港哀歌

この曲の表示回数 29,747

風が哭(な)く 恋に哭く
雪が舞う 海沿いの町
女ひとりの 舟唄哀し
あなたいつまで 待たすのですか
船が着くたび 桟橋で
背伸びしている 私が見えますか

夢が泣く 闇に泣く
浜の宿 住む人もない
灯り淋しい 迷い船
俺の港は お前の胸と
求めあったの 偽(いつわ)りですか
あなた恋しと 霧笛も泣くばかり

今度逢うのは いつの日ですか
かもめ番(つがい)で 飛んでいる
北の日暮れは 抱かれて眠りたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:港哀歌 歌手:北川裕二

北川裕二の新着情報

  • 北の旅人 / ♪たどりついたら岬のはずれ
  • 天城越え / ♪隠しきれない移り香が
  •  / ♪はぐれ蛍がよりそって
  • 女のしぐれ / ♪雨が降るから泣けるのか
  • おゆき / ♪持って生まれた運命まで

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-03-23
商品番号:KICM-30345
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP