漁火情話

伍代夏子

漁火情話

作詞:たきのえいじ
作曲:桜庭伸幸
発売日:1995/06/21
この曲の表示回数:10,779回

漁火情話
三味(しゃみ)の音(ね)みたいな 木枯らしが
窓のガラスに つきささる
夜がくる度 女です
燃える心を さとしても
肌があなたを 忘れない
灯(とも)る漁火(いさりび) 片瀬波

三年先でも いいのです
せめてあなたと 暮らせたら
紅を引く度 女です
腕をまくらに ゆりかごに
夢をみさせて 一夜でも
沖の漁火 誰を待つ

小雨がみぞれに 変わる頃
北の港は 雪の中
爪の先まで 女です
いくら 私を泣かせたら
あなた 心が済みますか
ゆれる漁火 夜明け前

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません