だんじり

この曲の表示回数 26,293
歌手:

鳥羽一郎


作詞:

南澤純三


作曲:

中村典正


冷(ひや)酒を一ぱい 一気(いっき)に干(ほ)して
パッと清めの 塩をふる
行くぞだんじり この血がさわぐ
恋は二の次 祭りが先だ
風に法被(はっぴ)を なびかせて
町を地鳴(じな)りが ソリャーソリャー つっ走(ぱし)る

ガキのときには すがった綱(つな)を
今は気合いで ぐいと曳く
待ってこがれた 十二(じゅうに)か月(げつ)だ
熱くならなきゃ 男じゃないさ
染めた町の名 背にしょって
足が地(じ)をける ソリャーソリャー 駆(か)けぬける

秋の浜風 こなから坂(さか)へ
吹いて宮入(みやい)り やり回し
うなれ風切れ たんじり囃子(ばやし)
見てるあの娘(こ)の 心をゆすれ
汗(あせ)は男の 花吹雪(はなふぶき)
あがるどよめき ソリャーソリャー 天(てん)を衝(つ)け
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:だんじり 歌手:鳥羽一郎

鳥羽一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-01-26
商品番号:CRCN-40895
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP