試聴する

晩夏

この曲の表示回数 4,095
歌手:

島津亜矢


作詞:

久仁京介


作曲:

四方章人


朝に真白(ましろ)き 花をつけ
夕べにくれない 酔芙蓉
生きもせず 死にもせず 影をやつして
燃ゆる身体は 姫蛍(ひめぼたる)
あなた恋しと 月に泣く

情(じょう)のぬくもり 一夜花(ひとよばな)
残る未練の 朝しぐれ
滅びゆく つかのまが いとも哀しく
切れた鼻緒(はなお)の 紙縒(こよ)り縒(よ)る
女いのちは 火のしずく

ものの見事に 咲きながら
はらり零(こぼ)れた 酔芙蓉
夜もすがら いとおしや 恋の睦言(むつごと)
夏が秋への 風になり
虫の鳴く音も 儚くて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:晩夏 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-03-20
商品番号:TECA-13918
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP