試聴する

母ちゃんの浜唄

この曲の表示回数 52,855

夜がしらじら 明ける頃
姉(あね)さんかぶりで 浜仕事
投げ捨てられた イワシを拾い
背中丸めて 指で割(さ)く
『小イワシは いらんかね
七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』
夢で母ちゃんの 声が聞こえるよ

色足袋脱いで 横座り
手拭いはずした 母ちゃんの
汗びっしょりの 横顔見つめ
チクリ痛んだ 胸の奥
『小イワシは いらんかね
七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』
今も母ちゃんの 声が聞こえるよ

今じゃ俺(おい)らも いっぱしの
魚河岸(いちば)の仲卸人(おろし)さ 魚売り
真水(まみず)で洗った イワシを並べ
思い出すのさ あの唄を
『小イワシは いらんかね
七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』
俺の母ちゃんの 浜唄(うた)が聞こえるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:母ちゃんの浜唄 歌手:福田こうへい

福田こうへいの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-02-08
商品番号:KICM-30776
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP