箱根八里の半次郎

この曲の表示回数 75,407
歌手:

氷川きよし


作詞:

松井由利夫


作曲:

水森英夫


廻(まわ)し合羽も 三年がらす
意地の縞目(しまめ)も ほつれがち
夕陽背にして 薄(すすき)を噛めば
湯の香しみじみ 里ごころ
やだねったら やだね
やだねったら やだね
箱根八里の 半次郎

寄木細工よ 色恋沙汰は
つぼを外せば くいちがう
宿場むすめと 一本刀
情けからめば 錆(さび)がつく
やだねったら やだね
やだねったら やだね
まして半端な 三度笠

杉の木立を 三尺よけて
生まれ在所(ざいしょ)を しのび笠
おっ母(かあ)すまねぇ
顔さえ出せぬ 積る不幸は 倍返し
やだねったら やだね
やだねったら やだね
箱根八里の 半次郎
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:箱根八里の半次郎 歌手:氷川きよし

氷川きよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-11-25
商品番号:COCA-15706
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP