お茶の水

この曲の表示回数 14,222
歌手:

川野夏美


作詞:

仁井谷俊也


作曲:

弦哲也


神田川(かわ)の上を 電車が横切(はし)り
向こうに見える 聖橋(ひじりばし)
お茶の水に 来るたびに
あの日の恋が 甦(よみがえ)る
照れ屋なあなたは 遠くから
私をいつも 見つめてた
そうよ私が すずらん通り
最初に言葉を かけたのよ

いつもふたり 肩寄せ聞いた
ニコライ堂の 鐘の音(ね)を
三ヶ月(みつき)たてば 遠い国
ポツリと云ったわ 桜花(はな)の頃
あの夏あなたは 大人びて
私の胸を 飛び立った
橋にたたずみ 川面を見れば
面影やさしく 揺れてます

あの夏あなたは 大人びて
私の胸を 飛び立った
橋にたたずみ 川面を見れば
面影やさしく 揺れてます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:お茶の水 歌手:川野夏美

川野夏美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/09/02
商品番号:CRCN-1900
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP