越後獅子の唄

この曲の表示回数 3,889
歌手:

天童よしみ


作詞:

西条八十


作曲:

万城目正


笛にうかれて 逆立(さかだ)ちすれば
山が見えます ふるさとの
わたしゃ孤児(みなしご) 街道ぐらし
ながれながれの 越後獅子

今日も今日とて 親方さんに
芸がまずいと 叱られて
撥(ばち)でぶたれて 空見あげれば
泣いているよな 昼の月

打つや太鼓の 音さえ悲し
雁(かり)が啼(な)く啼く 城下町
暮れて恋しい 宿屋(やどや)の灯
遠く眺(なが)めて ひと踊り

ところ変れど 変らぬものは
人の情の 袖時雨(そでしぐれ)
ぬれて涙で おさらばさらば
花に消えゆく 旅の獅子
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:越後獅子の唄 歌手:天童よしみ

天童よしみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-06-21
商品番号:TECE-3437
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP