御蔵島唄

この曲の表示回数 1,391
歌手:

弦哲也


作詞:

二宮康


作曲:

弦哲也


帰ってくるなと 手を振れば
可愛い我が子の 船が出る
春の御蔵は 花と影
ニオイエビネの 香り立つ

島を離れた 若者も
稲根(いなね)の祭りにや 戻る浜
夏の御蔵は 練り神輿
惚れた女御を 見せに来い

オオジィ巣立つは カツオドリ
イルカの群れには 小さな子
秋の御蔵は 乙女袖
数え15の 祝い酒

西風(にし)のてっぱつ 吹き荒れて
忌の日の明神 降りてくる
冬の御蔵は 宝船
村中総出で ツゲを切る

春夏秋冬(しゅんかしゅうとう) 御蔵島
千年先まで 夢を見る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:御蔵島唄 歌手:弦哲也

弦哲也の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/04/29
商品番号:YZSTD-33
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP