試聴する

いわし雲

この曲の表示回数 17,444
歌手:

蒼彦太


作詞:

久仁京介


作曲:

四方章人


死ぬほど逢いたい 逢いたいけれど
今はやっぱり 帰れない
親の背をみて 育った俺は
親に瀬を向け 飛び出した
おやじが酒を 止めたと聞けば
桜の春も 寂しかろ

路地裏屋台に すぐ迷い込む
俺のこころの 頼りなさ
他人(ひと)のせいには するなと叱り
恩を刻んで 歩けよと
線路であそび 怪我したときに
さとしてくれた 駅の人

あの娘(こ)とふたり 抱いてる夢は
生みの苦しみ 夜明け前
泣いているのが わかってるのか
俺を励まし 慰める
手紙の向こう 思いが走る
故郷へつづく いわし雲
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いわし雲 歌手:蒼彦太

蒼彦太の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-09-17
商品番号:TKCA-90637
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP