試聴する

港は別れてゆくところ

この曲の表示回数 5,208
歌手:

美空ひばり


作詞:

西沢爽


作曲:

船村徹


白いお船が 着くたびに
もしやと 港に行ったっけ
そしてね……
そしてしょんぼり 涙ぐんでは
戻ってくるの
あゝ あの人は
外国航路の マドロスだった

死ぬほど愛した ふたりでも
港は 別れてゆくところ
だからね……
だからいまさら 泣いてみたって
仕方がないさ
あゝ 夢だもの
誰でも一度は 見る夢だもの

手紙がいっぺん あったきり
あの人 あの船なぜ来ない
いつもね……
いつもひとりで 海を見ている
風見の鳥よ
あゝ 汐風が
噂をしてたら 聞かせておくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:港は別れてゆくところ 歌手:美空ひばり

美空ひばりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-08-19
商品番号:COCP-39229
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP