波止場町シネマ

この曲の表示回数 10,546
歌手:

石川さゆり


作詞:

吉岡治


作曲:

弦哲也


小雨が小雪に 変る夜は
忘れた誰かを 思い出す
迷い鳥よと それだけ言って
あとは黙って 飲んでいた
メトロの匂いが あんた ふっとした
それだけの話なの
古い映画を 見るような
セピア色した 波止場町シネマ

店なら今日でも 閉められる
無口な笑顔に 逢えるなら
躰ひとつで 身寄りもないし
いつも出来てる 夢仕度
抱かれた熱さが あんた 残るよな
それだけの話なの
海が時化れば おんなは痩せる
時代おくれの 波止場町シネマ

時代おくれの 波止場町シネマ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:波止場町シネマ 歌手:石川さゆり

石川さゆりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-06-21
商品番号:PCCA-775
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP