプロローグ 主役は君と僕だ 何億の星の数ほどの中で 互い見つけあって やめる時も 健やかなる時も 寄り添いあって いくつもの時の中で出逢う まるで2人は 流星のカケラ  間違いもすれ違いも 何度だってあるさ 心だけは離れずに 想いは距離を超えて  相変わらずなまま今日も日が暮れて 変わり映えしないけど 静かな横顔 そばで見てるだけで 映画のワンシーンのようさ  大好きな君へのセリフは 大事な場面で言えない 伝えきれない想いはモノローグ 主役は君と僕だ 何億の星の数以上の中で見つけあえたから いくつもの時を超えて出逢う まるで2人は 流星のカケラ  いつの日にか 増えていくでしょう 忘れられない 想い出のシーン 春も夏も秋も冬でも 永遠を願った  終わりのない 物語描いて 2人で気持ち重ねてく 手を握り合ったままのエピローグ 出逢えたことにありがとう 何億の星の数ほどの中で 互い見つけあって やめる時も 健やかなる時も 寄り添いあって いくつもの時を超えて出逢う まるで2人は 流星のカケラ 2つの星が 離れないstoryGReeeeNGReeeeNGReeeeN幾千の 日々を過ごして やっと出逢えたstory なぜか満たされない毎日の中 煌めいた どこに居て どこに行けば その手を握れるの 宇宙の果ての偶然を 運命と呼ぶのでしょう  時に神様ただいたずら仕掛けて 僕らを試すけど それでも笑って泣いてケンカして 仲直りって手を繋ぐ距離で なんでもない毎日が  大好きな君と歩き出そう 物語がはじまるさ きっと見たこともないプロローグ 主役は君と僕だ 何億の星の数ほどの中で 互い見つけあって やめる時も 健やかなる時も 寄り添いあって いくつもの時の中で出逢う まるで2人は 流星のカケラ  間違いもすれ違いも 何度だってあるさ 心だけは離れずに 想いは距離を超えて  相変わらずなまま今日も日が暮れて 変わり映えしないけど 静かな横顔 そばで見てるだけで 映画のワンシーンのようさ  大好きな君へのセリフは 大事な場面で言えない 伝えきれない想いはモノローグ 主役は君と僕だ 何億の星の数以上の中で見つけあえたから いくつもの時を超えて出逢う まるで2人は 流星のカケラ  いつの日にか 増えていくでしょう 忘れられない 想い出のシーン 春も夏も秋も冬でも 永遠を願った  終わりのない 物語描いて 2人で気持ち重ねてく 手を握り合ったままのエピローグ 出逢えたことにありがとう 何億の星の数ほどの中で 互い見つけあって やめる時も 健やかなる時も 寄り添いあって いくつもの時を超えて出逢う まるで2人は 流星のカケラ 2つの星が 離れないstory
両親への手紙PLATINA LYLIC『ありがとう』 今日まで 育ててくれて 笑った あなたの 刻んだシワも わがままばかりで 困らせてきたね いつも 誰より 想ってくれました  生まれた時は 覚えてないけど 写真の中に 愛を知りました いつもあなたを 追いかけていたよ 何度も そりゃ何度も 転んで泣いたけれど  今日から 少し小さくなった あなたの背中が 教えてくれた『愛』や『強さ』 2人で真似していけるように いつかあなたによく似た 生まれたての愛を連れてく 涙はきっと その時まで とっておいてよ 今日は 笑って  あなたが 毎日くれた『愛』を あたりまえのように 流してしまって 理由(わけ)もないくせに 困らせたけど あなたの 強さに 包まれていました  月日は流れ 出逢いも増えて 最近は少し 声 聞けてないね こんな わたしに 手紙の端(すみ)に 見慣れた 愛の文字で 『元気にしてますか?』  今日から 2人で生きていくから また少し逢えなくなるね あの日叱ってくれた意味 今日なら何となく分かるよ 本当は少し淋しい いつまでも甘えたいけれど この人ならばって思えた 素敵な人です  小さな手のひらを いつも 握ってくれたね 大きな背中でおぶってくれた温もりを 今も覚えてます  この手紙を書いてる文字も あなたが一つ一つ教えてくれた 喜びとか 悲しみとか あなたに教えられたと気づきました  『ありがとう』がいつも言えなくて 悲しませた 近すぎて 甘えて 傷つけて 本当 ごめんね そんな私の事 いつまでも 待ってくれたね こんな私も 今日を迎えたよ 『ありがとう』  今日まであったいろんな出来事を 教えられ乗り越えて今 あなたの願うような人に 成れているかまた教えてね 巡り逢えた幸せを 大事に育てていくから 2人の事をこれからも 見守っていてね 元気なままで  生まれた日からずっと ずっと 『ありがとう』PLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeN『ありがとう』 今日まで 育ててくれて 笑った あなたの 刻んだシワも わがままばかりで 困らせてきたね いつも 誰より 想ってくれました  生まれた時は 覚えてないけど 写真の中に 愛を知りました いつもあなたを 追いかけていたよ 何度も そりゃ何度も 転んで泣いたけれど  今日から 少し小さくなった あなたの背中が 教えてくれた『愛』や『強さ』 2人で真似していけるように いつかあなたによく似た 生まれたての愛を連れてく 涙はきっと その時まで とっておいてよ 今日は 笑って  あなたが 毎日くれた『愛』を あたりまえのように 流してしまって 理由(わけ)もないくせに 困らせたけど あなたの 強さに 包まれていました  月日は流れ 出逢いも増えて 最近は少し 声 聞けてないね こんな わたしに 手紙の端(すみ)に 見慣れた 愛の文字で 『元気にしてますか?』  今日から 2人で生きていくから また少し逢えなくなるね あの日叱ってくれた意味 今日なら何となく分かるよ 本当は少し淋しい いつまでも甘えたいけれど この人ならばって思えた 素敵な人です  小さな手のひらを いつも 握ってくれたね 大きな背中でおぶってくれた温もりを 今も覚えてます  この手紙を書いてる文字も あなたが一つ一つ教えてくれた 喜びとか 悲しみとか あなたに教えられたと気づきました  『ありがとう』がいつも言えなくて 悲しませた 近すぎて 甘えて 傷つけて 本当 ごめんね そんな私の事 いつまでも 待ってくれたね こんな私も 今日を迎えたよ 『ありがとう』  今日まであったいろんな出来事を 教えられ乗り越えて今 あなたの願うような人に 成れているかまた教えてね 巡り逢えた幸せを 大事に育てていくから 2人の事をこれからも 見守っていてね 元気なままで  生まれた日からずっと ずっと 『ありがとう』
ルーキーズPLATINA LYLICホントくだらないような毎日 繰り返すだけのそんな日々 べつにやりたい事が無いわけじゃないんだ もう少し待ってくれ  あせんないで君のペースでいいから日々を積み重ねて いつかは誰かをこの腕で 守ってやれる日が来るまで  例えば父や母のように 言葉じゃなく行動で示せる人間はホント強くて いつか叶うかなぁ、、、??  君が走り出したその目の前に 立ちふさがるものはありますか? 1人じゃどうしようもない壁も 大丈夫!強い自分の『fight』信じてみて! 案外モロイ!世界は広い!気付いてるんじゃない!?  例えば周りの人々全てが出来たヤツなわけない いろんなヤツがいる中で いろんな事が学べるから  汗かいて四苦八苦して 間違いだらけの世の中で 少しだけグッと堪えて あとは舌だして笑ってやれ!  僕らは一人じゃないから 君の事解る人は あちらやこちらに居るから大丈夫! さぁ一歩前へ行こう!  君が走り出したその目の前に 立ちふさがるものはありますか? 1人じゃどうしようもない壁も 大丈夫!強い自分の『fight』信じてみて! 案外モロイ!世界は広い!気付いてるんじゃない!?  君が走り出したその目の前に 立ちふさがるものはありますか? 1人じゃどうしようもない壁も 大丈夫!強い自分の『fight』信じてみて! 案外モロイ!世界は広い!気付いてるんじゃない!? ガムシャラ『style』 見せろ『pride』 出来ないんじゃないPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNホントくだらないような毎日 繰り返すだけのそんな日々 べつにやりたい事が無いわけじゃないんだ もう少し待ってくれ  あせんないで君のペースでいいから日々を積み重ねて いつかは誰かをこの腕で 守ってやれる日が来るまで  例えば父や母のように 言葉じゃなく行動で示せる人間はホント強くて いつか叶うかなぁ、、、??  君が走り出したその目の前に 立ちふさがるものはありますか? 1人じゃどうしようもない壁も 大丈夫!強い自分の『fight』信じてみて! 案外モロイ!世界は広い!気付いてるんじゃない!?  例えば周りの人々全てが出来たヤツなわけない いろんなヤツがいる中で いろんな事が学べるから  汗かいて四苦八苦して 間違いだらけの世の中で 少しだけグッと堪えて あとは舌だして笑ってやれ!  僕らは一人じゃないから 君の事解る人は あちらやこちらに居るから大丈夫! さぁ一歩前へ行こう!  君が走り出したその目の前に 立ちふさがるものはありますか? 1人じゃどうしようもない壁も 大丈夫!強い自分の『fight』信じてみて! 案外モロイ!世界は広い!気付いてるんじゃない!?  君が走り出したその目の前に 立ちふさがるものはありますか? 1人じゃどうしようもない壁も 大丈夫!強い自分の『fight』信じてみて! 案外モロイ!世界は広い!気付いてるんじゃない!? ガムシャラ『style』 見せろ『pride』 出来ないんじゃない
レゲレゲGOLD LYLICレゲレゲsound Rescue me 音に乗りたいやつぁ ご自由に マジで飛ばす この音で夢中に 底知れぬこのsoundでFell it! ×2  俺らrock'n roll魂 top rank+reggaeのrhythmでかっ飛ばす! 出来たこのsound 君らwant want 欲しいやつぁ 手ぇ上げ騒げ!  We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air More! もっと! RUN!!! We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air もう 止まらん!!!  レゲレゲsound Rescue me 音に乗りたいやつぁ ご自由に マジで飛ばす この音で夢中に 底知れぬこのsoundでFeel it! ×2  俺らrock'n roll魂 top rank+reggaeのrhythmでかっ飛ばす! 出来たこのsound 君らwant want 欲しいやつぁ 手ぇ上げ騒げ!  We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air More! もっと! RUN!!! We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air もう 止まらん!!!  We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air More! もっと! RUN!!! We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air もう 止まらん!!!GOLD LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNGReeeeN・JINレゲレゲsound Rescue me 音に乗りたいやつぁ ご自由に マジで飛ばす この音で夢中に 底知れぬこのsoundでFell it! ×2  俺らrock'n roll魂 top rank+reggaeのrhythmでかっ飛ばす! 出来たこのsound 君らwant want 欲しいやつぁ 手ぇ上げ騒げ!  We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air More! もっと! RUN!!! We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air もう 止まらん!!!  レゲレゲsound Rescue me 音に乗りたいやつぁ ご自由に マジで飛ばす この音で夢中に 底知れぬこのsoundでFeel it! ×2  俺らrock'n roll魂 top rank+reggaeのrhythmでかっ飛ばす! 出来たこのsound 君らwant want 欲しいやつぁ 手ぇ上げ騒げ!  We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air More! もっと! RUN!!! We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air もう 止まらん!!!  We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air More! もっと! RUN!!! We are in the sound, in the air 好きな 音を 聴けや We are in the sound, in the air もう 止まらん!!!
lemonade恋はかけひき 君はミステリー 認めたくない my honesty 昔の私 強がらないで 私は今日が peak and top  このまま このまま 君を見てる ちいさな ちいさな インスピレーション  アイマイな僕ら一生 隣で一緒なんて約束を 探しに行こう もう そうしよう 悲しい事も流行りのせつないラブストーリーも 今を燃やすエネルギー そうさ love(wo) love(wo) 負けない 密かに磨いて来た きっとlove(wo) love(wo) なれるでしょ 私が私のパーフェクト  頭で繰り返しリハーサル 突然偶然のキラーパス 2人で出かけようDEPARTURES いつだって君に逢いたくなる 初めのデートはやっぱり映画? それともショッピング?まったりしていたい? 人生最大片想い いっせーので誓い合う愛  君の1番 なれるといいな 魔法をかけて It's all GReeeeN  きっとこの想い絶対叶え 神様ねぇお願い! 本気で焦らず踏み出せ 頑張って 胸張って 好きになって そりゃ辛いけど 探しものは私です そうさ love(wo) love(wo) 負けない 密かに磨いてきた きっとlove(wo) love(wo) 決めるでしょ 私が私のパーフェクトGReeeeNGReeeeNGReeeeN恋はかけひき 君はミステリー 認めたくない my honesty 昔の私 強がらないで 私は今日が peak and top  このまま このまま 君を見てる ちいさな ちいさな インスピレーション  アイマイな僕ら一生 隣で一緒なんて約束を 探しに行こう もう そうしよう 悲しい事も流行りのせつないラブストーリーも 今を燃やすエネルギー そうさ love(wo) love(wo) 負けない 密かに磨いて来た きっとlove(wo) love(wo) なれるでしょ 私が私のパーフェクト  頭で繰り返しリハーサル 突然偶然のキラーパス 2人で出かけようDEPARTURES いつだって君に逢いたくなる 初めのデートはやっぱり映画? それともショッピング?まったりしていたい? 人生最大片想い いっせーので誓い合う愛  君の1番 なれるといいな 魔法をかけて It's all GReeeeN  きっとこの想い絶対叶え 神様ねぇお願い! 本気で焦らず踏み出せ 頑張って 胸張って 好きになって そりゃ辛いけど 探しものは私です そうさ love(wo) love(wo) 負けない 密かに磨いてきた きっとlove(wo) love(wo) 決めるでしょ 私が私のパーフェクト
ワイはワイワイでいいワイ~おまえワィ?~PLATINA LYLICさあいこうか 準備どうよ 最高な シチュエーション 声だして 手叩いてこう clap hands yo ×2  そうやっていつだってマイナスな考えに振り回されちゃ なにもはじまんないんです 今日だって嫌な事あってなんで自分ばかりって 思ってもつらいだけでしょ?  同じだけ過ぎてゆく人生タイム イマだって うつむいてちゃ もったいないでしょ!!??  Sunshine day ワイワイ上を目指せ!! 何段も飛び越えていけるように 後悔は後回しで 今日を越える旅へ  ほら 小さな幸せが転がってるのも気付かずに 今日もため息ばかりです やる事なす事裏目に出ちゃって 周りの目ばかり気にしちゃっててもつまらないでしょ?  同じだけ過ぎてゆくDAY BY DAY イマだって うつむいてちゃ 前がみえないよ!!??  Sunshine day ワイワイ上を目指せ!! 何段も飛び越えていけるように 後悔は後回しで 今日を越える旅へ  でっかい声きかせてよ 絶対の自信でいこう 盛り上がった方が良いでしょう?? 遊びにいこう 遊びにいこう  さあいこうか 準備どうよ 最高な シチュエーション 声だして 手叩いてこう clap hands yo ×2  昨日より今日何が出来たかな? 今日より明日近づけるかな? 負けんな 僕らDREAMER 前へ 前へ 前へ  それでも Sunshine day ワイワイ上を目指せ!! 何段も飛び越えていけるように 後悔は後回しで 今日を越える旅へPLATINA LYLICGReeeeNGReeeeNGReeeeNさあいこうか 準備どうよ 最高な シチュエーション 声だして 手叩いてこう clap hands yo ×2  そうやっていつだってマイナスな考えに振り回されちゃ なにもはじまんないんです 今日だって嫌な事あってなんで自分ばかりって 思ってもつらいだけでしょ?  同じだけ過ぎてゆく人生タイム イマだって うつむいてちゃ もったいないでしょ!!??  Sunshine day ワイワイ上を目指せ!! 何段も飛び越えていけるように 後悔は後回しで 今日を越える旅へ  ほら 小さな幸せが転がってるのも気付かずに 今日もため息ばかりです やる事なす事裏目に出ちゃって 周りの目ばかり気にしちゃっててもつまらないでしょ?  同じだけ過ぎてゆくDAY BY DAY イマだって うつむいてちゃ 前がみえないよ!!??  Sunshine day ワイワイ上を目指せ!! 何段も飛び越えていけるように 後悔は後回しで 今日を越える旅へ  でっかい声きかせてよ 絶対の自信でいこう 盛り上がった方が良いでしょう?? 遊びにいこう 遊びにいこう  さあいこうか 準備どうよ 最高な シチュエーション 声だして 手叩いてこう clap hands yo ×2  昨日より今日何が出来たかな? 今日より明日近づけるかな? 負けんな 僕らDREAMER 前へ 前へ 前へ  それでも Sunshine day ワイワイ上を目指せ!! 何段も飛び越えていけるように 後悔は後回しで 今日を越える旅へ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. アルジャーノン
  4. KICK BACK
  5. 第ゼロ感

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. NO GRAVITY
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照