試聴する

ひとり北国

この曲の表示回数 7,959

北の北の名もない 岬のはずれ
かもめも一羽で 鳴いている
忘れられない 女をひとり
噂をたよりに たずねて歩く
お前のいそうな さびれた町は
いまも雪の残る 冷たい北の町

沈む沈む夕陽に 粉雪舞えば
灯台あかりも かすんでる
人の目をさけ 重ねた愛を
心にきざんだ 面影ひとつ
淋しい笑顔が 浮かんで消えぬ
胸にそっと残る 冷たい北の町

遠い遠い汽笛は なまりの空へ
涙の糸ひく 声になる
風にふるえて 泣いてはないか
か細い肩先 お前を偲びゃ
さすらう旅路に 明日が見える
いまも雪の残る 冷たい北の町
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとり北国 歌手:北川裕二

北川裕二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-22
商品番号:KICM-30826
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP