昭和名残り唄

青戸健

昭和名残り唄

作詞:永井龍雲
作曲:永井龍雲
発売日:2011/12/07
この曲の表示回数:18,307回

昭和名残り唄
ふと湧き出づる 哀しみは
演歌流しの 弾くギター
諦めきれずに 消え残る
昭和時代の 名残り唄
傘を開いて 待っていた
改札口で 雨ん中

薬缶(やかん)沸かして 啜(すす)り合う
インスタントの 粉珈琲
都会の片隅 忘られた
六畳一間の 鳥籠で
夢を黙って 聞いていた
炬燵布団(こたつぶとん)に 包(くる)まって

ふと込み上げる 切なさは
プラットホームの 解(ほつ)れ髪
心が潰れる 済まなさに
故郷(ふるさと)列車の ベルの音
窓を開いて 手を振った
涙笑顔で いつまでも

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

この曲のフレーズを投稿する

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません