巾着田の詩~百万本の曼珠沙華~

この曲の表示回数 9,483
歌手:

加納ひろし


作詞:

星桂三


作曲:

星桂三


朝もや残る高麗川の
河原の小径そぞろ行けば
枯葉の声に秋ぞ身に沁む
清き流れの丸曲がり
囲むは花の巾着田

御空の花を星と呼び
我が世の星を花と呼びし
晩翠、賢治、知るや知らずや
百万本の曼珠沙華
咲き乱れるは巾着田

見渡すかぎり秋桜の
花々花よ花の海よ
かよわき花よ されど気高く
凛とそよ咲くその姿
心も清し巾着田

歴史の郷の静林
そこにかしこに 燃ゆる花よ
命の花に想い溢れて
橋の畔に佇めば
茜の空よ巾着田
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:巾着田の詩~百万本の曼珠沙華~ 歌手:加納ひろし

加納ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-04-21
商品番号:GRCA-15
ガウスエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP