角館恋灯り

この曲の表示回数 5,831
歌手:

藤あや子


作詞:

小野彩


作曲:

中村典正


枝垂(しだ)れ桜花びらが 小雪のように降り注ぐ
武家屋敷 黒塀(くろべい)を 訪ねてひとり城下町
今でもあなたの面影抱いて
一日千秋(いちじつせんしゅう)待ちわびる
桧木内川(ひのきないがわ) 流す恋

抱返(だきがえ)りの渓谷で ふたり渡った吊り橋は
清き水 藍色(あいいろ)が 眩しく映る岩肌よ
今でもあなたの温もり残る
古城山(ふるしろやま)に立ち尽くす
紅葉(もみじ)色づき 揺れる恋

角館の雪灯り ふたり蛇の目で寄り添って
縄のれん 冬酒場 盃交わす契り酒
今でもあなたを信じていても
心の迷いぬぐえない
火振(ひぶ)りかまくら 燃える恋
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:角館恋灯り 歌手:藤あや子

藤あや子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019/11/27
商品番号:MHCL-2831
ソニー・ミュージックダイレクト

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP