おもいで酒場

この曲の表示回数 2,241
歌手:

氷川きよし


作詞:

久仁京介


作曲:

四方章人


雨に濡らした 裾(すそ)端折(はしょ)り
入ったあの日の おもいで酒場
わたしひとりが 身をひいた
それであなたは しあわせでしょう
憎さいとしさ みれん酒

意地をはるやら 無茶もした
好きゆえ甘えた わがままでした
ふたり一つの 命だと
ぎゅっと抱かれた 背中がうずく
罪なひとです ひとり酒

紅(べに)も薄うすめに 描(か)いてます
誰かに好きだと 云われたくない
もしや暖簾(のれん)を 撥(は)ねあげて
あなた来るなど 夢にもないが
バカねおんなの 名残り酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おもいで酒場 歌手:氷川きよし

氷川きよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-02-04
商品番号:COCA-17752
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP